Take 8 Ivy(テイク・エイト・アイビー)が出ました!

Take Ivy(テイク・アイビー)の英語版が出ました!

Take Ivyテイク・アイビーは1965年に日本で発売された写真集で、アメトラアメリカン・トラッドブームに乗って近年は海外でも話題になっています。

当時のアメリカの名門大学(アイビーリーグアイヴィーリーグ)の学生生活を撮影したもので、当時のホンモノのアイビーファッションがよく分かります(ちなみに誤解している人が少なくないと思いますが、アイビーリーグの大学は全部私立です)。

で、そのTake Ivyの「続編」が出ました。その名もTake 8 Ivyテイク・エイト・アイビー)。"8" というのはアイビーリーグの大学の数を意味しています。これはもちろん日本語版ですよ。

撮影は前回と同じ林田昭慶氏で、今回は8つの大学ごとに章を分けて編集してあります。前回の撮影は1965年頃だと思いますが、今回は1965年から1985年の間に撮影されたものだそう。確かにけっこう新しそうな写真も少なくないですね。ただ、どの写真がいつ撮影されたのかが分からない点が残念。

プレッピーが今季の流行(トレンド)、とな?: The Ivy Look

あと、これは前編もそうだったのですが、なぜか冬の写真が少ないことも残念かな。ダッフルコートとかを見たいですよね。

さて、Take Ivyの功績のひとつとしては、「アメリカにはガチガチのアイビーファッションでキメた学生なんていないんだよ」ということを日本人に知らしめたことではないでしょうか。実際、Take IvyにもTake 8 Ivyにもテーラードジャケット姿は少ないです。もっとも、ジャケット姿がもっとあったほうが個人的には楽しめるんですけどね。

Take 8 Ivyには、伊藤紫朗氏による解説も充実しています。ちょっと話は変わりますが、伊藤氏のような戦前生まれ、団塊の世代、私のような団塊ジュニア、そしてもっと若い世代、それぞれで「アメリカへの思い」が違うのだろうなと。私以下の世代ではアメリカへの憧れは少ないように思います。

ウイングチップの記事を更新しました

Hiroshi Tsubouchi HTM-2008K

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

最もトラッド感を楽しめる靴といえば、このウイングチップなのではないでしょうか。なんだかんだ言って私もよく履いております。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック