ラルフ・ローレン(Ralph Lauren)の2010年秋冬ニューヨークメンズコレクション

Lee(リー)のジーンズ(5ポケットパンツ)、Gジャン(ジージャン): Ralph Lauren

今日は、ラルフ・ローレンRalph Lauren2010年秋冬ニューヨークメンズコレクションを見てみます。

ちなみにコレクション対象のラルフ・ローレンには3つのレーベルがありまして、ポロPolo)がおなじみのちょいカジュアル寄り、パープル・レーベルPurple Label)が最高級、ブラック・レーベルBlack Label)がモード寄りです。写真だけだとどれがどれかははっきりとは分からないのですが、なんとなくは分かるかな。

当ブログにおける今回のコレクションの最大の話題は、ポロ・ラルフ・ローレンにI型のスーツ(サックスーツ)やジャケットが登場したことでしょう。“Natural shoulder, no darts at RL”!

マジメ男のビジネススーツはI型(サックスーツ)?: 灰色の服を着た男

今回のコレクションだと、この辺がそのI型のようです。細かな仕様はよく見えませんが、ラペル(襟)の幅が細めで現代的な雰囲気です。ただし、トム・ブラウンThom Browneみたいに着丈が短くないのがラルフ・ローレンらしいところ。

アメトラアメリカン・トラッドの雄といわれたりするラルフ・ローレンですが、実はI型の印象はほとんどないと思います。ラルフ・ローレンはブルックス・ブラザーズBrooks Brothersなどと比べるとずっと新しいブランドですので、ジャケットは実はブリティッシュ寄りのものが多かったりします。

ラルフ・ローレンがこのI型をどのくらい続けるかは分かりませんけど、I型の選択肢が増えるのは喜ばしいことだと思いますよ。

さて、その他の着こなしで気になったものをいくつか。今注目を集めつつあるキャメルやベージュを使った着こなし。ラルフ・ローレンは、グレー系と合わせることを提案しているのかな。

ランズエンドのセーター、カーディガン、ベスト: Lands' End Cotton Drifter Crewneck Sweater

差し色も相変わらず提案していまして、特にイエローっぽい色は近年のラルフ・ローレンはしばしば使っています。フェアアイルセーターもありますよ。

もちろん、ラルフお得意のラギッドな着こなしもあります。差し色にも注目。

L・L・ビーン(エル・エル・ビーン、エルエルビーン)のキャンプモカシン、ビーンブーツ、トートバッグ: L.L.Bean Bean Boots 6 TA29401

以上です。それにしても、ラルフ・ローレンのメンズコレクションはいつも配信が遅いなぁ。

Polo Ralph Lauren(ポロ・ラルフ・ローレン)
↑ クリックで商品一覧ページへ

フィールドジャケットの記事を更新しました

Anissej Dobby Cotton Hunting Jacket

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

この手のアウターは、実は今っぽいアウターのひとつだと思いますよ。テーラードジャケット感覚で着られるキレイめのものが多いです。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • いけぼう

    ラペルの細さといい、立体的なパターンといい、古風なⅠ型ですね。
    マッドメンで見たようなスタイルですね。

    2010年04月26日 23:06
  • blackwatch

    いけぼうさん、こんにちは。

    そうですね、50年代から60年代くらいのスタイルでしょうか。ベントの仕様や袖ボタンの数が気になります。秋になれば日本の店頭にも並ぶことでしょう。
    2010年04月27日 00:04

この記事へのトラックバック