2006年04月15日

ホワイトハウス・コックス(Whitehouse Cox)のブライドルレザーの財布、メッシュベルト、鞄

Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス、WHC)

今日は、ホワイトハウス・コックスWhitehouse CoxWHC財布サイフウォレットメッシュベルトバッグを取り上げます。《最終更新日: 2016年1月23日》

Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス、WHC)

ホワイトハウス・コックスは、1860年創業のイギリスの皮革製品ブランド。

創業当初はもっぱら馬具をつくってましたが、ハロッズHarrodsラルフ・ローレンRalph Laurenへベルトなどを提供したことをきっかけに、皮革製品ブランドとして名を上げました。

ホワイトハウス・コックスといえばなんと言ってもブライドルレザーが有名ですが、それ以外の皮革も取り扱っていますよ。

ブライドルレザーとは、お手入れ方法

ブライドルレザーは、牛脂およびワックスを十分に染み込ませた牛革素材。もともとは馬具に使われていた非常に堅牢な革です。使い込めば使い込むほど「味」が出てきます(いわゆるエイジング)。

表面にブルームという白い粉がふいていることがありますが、これは染み込ませた牛脂やワックスが表面に出てきたもの。ブラッシングすればきれいになります。

手入れ方法は、基本的にはやはりブラッシング。たまに専用のクリーム(ワックス)を入れてやるといいでしょう。

――以上は、ブライドルレザーについてネットで調べた情報をまとめた結果です。サイトによって微妙に記述が違うんで、最大公約数(?)をとってみました。まあ、基本的にはあまり気を使わなくてよい丈夫な素材なのです。

Holiday Line(ホリデー・ライン)

ホワイトハウス・コックスのホリデー・ライン(Holiday Line)の財布: Whitehouse Cox S7532

ホワイトハウス・コックスからは、毎年ホリデー・ラインHoliday Line)の商品が登場しています

外側と内側で異なる色を配したコンビ仕様の財布が主力商品。内側なら、ちょっと変わった色を採用してみるのも新鮮なのでは。

財布(サイフ、ウォレット)、長財布、小銭入れ(コインケース)、……

財布(ウォレット)を集めてみました、Ettinger(エッティンガー)、他

まずは、財布ウォレット)を紹介します

S7532は基本的な2つ折り財布、S7660は近頃は男性にも人気の3つ折り財布、S1058は小型の3つ折り財布です。

S9697長財布S2622はジップ式の長財布です。S5761S5938は、小銭入れコインケースコインパース)です。

基本色のブラックハバナニュートンのほか、ネイビーグリーンレッドなど、色の種類が多いのがうれしい。

S7532
Notecase with Coin Case S7532
S7532
S7532
S7532
S7532
S7660
3 Fold Purse S7660
S7660
S7660
S1058
Small 3 Fold Wallet S1058
S9697
Long Wallet S9697
S9697
S9697
S9697
S9697
S2622
Zip Round Purse S2622
S2622
S2622
S1774
S1774
S5761
Small Tray Purse S5761
S5938
Coin Purse S5938
Zip Coin Purse S9640
Zip Coin Purse S9640
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

名刺入れ、キーケース、……

財布以外にもいろいろありまして、S7412カードケース名刺入れ)、S7134パスケース定期入れ定期券入れ)、S9562ブックカバーS9692S5794キーケースS0668キーホルダーです。

S8559眼鏡入れメガネケース)、メガネっ子の人にはこれは気になる? S8753S8754システム手帳です。

S9736は、意外に目立つIDカードホルダーS8490はキーホルダー付き靴べらで、靴好きの方には気になる逸品?

S7412
Name Card Case S7412
S9562
Book Cover S9562
S8559
Spectacle Case S8559
S9692
Key Case S9692
S0668
Key Fob S0668
S8490
Key Fob Shoe Lift S8490
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

London Calf(ロンドンカーフ)

ロンドンカーフは、細かなシボの入ったカーフを使用したコレクション。ブライドルレザーよりも上品で、表面にキズが付きにくいのも特徴です。内側にはブライドルレザーを使用しています。うん、これもお洒落で良いですねぇ。

S8772
Notecase S8772
S8772
S8772
S8772
S8772
S7660
3 Fold Wallet S7660
S9697
Long Wallet S9697
S2622
Zip Round Purse S2622
S5938
Coin Case S5938
S1751
Name Card Case S1751
S9692
Key Case S9692
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Regent x Bridle(リージェント×ブライドル)

リージェント×ブライドルRegent x Bridle)は、ブライドルレザーにシボを入れたリージェントという皮革を使用したコレクション。ブライドルレザーは小キズが付きやすいのですが(手入れをすればたいてい取れますが)、シボ付きだとキズが付きにくいでしょう。そして普通のシボ革は良くも悪くも経年変化があまりないのですが、これは味が出ることを期待できます。

内側は普通のブライドルレザーで、その配色にも注目してください。

Regent x Bridle Notecase with Coin Case S7532
Notecase with Coin Case S7532
Regent x Bridle 3 Fold Purse S7660
3 Fold Purse S7660
Regent x Bridle Coin Purse S9084
Coin Purse S9084
Regent x Bridle Long Wallet S9697
Long Wallet S9697
Regent x Bridle Name Card Case S7412
Name Card Case S7412
Regent x Bridle Key Case S9692
Key Case S9692
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Derby Collection(ダービーコレクション)

ダービーコレクションは、馬革ホースハイド)を使用したコレクション。馬革といってもコードバンとはぜんぜん製法が違いまして(コードバンは特殊な方法でつくられている)、丈夫ながら柔らかい質感が特徴です。レザーブルゾンなどによく使われている革です。

S7660
3 Fold Wallet S7660
S1760
Zip Round Purse S1760
S9692
Key Case S9692
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

各種ベルト、出世作のメッシュベルトも……

ドレスベルト、カジュアルベルトを集めてみました

次は、カジュアルベルトドレスベルトB8665は、お得意のブライドルレザーを使用したベルトです(28mm幅)。B9427は、ちょと太めの32mm幅。

ブライドルレザーのベルトはちょっとカジュアルな雰囲気でして、私は28mm幅のB8665のハバナを持っているのですが、ジーンズにもよく合いますよ。スーツにもまあいちおう合いますけど。

B8665: Black
28mm B8665: Black
B8665: Havana
B8665: Havana
B8665: Newton
B8665: Newton
B9427: Black
32mm B9427: Black
B9427: Havana
B9427: Havana
B9427: Newton
B9427: Newton
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

B2153は、一枚革のブライドルレザーベルト。これはカジュアル向きです。このなんでもない雰囲気を再評価すべきでしょう。

B2153: Havana
Havana
B2153: Havana
Havana
B2153: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

B1859は、カーフを使用したベルト。ビジネススーツに合わせるならこのカーフ素材が一番無難でしょう。冠婚葬祭フォーマルにも合います。

B1859: Black
Black
B1859: Black
Black
B1859: Mahogany
Mahogany
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)
メッシュベルトを集めてみました

P1127P2274は、近年すっかり大人気のメッシュベルト。そもそもホワイトハウス・コックスが注目されたきっかけは、このメッシュベルトだったそうです。

定番のP1127は32mm幅、P2274は28mm幅です。

P1127
32mm P1127: Newton, Havana, Black
P1127
Dark Brown
P1127
Newton
P2274
28mm P2274: Navy
P2274
Black
P2274
Dark Brown
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

鞄、ブリーフケース(ビジネスバッグ)、トートバッグ

ブリーフケース、ビジネスバッグを集めてみました

次は、ブリーフケースなどのビジネスバッグをご紹介

L9505は、いわゆるダレスバッグ。大容量でドッシリとした、いかにもダレスらしいダレスバッグです。ブライドルレザーと真鍮ブラスの金具の素晴らしさを存分に味わえる逸品といえます。

L9505: Havana
Havana
L9505: Black
Black
L9505: Newton
Newton
L9505: Newton
Newton
L9505: Newton
Newton
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)
トートバッグを集めてみました

L9070は、トートバッグらしいシンプルなトートバッグコットンキャンバスとブライドルレザーを使った伝統的な仕上がりです。けっこう幅があって、たっぷり収納できます。

定番の鞄なのにかかわらず日本では近年は廃盤になっていたようですが、見事に復活しました。私もこの鞄を愛用していまして、10年くらい前になんと3色(!)そろえちゃいました。

L9070: Olive / Havana
Olive / Havana
L9070: Tan / Newton
Tan / Newton
L9070: Black / Black
Black / Black
L9070: Navy / Havana
Navy / Havana
L9070: Navy / Havana
Navy / Havana
L9070: Navy / Havana
Navy / Havana
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ブラシ、クリームなど、お手入れ用品

ブラシS9169)など、ホワイトハウス・コックス純正メンテナンス手入れ用品もそろっていますよ。

ブライドル・フードBridle Leather FoodFT009)は、ブライドルレザー専用のクリームです。レザー・バームLeather BalmFT007)は、ブライドルレザーを含む一般的な皮革に使用できるクリームです。

S9169
Backed Brush S9169
FT009
Bridle Food FT009
FT007
Leather Balm FT007
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

その他

その他のホワイトハウス・コックスの財布やベルト、鞄は、こちら。

他の記事も……

K.T.Lewiston(KT Lewiston、K.T.ルイストン、KTルイストン)の財布、ベルト、鞄 Glenroyal(グレンロイヤル)のブライドルレザーの財布、ブリーフケース、トートバッグ(鞄)、ベルト

財布を集めた記事やベルトを集めた記事がありますので、まずはそれらをご覧ください。

カテゴリ / 小物類」「カテゴリ / 鞄」をご覧になると、それぞれ当ブログの財布やベルト、鞄に関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2007年1月29日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年1月23日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年4月5日)商品を追加、入れ替え。
  • (2011年8月17日)2011年春夏最初の更新。
  • (2015年3月13日)2015年春夏最初の更新。
  • (2016年1月23日)2015年度秋冬最初の更新。
posted by blackwatch at 00:01| Comment(12) | TrackBack(0) | 小物類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ども!

先日WHCの財布を購入したのですが手入れで悩んでいます。
まず一つ目に、しわができてしまいました。これはおそらくコインケースあるいはカードケースによる型崩れが原因だと思われます。

二つ目は内側の手入れです。こちらはイメージ的にはエッティンガーの内側のように黄色いのですが、汚れがついて少し黒ずんでしまいました。
今までは、馬毛で軽くこすったりしました。
しかし、少しは取れるのですが、あまりよくありませんでした。
やはりブライドルレザーフードなどを使用したほうがいいのでしょうか?

もしいいアイデアがあれば教えていただければありがたいです。
Posted by ウーロン at 2011年10月25日 03:32
ウーロンさん、こんにちは。「ども!」ですか……。

まずシワについてですが、どのようなシワなのか分からないのでなんとも言いにくいです……。無理な収納をしているのであればやめたほうがよいのは確かでしょう。もしかするとシワの入りやすい個体だったのかもしれません。いずれにせよ、一度入ったシワをきれいに消すのは難しいと思います。

黒ずみについては、仰るとおりブライドル・フードなどの手入れ製品を使うと改善する可能性があります(ブランド純正のものでなくてもよいとは思いますが)。ひどい黒ずみであれば、皮革製品用の汚れ落としを使う手もあるでしょう。いずれにせよ純正の用品以外を使うのであれば、最初に目立たないところで試してみることをオススメします。
http://blackwatch.seesaa.net/article/4792147.html

より詳しいことは、代理店のグリフィンさんに訪ねてみてもよいかもしれません。もしくは、その財布を持参して東急ハンズなどの詳しい店員さんにアドバイスを求めるとか。
http://www.griffin.cx/

あと、程度次第ですけど、少々のシワや黒ずみは「アジ」と考えてもよいのでは。
Posted by blackwatch at 2011年10月26日 00:06
初めまして。

質問なのですが、カジュアル、スーツ兼用で考えた場合、
上のB1859をカジュアルで合わせるのと、逆にB9427をスーツに合わせるのではどっちがおすすめでしょうか?
Posted by コーサク at 2012年03月17日 22:23
コーサクさん、こんにちは。

B1859は、ジャケパン(ジャケット+パンツ)のようなドレス寄りのカジュアルスタイルなら十分合わせられます。バックルがエレガント(?)なデザインなので、例えばラギッドなスタイルとは合わせにくいでしょう。

B9427も、まあなんとかスーツに合わせられるのではないでしょうか。でもやはり、より細いB8665のほうがスーツには合わせやすいでしょう。もっとも、B8665もけっこうカジュアルな雰囲気なんですけどね。

スーツとカジュアルで兼用するなら、K.T.Lewistonなどのコードバンベルトも検討してみてはいかがでしょう。個人的には、こちらのほうが兼用はやりやすいかも(私がアメリカ寄りの趣味ということもあります)。
http://blackwatch.seesaa.net/article/21977012.html
Posted by blackwatch at 2012年03月18日 00:03
返信ありがとうございました。

KTルイストン気になってました。こちらも是非チェックしてみます。
ちなみに売っているところをなかなか見ないのですが、ラコタハウス以外にも
通常の百貨店等で取扱いあるのでしょうか?
Posted by コーサク at 2012年03月19日 00:18
コーサクさん、こんにちは。

いくつかの店舗で取り扱いがありますよ。このようなときは、メーカーに直接訊くのが早くて正確なのです。
http://www.lakota.co.jp/dealerlist.html#kt
http://www.lakota.co.jp/

もしくは、通販ですね。
Posted by blackwatch at 2012年03月20日 00:03
こんにちわ。

店舗の件了解です。よく見たら上にありました『BEYES』にも
ありましたね(汗)。

で、度々すみません。質問なのですが、前回の回答であったカジュアルスーツ兼用のKTルイストンですが、
ページの方を拝見させていただいたのですが、『KTB076』のことを言ってらっしゃいましたでしょうか?
Posted by コーサク at 2012年03月25日 01:31
コーサクさん、こんにちは。

KTB076が一番無難で、入手もしやすいように思います。KTB039あたりもよいかと。

カジュアルといっても、キレイめスタイル限定ですけどね。Tシャツにジーンズ、スニーカーみたいな格好には難しいでしょう。
Posted by blackwatch at 2012年03月26日 00:03
こんにちわ。

遅ればせながらご返信ありがとうございました。KTB076、了解しました。確かにチェックしてみたところ
かなりフォーマル寄りな印象でした。キレイ目なジャケパンとかだったら問題ないですよね?

あと、度々すみません、また一つ質問なのですが、これはベルト以外のアイテムにも言えることなのですが、
そもそも、スーツ、カジュアルを兼用することで、スーツものを普段(カジュアル)使いすることは問題ないのでしょうか?
普段使いで多少なりとも使用感は出るでしょうから、それがスーツ時に、『味』としていい意味で捉えてもらえるのか、
それともスーツはスーツでピカピカの新品であればあるほどいい、といった認識が普通なのでしょうか?

例えば、革靴なんかでもスーツにも使えるフォーマルなプレーントゥをカジュアル履きしていますが、やはり使用感は
出てくるので(もちろんケアはしていますが)、これをスーツに使用していいのか、いつも迷ってしまいます。

いきなり根本的な質問ですみませんが、ご教授頂けますと幸いです。
よろしくお願い致します。
Posted by コーサク at 2012年04月01日 19:25
コーサクさん、こんにちは。

使用感があるものをスーツに合わせてよいか、というご質問ですが、とりあえずは「程度による」としか答えようがないです……。でも、スーツに合わせられるアイテムで適切に手入れされているのなら、たいてい大丈夫と思いますよ。

例えば、Aldenのプレーントウをカジュアル・スーツで兼用している人は少なくないはずです。そもそも、ずっとスーツ用に履いている靴でも、長く履いていたら使用感が出ますよね。手入れをしっかりして「履きこんだ」靴と単に乱暴に履いて「くたびれた」靴は、ぜんぜん違いますよ。

スーツに合わせられないと感じられる状態のアイテムは、そもそもスーツ用ではないか(ワークシューズなど)、安物の靴か、もしくは手入れが足りないのではないでしょうか。
Posted by blackwatch at 2012年04月02日 00:03
こんにちは。

前回のご回答ありがとうございました。

すみません、もう一つだけ質問させてください(汗。
逆にKTルイストンの『KTB092』をスラックス(ビジネーススーツではなく、カジュアル履き/キレイめの格好という意味で)
に合わせても違和感はないでしょうか?
Posted by コーサク at 2012年04月22日 23:20
コーサクさん、こんにちは。うーん、ここまで来るともうWhitehouse Coxはぜんぜん関係ありませんので、K.T.Lewistonの記事にコメントしていただきたかったような……。

KTB092についてですが、一般的にいえば仰るような着こなしに合うと思います。ただ、若干ゴツい雰囲気があるベルトですので、ドレス度の高い着こなしだと難しい場合があるでしょう。もっともこれは「レベルの高い」(?)話で、特にコーサクさんくらいの年齢の方であればあまり気にする必要はないかもしれません。
Posted by blackwatch at 2012年04月23日 14:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16583395
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック