Uチップ、Vチップの靴を集めてみました

Mocc Toe Shoe

今日は、UチップVチップ革靴シューズ)を取り上げます。《最終更新日: 2017年9月1日》

Uチップとは、Vチップとは

Uチップとは、甲部分にU字型のステッチ(モカシン縫い)が入った革靴のこと。基本的にはカジュアル寄りの靴でして、いろいろな考え方があるでしょうが私は積極的にはビジネススーツに合わせようとは思いません(例外もある)。

また爪先のステッチが少しとがった靴を、その形状からVチップと呼ぶことがあります。爪先の先端の縦割りのステッチも含めて、Yチップと呼ぶこともあるようです(あまり聞きませんが)。

Uチップ、Vチップ

そうそう、実は「Uチップ」は和製英語でして、英語での呼び方は以下のようにかなりバラバラなのです(詳しい使い分け方はよく分かりません)。「Uチップ」は便利な言葉だと思いますよ。

  • mocc toe(モック・トウ)
  • Norwegian front(ノルウィージャン・フロント)、あるいは単にNorwegian(ノルウィージャン)
  • Algonquin(アルゴンキン)
  • apron front(エプロン・フロント)
  • split toe(スプリット・トウ)……後述する爪先の先端の縦割りステッチ入り

モカシン縫い(モカ縫い)の種類

モカシン縫い(モカ縫い)にはいろいろ種類がありまして、私もあまり詳しくないのですが以下のような資料がありました。この説明はいろいろなところで見るのですが、元ネタはなんだろ。

なお、モカシン縫いはUチップだけでなく、ローファーやデッキシューズなどにもよく見られます。

最も一般的なのが、合わせモカでしょうか(拝みモカも同様のものだと思います)。乗せモカはステッチが目立たないものが多く、比較的おとなしい雰囲気。すくいモカは見せかけのモカ縫いで、飾りモカとも呼ぶようです。

split toe

爪先の先端の縦割りステッチは、あるものとないものがあります。強いて言えば、ステッチのないものは少しカジュアル寄りでしょうか。この縦割りステッチ付きのUチップは、英語でsplit toeスプリット・トウ)とも呼ばれます。

なお一般的に、モカ縫いがゴツゴツしたものはカジュアル寄り、モカ縫いがスッキリしたものはドレス寄り、という区別ができると思います。

各国のUチップの特徴

各国のUチップの特徴を、私なりに次にまとめてみました。

イギリス
Edward Green Dover

紳士の国イギリスでは、やはりUチップも細身でドレッシーなものが多いのです。代表作は、やはりエドワード・グリーンEdward GreenDoverドーヴァードーバー)でしょうねぇ。高度なスキンステッチであるライトアングルステッチ・モカ縫いが施してあります(これは強いて言えば合わせモカの一種でしょうか)。

アメリカ
Alden Norwegian Front Blucher

アメリカっぽいUチップとしては、まずゴツゴツした縫い目のすくいモカ(飾りモカ)のものが挙げられます。オールデンAldenNorwegian Front Blucherとかアレン・エドモンズAllen EdmondsBradleyブラッドレー)とか。カジュアル寄りの靴です。

Alden Algonquin Blucher

それから、オールデンのAlgonquin Blucher、つまり乗せモカ仕様のVチップのような靴も見かけます。こちらはステッチが目立たないので、ややドレス寄りでしょうか。

アメリカの得意なワークシューズやデッキシューズ、キャンプモカシンのような靴にも、広義のUチップと呼べそうな靴が多いと思います。

フランス
パラブーツのUチップシューズ、ブーツ、デッキシューズ: Paraboot Chambord

フランスのUチップというと、まずはJ・M・ウエストンJ.M. WestonLe Golfゴルフ641)や、パラブーツParaboot)のChambordシャンボー)のような、コロンとした丸いシルエットのUチップが思い浮かびます。

もうひとつの代表が、J・M・ウエストンの598Demi-ChasseSplit Toe Double Sole Derby)のような乗せモカ仕様で少しドレッシーなUチップ。この手のUチップは、爪先の先端の縦割りステッチが長めで、エプロン部分が小さめなのが特徴といえます。

いずれにせよ、私はフランスはUチップ大国だと思うなぁ。フレンチ・カジュアル、フレンチ・トラッドには、Uチップは欠かせません。スーツにも合わせちゃう?

イタリア
Scotch Grain Shine or Rain III 2729

イタリアのUチップは、モカ縫いがスクエアの(四角い)ものが多い印象があります。ストール・マンテラッシSutor Mantellassiみたいなヤツ。ローファーのモカ縫いも四角かったり。逆に、まあるいモカ縫いのヤツもあるのです。

イタリア人も、けっこうUチップがお好きなようです。

Shetlandfox(Shetland Fox、シェットランドフォックス)

Regal(リーガル)の定番靴

シェットランドフォックスShetlandfoxShetland Foxは、おなじみリーガルコーポレーションRegal Corporationの一ブランド。1982年に登場し一時消滅していましたが、2009年に復活しました。リーガルの上級ブランドといえます。基本的にグッドイヤーウェルト製法で日本製。

Dukeデューク)は、クラシックなラウンドトウの木型を採用した2016年に登場のライン。コバの角を落としたヤハズ仕上げを施し、さらに伏せ縫いヒドゥン・チャネル・ソール)仕上げの靴底は高級感があります。056Fは、スキンステッチが特徴のDover型のUチップ。手間のかかった逸品です。

Shetlandfox Duke 056F SF: Dark Brown, Black
Duke 056F SF: Dark Brown, Black
Shetlandfox Duke 056F SF: Dark Brown
Dark Brown
Shetlandfox Duke 056F SF: Sole
Sole
Shetlandfox Coventry 003F SF: Brown
Coventry 003F SF: Brown
Shetlandfox Coventry 003F SF: Brown
Brown
Shetlandfox Coventry 003F SF: Brown
Brown
↑ クリックで商品一覧ページへ

Coventryコベントリー)は、シックなゴム底ラバーソール)であるダイナイトソールDainite Studded Rubber Soleを採用した2014年に登場のライン。雨の日にも心強いでしょう。木型は親しみやすそうなラウンドトウ。001Fは、乗せモカ仕様のUチップ。フランス系の意匠といえるでしょう。

神匠(シンショウ)、Ingenuity(インジェニティ)

神匠シンショウ)、英語名Ingenuityインジェニティ)は、1990年中頃に創業した台湾の靴メーカーのブランド。Kamioka神岡という日本法人経由で日本に進出しています。現在はなんとラオスで生産しているとのこと。

基本的にグッドイヤーウェルト製法に特化したブランドでして、イギリス、スウェーデン、ノルウェーといった国の職人を招聘して技術を磨いているそうな。

こちらは、すくいモカ(飾りモカ)仕様のアメリカ系のUチップ。特殊なワックスで仕上げてあるそうで、新品のブライドルレザーのような風合いが出ています。表面のワックスは履き込んだり磨いたりするうちに取れていくのでしょう。革底仕様。シューツリーも付いています。

Shinshou LS-03: Brown
Brown
Shinshou LS-03: Brown
LS-03: Brown
Shinshou LS-03: Brown
Brown
Shinshou LS-03: Brown
Brown
Shinshou LS-03: Black
Black
Shinshou LS-03: Black
LS-03: Black
Shinshou LS-03: Black
LS-03: Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

TOMODAのパーソナルオーダー(宮城興業)

どうしても既成靴では足が合わない人や、気に入った色のものがない人は、靴屋TOMODAのパーソナルオーダーシステム、誂え靴友郎Tomorow)」はいかがでしょう。

甲革(アッパー)の色や素材、や靴底(ソール)の形式が選べるのはもちろんのこと、サイズもlength(足長)だけでなく、width(足囲、ワイズ)も選択できます。なんと、D、E、EE、EEE、EEEE、Fの、6種類!

注文するときにはサンプルシューズ(ゲージ靴)が送付されて試し履きができるので、通販でも安心です。製法はもちろんグッドイヤーウェルト。チゼルトウのものもありますが、オススメはラウンドトウ。非常に正統派のデザインで、長く愛用できること間違いなし!

Tomorow ES-13
ES-13
Tomorow ES-14
ES-14
Tomorow ES-15
ES-15
↑ クリックで商品一覧ページへ

ES-13)、ES-14)、ES-15)は似たようなUチップですが、強いて言えばES-13はフランス風、ES-14はイギリス風、ES-15はちょいカジュアル、という感じかな。

値段についても、パーソナルオーダー(パターンオーダー)にしてはたいへん良心的だと思いますよ。

なおここのオーダーシューズは、宮城興業の工場でつくられています。靴好きには結構有名なところです。

Paraboot(パラブーツ)のChambord(シャンボー、シャンボールド、シャンボード)

パラブーツのUチップシューズ、ブーツ、デッキシューズ: Paraboot Chambord

質実剛健ながら上品な顔立ちの靴で定評あるパラブーツParaboot)は、1919年創業のフランスの靴ブランド。

代表作のUチップであるChambordシャンボーシャンボールドシャンボード)は、コロンとした顔付きでフランスの顔的存在の靴のひとつといえます。

Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)のMoreton(モールトン、モートン)

クロケット&ジョーンズの靴、ブーツ: Crockett & Jones Moreton

実用靴の最高峰ブランドともいえるクロケット&ジョーンズクロケット・アンド・ジョーンズCrockett & JonesCrockett and Jones)は、1879年創業のイギリスの靴ブランド。

英国のUチップにしてはカジュアル寄りのMoretonモールトンモートン)は、クロケット&ジョーンズの靴の中でも人気の高いモデルのひとつ。着こなしの幅も広そうです。

Sanders(サンダース)

Sanders(サンダース)の靴、スエードチャッカブーツ

イギリス国防省(MOD)などの制服(ユニフォーム)用の靴もつくっているサンダースSanders)は、1873年創業のイギリスはノーザンプトンのサンダース&サンダース(Sanders & Sanders)社が展開する老舗靴ブランド。

マジメで質実剛健な靴を得意としています。こちらのUチップは、ミリタリー用のオフィサーシューズのような雰囲気が面白いかと。

Alden(オールデン)

Alden(オールデン)のコードバンの靴、ローファー、プレーントゥ

日本で最も人気のあるアメリカのドレスシューズブランドであろうオールデンAlden)は、1884年創業のアメリカの靴ブランド。

Uチップも充実しているブランドでして、特にモディファイド・ラストのものに注目してください。

Jalan Sriwijaya(ジャラン・スリウァヤ、スリワヤ、スリウィジャーヤ)

Jalan Sriwijaya(ジャラン・スリウァヤ)の靴、ブーツ

ハンドソーンウェルト(ウェルテッド)製法とグッドイヤーウェルト製法を交ぜた製法を採用しているジャラン・スリウァヤJalan Sriwijaya)は、もともとは1919年創業のインドネシアの靴工場だったそう。2003年に「ジャラン・スリウァヤ」ブランドが誕生しました。

この製法特有の履き心地が柔らさが、すこぶる好評です。見た目も端正で、これだけの靴がこの値段なのはインドネシアの人件費が安いからできる芸当なのでしょう。

三陽山長(山長、Sanyo Yamacho、Sanyoyamacho)の勘三郎

三陽山長(山長)の靴、ブーツ

現在の日本の本格靴ブームのさきがけ的ブランドである三陽山長山長)は、2000年に誕生した山長印靴本舗が母体の靴ブランド。

勘三郎は、三陽山長の代表作のひとつであるUチップ。なんと言ってもモカ部分のスキンステッチが見どころです。

他の記事も……

モンクストラップの靴を集めてみました プレーントウ(プレーントゥ)の靴を集めてみました

タグ / 靴: Uチップ」をご覧になると、当ブログのUチップに関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2009年8月30日)商品を追加、入れ替え。
  • (2011年2月19日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2012年9月22日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2014年5月7日)2014年春夏最初の更新。
  • (2017年9月1日)2017年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント

  • navy

    管理人さん、こんばんは。

    管理人さんのほどよい記事が自分には合っているようで、毎日楽しみにしております。
    普段ファッション誌はまったく見ないので、管理人さんにほぼ洗脳されておりますが、自分はそこそこの格好ができれば満足できるということも、管理人さんの記事を読み込んで、いろいろ試しているうちにわかるようになりました。

    ところで、ヤンコのライトブラウン、形はいいなあと思うのですが色が明るすぎて靴ばかりが目立つような気がしています。こういったオレンジのような明るい茶の革靴はあまり初心者向きではないのでしょうか?また、靴クリームで色合いを変えてみることはできるのでしょうか?
    ご教授のほど、よろしくお願いいたします。
    2014年05月19日 20:29
  • blackwatch

    navyさん、こんにちは。

    この手の明るい茶系の靴は、カジュアルスタイルに合わせるなら実はそんなに難しくないと考えています。より無難と思えるダークブラウンの靴のほうが、意外に地味でオジサンっぽく感じることもありますね。

    とはいっても、最終的には好みや狙う着こなし次第です。

    (ちなみに、アメトラでは意外にダークブラウンの靴は使わない感があります。濃い茶系ならバーガンディーがアメトラっぽい)
    2014年05月20日 00:03

この記事へのトラックバック