コットン(綿)のニットカーディガンを集めてみました

Cotton Cardigan Sweater(コットンカーディガン)

今日は、コットン綿ニットカーディガンを取り上げます。なお、ウール素材のカーディガンはこちらの記事をご覧ください《最終更新日: 2017年5月17日》

コットン(綿)のニットカーディガン

ニットカーディガンは、前ボタンのおかげで脱いだり着たりがラクですし(髪が乱れない)、折りたためるので持ち運びも容易。まあ要するに、いろいろ使える優秀なヤツなワケです。

デザインはボタンフロントVネックが基本で、クルーネックのものもあります。現代的な雰囲気になるのがモックネックハイネック)のフルジップのもの、そして近年人気なのがショールカラーヘチマ襟)のもの。

素材はウールのものとコットンのものが代表格ですが、今日は一年中着られるものが多いコットンのものを紹介します。

Cotton Cardigan Sweater(コットンカーディガン)

ニットカーディガンの着こなし、夏にも便利

ルミノア、オーチバルのバスクシャツ、ボーダーTシャツ: なまいきシャルロット

ニットカーディガンは、ブルゾンのようにアウターとして着てもよいですし、寒いときにはブルゾンやテーラードジャケットなどのインナーにもなります。

合わせるインナーとしては、ボタンダウンシャツなどのドレスシャツはもちろん、Tシャツやポロシャツなどにもよく合います。いわゆるバスクシャツ(ボーダーTシャツ)に合わせる着方は、昔から人気がありますね。

ボタンダウンシャツを集めてみました

真夏には用がなさそうなカーディガンですが、次のようなときには重宝しますよ。カーディガンは、携帯も着脱も容易なのがうれしい。

  • エアコンが効きすぎて、肌寒い。
  • 避暑地の夜は、夏でも意外に冷えます。

さてこちらは、ニットカーディガンの着こなしいろいろ。

John Smedley(ジョン・スメドレー、ジョンスメ)のシーアイランドコットン(海島綿)

John Smedley(ジョン・スメドレー)のシーアイランドコットンのセーター、カーディガン

現在最も人気のあるニットブランドのひとつといってよさそうなジョン・スメドレージョンスメJohn Smedleyは、1784年創業のイギリスの超老舗ニットブランド。

ジョン・スメドレーのシーアイランドコットン海島綿)のセーターは、泣く子も黙る(?)春夏の定番中の定番アイテムです。ビジネスにもカジュアルにも……。

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ)

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ)のスウェットシャツ、パーカー、カットソー、セーター(ニット)

丸編みのシームレス(縫い目のない)なつくりのカットソーを得意としているルトロワLetroyesLe Troyes)は、2008年に誕生したフランスはシャンパーニュ地方製のニットブランド。

美しいシルエットのカットソーが話題で、コットンのカーディガンもあります。ニットカーディガン感覚で着こなせます。フルジップのパーカーもあります。

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のセーター、カーディガン、ニットベスト

アメリカのアパレル通販の雄であるランズエンドLands' End)は、当然のことながらセーターも得意としています。

コットンカーディガンもいろいろそろっていますよ。結構細身なので、オジサン臭くなる心配は無用です。ここのセーターは私のお気に入り。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズにはコンサバなカーディガンももちろんあります。

ブルックス・ブラザーズには、高級コットンの一種であるスーピマコットンスーピマ綿の薄手のカーディガンが充実しています。基本の無地Vネックのほか、モックネックのフルジップもあります。

Brooks Brothers Supima Cotton V-Neck Cardigan MS00768: Grey
Supima Cotton V-Neck Cardigan: Grey
Brooks Brothers Supima Cotton V-Neck Cardigan MS00768: Navy
Navy
Brooks Brothers Supima Cotton V-Neck Cardigan MS00768: Tan
Tan
Brooks Brothers Supima Cotton Full-Zip Cardigan MS00770: Tan
Supima Cotton Full-Zip Cardigan: Tan
Brooks Brothers Supima Cotton Full-Zip Cardigan MS00770: Tan
Tan
Brooks Brothers Supima Cotton Full-Zip Cardigan MS00770: Navy
Navy
Brooks Brothers Supima Cotton Marl Cable Knit Shawl Collar Cardigan MS00776: Navy
Supima Cotton Marl Cable Knit Shawl Collar Cardigan: Navy
Brooks Brothers Supima Cotton Marl Cable Knit Shawl Collar Cardigan MS00776: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

ケーブル編みのショールカラーカーディガンもありまして、杢調の糸に味があります。大人っぽく着こなせるでしょう。

そうそう、セールクリアランスClearance)になっている商品があるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。ブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

Seagreen(シーグリーン)

シーグリーンSeagreenは、東京とロサンゼルスを拠点にした2012年に誕生したカジュアルウェアブランド。サーフスタイルを志向しているブランドのようです。

こちらは、涼しげなリネンコットン素材のVネックカーディガン各種。とにかく凝った編みなのが特徴です。アウターウェア的に着るニットカーディガンなら、このくらい凝ったものでもちょうど良いのでは。日本製です。

Seagreen MSG16S976: Light Blue
MSG16S976: Light Blue
Seagreen MSG16S976: Light Blue
Light Blue
Seagreen MSG16S976: Navy
Navy
Seagreen MSG17S967: White
MSG17S967: White
Seagreen MSG17S967: White
White
Seagreen MSG17S967: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Drumohr(ドルモア)

Drumohr(ドルモア)のポロシャツ、セーター、ニットカーディガン

世界最古(!)のニットブランドであるドルモアDrumohr)は、1770年創業のスコットランドとイタリアのニットブランド。

キレイめのセーターをお探しなら、ここもぜひ候補に入れてください。サイズ感も日本人向けになっています。

Zanone(ザノーネ)

Zanone(ザノーネ)のアイスコットンのポロシャツ、セーター

「セレクトショップ」の常連ブランドでもあるザノーネZanone)は、1986年創業のイタリアの高級ニットブランド。

セーターやポロシャツを得意としていまして、もちろんニットカーディガンにも定評があります。

無印良品(Muji)

無印良品(Muji)のセーター、ニットカーディガン

庶民の味方(?)、無印良品Muji。お手頃価格が魅力です。

「セーターが欲しいのだけどおカネがない」という人は、ここのセーターで当座をしのぎましょう。

チルデンセーター(クリケットセーター、テニスセーター)

チルデンセーター(クリケットニット)を集めてみました

最もプレッピーなセーターと言えば、チルデンセータークリケットセーターテニスセーター)に止めを刺します(?)。

Vネックのプルオーバーの印象が強いチルデンセーターですが、実はカーディガン型もトラッドなデザインなのです。着こなしの良いアクセントになってくれますよ。

スウェットシャツのフルジップ

スウェットシャツ、スウェットパーカーを集めてみました: Champion Reverse Weave Full-zip Parka

スウェットシャツスエットシャツ)のフルジップ、カーディガンっぽく着こなせます。

よりカジュアル向きのものがお好きな人は、こちらをどうぞ。

他の記事も……

ニットベスト(ヴェスト)を集めてみました コットン(綿)のクルーネック、Vネックのセーター(ニット)を集めてみました

タグ / セーター: コットン、リネン」「タグ / セーター: カーディガン」「タグ / Tシャツ: カーディガン」をご覧になると、それぞれ当ブログのコットンセーターやカーディガンに関する全記事を網羅できます。

また、ウール素材のカーディガンはこちらの記事をご覧ください。「カテゴリ / セーター」をご覧になると、当ブログのセーターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2006年4月30日)商品を追加。
  • (2006年5月11日)商品を追加。
  • (2006年7月17日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年9月2日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年9月25日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年12月7日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年3月24日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年4月9日)商品を追加。
  • (2008年4月13日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年6月8日)商品を追加。
  • (2009年4月19日)2009年春夏最初の更新。
  • (2010年2月21日)2010年春夏最初の更新。
  • (2011年3月23日)2010年春夏最初の更新。
  • (2012年4月1日)2012年春夏最初の更新。
  • (2013年4月12日)2013年春夏最初の更新。
  • (2014年3月30日)2014年春夏最初の更新。
  • (2015年4月2日)2015年春夏最初の更新。
  • (2016年4月18日)2016年春夏最初の更新。
  • (2017年5月17日)2017年春夏最初の更新。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16481209
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック