2010年08月24日

ブルックス・ブラザーズ(Brooks Brothers)のドレスシャツ(ワイシャツ)、ボタンダウンシャツ

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますが、今日はブルックス・ブラザーズのドレスシャツワイシャツボタンダウンシャツを取り上げます。ブルックス・ブラザーズのカジュアルシャツについてはこちらの記事をどうぞ《最終更新日: 2016年5月30日》

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のドレスシャツ(ワイシャツ)

ブルックス・ブラザーズは、1818年創業の泣く子も黙るアメトラアメリカン・トラッドを代表するブランド。ブルックス・ブラザーズのシャツといえば、やはりボタンダウンシャツが一番評価が高いでしょう。

ボタンダウンシャツを「発明」したのもブルックス・ブラザーズでして、1896年のこと。ポロ競技の選手の襟がはためかないようボタン留めされていたのを参考に、創業者の孫が考案したのだそう。というわけで、ブルックスではボタンダウンシャツのことをポロカラー・シャツpolo collar shirt)とも呼んでいます。

フィットの種類

ブルックス・ブラザーズのシャツには、以下のように体型や好みに合わせられるようにさまざまなフィットが用意されています。2015年より少し名称が変わりました。

Traditional Fit(トラディショナルフィット)

昔ながらのゆったりめのフィット。

Regular Fit(レギュラーフィット)

トラディショナルフィットよりは細めのフィット。日本ではあまり扱っていないようです。

Regent Fit(リージェントフィット)

細身のフィット(といっても日本なら普通くらいかな)。旧名Slim Fitスリムフィット

Milano Fit(ミラノフィット)

最も細身のフィット。旧名Extra-Slim Fitエキストラスリムフィット)。

また首周りに対して複数の裄丈(袖丈)が用意されていますので、既成シャツといえども自分にピッタリのシャツを選びやすいでしょう。ちなみに、どのシャツもたいてい着丈はそんなに短くありません。コンサバならやはりタックインが基本なのです……。

生地の種類

ブルックス・ブラザーズでは、用途や好みに合わせていろいろなシャツ生地を用意しています。

クラシックコットン(Classic Cotton)

昔ながらのコットン綿素材です。基本はコレ。

ノンアイロン(Non-Iron)

洗濯後も自然乾燥のみで着られるリンクルフリー(防シワ)シャツ。昔は化繊混紡素材でしたが、今はコットン100%です。ただし、クラシックコットンと比べると今でも若干通気性は劣るようです。

ブルックスクール(BrooksCool)

リンクルフリー(防シワ)シャツながら通気性を改善させたシャツ。名前から判断すると夏専用みたいですが、通年着ても問題ないと思います。ただし、洗濯時に柔軟剤を使うと通気性が劣化してしまうそうなので、気をつけましょう。

ボタンダウンシャツが新仕様に

2016年より、ブルックス・ブラザーズのボタンダウンシャツが新仕様になりました。ひと言でまとめると、昔の仕様を採用し、よりクラシックに、より大人っぽく仕様変更したといえるのではないでしょうか。

  • 胸ポケットなし
  • カフを小さくし、ボタンの位置を下げる
  • 裾はより深くカーブを描き、補強用のガゼット追加
  • シェルボタン(貝ボタン)を採用
  • 襟の芯地をなくしてより柔らかく
  • スーピマコットンを採用

詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

ただし、今のところアメリカ製のオックスフォード地のみが変更の対象とのこと。ノンアイロン地などは当面旧仕様のままのようです(いつか変更されるかも)。

お得なクリアランスセール)商品もお見逃しなく。セール時期は特に必見です。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

ボタンダウンシャツ(ポロカラーシャツ)

ボタンダウンシャツを集めてみました

まずは、ブルックスの代表作であるボタンダウンシャツポロカラーシャツ)からご紹介

こちらは、アメトラの基本中の基本、クラシックコットンのオックスフォード地のボタンダウンシャツ。この生地はカジュアルスタイルでも大活躍してくれます。アメリカ製で、上述のとおり2016年より新仕様になりました。

まずは基本の無地をそろえましょう。またオックスフォード地のキャンディーストライプは私の大好物でして、何かと活躍してくれています。

Regent Fit Original Polo Button-Down Oxford Dress Shirt ME02352: Blue
Blue
Regent Fit Original Polo Button-Down Oxford Dress Shirt ME02352: White
White
Regent Fit Original Polo Button-Down Oxford Bengal Stripe Dress Shirt ME02353: Blue
Bengal Stripe
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ノンアイロンのシャツを1枚選ぶなら、まずはピンポイントオックスフォード地でしょう。普通のオックスフォードよりも薄手でドレッシーな生地です。個人的には、ビジネススーツに合わせるならこちらのほうが着やすいかも。

無地のほか、タッターソール系のウインドウペイン柄や細かな千鳥格子ハウンドトゥース柄もあります。

All-Cotton Non-Iron Regent Fit Pinpoint Cotton Button-Down Dress Shirt 118Q: Light Blue
Light Blue
Non-Iron Regent Fit Windowpane Dress Shirt 113Q
Windowpane
Non-Iron Regent Fit Houndstooth Dress Shirt 115Q
Houndstooth
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ブルックスクールは基本的にはオックスフォード地でして、少し薄手ですが通年着られます。

All-Cotton Non-Iron Regent Fit BrooksCool Dress Shirt 288Q: Pink
Pink
All-Cotton Non-Iron Regent Fit BrooksCool Dress Shirt 288Q: Blue
Blue
All-Cotton Non-Iron Regent Fit BrooksCool Dress Shirt 288Q: Ecru
Ecru
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ツルっとした感触のブロードクロス地のシャツももちろんありまして、アメトラでは特に柄物に使われることが多いと思います。

ブルックスですからどれも間違いのない柄ですが、ベンガルストライプのような細いストライプ柄は特に使い勝手が良いと思います。

Non-Iron Regent Fit Bengal Stripe Dress Shirt 299Q
Bengal Stripe: Blue
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ちょっと凝ったストライプ柄やチェック柄のドレスシャツを狙うのもオツでしょう。細くて間隔の広いストライプシャツは、80年代もしくは30年代調という感じで新鮮だと思いました。小紋のネクタイに合わせたい。

Non-Iron Regent Fit Bold Stripe Dress Shirt ME02423
Bold Stripe
Non-Iron Regent Fit Track Stripe Dress Shirt ME02380
Track Stripe
Non-Iron Regent Fit Alternating Check Dress Shirt ME02376
Alternating Check
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

レギュラーカラー(ストレートカラー、フォワードポイントカラー)、セミワイドスプレッド(エインズリー)カラー

冠婚葬祭(結婚式)の礼装・礼服を考える: 007 ショーン・コネリー

アメトラといえども、少しはレギュラーカラーストレートカラーフォワードポイントカラー)のシャツをそろえるべきだと私は思います。冠婚葬祭フォーマルにボタンダウンはふさわしくないですし。ブルックス・ブラザーズには、アメトラ仕様のレギュラーカラーシャツがそろっていますよ。

ちなみにもし私が外交官もしくは政治家になったら、スーツにボタンダウンシャツはあまり合わせないかも(クール・ビズはともかく)。なんだかんだ言ってボタンダウンシャツはアメリカ色を感じさせますから、国を代表する立場となると着にくくなりそう。考えすぎかな。

All-Cotton Non-Iron Regent Fit Pinpoint Forward Point Collar Dress Shirt: White
White
All-Cotton Non-Iron Regent Fit Pinpoint Forward Point Collar Dress Shirt: Light Blue
Light Blue
Non-Iron Regent Fit Pencil Stripe Dress Shirt 298Q
Pencil Stripe
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

少し襟が開いたセミワイドスプレッドエインズリーカラーのシャツもありまして、アメトラでは特に2つボタンのいわゆるII型(2つボタン)のジャケットと相性が良いでしょう。エレガントなフレンチカフダブルカフス)仕様やいわゆるクレリックシャツもありますよ。

襟が小さめで表前立て(前立てあり)仕様なのがキモなのです。イタリア系のシャツとはそこが違う。でも中には前立てなしのものもあります。

All-Cotton Non-Iron Ainsley Pinpoint Cotton Dress Shirt 116Q: Light Blue
Pinpoint Cotton: Light Blue
All-Cotton Non-Iron Ainsley French Cuff Dress Shirt 110Q: White
French Cuff: White
All-Cotton Non-Iron Ainsley French Cuff Dress Shirt 109Q: Light Blue
French Cuff: Light Blue
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ラグジュアリーフィットは、高級感のある生地を使用したライン。スリムフィットと同じくらいのシルエットでしょうか。ボタンダウンシャツは袖ボタンが2つ、スプレッドカラーシャツは前立てなし(裏前立て)仕様でラテン寄りの仕上がり。

ロイヤルオックスフォードは目の細かい光沢のあるオックスフォード地で、華やかで高級感のある生地です。

Non-Iron Regent Fit Royal Oxford Dress Shirt ME02284
Royal Oxford
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

半袖(半そで)シャツ

半袖(半そで)のボタンダウンシャツ、ワークシャツを集めてみました

半袖半そで)のシャツはヨーロッパではあまり着られないようですが、アメリカではけっこう好まれていまして、ブルックスにはかなり商品が充実していますよ。

半袖シャツは、近年はクール・ビズCool Biz用のシャツとしても注目されていますね。ただ半袖シャツを着るときは、上にジャケットを着ないほうがよいと思うなぁ。

Original Polo Button-Down Oxford Short-Sleeve  Dress Shirt
Original Polo
All-Cotton Non-Iron Regent Fit Short Sleeve Pinpoint Cotton Button-Down Dress Shirt
Non-Iron Pinpoint Cotton
Bengal Stripe Short Sleeve Dress Shirt
Bengal Stripe
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

その他

その他のブルックス・ブラザーズの商品は、こちら。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)
↑ クリックで商品一覧ページへ

他の記事も……

Gitman Bros.(ギットマン・ブラザーズ)のボタンダウンシャツ Individualized Shirts(インディビジュアライズド・シャツ)のスリムフィットのボタンダウンシャツ

ブルックス・ブラザーズのカジュアルシャツを集めた記事がありますので、まずはそちらをご覧ください。ボタンダウンシャツを集めた記事や半袖シャツを集めた記事もありますよ

カテゴリ / シャツ」をご覧になると、当ブログのシャツに関する記事を網羅できます。また「タグ / Brooks-Brothers」をご覧になると、当ブログのブルックス・ブラザーズに関する全記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2011年6月28日)2011年春夏最初の更新。
  • (2011年11月19日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年5月18日)2012年春夏最初の更新。
  • (2012年12月18日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2012年5月25日)2013年春夏最初の更新。
  • (2013年12月30日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年5月31日)2014年春夏最初の更新。
  • (2015年6月28日)2015年春夏最初の更新。
  • (2016年5月30日)2016年春夏最初の更新。
posted by blackwatch at 00:04| Comment(10) | TrackBack(0) | シャツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先日、ブルックスブラザーズに行ったら、店舗限定で展開するカジュアルライン?のようなものがありました。本国のサイトではアップされているのですが、OXB.Dも洗いがかかっていて、ショートのボタンダウンでした。
価格は12600円と通常の物よりも高い値段で。
ラグビーと似たようなラインでした。
Posted by ファディガ at 2010年08月24日 08:39
ファディガさん、こんにちは。

具体的にどのような商品なのかはよく分からないのですけど、まあ流行に合わせてブルックスも努力しているということなのでしょう。リーバイスとコラボするみたいですし。
Posted by blackwatch at 2010年08月25日 00:03
巷では、ブルックスのシャツは、アイクベーハーやインディヴィジャライズドシャツに比べてお粗末になったといわれていますね。

ただ、ビジネスで使う分には、ブルックスのほうが扱いやすいので重宝しています。
Posted by いけぼう at 2010年08月26日 00:29
いけぼうさん、こんにちは。

お粗末になったというか、方向性(路線)が違うんだと思いますよ。

インディヴィなどのシャツは昔ながらの路線、本家ブルックスは(ノンアイロンなど)機能性を重視した路線。好みや用途で選べばよいのでしょう。ブルックスもデザインなどは相変わらず保守的ですし(前ボタンの数はともかく)。

アメトラはヨーロッパのスタイルに比べると効率的・合理的なスタイルでしょうから、機能性重視という路線もまあ一種の正常進化といえるのかも。
Posted by blackwatch at 2010年08月27日 00:10
いつも勉強させて頂いております。

初心者で良いBDシャツが欲しいと思い、(あくまでネット界ですが)色々と調べております。なかなか首周りと袖丈、身幅のバランス、またカジュアルに着たいという要望とインして着たいという要望の曖昧さ、触ってみて着ていないなどでしっくりこないのが現状です。

何かヒントを頂ければと思い質問させて頂きました。個人的には英国靴に引かれるのですが

英国製のシャツとかで良いとされるシャツなどもあるのでしょうか?

そもそもBDシャツをイギリスではあまり着ないのでしょうか?

またblackwatchさんの愛用ものなどありましたら教えて頂けたら幸です。
Posted by j太郎 at 2010年10月25日 06:03
j太郎さん、こんにちは。

イギリスにももちろん名門のシャツブランドがありますよ。こちらの記事をごらんください。
http://blackwatch.seesaa.net/article/32942015.html

で、イギリスではビジネススーツにはまずボタンダウンは合わせません。ワイドスプレッドカラーのシャツを着ます。カジュアルにおいても、正統派ならネクタイを合わせちゃうので(釣りに行くときでも)、シャツはワイドカラー。

とはいっても最近は正統派は少なくなったでしょうから、ネクタイはしないことが多いでしょう。そういうときはボタンダウンを着ることも多いようです。ちなみに、モッズの人はボタンダウンをよく着ています。

イギリスの名門ブランドも、それなりに多くのボタンダウンを扱っています。ただ、クラシックなイギリスのシャツは、たいていタックイン前提でしょう。

というわけで、ブリティッシュスタイルにこだわるならイギリスのボタンダウンを試してみる手もあると思いますよ。

あと、私がよく着ているボタンダウンは、オーダーでつくったものか、もしくはこのブログでよく紹介しているようなシャツです(セレクトショップオリジナルとかインディヴィとか)。
Posted by blackwatch at 2010年10月26日 00:04
丁寧なご解答ありがとうございます。大変興味深く勉強になりました。

サイトでイギリスのシャツを見てみましたが上質そうですが高価なものなんですね・・・
Posted by j太郎 at 2010年10月26日 07:16
j太郎さん、こんにちは。

名門ブランドのシャツは、やはりそれ相応に高いです。王室の人も着ているブランドだったりしますし。

Thomas Pinkあたりのブランドのシャツだともっと若々しくて親しみやすいのですが、全般的にイギリスブランドのシャツは今は日本ではあまり見かけませんね。今後ブリトラ人気が復活すると、もう少し入手しやすくなるかもしれません。
http://www.geocities.co.jp/Milano/5208/suki.htm
Posted by blackwatch at 2010年10月27日 00:03
こんにちわ

いつのまにかにオンラインサイトで、ドレスシャツの商品寸法の
詳細データが掲載されていますね。使い勝手がよくなりました。

スリムフィットとエクストラスリムはかなり違いますね。
エクストラは少し胸囲がつらそう。スリムフィットは腕がだぶつくん
だけどな。
Posted by SHU at 2011年02月27日 10:20
SHUさん、こんにちは。

お、確かに掲載されていますね。これまで私は何回もしつこくブルックスに問い合わせて寸法を訊いていたのですが、そういうことをする必要がなくなったのはうれしいです。

良い情報をご提供いただき、ありがとうございました。
Posted by blackwatch at 2011年02月28日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160379228
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック