「別注特集」雑誌Men's Club(メンズクラブ、メンクラ)2006年11月号を読む

今日は、雑誌メンズクラブメンクラMen's Club)の2006年11月号を読んでみます。

「別注モデル」が僕らのブツ欲を刺激する

大特集は「別注」。それにしても、別注って安易ですよね。ちょっと生地を乗せ変えただけで付加価値つけました、ですか? いい商売だ。

MEN'S CLUB (メンズクラブ) 2006年 11月号
Amazon.co.jp
アソシエイト

…ウソです。実は私、別注大好き(汗)。

メンクラのいうとおり、ちょっとの違いが大きな違いなのよ。最近は、かなり大胆に仕様変更した別注モデルも増えているみたいですし。「ベース」がしっかりしているだけに、安心感があります。

ベルスタッフのモーターサイクルジャケット: Belstaff XL 500 T Jacket Black

メンクラスタッフも別注に挑戦しています。ベルスタッフ(Belstaff)のジャケットなのですが、ラグランスリーブ(ラグラン袖)のままのほうがよかったんじゃないかな、とか思ったり。

今年の「黒」の攻略法教えます

今季一番の注目色は、「ブラック)」。たくさんの雑誌や店で、黒のアイテムを多く見かけます。

たまに勘違いをしている人がいますけど、カジュアルスタイルにおける「黒」ってのは、決して無難な色じゃないですよ。基本的には、ファッションに強い興味がある人が着る色だと思います。インナーのセーターが黒なのは、ぜんぜん普通ですけどね。靴が黒だと、確信犯(?)でしょう。

ダッフルコートを集めてみました: Engineered Garments Melton Duffle Jacket

例えば、こんな黒いウールコートには、私なら茶系の靴を合わせます。BEYES(バイズ)さんの着こなし集でも、そうしてますね。若いころの私なら、黒い靴を合わせたでしょうが。

もちろん、分かって黒い靴を履くのなら、まったく問題ないです。どんどんやってください。

記事について触れますと、特にビジネススタイルがよかったです。黒いブレザーにグレーウールパンツ、それに黒地に白ドットのニットタイという着こなし。これはマネしたい…。あ、ビジネスで靴が黒なのは、普通に無難ですよ。

綿谷画伯のコンサバ再生工場は「ファイヤーマンコート」

エンジニアード・ガーメンツのファイヤーマン・ターン・アウト・コート: Engineered Garments Fireman Turn Out Coat

今月は、「ファイヤーマンコート」。消防士さんの着るコートですね。

記事では茶化して書いてますけど、なかなか新鮮じゃないですか、コレ。さすがに反射板がついたヤツは、街着にはシンドイですが(汗)。

以前、エンジニアード・ガーメンツEngineered Garments)のファイヤーマン・ターン・アウト・コートFireman Turn Out Coat)を紹介しています

Lavenhamの記事を更新しました

Lavenham + Daniel Cremieux Quilted Jacket

本日の更新は、以下の記事でございます。

別注といえば、ラベンハム。今回は、ダニエル・クレミュの別注ジャケットを追加しています。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • 大阪人

    カジュアルで黒ってそんなに敷居高いのですか(驚)
    私は常に全身真黒くろすけ(古っ!)な事が多いのですが。。
    周りから見たら「うわっ・・・」な奴なんでしょうね(苦笑)

    ベルスタッフでラグランを廃した別注と言うのはXL500Tででしょうか?
    本来バイクウェアで機能的に考えられて造られているのに勿体無いというか。
    最近機能を廃してデザイン優先する事が多いですね。
    2006年10月29日 00:51
  • ブラックスーツ

    ホントになあ。いや、管理人さんのコメントは別にいいのよ。ここはアメトラのblogだから。
    ただ、他の人とか雑誌とか黒に対して色んな意味で過敏になりすぎって感じですね。
    俺なんか20年以上黒スケよ。黒ブレ・グレパンなんてとっくの昔にやってるもんね。
    さすがに真夏はキツイからやらないけど。
    あ、でも浴衣も夏着物も全部黒だ・・・
    2006年10月29日 14:01
  • blackwatch

    ちょっと言葉足らずだったことは自覚してまして、ある意味確信犯かも(?)。毒にも薬にもならないブログなんて、つまらないでしょ。

    念のために書いておきますが、別に黒い服がヘンとかいうつもりは毛頭ないです。あくまで「無難」ではない、ということがいいたい。

    例えば、「ウチのダンナ、休日はゴルフウェアかジャージばかりなんで、気の利いた『よそ行き着』も揃えないと」という奥さんが、黒ジャケットと黒靴をダンナに買い与えるのはいかがなものか。ここは、紺か茶系のジャケットに茶系靴というのが正解でしょう。

    …この感覚、伝わりますかねぇ。


    大阪人さん、こんにちは。

    大阪人さんは十分に「服に興味がある人」だと思いますので、黒を着てもぜんぜん可笑しくないと思いますよ。それに、大阪人さんはかなりお若くていらっしゃったはずですし。若い人は、ちょっとトンがった(モードっぽい)格好が似合う人が多いですし、そういう格好が好きな人が多いですよね。

    ベルスタッフですが、基はXL500なんですけどスーツに合うことを意識して作ったみたいなんで、これはこれで悪くはないですよ。ただ、私はラグランスリーブ大好きっ子でして…(汗)。

    ブラックスーツさん、こんにちは。
    さすが、ハンドルネームは伊達ではないですね。年季が入っています。

    今回の「黒」ブームを、私は「(特別な色である)黒を、久しぶりに積極的に着て見ましょうよ」みたいな感覚で捉えています。こんな私でも、昔はアニエス・ベー等をよく着たんですけどね。最近は黒はご無沙汰でした。

    (何回も書いていますが)黒ブレザーはずっと欲しいと思っています。カジュアルで着るときも、これなら靴は黒ですね。Allen Edmondsの(デッドストック)のエラスティックシューズを合わせるつもり。モードっぽくではなく、ドレス寄りのクラシックな感じで黒を着たいです。

    ちなみに、往年の日本のアイビーブームのときも、黒ブレザーは結構人気アイテムだったみたいです。欧米では、あまり見ないアイテムらしいのですが。
    2006年10月30日 00:23
  • 大阪人

    最近自分でも不思議ですが何だか服飾に興味が湧いてきている感じです(笑)
    XL500でスーツの上にだとワンサイズ大きめになりますから別にラグラン廃しても問題ないという感じですね。
    2006年10月30日 23:48
  • blackwatch

    大阪人さん、こんにちは。

    服については、詳しくなったほうが何かと人生お得だと思いますよ。衣食住については、好むと好まざるとにかかわらず一生縁を切れませんので。知識がないと、一生ボッタクられます(汗)。

    そういえば、ベルスタッフのラグランは、普通のラグランとは仕様が違いますね。
    2006年10月31日 00:25
  • ガケップ

    どうもこんにちは。
    済んだ話を蒸し返して申し訳ないんですが、かなり気になったのでお尋ねします。
    上述の「特別な色である黒」の意味は、
    黒はフォーマル・ビジネスにおいてはベーシックな色であるが
    カジュアルにおいてはネイビー・ブラウンほど、ベーシックな色ではない。
    それはなぜなら、黒はフォーマルのイメージが強いからだ。
    という解釈で合ってますか?(最近頭が錆び気味なもので…)

    個人的には、たしかに黒はそんなに無難な色(万能)ではないなー、
    とコーディネートを考えているときにしばしば思います。
    黒のトップスに色落ちのジーンズ(うすいブルー)という組み合わせには、
    カラーコーデで考えたら無茶なんじゃないんかなぁ、などなど。
    2006年11月02日 22:20
  • blackwatch

    ガケップさん、こんにちは。

    ご存知だとは思いますが、カジュアルスタイルで黒を強調した着こなしが多く見られるようになったのは、1980年代のコム・デ・ギャルソンやワイズ以降みたいです(いわゆるカラス族)。

    つまり、カジュアルで黒が着られるようになってからまだ日が浅い、と。早い話、あまりトラッドではない。主にそういう理由で、「無難」ではないと書いたわけです。

    若い人なら、黒は特別だとかはあまり考えなくていいと思います。でも若くない人は(?)、黒は特別な色だと頭の片隅にでも認識しておくべきだと思いますよ。着る着ないは別として。

    とはいっても、もうあれから20年以上経っていますし、黒を着ることはかなり一般的になったといっていいでしょう。日本人の黒髪には、黒い服が結構合うと思いますし(最近は茶髪の人も多いか)。

    将来は、さらに一般的に黒が着られるようになるかもしれませんね。普通のおじいちゃんが、黒ずくめの格好をしたりとか。
    2006年11月03日 00:44
  • blackwatch

    もうちょっと書きますと、黒は今のところまだ「モード」を感じさせる色だと思います。ちなみに、モードの反対語は「クラシック」とか「トラッド」とか。

    繰り返し書きますが、決して黒がダメというわけではないですよ。私のブログでも黒い服をたくさん紹介していますし、私は黒ブレザーが欲しいですし…。着こなしにモードをどれくらい取り入れるか、みたいな話かなぁ。
    2006年11月03日 02:29

この記事へのトラックバック