M65型フィールドジャケットを集めてみました、アルファ他

Alpha M65 Field Coat

今日は、M65M-65M-1965フィールドジャケットを取り上げます。《最終更新日: 2016年10月28日》

M65(M-65)型フィールドジャケットとは

M65フィールドジャケットは、アメリカ米軍の野戦用ジャケットの中で最も人気のあるモデルのひとつといえるでしょう。1965年に採用されたから、M65という名前なのです。

主な特徴は、前面にポケットが4つあってスタンドカラー(中にフードが入っている)、そして肩章が付いていること(初期のモデルには肩章がなかったそう)。

生地はコットン綿ナイロンの混紡で単体ではそれほど温かくはないですが、専用のライナーをつけると真冬にも対応します。

デザインが完成されていますので、街着用の「M65風」ジャケットも数多くつくられていますね。

ちなみに、シャツ襟が特徴のM51M-1951型フィールドジャケットはM65型の先祖のひとつ(M51はパーカーだけではないのです)。ステンカラーコートのような襟がクラシックなM43M-1943型フィールドジャケットはさらに古い先祖です。

着こなしいろいろ

テーラードジャケット、カジュアルジャケットを集めてみました

M65ジャケットの着こなしにルールはありません。実際の着こなしをご覧になって、参考にしてください。

サイズ感次第ですが、M65ジャケットはテーラードジャケットやスーツの上からも羽織れます。こんな感じ。

こちらはラギッド寄りですが、きちんとネクタイを合わせているのが素晴らしい。ラルフ・ローレン風ですな。

ダブルブレスト(ダブル前)のテーラードジャケット、ブレザーを集めてみました

こちらは、ダブルブレストのネイビージャケットとホワイトパンツに合わせた着こなし。うーん、これは見事、脱帽です……。

こちらは、オッドベストを合わせたカジュアルな着こなし。

映画『タクシードライバー』、『クレイマー、クレイマー』

タクシードライバー
Amazon.co.jp
アソシエイト

M65ジャケットといえば、映画『タクシードライバー』に触れないわけにはいかないでしょう。名優ロバート・デ・ニーロが、映画の後半にM65ジャケットを着て狂気の演技を見せてくれています(タンカースジャケットも着ています)。

ただし、モヒカン刈りはカタギの人はマネしないほうがいいですよ(汗)。

また、映画『クレイマー、クレイマー』においては、ダスティン・ホフマンのM65ジャケット姿が見られます。

Alpha Industries(アルファ・インダストリーズ、アルファー)

Alpha Industries(アルファ・インダストリーズ)

アルファ・インダストリーズアルファー・インダストリーズAlpha Industriesは、1959年創業のアメリカのミリタリーウェアブランド。いまもアメリカ軍へミリタリーウェアを納入している会社の中では最大手のひとつです。

M-65 Field CoatM-65フィールドコート)といえば、MA-1と並ぶアルファの代表作。基本のコットンナイロン(NYCO)地のほかにもいろいろあります。

大定番は2050で、全体的にゆったりしています。別売りのライナー(裏地)の2065もあります。

Alpha Industries M-65 Field Coat 2050: Army Green
NYCO 2050: Army Green
Alpha Industries M-65 Field Coat 2050: Army Green
Army Green
Alpha Industries M-65 Field Coat 2050: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

Aspesi(アスペジ)

Aspesi(アスペジ)

アスペジAspesiは、1969年創業のイタリアはミラノのカジュアルウェアブランド。もともとはシャツをつくっていたそう。アスペジはM65ジャケットには定評がありまして、各種モデルがあります。

Minifield Vento Jacketミニフィールド・ヴェント・ジャケット)は、薄手で軽いナイロン地のジャケット。小さくたたんで付属のポーチに収納することができます。身幅は細めで着丈は短め。

Aspesi Minifield Vento Jacket I117-7954-85: Navy
Minifield Vento Jacket I117-7954-85: Navy
Aspesi Minifield Vento Jacket I117-7954-85: Navy
Navy
Aspesi Minifield Vento Jacket I117-7954-85: Khaki
Khaki
Aspesi Minifield RFD 4I24-1024-85: Olive
Minifield RFD 4I24-1024-85: Olive
Aspesi Minifield RFD 4I24-1024-85: Olive
Olive
Aspesi Minifield RFD 4I24-1024-85: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Minifield RFDは、Minifield Ventoの秋冬版。着脱可能なThermoreサーモア社の中綿入り裏地が付いています。生地は安っぽくないポリエステルナイロン。

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ)のBDU Jacket(BDUジャケット)

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ、エンジニアードガーメンツ)のテーラードジャケット

鈴木大器氏がデザインするエンジニアード・ガーメンツEngineered Garments)は、1999年に誕生したカジュアルウェアブランド。ネペンテスNepenthesの一ブランドで、大人っぽいアメカジをやるならこのブランドは外せません。アメリカ製。

BDU JacketBDUジャケット)は、アメリカ陸軍で使われていた戦闘服であるBDUBattle Dress Uniformのジャケットを基にデザインされたとのこと。前身頃の4つのフラップポケット、エルボーパッチ、チンストラップなどの特徴があります。男らしい無骨な雰囲気が魅力。

こちらは、引き裂きに強いコットンナイロンリップストップ地の一枚仕立てのBDU Jacket。軽い仕上がりで春秋向きです。

Engineered Garments BDU Jacket - Nyco Ripstop GT162: Olive
BDU Jacket - Nyco Ripstop: Olive
Engineered Garments BDU Jacket - Nyco Ripstop GT162: Olive
Olive
Engineered Garments BDU Jacket - Nyco Ripstop GT162: Olive
Olive
Engineered Garments BDU Jacket - Nyco Ripstop GT162: Olive
Olive
Engineered Garments BDU Jacket - Nyco Ripstop GT162: Olive
Olive
↑ クリックで商品一覧ページへ

Kaptain Sunshine(キャプテン・サンシャイン)

キャプテン・サンシャインKaptain Sunshineは、児島晋輔氏がデザインする2013年誕生の日本ブランド。トラッド心を感じる服をつくっていると思います。

こちらは、ベトナム戦争時によく使用されたアメリカ軍のジャングルファティーグを基にデザインされているのでしょう。とにかくフラップポケットがたくさん付いているのが特徴で、デザイン上においても良いアクセントになっています。張りと腰のあるコットンのオックスフォード地を使用しています。裏地はなくて春秋向き。日本製。

Kaptain Sunshine BDU Jacket KS6FJK08: Olive
BDU Jacket KS6FJK08: Olive
Kaptain Sunshine BDU Jacket KS6FJK08: Olive
Olive
Kaptain Sunshine BDU Jacket KS6FJK08: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Tatras(タトラス)

Tatras(タトラス)のダウンジャケット、ダウンベスト(ヴェスト)

タトラスTatras)のダウンジャケットを別記事で大きく取り上げていますが、タトラスはダウンジャケット以外のアウターウェアもつくっています。

Borboneボルボーネ)は、M65型らしさを十分に残したフィールドジャケット。着脱可能な迷彩柄のダウンライナー付きで、幅広い気候に対応します。生地はコットンナイロンで身幅は細め。

Tatras Borbone MTA17A4429: Olive
Borbone MTA17A4429: Olive
Tatras Borbone MTA17A4429: Black
Black
Tatras Borbone MTA17A4429: Dark Navy
Dark Navy
Tatras Borbone MTA17A4429: Dark Navy
Dark Navy
Tatras Borbone MTA17A4429: Liner
Liner
↑ クリックで商品一覧ページへ

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズにはアウター類も充実しています。

「ポリエステル フィールドパーカージャケット」は、M65型のフィールドジャケット。襟にフードが格納されています。生地は撥水加工を施したポリエステルで、なかなか都会的な雰囲気かと。キレイめの着こなしによく合いますね。春秋向きくらい。

「ポリエステル ダウンジャケット」は、フラップポケットが4つ付いたフィールドジャケット型ダウンジャケット。大人も着こなしやすい雰囲気に仕上がっています。生地はポリエステル。

Brooks Brothers Field Parka ML00459: Dark Green
Field Parka: Dark Green
Brooks Brothers Field Parka ML00459: Dark Green
Dark Green
Brooks Brothers Field Parka ML00459: Dark Green
Dark Green
Brooks Brothers Down Filled Four-Pocket Jacket ML00484: Navy
Down Filled Four-Pocket Jacket: Navy
Brooks Brothers Down Filled Four-Pocket Jacket ML00484: Navy
Navy
Brooks Brothers Down Filled Four-Pocket Jacket ML00484: Black
Black
Brooks Brothers Red Fleece Three-in-One Parka with Interior Puffer Vest RL00033: Olive
Red Fleece Three-in-One Parka with Interior Puffer Vest
Brooks Brothers Red Fleece Three-in-One Parka with Interior Puffer Vest RL00033: Olive
Olive
Brooks Brothers Red Fleece Three-in-One Parka with Interior Puffer Vest RL00033: Olive
Olive
Brooks Brothers Red Fleece Double-Faced Four-Pocket Jacket RL00042: Navy
Red Fleece Double-Faced Four-Pocket Jacket: Navy
Brooks Brothers Red Fleece Double-Faced Four-Pocket Jacket RL00042: Navy
Navy
Brooks Brothers Red Fleece Double-Faced Four-Pocket Jacket RL00042: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

レッド・フリースRed Fleece)はカジュアルラインです。「コットン フーデッドジャケット」は、肩章付きでミリタリー風味のコットン地フィールドジャケット。フードは着脱可能です。大きな特徴は、やはり着脱可能で単体でも着用可能なナイロン地ダウンベストが付いていること。3とおりの着方が楽しめ、幅広い気候に対応します。

「ウール/ナイロン フィールドジャケット」は、イタリア製の厚手のウールナイロン地を使用したフィールドジャケット。身幅は細めですっきり着られます。裏地は爽やかなストライプ柄。

そうそう、セールクリアランスClearance)になっている商品があるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のブルゾン、コート

アメリカのカジュアルウェア通販の雄ランズエンドLands' End)は、このブログの常連です。

アウターの種類も多く、真っ当なデザインのM65型ジャケットもつくっていました。

Canada Goose(カナダグース)のKamloops(カムループス)

Canada Goose(カナダグース)のダウンジャケット、ダウンベスト

本格派ダウンウェアブランドのカナダグースCanada Goose)は、1957年創業のカナダのアウトドアウェアブランド。無骨なデザインのようでいて、キレイめな着こなしにもうまく対応してくれます。

Kamloopsカムループス)やBancroftバンクロフト)など、M65型のジャケットは多く取りそろえています。近年日本人向けにシルエットが調整された新モデルが登場しました。

Barbour(バブアー、バーブァー)のCowen Command Jacket(コーウェン・コマンド・ジャケット)

Barbour(バブアー、バーブァー)のワックスコットンジャケット、キルティングジャケット

ワックスコットンジャケットでおなじみのバブアーバーブァーBarbour)は、1894年創業のイギリスのアウトドアウェアブランド。

Cowen Command Jacketコーウェン・コマンド・ジャケット)は、M65型ジャケット。こういうのもつくっているのです。

ハンティングジャケット、サファリジャケット(ブッシュジャケット)、

フィールドコート、ハンティングジャケットを集めてみました

ハンティングジャケットフィールドジャケット、M65ジャケットの親戚といってよいでしょう。というか、M65ジャケットがフィールドジャケットの一種です。

サファリジャケットブッシュジャケット)も同じフィールドジャケットですから、やはりM65ジャケットの仲間といってよいでしょうね。

他の記事も……

MA-1フライトジャケット型ジャンパーを集めてみました M-51ミリタリーパーカー、モッズコートを集めてみました

タグ / アウター: M-65」をご覧になると、当ブログのM-65型ジャケットに関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / ブルゾン、コート」をご覧になると、当ブログのアウターについての記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2006年11月1日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年12月21日)商品を追加。
  • (2007年3月8日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年3月30日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年4月19日)商品を追加。
  • (2007年10月10日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2007年12月1日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年3月26日)2007年春夏最初の更新。
  • (2008年12月5日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年4月3日)2009年春夏最初の更新。
  • (2009年9月30日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年3月3日)2010年春夏最初の更新。
  • (2010年10月29日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年4月9日)2011年春夏最初の更新。
  • (2011年10月26日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年4月4日)2012年春夏最初の更新。
  • (2012年12月17日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年3月18日)2013年春夏最初の更新。
  • (2014年1月4日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年3月26日)2014年春夏最初の更新。
  • (2014年12月13日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年3月25日)2015年春夏最初の更新。
  • (2015年10月17日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年3月26日)2016年春夏最初の更新。
  • (2016年10月28日)2016年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント

  • yamatoshi-1

     こんにちは。この間上野アメ横をぶらぶらしていたら某ミリタリーショップにおいてベージュのM65(コットン)のものを発見しました。試着させてもらったのですが、サイズ的にでか過ぎて諦めました。
     ナイロンやイタリーメイドの洒落たのもいんですが、昔ダスティンホフマンが着ていたような感じのコットンのものが欲しいんですよね。
    2009年11月08日 12:14
  • blackwatch

    yamatoshi-1さん、こんにちは。

    『クレイマー、クレイマー』におけるダスティン・ホフマンのM65ジャケットの着こなしについては、今月号のMen's EXにちょっと載っていましたね。

    映像を観た感じ、まあたぶん普通の軍モノだと思われます。AlphaやレプリカのM65ジャケットが大きいようであれば、モダナイズしたものを選ぶか、思い切って身幅等をお直ししてみる手もあるかも。
    2009年11月09日 00:03
  • cyunen

    若い頃に来ていました。と、、いうより当時は米軍放出実物でタイプは不明でしたがドラマ:俺たちの旅「古くてスイマセン、、]で中村雅俊さんが来ていてマネでオリーブドラブでコートなら問題無でした。最近何を思ったか再度買い込み世代からトラビス風にダブダブで着ております「サングラスは着用しません」若い方を見るとタイトな着こなしで、グリーン以外もあり「あれ、、おじさんの着方はだめ?」とM-65を改めて調べたところ御ペイジにたどり着きました。クレイマークレイマーでも来ていたのですね。そういえばホフマンの長髪にグリーンのハーフコートは記憶にあります。
    日本ではスーツの上のコートは考えてもいませんでした。でも「踊る大捜査線」はたしか、、外国人男性はスーツと上手く合わせますね、、外国中年男性がとても勉強になりました。
    2012年05月10日 00:43
  • blackwatch

    cyunenさん、こんにちは。

    『俺たちの旅』にも登場していたのですね。『踊る大捜査線』のほうに登場するのは、たぶんM-51パーカーのほうです。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/27771257.html

    M-65にしてもM-51にしても(良くも悪くも)着こなし方のルールはないはずなので、自由に着こなしてよいと思いますよ。
    2012年05月11日 00:04
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23519915
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック