ピッティ・ウォモ(Pitti Immagine Uomo 95)の2019年秋冬の傾向、とな?

Pitti PEOPLE ピッティ・ピープル―Portraits of the Italian Dandy イタリア男のスタイルブック

ピッティ・イマジネ・ウォモPitti Immagine Uomoは、イタリアはフィレンツェで毎年2回開催されるメンズファッションの見本市。世界中からファッション関係者が買い付けのために集まってきます。コンサバスタイルのためのファッションショー的な一面もあるといえるでしょうか。

第95回となる2019年秋冬の見本市が先日まで行われていましたので、その様子を見てみましょう。モードのショーと違って、実際にすぐ活用できそうな現実的な提案ばかりです。いまならセールで来年ぶんの先取り買いができるかも。

それでは、いつも頼りになりますビームスBeams中村達也氏の記事から。

白黒・グレーのモノトーン
Drake's Wool Angora Scarf ALLAA 18757

モノトーンといっても、無地の単色遣いよりはグレンチェックグレナカートチェック千鳥格子ハウンドトゥースといった柄物が目立ちます。この手のモノトーンの場合、柄物のほうがコンサバに着こなしやすいのは確か。

ネイビー系のモノトーンも見られるようです。

近年は茶系などの良くも悪くも野暮ったいカントリー寄りの色遣いが人気でしたので、その反動ともいえるのかなと私は思いました。

赤・緑

差し色の一番人気は、赤(レッド)なのかな。近年人気の黄色(イエロー)も引き続き人気。緑(グリーン)も注目とのこと。

柄物では、タータンチェックの人気が続いています。

  • 「日本では80年代以降大きな流れになったのはミリタリーグリーンだけと言ってもいいので、そろそろ綺麗なトーンのグリーンが来るかもしれません」
  • 「プリントの流れは続いているので、今回のPITTIでも多く見られましたが、秋冬はコーディネート的にちょっと難しいかなと言う印象です」「春夏からの継続としては、プリントよりもタータン系の方がリアリティーがあります」
4ポケットジャケット
Beams Plus M-43 Field Jacket 11-18-3669-120

サファリ、ミリタリー、アウトドア、ワークといったところから着想を得たであろう、カジュアルジャケットのこと。その名のとおり、身頃前面のポケットが4つあります。

  • 「4ポケットジャケットを着たことがないという方は、まずベルトのないタイプを選ぶと良いでしょう」「ベルトの付いているタイプは、ベルトの結び方やフロントの合わせ方で印象が変わるので、こなれた感じで着こなすにはある程度テクニックが必要になります」
  • 「ちなみに、読者の皆さんが最も馴染のある4ポケット ジャケットはM65タイプだと思いますが、昨今の4ポケット ジャケットの流れは襟が付いているものなので、立ち襟のM65は今の流れと少し違うと言う事はお伝えしておきたいと思います」「ミリタリージャケットであれば、M43タイプがおすすめです」

さて、今季は色柄の提案が印象的だったように思います。新しい服や仕様の提案は少なかったのでしょう。全体としては、都会的でシックな提案が増えているようです。

前季(2019年春夏)の記事はこちら。

Boncoura(ボンクラ)のスウィングトップ

ボンクラBoncouraは、メンズクラブなどでモデル活動もしていた森島久氏が2011年に創めたブランド。ラギッドなトラッドを志向しているようでして、当ブログの読者向きだと思います。

こちらは、コットンナイロンポプリン地を使用したG4型スウィングトップ。どことなくラギッドさを感じさせる仕上がりかなと。裏地はなく簡潔な仕立て。ジッパーも味があって良いですね。日本製。

ちなみに、この記事の人が森島久氏です。

Boncoura Cotton Nylon Swing Top: Olive
Olive
Boncoura Cotton Nylon Swing Top: Olive
Olive
Boncoura Cotton Nylon Swing Top: Olive
Olive
Boncoura Cotton Nylon Swing Top: Olive
Olive
Boncoura Cotton Nylon Swing Top: Navy
Navy
↑ クリックで商品ページへ

なお、スウィングトップを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント