マフラー、ストールを集めてみました、巻き方も…

Scarf(マフラー、ストール)

今日は、マフラースカーフ)、ストールを取り上げます。《最終更新日: 2018年12月9日》

マフラー、ストール、スカーフ、……

マフラーやストールは防寒という意味ももちろんありますが、着こなしのアクセントとしても非常に優秀です。コートの前を閉じてマフラーをぐるぐる巻けば、インナーを考える必要もなくなります。

素材はウールカシミアカシミヤが基本ですが、薄手のものにはコットン綿シルクリネンなどのものもあります。セーターのように編んでつくったニットマフラーも。

Scarf(マフラー、ストール)

ところでマフラーとストールの違いですが、男物の場合は薄手のものをストールと呼ぶことが多いようで、厳密な区別はないと思われます。ちなみに、英語ではマフラーもストールも “scarf” と表現することが多いはずです(なんだかややこしいな)。

また、マフラーには基本的に男性用女性用の区別はないですね。女性用と書いてあっても、気に入れば男性が着けても問題なし。強いて言えば、大判のものはどちらかと言うと女性向きでしょうか。

さて、こちらの記事はなかなか面白い。そう、むかしのマフラーはいまよりも短かったのですよ。

マフラー、ストールの巻き方

マフラーやストールの巻き方にはいろいろありますが、実は私はあまり詳しくないのです……。適当にググっていただくほうがいいかも。

こちらは、アメリカの記事。いわゆるワンループ巻きは英語では “Parisian Knot”(パリジャン・ノット)と呼ぶことが一般的のようです。

こちらは、シルク系のドレッシーなストールの巻き方。

こちらは、近年人気の「ピッティ巻き」や「フィレンツェ巻き」。華やかさのある巻き方です。

ただ、男性があまり凝った巻き方をするのもいかがなものか、と思わなくもないです……。私は近年はシンプルに巻くことが多いかも。

薄手、小さめのストール、マフラー

薄手、小さめのストール、マフラーを集めてみました

あまり寒くないときやボリュームを抑えたいときには、薄手小さめのストールやマフラーはいかがでしょう

この手のものにはいまいちトラッドなものが少ない印象があるのですが、頑張って集めてみましたよ。

Johnstons(ジョンストンズ)

Johnstons of Elgin(ジョンストンズ)のカシミア(カシミヤ)マフラー、ストール

カシミア製品が得意なジョンストンズJohnstons)は、1797年創業のイギリスはスコットランドの老舗高級ニットブランド。

とにかくカシミアのマフラーをお探しなら、まずはここを候補に入れてください。カシミアの基本ブランドのひとつです。メリノウールの商品もオススメ。

Drake's(ドレイクス)

Drake's(ドレイクス)のマフラー、ストール

マフラーとネクタイが非常に有名なドレイクスDrake'sは、マイケル・J・ドレイクとイザベル・ディックソンが1977年に創業したイギリスブランド。

とにかく今を代表するマフラーブランドといえば、ここなのでは? 有名なお店は、ほとんどここのマフラーを扱っていますし。ドレス寄りのものはもちろん、結構カジュアル寄りのものも多いですよ。

Alex Begg(アレックス・ベグ、アレックス・ベッグ)、Begg Scotland(ベグ・スコットランド)

Alex Begg(アレックス・ベグ、アレックス・ベッグ)、Begg Scotland(ベグ・スコットランド)のマフラー、ストール

アメリカのバラク・オバマ氏が大統領就任式で身に着けたというアレックス・ベグアレックス・ベッグAlex Begg)、ベグ・スコットランドBegg Scotland)は、1869年創業のイギリスはスコットランドのマフラーを中心としたブランド。

代表作は、ウールにアンゴラを混紡させてフンワリ感を出した素材を使用したマフラー。色柄が豊富です。カシミアシルクのドレッシーなストールもあります。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズにはマフラーも充実しています。スコットランド製もしくはイタリア製が主。

トラッドなタータンチェック柄やプレッピーなストライプ柄などが基本です。イギリス(スコットランド)製のマフラーはトラッドな雰囲気、イタリア製の薄手のストールは都会的な雰囲気に。もちろんカシミアマフラーもありますよ。キャメルヘアはカシミアに匹敵する伝統的な高級素材で、これを使ったマフラーもブルックスの定番商品です。

Brooks Brothers Grey Plaid Scarf MT00398
Wool Grey Plaid Scarf
Brooks Brothers Blue Plaid Scarf MT00397
Blue Plaid
Brooks Brothers Navy and Grey Tartan Scarf MT00393
Navy and Grey Tartan
Brooks Brothers Circle and Dot Wool Scarf MT00395
Circle and Dot Wool Scarf
Brooks Brothers Signature Tartan Scarf MT00350
Signature Tartan
Brooks Brothers Herringbone Scarf MT00394
Herringbone
Brooks Brothers Cashmere Scarf 338H
Cashmere Scarf
Brooks Brothers Cashmere Scarf 338H
Cashmere Scarf
Brooks Brothers Tattersall Camel Hair Scarf 323H
Tattersall Camel Hair
Brooks Brothers Cashmere Plaid Scarf MT00396
Cashmere Plaid Scarf
Brooks Brothers Cashmere Plaid Scarf MT00396
Plaid
Brooks Brothers Cashmere Scarf MT00401
Solid
Brooks Brothers Red Fleece Black Watch Plaid Wool Scarf RT00049
Red Fleece Black Watch Plaid Wool Scarf
Brooks Brothers Red Fleece Black Watch Plaid Wool Scarf RT00049
Black Watch Plaid
Brooks Brothers Red Fleece Red Windowpane Wool Scarf RT00050
Red Windowpane
↑ クリックで商品一覧ページへ

カジュアルラインのレッド・フリースRed Fleece)からは、チェック柄のストールが登場。薄手のウール地ですけどカジュアル感があります。

そうそう、セールクリアランスClearance)になっている商品があるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

Joshua Ellis(ジョシュア・エリス)

ジョシュア・エリスJoshua Ellisは、1767年創業のイギリスの超老舗テキスタイルブランド。日本には2016年に本格上陸しました。

こちらは、カシミア100%のマフラーやストール各種。老舗らしく落ち着いた柄が中心です。大きさは、標準的な30×180cm、少し大きめの50×190cm、さらに大きめの70×190cm、などがあります。イギリス製。

カシミア100%のイギリス製にしては、そこそこの値段で狙いやすいのではないでしょうか。贈り物にも好適。

Joshua Ellis Cashmere Scarf 30x180
Cashmere Scarf 30x180
Joshua Ellis Cashmere Scarf 30x180
30x180
Joshua Ellis Cashmere Scarf 50x190
50x190
↑ クリックで商品一覧ページへ

Inverallan(インバーアラン、インヴァーアラン、インバーラン)のニットマフラー

Inverallan(インバーアラン、インヴァーアラン、インバーラン)

インバーアランインヴァーアランインバーランInverallan)は、イギリスはスコットランドのニットブランド。アイルランドのブランドではありませんが、国内で最も入手しやすく品質も安定している手編みのアランセーターブランドはここでしょう。高価ですが、この立体感のある手編みの迫力は廉価なものでは期待できません。

12Aは、アラン編みのニットマフラー。このボリューム感を楽しんでください。スコットランド製。

Inverallan Wool Scarf 12A
12A
Inverallan Wool Scarf 12A
12A
↑ クリックで商品ページへ

Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)

Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)

バーニーズ・ニューヨークBarneys New York)を別記事で大きく取り上げていますが、1923年創業のアメリカの高級百貨店チェーンです。日本には1990年に上陸しています。

こちらは、ウール100%のストライプ柄マフラー。カレッジマフラーのような若々しい雰囲気が魅力です。イタリア製。

Barneys New York Wool Stripe Scarf 2078545: Wine
Wool Stripe Scarf: Wine
Barneys New York Wool Stripe Scarf 2078545: Wine
Wine
Barneys New York Wool Stripe Scarf 2078545: Navy
Navy
Barneys New York Wool Stripe Scarf 2078546: Wine
Wine
Barneys New York Wool Stripe Scarf 2078546: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Urban Research Tailor(アーバンリサーチ・テーラー)

Urban Research(アーバン・リサーチ)

アーバン・リサーチUrban ResearchURは、適度に流行を取り入れた服をそこそこの値段で提供する「セレクトショップ」。現在勢いのあるお店のひとつです。アーバンリサーチ・テーラーUrban Research Tailor)はドレスラインです。

こちらは、薄手ウール地のストール。大人っぽいストールの中でも、この手の小紋柄がまずは取り入れやすいと思いますよ。柄が大きくなると華やかに。イタリア製。

John Smedley(ジョン・スメドレー)

John Smedley(ジョン・スメドレー)のメリノウールのセーター、カーディガン、ニットベスト

キレイめニットの代表格であるジョン・スメドレーJohn Smedley)は、1784年創業のイギリスのニットブランド。

セーターの印象が強いブランドですが、メリノウールのマフラーにも力を入れています。マフラーらしくない、ちょっとカジュアル感のあるマフラーが得意かな。

Altea(アルテア)

Altea(アルテア)のマフラー、ストール、ネクタイ(タイ)

1892年まで歴史をさかのぼれるというアルテアAltea)は、1946年創業のイタリアはミラノのネクタイブランド。

マフラーの種類はとにかく豊富でして、素材も色柄もいろいろあります。イタリア製マフラーをお探しなら、まずはこのブランドを当たってみてはいかがでしょうか?

さいごに

レザーグローブ、ニットグローブ(手袋)を集めてみました

タートルネックを着ていない限り、マフラーをしないと真冬の着こなしは完成しないと思います(寒いのはもちろん、見た目も寒々しい)。お気に入りをそろえましょう。あと冬の着こなしには、手袋(グローブ)も欠かせません

タグ / 小物類: マフラー、ストール」をご覧になると、当ブログのマフラーに関する全記事を網羅できます。「カテゴリ / 小物類」をご覧になると、当ブログの小物類に関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2005年12月21日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年12月6日)2006年度秋冬最初の更新。
  • (2007年12月13日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2007年12月22日)Alex Beggの商品を追加。
  • (2008年12月29日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年12月25日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2011年1月7日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2012年1月1日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2013年1月3日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年12月18日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年12月25日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年12月7日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2017年1月3日)2016年度秋冬最初の更新。
  • (2017年12月16日)2017年度秋冬最初の更新。
  • (2018年12月9日)2018年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント

  • テールエンダー

    いい年こいて(33才です)ファッションに疎いので、恥を忍んでお聞きします。
    革製品は色を揃えるのが基本だそうですが、カジュアルのニット小物はどうなのでしょうか。
    例えば黒のニット帽にミックスグレーのマフラー、ブラウンの手袋を着用するなんていうのはやはりNGでしょうか。

    2008年12月06日 23:44
  • blackwatch

    テールエンダーさん、こんにちは。

    ニット製品の色合わせについては、聞いたことがないですねぇ。お書きになっている組み合わせも、特に大きな問題はないように思います。

    色合わせがうるさいのは、皮革製品と金属製品くらいじゃないでしょうか。
    2008年12月07日 00:12
  • クラコフ

    こんばんわ。
    最近は関東でもマフラーや手袋が必要な寒さになってきましたね。今冬は小物を大活躍させたいと思います。
    そこで気になったのですが、帽子やマフラー、手袋の色合わせの基本などはあるのでしょうか?私はこれら3つを同時着用する時も珍しくないのですが、結構なんとなくで選んでます(笑)素材合わせも気を付けなければと思いますけど。
    2009年12月02日 23:27
  • blackwatch

    クラコフさん、こんにちは。

    手袋等が皮革(レザー)製であれば、靴やベルトのような他の皮革製品と「黒」と「茶」を交ぜないように合わせたいですね。

    皮革ではないウールやカシミア等であれば、特に色合わせの法則はないと思います。センスで合わせてやってください。素材合わせについても、特に気にすることはないと思います(強いて言えばスエードならスエードでそろえたほうが統一感が出る、くらい)。
    2009年12月03日 00:17
  • コーサク

    blackwatchさん、こんにちは。

    こちらには取り上げられてませんが、数年前からメンズでは流行している(?)「スヌード」に
    関してはどう思われますか?blackwatchさんの見解を聞きたいです。
    https://jooy.jp/9016

    またblackwatchさんはストールからマフラーの切り替え時期は具体的に決まってますか?
    2016年11月05日 00:45
  • blackwatch

    コーサクさん、こんにちは。

    欧米の大人(30歳以上くらい)のコンサバな男性ウェルドレッサーに、スヌードを愛用している人は多くないと思われます。過去にはなかった(少なくとも普及していなかった)新しいアイテムですから。スヌードに限らず、コンサバな人は新しめのアイテムにはあまり手を出さないものです(その代わり、過去に流行したアイテムの再評価は得意)。

    ただ、機能的に便利なところはあるようで、スポーツ選手はよく利用していますね(ネックウォーマーと呼べれているもよう)。自転車やバイクに乗るときにも安全面で有利でしょう。マフラーだと車輪などに絡みつく恐れがありますから。

    というわけで、自分の生活や着こなしに合うと判断できれば、スヌードを取り入れることはぜんぜん問題ないと考えます。当ブログでも良い商品があれば紹介することもあるでしょう。そういえば、過去にどこかの記事で取り上げたことがあるような気がします。

    いかにもマフラーらしいそこそこ厚みのあるマフラーは、私の感覚では東京くらいの気候ですと、おおよそ12月から3月初旬くらいまでが使いやすいように思います。もちろんその年の気候によって変わるでしょう。まあ、個人差もあるでしょうから、このへんはまずはご自身の体感で判断すればよいのでは。
    2016年11月06日 00:05

この記事へのトラックバック