mono(モノ)スペシャル Workwear(ワークウェア)No.2のダッフルコート特集

ダッフルコートを集めてみました

雑誌monoモノマガジンの別冊でmonoスペシャル ワークウェアNo.2というムックが発売されていましたので、今日はそのご紹介。分厚く重い本です…。

No.1のほうは寡聞にして存じませんでしたが、No.2のほうはイギリス特集ということで「広い意味」のワークウェアを取り上げているので、コンサバ趣味の私も楽しめる内容でした。と言うか、ものすごくマニアックでストイックな内容ですね。

圧巻なのは、巻頭特集のダッフルコートについての記事。ダッフルコートの仕様や歴史が詳細に記述されています。

ダッフルコート姿の写った古い写真がとにかく満載でして、イギリス軍の軍服として大活躍していたことがイヤというほど実感できます。昔は軍用で着丈の短いダッフルコートもあったんだなぁ。

ダッフルコートはオタクっぽいなんて言っていたら、草葉の陰からモンゴメリーモントゴメリー将軍に怒られちゃいますよ、マジで。

ランズエンドのセーター、カーディガン、ニットベスト: Lands' End Lambswool Fair Isle Crew Sweater

フェアアイルセーターについての特集も興味深かったですね。独特の外来語表記で、服飾評論家の出石尚三氏の文章であることが一発で分かります(汗)。フェアアイル特有の複雑な柄は、当時登場した機械編みに対抗するのが目的だったのだそうな。

ちなみにフェアアイルセーターが街着として着られるようになったのは、イギリスのウィンザー公エドワード8世が着始めたのがきっかけ。これはトラッドファンの多くが知っているであろう豆知識ですよ。

バブアー(バーブァー)のワックスコットンジャケット: Barbour Bedale

その他の注目は、バブアーバーブァーBarbourナイジェル・ケーボンナイジェル・ケボーンNigel Cabournについての特集かな。

トラッドやアメカジが復活して、この本のようなマニアックな内容の特集が増えてきましたね。monoマガジンには、以前こんな特集も載っていました。

ダウンジャケットの記事を更新しました

Tatras Gomeisa Herno 70449DP

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

今年は一時期ほどのダウンブームではないのかもしれませんが、やっぱり軽くて温かいと言えばこれです。お気に入りを見つけてください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック