レッドウィング(Red Wing)の靴、ワークブーツ、アイリッシュセッター

Red Wing(Redwing、レッドウィング、レッドウイング)

今日は、レッドウィングレッドウイングRed WingRedwing革靴シューズ)、ワークブーツを取り上げます。アイリッシュセッターエンジニアブーツベックマンブーツ、などなど。《最終更新日: 2016年9月13日》

Red Wing(Redwing、レッドウィング、レッドウイング)はワークブーツの代表格!

レッドウィングは、1905年創業のアメリカはミネソタ州の靴ブランド。ワークシューズワークブーツといえば、まずはこのブランドを挙げないわけにはいかないでしょう。アメカジアメリカン・カジュアルをやるなら欠かせないブランドです。

有名人の愛用者も多く、エリック・クラプトンEric Claptonやアメリカのブッシュ大統領(パパブッシュ)もここのワークブーツを履いています。

なおここの靴は、基本的には頑強で靴底(ソール)の張り替えも可能なグッドイヤーウェルト製法でつくられています(一部マッケイ製法などの靴もある)。アメリカ製。

別冊Lightning(ライトニング) Vol.55 The Boots Book(ザ・ブーツブック)

グッドイヤーウェルト製法ですので、修理をすると元の履き心地に復活するのです。

アメリカのAmazon.comなら、一部のモデルでwidth足囲ウィズワイズ)を選べます。

The Irish Setter(アイリッシュ・セッター)はハンティングブーツ、8875、875、…

レッドウィングで一番有名な靴と思われるのが、1952年に登場した通称アイリッシュ・セッターThe Irish Setter、今はこの名称は別ブランドに使われている)。ワークブーツとして知られていますが、もともとはハンティングブーツとして開発されたそうな。無骨なモックトウモカシントウ)が魅力的。

靴底には、クッション・クレープ・ウェッジ・ソール(Cushion Crepe Wedge Sole)を進化させた白いトラクション・トレッド・ソールTraction Tred Sole)を採用しています。柔らかくクッション性に優れているのが特徴。

街履きとしてなら、6インチのモデルが履きやすいでしょう。甲革(アッパー)にOro-Iginalを使用した875や、赤みの強いオロ・ラセット・レザーOro Russet Leather)を使用した8875(アメリカでは8131)あたりが有名です。

6-inch Classic Moc Toe: 8875 Oro Russet Portage
8875
6-inch Classic Moc Toe: 8875 Oro Russet Portage
8875 Oro Russet Portage
6-inch Classic Moc Toe: 8875 Oro Russet Portage
8875 Oro Russet Portage
6-inch Classic Moc Toe: 8173 Hawthorne Abilene Roughout
8173 Roughout
6-inch Classic Moc Toe: 8179 Black Chrome
8179 Black Chrome
6-inch Classic Moc Toe: 875 Oro Legacy
875 Oro Legacy
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

プレーントウプレーントゥラウンドトウ)のものもあります。無骨な雰囲気が少し薄れるので、実はこちらのほうが適応範囲は広いのかも。

ちなみに、Roughoutラフアウト)は毛足を整えていない荒々しい雰囲気のスエードスウェードのことで、ワークシューズにはよく使われています。

Classic Round Toe: 8166 Oro Russet Portage
8166 Oro Russet
Classic Round Toe: 8167 Hawthorne Abilene Roughout
8167 Hawthorne Abilene Roughout
Classic Round Toe: 8165 Black Chrome
8165 Black Chrome
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

短靴のOxfordオックスフォード)もありまして、暖かい季節にも履きやすいワークシューズといえるでしょう。ブーツとは異なりストームウェルト(かな?)が付いていまして、よりゴツくなっています。

Classic Oxford: 8103 Oro Russet Portage
8103 Oro Russet
Classic Oxford: 8103 Oro Russet Portage
8103 Oro Russet Portage
Classic Oxford: 8106 Black Chrome
8106 Black Chrome
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Engineer Boots(エンジニアブーツ)の2268

レッドウィングのエンジニアブーツEngineer Bootsは、1938年に鉄道機関士用のワークブーツとして登場しました。

耐油性と耐久性に優れたコード・ソールCord Sole)と、鉄芯の入った爪先であるスティールトウを採用しています。

2268は、まさにエンジニアブーツの大定番。バイカースタイルによく合います。2976はショート丈。

Engineer: 8268 Hawthorne Abilene Roughout
8268 Roughout
Engineer: 2268 Black Chrome
2268 Black Chrome
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

The Pecos Boots(ペコスブーツ)

ペコスブーツThe Pecos Boots)は、レッドウィングが1953年に発表した農場・牧場・製油所用のローパーブーツ。靴紐がなく、着脱が容易なのが嬉しい。

ドレッシーで重量感のあるコルク・ソールBlack Chemigum Cork Sole)を使用したものと、カジュアルなトラクション・トレッド・ソールを使用したものがあります。

9-inch Pull-On Boot: 866 Oro-iginal
866 Oro-iginal
9-inch Pull-On Boot: 866 Oro-iginal
866 Oro-iginal
9-inch Pull-On Boot: 8168 Hawthorne Abilene Roughout
8168 Hawthorne Abilene Roughout
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Iron Ranger(アイアン・レンジ)

アイアンレンジIron Range)とは、レッドウィング本社があるミネソタ州北部の鉄鉱石が豊かな場所のこと。そこの鉱山で働いていた人用のワークブーツを復活させたのが、アイアンレンジブーツIron Ranger)です。

爪先を2重に補強したキャップトトウCapped Toe)は、ストレートチップの先祖的なデザインなのかな。コルク・ソール(Brown Nitrile Cork Sole)を採用しています。

Iron Ranger: 8111 Amber Harness
8111 Amber Harness
Iron Ranger: 8111 Amber Harness
8111 Amber Harness
Iron Ranger: 8114 Black Harness
8114 Black Harness
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

The Beckman Boots(Gentleman Traveler、ベックマン・ブーツ)

ベックマン・ブーツThe Beckman BootsGentleman Traveler)は、レッドウィングの創始者チャールズ・ベックマンの名前を冠したブーツ。アメカジからモードまで幅広く使える素晴らしくバランスの良いデザインの靴で、近年人気があるのもうなずけます。

革底レザーソール)にラグ・ソールLug Sole)を貼り付けた靴底は、ドレッシーさと機能の高さを併せ持った仕様。

The Beckman Boots (Gentleman Traveler): 9011 Black Cherry Featherstone
9011
The Beckman Boots (Gentleman Traveler): 9011 Black Cherry Featherstone
9011 Black Cherry Featherstone
The Beckman Boots (Gentleman Traveler): 9014 Black Featherstone
9014 Black Featherstone
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

こだわりの靴

特製のこだわり靴もありまして、特に注目は履きこむと中の茶色の下地が見えてくるいわゆる茶芯クロンダイクKlondike)という革や、発売当初の色を再現したゴールド・ラセット・セコイアGold Russet Sequoia)という革などに注目してください。

Irish Setter 6-inch Moc-Toe: 9874 Black Klondike
9874 Black Klondike
Irish Setter 6-inch Moc-Toe: 9875 Gold Russet Sequoia
9875 Gold Russet Sequoia
11-inch Engineer (Steel-Toe) Stovepipe: 9268 Black Klondike
9268 Black Klondike
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ポストマンシューズ

ポストマンシューズ(靴)、ブーツを集めてみました

レッドウィングのPostmanポストマン)は、ポストマンシューズの代表格といえるでしょう。短靴のPostman Oxfordポストマン・オックスフォード)、型番101は1954年に郵便配達人と警察官のための靴として発表されました。まっ平らなウェッジソールが特徴です。90年代(1990年代)までアメリカ郵便局の指定靴だったとのこと。

柔らかなゴム底なので歩きやすく、ガラス革なのでお手入れがラク、それでいてそれなりにキチンとして見える点が長く愛用されてきた理由でしょう。もちろんグッドイヤーウェルト製法で、アメリカ製。

Red Wing Postman Oxford 101: Black Chaparral
Black Chaparral
Red Wing Postman Oxford 101: Black Chaparral
Postman Oxford 101: Black Chaparral
Red Wing Postman Oxford 101: Black Chaparral
Postman Oxford 101: Black Chaparral
Red Wing Postman Chukka 9196: Black Chaparral
Black Chaparral
Red Wing Postman Chukka 9196: Black Chaparral
Postman Chukka 9196: Black Chaparral
Red Wing Postman Chukka 9196: Black Chaparral
Postman Chukka 9196: Black Chaparral
Red Wing Postman Oxford 3107: Copper Rough & Tough
Copper Rough
Red Wing Postman Oxford 3108: Navy Abilene
Postman Oxford 3108: Navy Abilene
Red Wing Postman Oxford 3107: Copper Rough & Tough
Postman Oxford 3107: Copper Rough & Tough
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

型番9196Postman Chukkaポストマン・チャッカ)は、チャッカブーツ型。チャッカ型のポストマンは1958年に登場したとのこと。また、黒以外のポストマンはワークシューズっぽいラギッドな仕上がりですね。

その他

その他のレッドウィング(レッドウイング、Redwing)の靴やブーツは、こちら。

他の記事も…

Uチップ、Vチップの靴を集めてみました ワークブーツを集めてみました

ワークシューズやワークブーツを集めた記事がありますので、まずはそちらをご覧ください。「カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2009年6月16日)記事を全面的に書き換え。
  • (2016年9月13日)2016年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21288748
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック