「10年スーツ」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2009年4月号を読む

マジメ男のビジネススーツはI型(サックスーツ)?: 灰色の服を着た男

今日は、雑誌Men's EXメンズ・イーエックス2009年4月号を読んでみます。

買ってお得な10年スーツ

今月の大特集は、「買ってお得な10年スーツ」。こういうご時世ですので(汗)、できればデザイン的にも耐久性的にも長く着られるスーツを買いたいですよね。

今回の特集は、特にビームスBeamsのクリエイティブディレクターである中村達也氏の意向が強く反映された内容になっていると思います。以下、内容を抜粋してみました。

色・柄

「色は紺かミディアムグレイ、柄はストライプを!」とのこと。記事にも書いてあるとおり、特に濃紺無地は雰囲気が堅すぎて意外に使いにくいんですよね(特にアメトラでは)。

ただ、グレーは無地でもいいんじゃないかと思います。色も、もっと濃いチャコールグレーも捨てがたいかと。

素材

「英国生地がベスト」とのこと。まあ英国生地が丈夫であることは、衆目の一致するところなのでは。

ちなみに今回の特集では、スーツ生地の種類やブランドについてもかなり詳しく取材していますよ(内容が正しいのかはよく分からん)。

デザイン

「シングルの3つボタン段返りでしょう」とのこと。今は2つボタンが流行っていますが、10年着られることを考慮して3つボタンを推しています。

ちなみに、中村氏はデザインが古く感じたら着丈や身幅等を詰めるお直ししているとのこと。ただ、長く着たスーツの寸法を「詰める」ことは可能でも、「出す」のは結構難しいんじゃないかなぁ。今はかなり短丈で細めのスーツが流行していますが、10年着たいなら極端なものは選ばないことです。

作り

「程よいパッドと毛芯入りの構築的な作りのものです」とのこと。近年はパッドも芯もない軽い作りのジャケットが増えていますが、耐久性を考えると作りがしっかりしているものに軍配が上がります。

ディテール

「中庸を選ぶべし」ということで、「サイドベンツ、1プリーツパンツ、総裏」が良いとのこと。

この内容は、どちらかと言うとヨーロッパ寄りの内容だと思います。ヨーロッパ志向のスーツならば、私も「3つボタン段返り、サイドベンツ、プリーツ入りパンツ(2プリーツでも良い)」の仕様をオススメします。2つボタンもいいのですが、特にブリティッシュ型の2つボタンは私はあまり好みじゃないんだよなぁ。

ジョン・F.ケネディ―フォト・バイオグラフィ
Amazon.co.jp
アソシエイト

アメリカ志向のスーツならば、「2つボタン、センターベント」の仕様(いわゆる「II型」)がオススメ。パンツのプリーツはあってもなくてもいいです。ここ20年以上、アメリカの保守的な人(大統領とか)はたいていこの手のスーツを着ていますね。ケネディ以降(なのか?)、アメリカンスーツの基本型はこれになった感があります。

当ブログで推している3つボタン段返りでダーツなしのいわゆる「I型」は、すごく保守的な人か、もしくはこだわりのある好事家向けのスーツなんだろうなぁ、今では。

ちなみに、80年代ブームが一段落したあとは、また90年代的な3つボタン上2つ掛けのスーツが流行するだろうと私は予想しています。

…今月はこのくらいかな。また来月~♪

Gloverallの記事を更新しました

Gloverall Blended Cotton Duffle Coat

本日の更新は、以下の記事でございます。

春秋用の薄手コットン混紡地のダッフルコートが入荷しています。まるでトレンチコートのような仕上がり。着こなしもトレンチコート風でOKでしょう。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • ブラックスーツ

    おはようございます。
    春夏用のスーツにアメトラI型をオーダーしちゃいました。
    色はチャコールグレーとミディアムグレーです。個人的にグレーはストライプより無地の方が好きです。(シャドーストライプはありですが)
    素材はウール・ポリ混ですが、日本のこれからの気候には良いんじゃないかと思っております。
    私はオンでもオフでもスーツを使いますので、その辺りも考慮して長期で使えるスーツは?と考えた結果、アメトラI型に辿り着きました。
    ヨーロッパ型も好きなのですが、オフで着る場合、やはり堅苦しい感が否めないです。
    パーティーに行くなら別なんですがね。
    一生、アメトラI型です!
    2009年03月17日 08:00
  • blackwatch

    ブラックスーツさん、こんにちは。

    「一生、アメトラI型です!」ですか。本当ですか?(笑) 同志ですね。チャコールグレーとミディアムグレーの無地は、アメトラなら鉄板です。

    いろいろな意味でクセがあって万人向けではないみたいなので、最近は闇雲にはI型を薦めないようにしています。でも、合う人にはよく合います。体型的に、私には合うみたいです。

    もっとも、プリーツ入りのパンツを穿くなら、II型のほうがいいのでしょうね。
    2009年03月18日 00:08
  • スケアクロウ

    こんにちわ
    中村氏の意向かなり的を得てると思いますね
    厳密に10年スーツの定義は
    ・着用者の体型維持
    ・スーツのローテーション(クリーニングは極力出さない)
    ・無難なデザイン

    だと思いますね。

    先日羅紗屋で春夏の生地2着分購入してきました
    どういうデザインにするか思案中で今から楽しみです
    2009年03月18日 20:05
  • ブラックスーツ

    blackwatchさん、こんばんわ。

    >本当ですか?(笑)

    信じられないのも無理ないですよね(笑)
    3年で手持ちのスーツは全てⅠ型にする計画です。
    ブリティッシュもモードも好きなのですが、自分が着るとなると
    Ⅰ型が一番良いみたい。
    Ⅰ型、万歳~。
    2009年03月18日 20:35
  • blackwatch

    スケアクロウさん、こんにちは。

    仰るとおり、スーツのデザインや生地以外のことにも気を付けないと、10年持ちませんよね。意外にそこが難しかったりします。

    酷使しているとどうしても傷んじゃいますし、人間の体型が変わりすぎたらお直しの限界を超えちゃいます…。

    ブラックスーツさん、こんにちは。

    なるほど。もし私のブログから影響をお受けになったのでしたら、責任を感じます。なんちゃって(笑)。

    私自身は、I型でやりにくい生地であればI型にこだわらなくてもいいかなとも思っていますが、考えるのが面倒なので結局I型で作っちゃう感じです。
    2009年03月19日 00:03

この記事へのトラックバック