「プレッピー」雑誌Brutus(ブルータス)2012年4/1号(No.728)を読む

プレッピーが今季の流行(トレンド)、とな?: The Official Preppy Handbook(オフィシャル・プレッピー・ハンドブック)

今日は、雑誌Brutusブルータス2012年4/1号No.728を読んでみます。

大人のプレッピー

今号の大特集は、「大人のプレッピー」。モード志向の強いBrutusですが、ついにプレッピーを特集しちゃいました。Brutusらしくモードブランドも交えた内容になっています。あまりプレッピーっぽくない着こなしもあるような気がしますが、まあそれが当世風のプレッピーなのでしょう。

今号には「それぞれが考える、マイ・プレッピー」という記事がありまして、有識者の方々がプレッピーの解釈を語っています。プレッピーの解釈は人それぞれみたいですねぇ。私にとってのプレッピーは、とりあえずはラルフ・ローレンRalph Laurenかなぁ。今号ではあまり取り上げられていませんが。

私がプレッピーと聞いて思い出すキーワードを、思いつきですが書いてみました。50年代(1950年代)から60年代(1960年代)前半にかけて流行したいわゆるアイビーとの対比も含めて。

80年代(1980年代)

プレッピーブームは1979年に始まったそうで、80年代1980年代前半くらいが全盛期なのでしょう。というわけで、プレッピーは当時の着こなしの流行に影響を受けています。

紺ブレ(ブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました

例えば、アイビーでは胸ダーツのない3つボタンジャケット(I型)にプレーンフロントパンツがお約束でしたが、プレッピーでは2つボタンジャケットに2プリーツパンツという着こなしも多かったはずです。

当世風プレッピーはいろいろな解釈ができるのでしょうが、頭の片隅にでも80年代を意識しておいたほうがよいと思います。

カラフルな色遣い

パステルカラーのようなカラフルな色遣いを多用します。ピンクとかグリーンとか。アイビーではもっと地味でした。

アウトドアウェア、ワークウェア
マウンテンパーカー、アウトドアジャケットを集めてみました

アウトドアウェアも積極的に取り入れます。例えば、ブレザーの上にマウンテンパーカーを羽織るような着こなし。逆にアイビーは、70年代(1970年代)のヘヴィー・デューティーブームの前の流行なので、アウトドアウェアは気分ではないのです(アイビーでもウインドブレーカーくらいは着ていましたが、あれはどちらかというとスポーツウェアだと思います)。

ワークウェアの範疇の服の中では、プレッピーはアイビーとは異なりチノパンツやジーンズを多用します。特にチノパンツは、プレッピーにおける最重要アイテムのひとつではないかしらん(チノパンツはミリタリーと解釈したほうがよいのかな)。

ただ個人的には、本来のプレッピーに(チノパンツやジーンズ以外の)ワークウェアの印象はあまりないですねぇ。もっとも、ラギッドブームを経た当世風のプレッピーでは、ワークウェアもアリなのかもしれません。

アメリカ東海岸

アメリカ東海岸における流行なので、ラテン(イタリア)色は薄めです。といいつつ、ビットローファーあたりはイタリアっぽいですね。アイビーよりはラテンの要素を含んでいるかも。

アメリカ西海岸や中西部のような格好(サーファーとかウエスタンとか)は、個人的にはあまりアイビーっぽさやプレッピーっぽさを感じないですねぇ。でも、当世風ならアリ?

エリート学生

プレッピーはそもそも名門大学を目指す進学校に通う学生のことで、まあ要するにお金持ちのエリートお坊っちゃんなわけですよ。ある意味プレッピースタイルは、エリート風を吹かせたイヤミな格好ともいえます。

Take Ivy(テイク・アイビー)の日本語の復刻版が出ました!

また、基本的にはホワイトカラーのスタイルです。上でプレッピーにワークウェアの印象がないと書きましたが、それはワークウェアは本来はブルーカラーの服だから。

というわけで、プレッピーはワル(不良)っぽく着こなしたら失敗する確率が高くなると思われます。上品にまとめましょう。

ちなみにアイビーもプレッピーと同様にエリート学生のスタイルなのですけど、時代的なものなのか、アイビーのほうが質素な印象があります。

いろいろ書いているうちに、私の中の「プレッピー像」がブレてきたような……。私は80年代前半のプレッピーを実体験していないものでして、自信がないなぁ(私は1990年頃の渋カジ世代)。

そうそう、フランスの“Monsieur”というファッション雑誌の最新号でも、プレッピーが取り上げられています。どうやらこちらはBrutusよりもオーソドックスな内容の模様。プレッピーは世界的に盛り上がっているようですねぇ。

ちなみに「フレンチ・アイビー」という言葉がありましたが、流行した時代を考えると本当は「フレンチ・プレッピー」と呼んだほうがしっくり来るのかも。

着こなしの参考になる本: ザ・ストリートスタイル

オジサンになるにつれてプレッピー的な着こなしはだんだんと難しくなるでしょうけど(汗)、まあ似合う範囲で無理せず挑戦してみてください。ちなみに、以前ご紹介した『ザ・ストリートスタイル』という本には、アイビーもプレッピーも紹介されていますよ。それぞれ3ページずつ。

Soundman(サウンドマン、音男)のSellby(セルビー)

Soundman(サウンドマン、音男)

サウンドマンSoundman音男は、今井千尋氏がデザインする2000年に誕生したカジュアルウェアブランド。コンセプトは、テーラード・ワーク・ミリタリー・スポーツを基本にデザインされたスタイリッシュ・ローテク・クローズ、とのこと。

Sellbyセルビー)は、山岳部隊のアノラックとM-51パーカーを掛け合わせてデザインされたとのこと。前から見るとマウンテンパーカーの一種のように見えるのですが、フィッシュテール仕様なんです。自転車乗りを意識してつくられたそうな。背中や袖にもポケットが付いています。

生地は、コーティングを施したコットンウェザークロス。春秋向けです。

Soundman Sellby 053M-718Z: Red
Sellby 053M-718Z: Red
Soundman Sellby 053M-718Z: Camel Beige
Camel Beige
↑ クリックで商品一覧ページへ

こういうアウターも、着こなし次第でプレッピーっぽくなるでしょうね。特にレッドがそれっぽい。

なお、M-51パーカー(モッズコート)を集めた記事やマウンテンパーカーを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック