2006年06月05日

ブリーフィング(Briefing)の鞄、トートバッグ、リュックサック

Briefing Redline(ブリーフィング・レッドライン)

今日は、ブリーフィングBriefing)のRedlineRed Lineレッドライン)のトートバッグショルダーバッグリュックサックバックパックを取り上げます。《最終更新日: 2015年3月11日》

Briefing(ブリーフィング)Redline(Red Line、レッドライン)、ミルスペック仕様でつくられます

ブリーフィングは、日本のセルツSelltsが企画しアメリカの軍需工場(ミリタリーファクトリー)が製造している1998年に誕生した鞄ブランド。当然のことながら、もちろんアメリカ製です。

ブリーフィングの鞄は、ミルスペック米国軍用規格に準拠した素材や部品で製作されています。要するに、非常に本気なつくりのブランドなわけです。

現在ブリーフィングにはRedlineとBlacklineBlack Lineブラックライン)があるのですが、この記事ではRedlineを紹介します。

バリスティックナイロン製の漢(おとこ)の鞄です

ブリーフィングの鞄の大きな特徴は、素材に防弾チョッキにも使用されるバリスティックナイロン1050デニール・ダブルバスケット・ウィーブ・ナイロン)を使用していること。丈夫さは折り紙付きです。

ブリーフィングの限定柄トランジショナル・カモ(Transitional Camo)

色展開は、今は基本的にブラックミッドナイト(ネイビー)の2色と思われます。以前はモス、その前はカーキがありました。スーツにも合います。また、限定柄のトランジショナル・カモTransitional Camo)という迷彩カモフラージュ)柄もありますよ

「イタリア鞄はチャラチャラしてイヤだし、英国鞄はトラッドすぎる」という御仁には、ガツンと硬派なここの鞄はいかがでしょう? 漢(おとこ)の鞄です。

ちなみにこちらは、ブリーフィングのアメリカ工場の様子の動画です。

Blackline(Blackline、ブラックライン)、財布、ポーチ

ブリーフィング・ブラックラインのブリーフケース、ビジネスバッグ(鞄): Briefing Blackline Stealth Comp

Briefing BlacklineBriefing Black Lineブリーフィング・ブラックライン)は、現代的で都会的な仕上がりの新しいラインです。

従来のRedlineは良くも悪くも無骨なところがありますので、こういうラインを待っていた人は少なくないんじゃないでしょうか。

Flight Light(フライト・ライト)シリーズ

ブリーフィング・フライトライトのトートバッグ、ショルダーバッグ: Briefing Flight Light Bucket

2010年に登場したブリーフィングの新シリーズであるFlight Lightフライト・ライト)は、素材にバリスティック・ナイロンではなく同じく強靭な500デニールコーデュラ・ナイロンを使用していることが特徴。

強度はバリスティック・ナイロンに劣るのでしょうが、そのぶん軽量に仕上がっているのがウリ。色展開をバリスティック・ナイロンとちょっと変えているのも魅力的です。

ブリーフケース(ビジネスバッグ)、ボストンバッグ(旅行鞄)、財布

ブリーフィング・レッドラインのブリーフケース、ボストンバッグ、財布: Briefing Protection Brief

別記事に、ブリーフィングのブリーフケースビジネスバッグ)、ボストンバッグ旅行鞄)、財布などをまとめています

強靭なバリスティックナイロンは、ビジネス用の鞄でももちろん大いに頼りになります。

トートバッグ、Protection Tote(プロテクション・トート)、……

トートバッグを集めてみました

次は、最もブリーフィングらしいアイテムかもしれないトートバッグ

Protection Toteプロテクション・トート)は、ブリーフィングの第1弾モデルであり、代表作と言っていいでしょう。前面と背面にウレタンフォームが充填されていて、ノートパソコンなどを入れても安心。ある意味、最強のトートバッグかも?

Protection Tote: Midnight
Midnight
Protection Tote: Midnight
Midnight
Protection Tote: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Urban Bucketアーバン・バケット)は、もう少し気楽な用途で使うことを考慮されたトートバッグ。大きすぎず小さすぎずで使いやすいでしょう。

Urban Bucket: Black
Black
Urban Bucket: Midnight
Midnight
Urban Bucket: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Gym Wireジム・ワイヤー)は、スポーツジムに通うときに使うことを想定してつくられたトート。機能はかなり充実していまして、特に底部に靴を入れられるのはすごいですね。より小さめで横長のEasy Wireイージー・ワイヤー)もあります。

Gym Wire: Midnight
Midnight
Gym Wire: Midnight
Midnight
Gym Wire: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Fold Toteフォールド・トート)は、口の部分が折りたたみ式になっているトートバッグ。口を伸ばせば容量を大きくできます。全面のストラップには毛布などを固定できるよう考慮されています。

Fold Tote: Black
Black
Fold Tote: Midnight
Midnight
Fold Tote: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Shot Bucketショット・バケット)は、手軽に持てそうなトートバッグ。大きな特徴は持ち手の長さが調節可能なことで、これは地味にうれしい機能だと思いますよ。ポケットの多さなどブリーフィングらしい使い勝手の良さはそのままです。

持ち手が長すぎると特に縦長トートの場合は地面に引きずりそうになりますし(背が低い人はなおさら)、短すぎると厚着をしたときに肩掛けをやりにくくなります。そういう不満を解消してくれるトートバッグといえます。

Shot Bucket: Midnight
Midnight
Shot Bucket: Midnight
Midnight
Shot Bucket: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Armor Toteアーマー・トート)は、大容量のトートバッグ。ボストンバッグのような感覚で使えます。

Armor Tote: Black
Black
Armor Tote: Midnight
Midnight
Armor Tote: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ショルダーバッグ、DayTripper(デイ・トリッパー)、……

ショルダーバッグ、メッセンジャーバッグを集めてみました

次は、カジュアルバッグの代表格といえるショルダーバッグ

Day Tripperデイ・トリッパー)は、普段遣いにピッタリな小型のショルダーバッグ。ブリーフィングには珍しいかわいらしいデザインで、個人的にはこれ、気になります。

Day Tripper: Midnight
Midnight
Day Tripper: Black
Black
Day Tripper: Midnight
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Day Tripperデイ・トリッパーS)は、Day Tripperの小型版です。

Day Tripper S: Black
Black
Day Tripper S: Midnight
Midnight
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Conductorコンダクター)は、「コブラバックル」と呼んでいる大き目の留め具が印象的なショルダーバッグ。軽量ながら堅牢なバックルなのだそう。全体的には比較的小さめです。

Conductor: Black
Black
Conductor: Midnight
Midnight
Conductor: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Lance 3ランス3)は、ミリタリーっぽい雰囲気が堪らないショルダーバッグ。ひと回り大きいLance 2ランス2)もあります。

Lance 3: Midnight
Midnight
Lance 3: Black
Black
Lance 3: Midnight
Midnight
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

リュックサック(バックパック)、デイパック

リュックサック(バックパック)、デイパックを集めてみました

次は、近年復活著しいリュックサックバックパック)、デイパック

Attack Packアタック・パック)は、手頃な大きさで日常遣いしやすいデイパック。ブリーフィングらしいバックパックをお望みなら、まずはこれを候補にすべきでしょう。

Attack Pack: Midnight
Midnight
Attack Pack: Black
Black
Attack Pack: Midnight
Midnight
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Urban Packアーバン・パック)も、比較的基本的なデザインのデイパック。Attack Packよりも少し大きめです。

Urban Pack: Black
Black
Urban Pack: Midnight
Midnight
Urban Pack: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Urban Patrolアーバン・パトロール)は、円錐状の形態が特徴のデイパック。これは人気が出そうな気がしますねぇ。

Urban Patrol: Midnight
Midnight
Urban Patrol: Black
Black
Urban Patrol: Midnight
Midnight
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Mission Flapミッション・フラップ)は、通称コブラバックルが印象的なバックパック。これもデザインが良いと思います。

Mission Flap: Black
Black
Mission Flap: Midnight
Midnight
Mission Flap: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Simple Flapシンプル・フラップ)は、四角くてシンプルなデザインが格好良いバックパック。ポケットなどが多く機能的に仕上がっています。

Simple Flap: Midnight
Midnight
Simple Flap: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Market Sacマーケット・サック)は、バックパックとトートバッグが合体した鞄。お気楽に持てる鞄といえます。

Market Sac: Midnight
Midnight
Market Sac: Black
Black
Market Sac: Midnight
Midnight
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Gym Packジム・パック)は、Gym Wireのバックパック版。前ポケットにはテニスラケットをすっぽり収納することを想定しているそうです。スポーツ好きの人に。

Gym Pack: Midnight
Midnight
Gym Pack: Black
Black
Gym Pack: Midnight
Midnight
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ウエストバッグ、ボディーバッグ

ウエストバッグ(ウエストポーチ)、ボディバッグを集めてみました

次は、やはり近年復活傾向にあるウエストバッグウエストポーチ

Neo Pikeネオ・パイク)は、そこそこの大きさのウエストバッグ。小さめのショルダーバッグの雰囲気もあります。

Neo Pike: Black
Black
Neo Pike: Midnight
Midnight
Neo Pike: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Master Podマスター・ポッド)は、「マスター」の名に恥じぬ(?)大きめの鞄。片方の肩にちょこんと掛けてもサマになるでしょう。

Master Pod: Midnight
Midnight
Master Pod: Black
Black
Master Pod: Midnight
Midnight
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Drop Pouchドロップ・ポーチ)は、縦長で小さめのショルダーバッグともいえるかな。ただし鞄下部にもストラップが付いていまして、太股に巻いてバイクバッグとしても使えるのだそう。

Drop Pouch: Black
Black
Drop Pouch: Midnight
Midnight
Drop Pouch: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

その他

その他のブリーフィングの鞄は、こちら。

他の記事も……

Orobianco(オロビアンコ)の鞄 Daniel & Bob(ダニエル&ボブ)の鞄

トートバッグを集めた記事やショルダーバッグを集めた記事リュックサックを集めた記事それにウエストバッグを集めた記事がありますので、まずはそれらをご覧ください。

カテゴリ / 鞄」をご覧になると、当ブログの鞄に関する記事を網羅できます。

Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス)のブライドルレザーの財布、ベルト、鞄 Glenroyal(グレンロイヤル)のブライドルレザーの財布、ブリーフケース、トートバッグ(鞄)、ベルト

なお、もし今日の記事の商品などがうまく表示されないようでしたら、「快適にご覧いただくために……」の記事の内容を確認してみてくださいねノートン先生が何かしているかも……。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2007年1月7日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年6月27日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年9月6日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年10月22日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年1月30日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年7月30日)商品を追加、入れ替え。
  • (2010年4月29日)2010年春夏最初の更新。
  • (2011年7月22日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年8月14日)2012年春夏最初の更新。
  • (2015年3月11日)2015年春夏最初の更新。
posted by blackwatch at 00:03| Comment(10) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
blackwatchさん、こんにちは。

小振りなショルダー(ボディバッグ?)を探していて、ちょっと無骨ですけれどブリーフィングのTripodを気に入りました。
ブリーフィングはカーキとブラックの2色展開ですが、今までの癖?で使いやすい黒を購入しよう、と思ったのですがふと黒い鞄は使いやすいのか?という疑問が沸きました。

黒は一番高貴な色というのは異論は無いのですが、派手な色という側面もあるような気がするのです。
最近黒という色とどうやって付き合って?行けば良いのか考えているのですが、無難という理由で黒を選ぶのはあまり意味がないのでしょうか?
Posted by 胡麻 at 2009年01月29日 02:55
胡麻さん、こんにちは。

黒い鞄についてですが、まずは合わせる服で考えるべきだと思います。特に、靴ですね。まあ、ナイロン鞄だとあまり色合わせにこだわる必要はないとは思いますが。
http://blackwatch.seesaa.net/article/109771432.html

あと、「黒」についての考え方は、このへんの記事及びコメント欄にていろいろ書いていますので、参考にしてください。
http://blackwatch.seesaa.net/article/26374537.html
http://blackwatch.seesaa.net/article/109586188.html
http://blackwatch.seesaa.net/article/107143804.html

ざっくり言って、黒は「モダン」であると同時に、「(19世紀的な?)超クラシックな色」だと思います。特に、カジュアルスタイルにおいては。
Posted by blackwatch at 2009年01月30日 00:07
色については何度も記事になっていたんですね。
昨年末にこちらのサイトを知り2005年の記事から読みふけっていたのですが、情報量が豊富な為、件の記事に追いついていませんでした。

とりあえずナイロン鞄は色合わせにこだわる必要は無い(センス次第)ことがわかり安心?しました。
黒だけではないのでしょうけれど、色の持つ意味合い?を理解できるとコーディネートがより楽しく、着こなしの雰囲気も良くなりそうですね。

>黒
モダンかつ超クラシックとは奥が深すぎますが、毎回とっても勉強になります。
Posted by 胡麻 at 2009年01月30日 10:24
胡麻さん、こんにちは。

まあ私の記事はあくまで「私がこう思う」という内容に過ぎませんので、話半分でお読みになったほうがいいかもしれません(笑)。服については本当にいろいろな考え方があって、どれが正解とも言いがたいですし。
Posted by blackwatch at 2009年01月31日 00:04
こんにちは。

先日briefingのIDケース(社員証を首からぶら下げるヤツ)を購入しました。色はミリタリー臭の強いモスです。
洒落たレザーモノももちろん良いですが、無骨なバリスティックナイロンも男臭くてなかなか素敵なのです…

宮城県のセレクトショップからオンラインで購入しました。
自身の買い物を今までどおり楽しみつつ、こういった形で復興に携わっていけたら良いなと思います。
Posted by ヤックヤック at 2011年04月16日 16:26
ヤックヤックさん、こんにちは。

個人的にはあのIDケースストラップというものはあまり好きではないのですが(特にネクタイをしていたら見た目的にジャマ)、セキュリティ上そうも言っていられないですよね。どうせなら格好良いものを持ちたいものです。バリスティックのモス色は、特にカジュアルスタイルと相性が良さそうです。

宮城から買われましたか。物流事情が復旧しているのなら、そういう貢献の仕方もありますね。宮城のほうの服屋さんは売り上げ減で悩んでらっしゃいそうですし。
Posted by blackwatch at 2011年04月17日 00:03
 初めまして。

 二年ほど前にこちらのサイトを知り、色々と勉強させていただいてます。

 ファッションの知識も全然なかったのですが、物事の伝統とか背景とかを知ることに苦痛を感じないタイ
プなのか記事を読んでるだけでも充分楽しいです。

 ボディバッグの購入を検討していて(財布と携帯と+αの容量)、アウトドアなデザインにいきすぎない
 のがいいということで、こちらのブリーフィングのトライポッドにしました。

 ところでそれ以前の段階でサイズ的に比較して迷ったのがいわゆるベルトポーチというやつでした。
 最低限の手荷物を収納するということでは充分事足りたのですが、結局少し余裕のあるボディバッグにし
 たのです。
 このベルトポーチというのはトラッドな世界ではよく使われるものなのでしょうか?


 カバン選びって難しいなと感じている今日この頃です。
Posted by ケンタロー at 2012年07月16日 18:30
ケンタローさん、こんにちは。

まずはつまらないことを指摘させていただくと、ここのコメント欄では(といいますか、ブログのコメント欄一般では)「見た目」のための改行は要らないのです。(IEなどの)ブラウザの横幅を狭くして表示させると、ヘンなところで改行が入ってかえって見にくくなってしまいますよね。そういう環境の人もいるのです。

さて話を戻しますと、ベルトポーチはもちろんそもそもボディーバッグもウエストバッグも、本当の意味でのトラッドなアイテムとはいえないような。もっとも、「トラッド」といっても定義がいろいろあって難しいのですけど。

ただ、ガチガチのトラッドな考え方だとカジュアル時の鞄の選択肢が本当に少なくなってしまいますので、実際のところは流行などを考慮して柔軟に考えたほうが現実的だと思います。ケンタローさんの本当の意図は、コンサバに(つまり大人っぽく)持てるかどうかというところなのではないかと想像します。

で、ベルトポーチですけど、グーグル画像検索をしてみてもいろいろあって一概にいうのは難しいですね。いわゆる「シザーバッグ」のようなものは若者が持っている印象がありますが、そうでないものであればまあまあそこそこコンサバに使えそうに思いました。

以前もちょっと書いたことがあるのですが、カジュアル時の鞄の選び方は意外に難しいものなのです。いつの時代にも使いやすい「鉄板」なアイテムはほとんど思いつきません。流行に合わせて考えるしかないかなと。
Posted by blackwatch at 2012年07月17日 00:04
blackwatchさん、こんにちは。

改行のご指摘ありがとうございます。以後注意します。

「コンサバに、つまり大人っぽく持てるか」、これは私が無意識のうちに描いてたイメージを鋭く捉えてるように思いました。今考えると、目立たせずに、さりげなくベルトポーチを使えるだろうかという基準で探してた気がします。

仰るとおり、愛着を持って使い続けられる鞄を見つけて、いくつか使い分けていければと思います。
Posted by ケンタロー at 2012年07月19日 10:00
ケンタローさん、こんにちは。

ベルトポーチやウエストバッグの類は、アウトドア系の格好なら合わせやすいのですが、コンサバな格好だとやはり流行を意識してうまく鞄を選ぶ必要があると思います。検討してみてください。
Posted by blackwatch at 2012年07月20日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18843831
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック