mono(モノ)スペシャル Workwear(ワークウェア)No.5のトレンチコート特集を読む

トレンチコートを集めてみました

雑誌monoモノマガジンの別冊でmonoモノスペシャル WorkwearワークウェアNo.5というムックが発売されていましたので、今日はそのご紹介。相変わらず分厚く重い本です……。

今号の大特集は、スコービルScovill社のボタン。といっても私自身はこれにはそれほど興味はなく、中ほどにあるトレンチコートの特集のほうに興味を持ちました。このムックはとても分厚いので、第1特集でなくてもかなりの分量になるんです。

mono magazine(モノ・マガジン)

いつものようにものすごくマニアックな特集でして、トレンチコートの歴史や初期の仕様などが微に入り細に入り掲載されています。はっきり言いまして普通にトレンチコートを着こなしたいだけならこんな知識は不要だと思いますが(汗)、好きな人にはたまらない特集でしょう(内容の正誤については私はもちろん判断できません……)。

私が気になったのは、イギリスのバーバリーBurberryアクアスキュータムAquascutumのトレンチコートがラグランスリーブラグラン袖仕様なのに対し、アメリカ陸軍のトレンチコートがセットインスリーブ(もしくはスプリットラグラン?)仕様であることですね。

ところで、ラグランスリーブが流行しなくなって久しいですが、いつになったら復活するのかな。私はラグランスリーブのアウターが好きなんですよ。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック