ロールアップ術を駆使して今年っぽく、とな?

チノパンツ(チノパン)他、カジュアルなコットンパンツを集めてみました

今日は、パンツのロールアップについてのこの記事。

新しいパンツを買いたいけど、財布がちと心配。昨年のものでもなんとか今年っぽく着こなしたい!そんな願いは、不景気、不景気と騒がれるいまこそ切実なものです。そこで紹介したいのが、パンツの裾をロールアップするスタイリング術。裾を捲し上げるだけという、ちょっとしたスタイリングのテクで古いワードローブが新しくみえるので、おすすめです!

Rolled Up Pants(ロールアップ・パンツ)

最近はクロップトパンツ(クロップドパンツ)みたいな短丈のパンツが流行っていますが、その手のパンツは飽きたときにツブシが効かない懸念が…。

ロールアップなら基本的にタダ(無料)ですし、飽きたらロールアップをやめればいいだけなので、気軽にできますね。こういうちょっとしたことで、着こなしが今っぽく見えちゃうものです。

ジャケットにシャツ、そしてパンツ。そんな定番的なスタイリングも、パンツの裾をいつもより少し短くするだけで全体のバランスが変わり、新しいシルエットが生まれます。そんなシルエットの妙にいち早く目をむけたのが、いまやニューヨークメンズファッションの寵児といわれるトム・ブラウンです。

トム・ブラウンのルーツは古き正しきアメリカを象徴したかのようなアメリカン・トラッド。紺ブレにチノパンと、30代以上の世代の人には懐かしく感じるスタイルですが、そんなアメリカで定番となったスタイルを一躍モードの表舞台にたたせた張本人です。

まあ、トム・ブラウンThom Browneの着こなしにロールアップの印象はないですけどね。彼は、幅広のダブル仕上げの短丈パンツが得意技。

デッキシューズ(ボートモカシン)を集めてみました

それはともかく、ロールアップはやはりアメトラアメリカン・トラッドの印象の強い着こなし術なんでしょう。ロールアップしたパンツには、近年人気が復活しているデッキシューズペニーローファーのようなショートノーズの靴がよく似合います。

あと、1980年代(80年代)にはロールアップパンツの人気が高かった記憶があります(これも80年代リバイバルの一種なのかな)。

ここでキモとなるのがどれだけ捲し上げるかということ。あまり短すぎても決まらないし、かといって少しだけだとシルエットを変えるまでになりません。そこでポイントになるのが、くるぶしが見えるくらいまでのラインです。

さらに重要なのがロールアップする幅。3.5cmくらいと、気持ち短めの幅で捲くことをおすすめします。

Lee(リー)のジーンズ(5ポケットパンツ)、Gジャン(ジージャン): Ralph Lauren

ロールアップと言えば、ラルフ・ローレンRalph Lauren御大が上手いと思います。こんな感じ。

ロールアップの似合うパンツは、やはりジーンズデニムチノパンツチノパンでしょうね。クリースのないカジュアルなパンツがやりやすいです。

そして忘れてはならないのは、素足で靴を履くということ。靴下がおもむろに見えるのはNGです!

春になったからといって、素足はさすがに寒いという方は、くるぶし丈まであるブーツと合わせることをおすすめします。そうすれば靴下が見える心配もなく、ロールアップが決まること間違いなしです。

ん、これは春夏限定の話なのかな? 必ずしも、ロールアップパンツには素足でなければならないとは思わないなぁ。もっとも、靴下(ソックス)がよく見えることになるので、靴下選びに注意を払う必要があるのは確かでしょう。

アーガイルソックス、ボーダーソックス(靴下)を集めてみました: Bassett Walker Argyle Socks

2008年秋冬や2009年春夏のジュンヤ・ワタナベJunya Watanabe渡辺淳弥では、ロールアップパンツにアーガイル柄等の靴下を合わせていたのが印象的でした。

ロールアップの着こなしの弱点は、子どもっぽく見えることと、足が長く見える着こなしとは言えないことでしょうか。やってみて自分に似合いそうになかったら、無理してやることはないと思います。

Kedsの記事を更新しました

PRO-Keds Royal Hi Patent Keds Main Sail 2 8042

本日の更新は、以下の記事でございます。

最もプレッピーなスニーカーとして、ケッズやプロケッズを挙げてもいいのではないかしらん。もちろん、ロールアップスタイルにもよく合います。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • kazu

    こんにちは。雑誌など見ているとロールアップにも、さまざま呼び名があるようで面白いですね...。
    特にデニムは表裏(色)の差異があるのでロールアップの印象が効果的ですが、私はジーンズを一度折りにするか、二度折りにするかでかる~く悩みます。当然丈直しの長さの設定や印象も変わりますが、デニムを二度折るとモッサリするので、ロールアップしたい時は結果いつも一度折りになってしまいます。
    blackwatchさんは普段ジーンズのロールアップをどうされていますか?
    チェーンステッチ(出来る店のモノのみ)一度折りとか?
    2009年05月14日 02:16
  • blackwatch

    kazuさん、こんにちは。

    デニムを複数回折ると、確かに良くも悪くも野暮ったい雰囲気になりますね。それを楽しめるかどうかかと。

    丈の長さの都合もありますが、私の場合もデニムはやはり一度折りが多いですよ。

    ちなみに、ロールアップするしないにかかわらず、裾のアタリをきれいに出すために、デニムの裾上げはチェーンステッチにしたいと考えています。
    2009年05月15日 00:03
  • Precious

    こんにちは。ロールアップ、当方も去年の春からやっておりました。
    先日義姉にひさしぶりに会った際に当方が履いていたチノパンについて
    『何?丈が長かったのそれ?ふふっ』 (゜O゜; イアッ ソウイウコトジャ
    ・・・・・・・・・・・・・・・・。
    くるぶしが見えるくらいの丈にしていたんですが、
    うとい人にはわからんかったようです。
    人によってはまだダサイぐらいにしか思ってない人っているんだな~と
    ファッション格差を感じさせられる一幕でした。
    blackwatchさんも、そんなことってありません?
    2009年05月16日 00:45
  • blackwatch

    Preciousさん、こんにちは。

    このブログを始めた4年ちょっと前くらいは、「アメトラなんてありえない」「紺ブレなんてダサイ」という声が圧倒的でした。まあ、そんなもんです。

    ただ、流行を先取りしているようで本当に痛々しい格好をしている場合もあるので(汗)、注意が必要でしょうね。

    あと、大事な人に会うときは、その人の「レベル」に合わせた格好をする気遣いをしたほうがいいのかも。気になる異性とか、仕事上の重要な取引先の重役とか。相手に認められなかったら、どんなに最先端の格好をしても意味がないですから。
    2009年05月17日 00:04

この記事へのトラックバック