ピッティ・ウォモ(Pitti Immagine Uomo 96)の2020年春夏の傾向、とな?

Pitti PEOPLE ピッティ・ピープル―Portraits of the Italian Dandy イタリア男のスタイルブック

ピッティ・イマジネ・ウォモPitti Immagine Uomoは、イタリアはフィレンツェで毎年2回開催されるメンズファッションの見本市。世界中からファッション関係者が買い付けのために集まってきます。コンサバスタイルのためのファッションショー的な一面もあるといえるでしょうか。

第96回となる2020年春夏の見本市が先日まで行われていましたので、その様子を見てみましょう。モードのショーと違って、実際にすぐ活用できそうな現実的な提案ばかりです。いまならセールで来年ぶんの先取り買いができるかも。

それでは、いつも頼りになりますビームスBeams中村達也氏の記事から。

  • スーツよりもジャケットとパンツのセットアップの提案が多く、ドローコードのパンツは更にバリエーションが増えています
  • 太めのカーゴパンツやミリタリー系のパンツのバリエーションが増え、ドローコードのパンツに続く流れになりそうな印象
  • ピンクやイエローやオレンジなどの綺麗なカラーがかなり増えている
  • プルオーバーのシャツのバリエーションが増えている
  • 機能素材が増える一方でリネンやリネン混の素材使いがかなり増えている

昨季はモノトーンの提案が目に付きましたが、今季は春夏ということもあり明るい色遣いが多かったようです。

祐真朋樹の衣装部屋へようこそ Welcome to my closet! Spring-Summer
Amazon.co.jp
アソシエイト

ウエストにゴムが入っているパンツは「イージーパンツ」とも呼ばれます。実はこれ、祐真朋樹氏がPopeyeポパイ誌上で命名したのだそうな(1990年頃でしょうか)。意外な事実。

この手のラクチンパンツもいいのですが、そろそろきちんとベルトをしたパンツの人気も高まりそうな気がします。

当ブログ向きのブランドとしては、ドレイクスDrake'sDrakesが2日目に登場しています。以前はネクタイとマフラー中心のブランドでしたが、創業者が引退後は総合ブランドに成長しています。そしてイギリスブランドなのにアメリカっぽい路線なのです。

3日目は、グレンフェルGrenfellが目を引きました。このネイビーブレザーはI型なのでしょうか。イギリスブランドなのに。

紺ブレ(ブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました

最後は、ピッティ来場者のスナップ。一時のような超スリムフィットの人はほとんどいなくなったようですが、ビッグシルエットの人もいませんね。若者向きの格好を大人がやっても若者ほど似合いませんから、一線を画したほうがよいと考えます。

昨季(2019年秋冬)の記事は、こちら。

Maine(インポートショップ・メイン)のサマーセール!

東京は神田神保町のアメカジショップであるMaineインポートショップ・メイン)さんのところでも、サマーセールが始まりました。昔ながらのクラシックフィットの品ぞろえの硬派なお店です。

定価が分かりづらいのが難点ですが、ちなみにカムコCamco)の日本製ジージャンの定価は20,304円、バギーThe Baggy)の長袖オックスフォードボタンダウンシャツの定価は10,260円、このへんはかなりお得(投げ売り?)といえます。

Camco Jean Jacket
Camco Jean Jacket
Baggy Oxford Buttondown Shirt
Baggy Oxford Buttondown Shirt
Baggy Madras Buttondown Shirt
Baggy Madras Buttondown Shirt
↑ クリックで商品一覧ページへ

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント