シップス(Ships)のアメリカ製の半袖ボタンダウンシャツ

Ships(シップス)

今日は、シップスShips半袖ボタンダウンシャツをご紹介。

シップスは、大手では最も老舗の「セレクトショップ」。比較的コンサバなアイテムが多いのがうれしい。

シップスに半袖のボタンダウンシャツが各種そろいました。ピンオックスフォードシャンブレー、それにマドラスチェック柄と、「鉄板」の品ぞろえ。基本的にアメトラアメリカン・トラッド仕様で、身幅は細めで着丈は裾出しに対応します。

これらが全部アメリカ製というのもうれしいですね。そうそう、ヨーロッパの人があまり半袖シャツを着ない印象があるのに対し、アメリカ人は好んで半袖シャツを着る人が多いみたいですね。

これらは、服装既定(ドレスコード)次第ではクール・ビズCool Bizに対応してくれるでしょう。いろいろな意味で、今年は半袖シャツが「熱い」ようです。

ちなみに、Amazon.co.jpアマゾン)さんは送料無料30日以内なら返品可能ですので、気軽に試してみてください。

Individualized Shirts(インディビジュアライズド・シャツ、インディビジュアライズドシャツ、インディビ)のボタンダウンシャツ(スリムフィット) Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のボタンダウンシャツ(ポロカラーシャツ)

なお、ボタンダウンシャツを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。前回のシップスの記事はこちら。

また、シップスではセールになっている商品もありますので、お見逃しなく。

Paraboot Chambord: Caffe

その他のセール情報は、こちらです。

Incotex(インコテックス)の記事を更新しました

Incotex J35 Nano Tech Tropical 1JT035-50032

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

ドレスパンツの代表格といえば、いまはこのインコテックスでしょう。最近は他にも新しいイタリアブランドが出ていますが、それらはちょっとラテン色が濃かったりして個人的にはパスなんだよなぁ。その点インコテックスは無難でいろいろなスタイルに合わせやすいと思いますよ。商品種類もすこぶる増えました。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • ya

    長袖シャツの袖まくりがクールビズスタイルの定番でしたが、理解のない上司からは「だらしない」と言われることもあり、サイジングが現代的になった半袖シャツは大歓迎です。
     オックスフォードのプルオーバーを久し振りに着てみようかと思いますが、個人的には開襟の白シャツにサマーウールのグレーパンツ、ストローハットなんて親父達の世代がしてた恰好がジャパンクラシックともいうべき正しいクールビズスタイルのような気がします。
    2012年06月03日 19:50
  • blackwatch

    yaさん、こんにちは。

    長袖シャツの袖まくりが「だらしない」というのも、ちょっと変わった意見ですよね。もっとも、サラリーマンだと上司にはなかなか逆らえません。

    開襟の白シャツも実はクール・ビズの本命のひとつだとは思うのですが、あまり取り上げられませんね。いまやるとすれば、コットンやリネンのパンツだと少しは着こなしやすいでしょうか。
    2012年06月04日 00:04
  • ブルース

    開襟シャツにストローハットは今の時代は逆に新鮮に映るかもしれませんね。
    ビジネスシーンで通用するのかは分かりませんが(笑)
    そういえばこのブログでは帽子の紹介はあまりありませんね。
    何か理由がありますか?
    2012年06月04日 00:08
  • blackwatch

    ブルースさん、こんにちは。

    帽子をあまり取り上げない理由は、単純な話、私がほとんど帽子を被らないからです。たまには取り上げようとは思うのですが、なかなか手が回らないのですよ。
    2012年06月05日 00:03

この記事へのトラックバック