ガンジーセーター(ガーンジーセーター、ニット)を集めてみました

ガンジーセーター(ガーンジーセーター)

今日は、ガンジーセーターガーンジーセーターニット)を取り上げます。《最終更新日: 2015年12月1日》

ガンジーセーター(ガーンジーセーター、ニット)とは

ガンジーセーターとは、イギリスとフランスの間にあるガーンジーGuernsey島近辺に伝わる伝統的なセーターのこと。もともとは漁師のための服で、フィッシャーマンセーターフィッシャーマンズセーター)の一種といえます。19世紀にはイギリス海軍の制服として採用されていたそうな。

実は、アランセーターは実際には本物の漁師は着ていなかったようですが、このガンジーセーターは本当に漁師が着ていた服なのです。

極寒の冬の海で着る服ですから、非常に編み目が込んでいて温かく丈夫なつくり。肩と裾部に装飾的な柄が編みこまれていて、基本的に首元が少し高いモックネックハイネック)気味のデザイン。前後対称の仕様でして、前後を逆にしても着られるのが面白い。男女兼用(ユニセックス)のものが多いです。素材はもちろんウールが基本。

なお、monoモノスペシャル WorkwearワークウェアNo.4というムックには、ガンジーセーターの特集が載っていましたよ。

着こなし

アランセーター、フィッシャーマンセーターを集めてみました

同じフィッシャーマンセーターであるアランセーターほど分厚いつくりではないので、重ね着がしやすいです(といっても厚みはそれなりにあります)。首元がモックネック気味なので、中にドレスシャツを着ると襟は隠れ気味になります。

ダッフルコートを集めてみました

海の服ですから、特にマリンスタイルとは相性は抜群。相性の良いアウターをひとつ挙げるなら、漁師の服という出自が同じであるダッフルコートでしょうか海仲間のPコートピーコート)とも好相性。冬のマリンスタイルを存分に楽しめる組み合わせといえます。

Le Tricoteur(ル・トリコチュール、ルトリコチュール、レトリコチュア)

ル・トリコチュールルトリコチュールレトリコチュアLe Tricoteurは、1964年創業のイギリスはガーンジー諸島のニットブランド。日本でこれまで多く扱われてきたガンジーセーターのブランドといえば、ここでしょう。

無地のものに加えて、ストライプボーダー)柄のものも。私も持っていまして、かなり痩身の私でもサイズ36(S)はけっこう細く感じました。

Guernsey Woollens(ガンジー・ウーレンズ、ガーンジー・ウーレンズ)

ガンジー・ウーレンズガーンジー・ウーレンズGuernsey Woollensは、イギリス領ガーンジー島のニットブランド。ガンジーセーターなどのフィッシャーマンズセーターを得意としています。以前はチャネル・ジャンパーChannel Jumper)というブランド名だったようです。

こちらは、ガンジーセーター各種。伝統的なモックネック気味のものに加え、クルーネックもあります(これは前後対称ではありません)。

Guernsey Woollens Traditional: Ecru
Traditional: Ecru
Guernsey Woollens Traditional: Bottle Green
Bottle Green
Guernsey Woollens Traditional: Black
Black
Guernsey Woollens G15FK-01: Natural
G15FK-01: Natural
Guernsey Woollens G15FK-01: Navy
Navy
Guernsey Woollens G15FK-01: Mid Grey
Mid Grey
Guernsey Woollens Twiston: Oatmeal
Twiston: Oatmeal
Guernsey Woollens Twiston: Bottle Green
Bottle Green
Guernsey Woollens Twiston: Ecru
Ecru
Guernsey Woollens Shore: Mid Grey
Shore: Mid Grey
Guernsey Woollens Shore: Ecru
Ecru
Guernsey Woollens Shore: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

さらに、面白いケーブル編みが入ったものもあり、これにはタートルネックタートルも。アランセーターもありますよ。

Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン、ナイジェル・ケボーン)の前後対称バスクシャツ

Nigel Cabourn(ナイジェル・ケーボン、ナイジェル・ケボーン)

ナイジェル・ケーボンナイジェル・ケボーンNigel Cabournは、1950年生まれのファッションデザイナー。世界的なミリタリーコレクターとしても知られていて、雑誌フリー&イージーFree & Easyなどにもよく登場されますよね。そんな彼のコレクションは、やはりこだわりの逸品ぞろい。

こちらは、少し襟が高めのガンジーセーター。まず、ケーブルなどの凝った編み方が目に付きます。前後でも編み方を変えています。そして前後対称のつくりなので、リバーシブルのような感覚で2とおりの着方が楽しめるというわけです。ナイジェル・ケーボンがまた面白いものをつくってくれました。日本製。

Nigel Cabourn Guernsey Sweater: Off White
Guernsey Sweater: Off White
Nigel Cabourn Guernsey Sweater: Dark Navy
Dark Navy
Nigel Cabourn Guernsey Sweater: Grey
Grey
Nigel Cabourn Guernsey Sweater: Grey
Grey
Nigel Cabourn Guernsey Sweater: Grey
Grey
↑ クリックで商品一覧ページへ

他の記事も……

タートルネック(タートル)、ハーフジップのセーターを集めてみました ウール、カシミアのクルーネック、Vネック、ヘンリーネックのセーター(ニット)を集めてみました

ウールプルオーバーセーターを集めた記事がありますので、まずはそちらをご覧ください。「カテゴリ / セーター」をご覧になると、当ブログのセーターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2010年12月21日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2015年12月1日)2015年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント

  • シャンク

    はじめまして。こちらのサイトを参考にさせて頂いて、ガンジーセーターを購入しました。
    ウールの衣服は「洗濯の縮み、肌のチクチク感」が気になって敬遠していました。
    ところが実際に着用してル・トリコチュールの品質の高さに驚いております。素晴らしいセーターですね。
    同時にこちらのサイトの掲載記事の内容にも感銘を受けております。今後も参考にさせて頂きます。更新楽しみにしています。頑張ってください。本当にありがとうございます。
    2010年12月12日 20:41
  • blackwatch

    シャンクさん、こんにちは。

    ガンジーセーターは、目がぎっちり詰まっている感じが良いですね。Le Tricoteurのものは細身で私も気に入っております。

    願わくは、もう少しデザインの種類があればなぁと。私もシャンクさんと同じく、あのウールの感触が気に入っているんですよ。

    今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。
    2010年12月13日 00:05

この記事へのトラックバック