「カシミア、クロコダイル」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2011年1月号を読む

ウール、カシミアのクルーネック、Vネック、ヘンリーネックのセーター(ニット)を集めてみました: Brooks Brothers Cashmere V-Neck Sweater 575P

今日は、雑誌Men's EXメンズ・イーエックス2011年1月号を読んでみます。

大人のカシミア、紳士のクロコ

今月の大特集は、「大人のカシミア、紳士のクロコ」。表題のとおり、カシミアカシミヤクロコダイルの特集です。

これらは要するに高級素材でして、おカネのない人が無理して買う必要はありません。耐久性に優れた一生モノ、というわけではないですし。ただ、懐に余裕のある人がこの手の高級素材を活用すると、見た目も気持ちも豊かになるのではないでしょうか。

カシミアで一番手を出しやすいアイテムといえば、マフラーやストールでしょう。第一候補としては、ジョンストンズJohnstons of Elginあたりはいかがでしょうか。

Faro(ファーロ)のコードバン財布、革小物

また、クロコダイルほど高価でない同傾向の素材として、リザードがあります。リザードの革小物は、当ブログではファーロFaroあたりで扱っています。

個人的に昔からあこがれているクロコダイルのアイテムは、ジェイエム・ウエストンJ.M. Westonのローファーですね。今号に紹介されているとおり、ジーンズに合わせて履きたいなぁと。

あなたは今、クラシックな冬素材のスーツを着ていますか?

マジメ男のビジネススーツはI型(サックスーツ)?: 灰色の服を着た男

数年前までスーツやジャケットの素材としてはスーパー150のようなツルンとしたエレガントな素材が人気でしたが、近年はウールフランネルツイードのような、厚手で生地感のある素材が人気です。まあ、トラッドが復活すると、必然的にこうなります。

ところで、素人でも分かるパッと見でスーツの良し悪しの要素は、素材だと思います。懐に余裕があれば、できればよい素材のスーツやジャケットを選びたいところです。

紳士のダウンはウールに限る

Duvetica(デュベティカ)のダウンジャケット、ダウンベスト

ダウンジャケットはウール地に限るとありますが、まあ「都会的に着るならウールが気分ですよ」という提案ですね。アメカジ風に着るならナイロンやらポリエステルやら60/40クロスやらで構いませんよ。

ビジネススーツの上に着るなら、ウール地が合わせやすいとは思います。ウール地以外でスーツに合わせるなら、色は黒が無難でしょう。

「通勤ストール」のススメ

マフラー、ストールを集めてみました: Ca.Ma. Wool Stripe Scarf

「ビジネススーツに薄手のストールを合わせましょう」という提案。ただしややもすると、この合わせ方は「女性的」な雰囲気になる恐れもあります(オッサン顔には難しかったり)。色柄に注意すべきでしょう。この特集では、薄青のカシミアシルク素材を推しています。

個人的には、冬は普通のマフラーを合わせるほうが好きですね。それか、ドレイクスDrake'sあたりにあるウールとシルクのリバーシブルのようなヤツとか。薄手のストールは春先に活用しています。

大人のリラックス週末靴

New Balance(ニューバランス)のスニーカー、ランニングシューズ

要するに、スニーカー特集です。ところで先日私は鎌倉を散策しまして、そのときニューバランスNew Balance991の威力をまざまざと実感しました。かなり歩いたんですけど、あまり疲れなかったんです(ただし2日後に筋肉痛になったのは秘密だ……)。革靴だと、なかなかこうは行かないだろうなと。

というわけで、この特集にも取り上げられているスプリングコートSpring Courtのような白いスニーカーも欲しいなぁと。

……今月はこのくらいかな。今号はいろいろ言及できる記事がありました。また来月~♪

Master Coat(マスター・コート)のウールコート

マスター・コートMaster Coatは、1988年に誕生したイタリアはボローニャのメンズブランド。特にコートやジャケットを得意としているようです。

2337-4198は、メルトンウール地のコート。Pコート(ピーコート)のようなブリティッシュウォームのような、そんなデザインです。こういうデザインのコートはたまに見るのですが、何か名前があるのかな。ともかく、ミリタリーっぽいですが大人っぽく着られる逸品だと思いますよ。

Master Coat 2337-4198: Black
2337-4198: Black
Master Coat 2337-4198: Black
Black
Master Coat 2337-4198: Black
2337-4198: Black
Master Coat 2337-4198: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ
Fidelity(フィデリティ)のPコート(ピーコート)、ダッフルコート Mackintosh(マッキントッシュ)のコート

なお、Pコート(ピーコート)を集めた記事やチェスターフィールドコート(チェスターコート)を集めた記事がありますので、それらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • ヤックヤック

    こんにちは。
    今季はツィードがよく取り上げられていますね。free&easyでも特集が組まれていたような・・・
    イタリア・フランスのような軽い雰囲気から、イギリスのような重め・堅めの雰囲気が流行りだすのでしょうか。
    2010年12月18日 12:06
  • blackwatch

    ヤックヤックさん、こんにちは。

    Free & Easyのツイード特集号は、これですね。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/169757550.html

    「流行りだす」というか、すでに少なくとも店頭では「重め・堅め」の雰囲気の服が多いですよね。街に広まるのも時間の問題かと。
    2010年12月19日 00:03

この記事へのトラックバック