2017年02月11日

ピッティ・ウォモ(Pitti Immagine Uomo 91)の2017年秋冬の傾向、とな?

Pitti PEOPLE ピッティ・ピープル―Portraits of the Italian Dandy イタリア男のスタイルブック

ピッティ・イマジネ・ウォモPitti Immagine Uomoは、イタリアはフィレンツェで毎年2回開催されるメンズファッションの見本市。世界中からファッション関係者が買い付けのために集まってきます。コンサバスタイルのためのファッションショー的な一面もあるといえるでしょうか。

第91回となる2017年秋冬の見本市が先日まで行われていましたので、その様子を見てみましょう。モードのショーと違って、実際にすぐ活用できそうな現実的な提案ばかりです。いまならセールで来年ぶんの先取り買いができるかも。

それでは、いつも頼りになりますビームスBeams中村達也氏の記事から。気になる事柄を抜粋してみました。特に気になる事柄は太字に。

  • 「英国感がより強まっている」
  • 「チェンジポケット付きのジャケットやサイドアジャスターのパンツ、着丈の長いテーラードコート」
  • ヘリンボーングレンプレイドハウンドトゥースと言った英国調の柄」「特にコート」
  • 「ツヤ感の強いコテコテのイタリアンテイストは更に少なくなっている」
  • 「ローデンコート風のディティールのコート」「一般的には難しいかな」
  • 「ブラウンのワントーンコーディネート」
  • 「シルクプリントとカシミアのリバーシブルのスカーフ」
  • 「シングルのピークドラペル(ジャケット)」「タートルネックを合わせる」
  • 「プリントのスカーフ」
  • 「ガウンタイプのラップコート」「トレンチコート」
  • 「コートのシルエットがタイトから少し緩めになって着丈も長く」
  • ボルドーを挿し色に」
  • 「プリーツパンツ」「普通の深いプリーツ」
  • 「(シャツ)襟はワイドやボタンダウンで前立て付き」
  • 「世界的なサスペンダーブーム」
  • シャギードック(セーター)」
  • ノープリーツ(パンツ)は新しい提案として太目のシルエット」
  • 「ファイブポケットも少し太めのライン」「リーバイスの501のような」
  • 「レジメンタルタイ」
  • 「白いネップの入った生地」
  • 「大きく開くカッタウェイ(シャツ)は今の流れではない」
Drake's(ドレイクス)のネクタイ

イギリスのドレイクスDrake'sDrakesがつくるボタンダウンシャツが、もろにアメトラ風というのが面白いなと。しかもイギリス製らしい。

あとがき

私は今季久しぶりに着丈の長い(膝丈くらい)のコートを着てみたのですが、この手のコートにはある程度の太さのあるパンツを合わせたほうがやはり安定感が出るなと。このように、ひとつのアイテムの傾向を変えるとバランスを取るために他のアイテムの傾向も変える必要があることがありまして、それは流行が変遷する理由のひとつなのでしょう。

ただ、痩せている私にとってはワイドパンツは似合いにくいのです。お尻や太腿あたりの生地が余ってしまって、横から見たときにイマイチ。上にも登場していますが、プレーンプロントでちょっと太め、もしくは501系のジーンズあたりが、私にとっては無難なのかもしれません。まあ、これは私のような体型の人の話です。

Glen Plaid(グレンチェック、グレナカートチェック)

「英国調」が強調されていますが、テーラードジャケットの仕立て自体はまだそれほどブリティッシュらしくはないと思います。肩幅が広くてウエストシェイプがきつくて、みたいなものではないということ。英国調の柄については昨年も店頭でよく見ました。

それから、シルク系のスカーフ(ストール)は気になりますね。気に入った柄があれば少しずつそろえたいなと。

さてこちらは、メンズファッションエディターの矢部克已氏のまとめ。

今年の春夏は、こんな感じでした。

Citizen(シチズン)Club La Mer(クラブ・ラ・メール)

Citizen(シチズン)Club La Mer(クラブ・ラ・メール)

シチズン時計Citizen Watchは、1918年創業の日本の老舗時計ブランド。日本を代表する時計ブランドのひとつといえます。

クラブ・ラ・メールClub La Merは、1984年に誕生したトラッドなライン。2016年に20年ぶりに復活したとのこと。ムーブメントは自動巻きで、日付表示付きのポート・カシス・オートマチックPort Cassis Automatic)と、小窓付きのトラッド・オープン・ハートTrad Open Heart)の2種類。

Citizen Club La Mer Port Cassis Automatic BJ6-020-10
Port Cassis Automatic: BJ6-020-10
Citizen Club La Mer Port Cassis Automatic BJ6-011-10
BJ6-011-10
Citizen Club La Mer Port Cassis Automatic BJ6-011-11
BJ6-011-11
Citizen Club La Mer Port Cassis Automatic BJ6-011-51
BJ6-011-51
Citizen Club La Mer Trad Open Heart BJ7-018-51
Trad Open Heart: BJ7-018-51
Citizen Club La Mer Trad Open Heart BJ6-011-11
BJ7-018-11
Citizen Club La Mer Trad Open Heart BJ7-018-10
BJ7-018-10
Citizen Club La Mer Trad Open Heart BJ7-026-10
BJ7-026-10
↑ クリックで商品一覧ページへ

この時計を見た第一印象は、色遣いはきれいなのだけど格好良いのか悪いのかよく分からないなぁと。でも、「80年代」というキーワードを聞いてピンと来ました。ビジネススーツに合わせてももちろん良いのですが、どちらかというとトラッドなカジュアルスタイルに合わせたい気分です。

なお、腕時計(時計)を集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック
posted by blackwatch at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 連絡2017 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446879382
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック