2012年01月26日

ヒロシ・ツボウチ(Hiroshi Tsubouchi)の靴、ブーツ

Hiroshi Tsubouchi(ヒロシ・ツボウチ)

今日は、ヒロシ・ツボウチHiroshi Tsubouchi革靴シューズ)、ブーツを取り上げます。《最終更新日: 2014年4月29日》

Hiroshi Tsubouchi(ヒロシ・ツボウチ)の靴

ヒロシ・ツボウチは、坪内氏が2008年に創めた靴ブランド。坪内浩氏は靴の企画・デザイン・バイイングのプロとして実績を残している人だそう。とてもお洒落な方ですね。

アングロ・サクソン的なトラッドな靴を基本としていますが、遊び心のある意匠を取り入れているのが特徴であり大きな魅力。堅牢なグッドイヤーウェルト製法もしくはカジュアルなステッチダウン製法でつくられています。日本製なのが偉い。

ウイングチップ(フルブローグ)

ウイングチップ(フルブローグ)の靴を集めてみました

まずは、カントリースタイルと相性の良いウイングチップフルブローグ

こちらは、比較的オーソドックスといえるウイングチップ。外鳩目仕様がカジュアルさを感じさせます。革底レザーソール)仕様。イギリスの名門チャールズ・F・ステッドCharles F Stead社のスエードスウェード地で、グッドイヤーウェルト製法。

HTO-DC09: Beige
Beige
HTO-DC09: Navy
Navy
HTO-DC09: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

こちらは一見普通のウイングチップですが、よーく見るとパーフォレーション(ブローグ)の穴がハート型になっているのです。スポンジソール仕様で、グッドイヤーウェルト製法。

HTO-DC05: Black
Black
HTO-DC05: Black
HTO-DC05: Black
HTO-DC05: Black
HTO-DC05: Black
HTO-DC06: Brown
Brown
HTO-DC06: Brown
HTO-DC06: Brown
HTO-DC06: Brown
HTO-DC06: Brown
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

モンクストラップ

モンクストラップの靴を集めてみました

モンクストラップの靴は、ビジネススーツからカジュアルスタイルまで幅広く使えます。

こちらは、オーソドックスなダブルモンクストラップ。チャールズ・F・ステッドのスエードを使用していて、グッドイヤーウェルト製法の革底仕様。

HTO-DF01: Navy
Navy
HTO-DF01: Beige
Beige
HTO-DF01: Beige
Beige
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

プレーントウ(プレーントゥ)

プレーントウ(プレーントゥ)の靴を集めてみました

こちらは、アメリカ的な外羽根式のプレーントウプレーントゥ。甲革に日本が誇る新喜皮革社のオイルコードバンコードヴァンを使用しているのが特徴です。油分が多くてムラのある表情が特徴かと。色合いにも注目してください。伏せ縫いヒドゥン・チャネルソール)の革底仕様。

HTO-DA06: Cognac
Cognac
HTO-DA06: Blue
Blue
HTO-DA06: Blue
Blue
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ペニーローファーなどのスリッポン

ローファー、スリッポンシューズを集めてみました

次は、ペニーローファーなどのスリッポンの靴

こちらは、着こなしに華やかさを与えてくれるビットローファービットモカシン)。フランスの名門アノネイAnnonay社の高級感のあるカーフを使用している点もウリです。グッドイヤーウェルト製法で、革底仕様。

HTO-DP01: Navy
Navy
HTO-DP01: Brown
Brown
HTO-DP01: Brown
Brown
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

こちらは、ホーウィンHorween社の名品で、丈夫で味が出るクロムエクセルクロームエクセルChromexcel)を甲革に使用したペニーローファー。ペニーローファーにしては大人っぽい雰囲気のある仕上がりだと思います。フレンチ・トラッドあたりにもどうぞ。

スポンジソール仕様で、グッドイヤーウェルト製法。

HTO-DH02: Black
Black
HTO-DH02: Black
Black
HTO-DH02: Black
Black
HTO-DH02: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ブリックソールのネイビーバックス

ホワイトバックス、ダーティーバックスを集めてみました

トラッドな雰囲気が特徴のブリックソールの靴、ヒロシ・ツボウチにもあります。

プレーントウとペニーローファーがありまして、甲革にジャーシースエードという日本製のスエード地を使用しています。ネイビーバックスといえるかな。発色の良い色合いが魅力的です。

HTO-DA07: Navy
Navy
HTO-DA07: Navy
HTO-DA07: Navy
HTO-DA07: Navy
HTO-DA07: Navy
HTO-DH11: Saxe
Saxe
HTO-DH11: Saxe
HTO-DH11: Saxe
HTO-DH11: Saxe
HTO-DH11: Saxe
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

マッケイ製法の靴

ヒロシ・ツボウチは、マッケイ製法の靴もつくっています。コバにステッチがないので華奢で上品な雰囲気に。グッドイヤーウェルト製法の靴よりも耐久性は劣りますが、履き心地はより軽く、そして靴の値段は一般的により廉価になるという特徴も。

ストレートチップにプレーントウ、ダブルモンクストラップ、そしてチャッカブーツがあります。スムースレザーはフランスのアノネイAnnonay社、スエードはイギリスのチャールズ・F・ステッドCharles F Stead社と名門の皮革を使用。革底仕様です。

コバが張っていないこともあり、モディファイドラストのような独特な木型がより目立ちます。アメリカ靴ファンの人には堪らないでしょう。日本製。

HTO-4100S: Cafe
Cafe
HTO-4100S: Cafe
HTO-4100S: Cafe
HTO-4100S: Cafe
HTO-4100S: Cafe
HTO-4000S: Cafe
Cafe
HTO-4000S: Cafe
HTO-4000S: Cafe
HTO-4000S: Cafe
HTO-4000S: Cafe
HTO-4300S: Cafe
Cafe
HTO-4300: Black
HTO-4300: Black
HTO-4300: Sole
HTO-4300S: Sole
HTO-4700S: Black
Black
HTO-4700S: Cafe
HTO-4700S: Cafe
HTO-4700S: Sole
HTO-4700: Sole
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

スニーカー

スニーカー、スポーツシューズを集めてみました

次は、カジュアルシューズの基本のスニーカー

こちらは、スニーカーと革靴の中間のような仕上がりのスニーカー。この手の靴はいろいろありますけど、これはある意味潔いデザインで、お洒落に履けると思います。厚めの靴底も歩きやすそうです。

HTO-AD08: Navy
Navy
HTO-AD05: Tricolor
HTO-AD05: Tricolor
HTO-AD08: Beige
HTO-AD08: Beige
HTO-AP02: Beige
Beige
HTO-AP02: Navy
HTO-AP02: Navy
HTO-AP02: Navy
HTO-AP02: Navy
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

その他

その他のヒロシ・ツボウチの革靴(靴、シューズ)やブーツは、こちら。

他の記事も……

Walk-Over(WalkOver、ウォークオーバー、ウォークオーヴァー)の靴、ホワイトバックス、ダーティーバックス Alden(オールデン)のコードバンの靴、ローファー、プレーントゥ

当ブログではたくさんの靴を紹介しています。「カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

三陽山長(山長)の靴、ブーツ Jalan Sriwijaya(ジャラン・スリウァヤ)の靴、ブーツ

なお、もし今日の記事の商品などがうまく表示されないようでしたら、「快適にご覧いただくために……」の記事の内容を確認してみてくださいねノートン先生が何かしているかも……。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2012年7月14日)2012年春夏最初の更新。
  • (2013年7月8日)2013年春夏最初の更新。
  • (2014年1月23日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年4月29日)2013年春夏最初の更新。
posted by blackwatch at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/248499292
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック