2005年04月02日

ドレスベルト、カジュアルベルトを集めてみました

Dress Belt

今日は、ベルトを取り上げます。ドレスベルトカジュアルベルトも……。《最終更新日: 2017年1月4日》

ドレスベルトとカジュアルベルト

ドレスとカジュアルの違いは近年ではあいまいになっていますが、とりあえずビジネススーツに合わせられるか否か区別してみます。

普通のビジネススーツに合わせるなら、素材はカーフもしくはシェル・コードバンシェル・コードヴァン、馬のお尻の革)あたりが基本(たぶんフォーマル度はカーフが上)。ドレスカジュアルならスエードスウェードも粋です。

つくりについては、分厚い一枚革でつくられたベルトはカジュアル向きです。

一枚革でない場合、両端にステッチが入ったものと入っていないものがありまして、ステッチが入っていないもののほうがよりドレッシーといわれています。ただ、アメトラやブリトラ好きの人はステッチ入りのほうを好む人が多いんじゃないかなぁ。なお、目立つ色のステッチが入ったベルトはカジュアル向きです。

ベルトの色・素材の考え方

「ベルトと靴の色を合わせる」というのが着こなしの基本なのですが、素材も色目も神経質にきっちりそろえる必要はないと思います(ベルト濃色の法則」というのがあるらしい)。特にカジュアルスタイルにおいてはこの辺の考え方は柔軟でよいのでは?

とはいっても、「靴が黒でベルトが茶」や「靴が茶でベルトが黒」のような合わせ方はさすがにマズいでしょう。靴やベルトに限らず、皮革の黒と茶は交ぜて使わないほうがよいのです。

バックルの考え方

ベルトを選ぶ際に意外に気になるのが、バックルの色。具体的には、ゴールド真鍮ブラス)かシルバーニッケル)か。

ここ数年はシルバーのものが優勢でしたが、そろそろゴールドも新鮮だと思いますよ。金ボタンの紺ブレ(ネイビー・ブレザー)に合わせるなら、ゴールドのほうが合うでしょうし。そうそう、他のアイテム(モンクストラップなど)の金具の色とそろえたほうが、やはり統一感は出ます。

大雑把に述べますと、トラッドならゴールド、モダンならシルバーでしょうか。

サイズの考え方

ベルトにはたいてい5つの穴が開いていますが、真ん中の穴(3つ目の穴)で留めるのが見た目に美しいと言われています。とはいってもパンツによってウエストのサイズは微妙に変化することもあり、いつもきっちり真ん中で留めるのは難しいですよね。まあ、努力目標ということで……。

ちなみに私は、ちょっと短めの2つ目の穴で留めるのも好きですよ。4つ目の穴だと、ちょっと見た目に長く感じるかな。リングベルトメッシュベルトは任意の場所で留められるので、サイズ調整の意味では便利です。

また、サイズ調整を自分でできるベルトもありますが、ギザギザのついた金具で調節する種類のものはあまり格好良いとはいえないと思います(金具が目立って興ざめ)。サイズ調整可能なベルトなら、ポンチョで穴を開けてピンで留める種類のものをオススメします。

サイズ調整できないベルトでも、長いベルトならお直し屋さんで短く直す手もあります。短いものを長く伸ばすことはできませんけど。

ちなみにベルトの幅については、ドレス用でもカジュアル用でもとりあえずは3cm前後が基本のはずです。太いベルトはラギッドな雰囲気になり、細いベルトはスマートな雰囲気に。それとは別の観点として、股上の浅いパンツには太いベルト、股上の深いパンツには細いベルトが合う傾向があると思います。

メッシュベルト

メッシュベルトを集めてみました

カジュアルな雰囲気を出しつつ大人っぽさも残したいのであれば、網目状に編み込んでつくられたいわゆるメッシュベルトはいかがでしょう

レザー素材のものはもちろん、コットン素材やゴム素材のものなどいろいろ取りそろえております。

リボンベルト、ウェブベルト

リボンベルト、ウェブベルトを集めてみました

カジュアルでプレッピーなベルトをお探しなら、リボンベルトウェブベルトがオススメ

グログラン地のものからトラッドで大人っぽいものまで、着こなしに応じてお選びください。

K.T. Lewiston(K.T.ルイストン、KTルイストン)

K.T.ルイストンの財布、ベルト、革小物: K.T.Lewiston KTB-039

オールデン(Alden)の国内代理店でおなじみのラコタLakota)が贈るK.T.ルイストンKTルイストンK.T. Lewiston)は、日本の誇るこだわりり派皮革製品ブランドです。

K.T.ルイストンお得意のコードバンコードヴァン)を使用したベルトは、靴好きマニアにもひそかに人気があるようです。種類もすこぶる豊富です。アメトラ好きならまずはここを見てください。

Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス、ホワイトハウスコックス、WHC)

ホワイトハウス・コックスのブライドルレザーの財布、ベルト、鞄: Whitehouse Cox B8665

現在最も人気のある皮革製品ブランドのひとつであろうホワイトハウス・コックスホワイトハウスコックスWhitehouse CoxWHC)は、1860年創業のイギリスの皮革製品ブランド。

実はこのブランドの出世作は、ベルトなんです。お得意のブライドルレザーを使ったものやカジュアル寄りのものなど、いろいろあります。

Martin Faizey(マーティン・フェイジー)のクイック・リリース・ベルト

マーティン・フェイジーのクイックリリースベルト: Martin Faizey Quick Release Belt 30mm

長らくデインズ&ハサウェイ(デインズ・アンド・ハザウェイ、Daines and Hathaway)のベルトをつくってきたマーティン・フェイジーMartin Faizey)は、2011年に独立したベルト工房。

一瞬でバックルを外すことのできるクイック・リリース・ベルトは、消防士の緊急時の対応用に考案されたそう。その独特のバックルデザインは、アメカジ寄りのスタイルにもばっちりハマります。

さらに、今は亡き(?)ジャベツ・クリフJabez Cliff)風のベルトも出ました。

Anderson's(アンダーソンズ、アンダーソン)

Anderson's(アンダーソンズ、アンダーソン)のメッシュベルト、リボンベルト、ダブルリングベルト

ベルト専業ブランドのアンダーソンズアンダーソンAnderson's)は、1966年創業のイタリアのベルトブランド。

現代的なベルトをお探しなら、まずはこのブランドをあたるのがよいのでは? メッシュベルトも得意としています。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズにはコンサバなベルトがそろっています。

こちらは、ベルト各種。カーフでゴールドの真鍮バックル、シルバーのニッケルめっきバックル、スエードベルトなどがあります。いずれもまさに基本という顔付き。変わった色遣いのベルトは、変わった靴の色とそろえたい人にはうれしいでしょう。

ベルト幅は、3cmから3.5cmくらいが主。スキニーとあるのは2.5cm幅くらいです。

Brooks Brothers Leather Dress Belt 854C
Leather Dress Belt
Brooks Brothers Leather Dress Belt 853C
Leather Dress
Brooks Brothers Calfskin Dress Belt 617F
Calfskin Dress
Brooks Brothers Split Leather Skinny Belt
Split Leather Skinny
Brooks Brothers Leather Perforated Belt MV00247
Leather Perforated
Brooks Brothers Red Fleece Burnished Leather Belt RV00003
Red Fleece Burnished Leather
Brooks Brothers Solid Suspenders 886C
Solid Suspenders
Brooks Brothers Stripe Suspenders 880C
Stripe
Brooks Brothers Golden Fleece Suspenders MV00226
Golden Fleece
↑ クリックで商品一覧ページへ

また、こだわり派が愛用するサスペンダーブレイシーズもありますよ。ボタン留め仕様が王道ですが、よりカジュアルなクリップ式もあります。

そうそう、セールクリアランスClearance)になっている商品があるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

Andrea D'Amico(アンドレア・ダミコ、アンドレア・ダミーコ)

Andrea D'Amico(アンドレア・ダミコ、アンドレア・ダミーコ)

アンドレア・ダミコアンドレア・ダミーコAndrea D'Amicoは、1991年創業のイタリアはボローニャの皮革製品ブランド。特にベルトには定評があります。

ACUB001は、幅3cmの基本的なデザインのドレスカーフベルト。若干ベルトに存在感がある気がしますが、そのぶんスーツだけでなくカジュアル方面でも合わせられそうです。ACUB003は同傾向のスエードスウェード地。イタリア製ですが比較的お手頃価格といえます。

Andrea D'Amico ACUB001: Dark Brown
ACUB001: Dark Brown
Andrea D'Amico ACUB001: Dark Brown
Dark Brown
Andrea D'Amico ACUB001: Black
Black
Andrea D'Amico ACUB003: Dark Brown
ACUB003: Dark Brown
Andrea D'Amico ACUB003: Dark Brown
Dark Brown
Andrea D'Amico ACUB003: Dark Brown
Dark Brown
↑ クリックで商品一覧ページへ

2190は、ブライドルレザーのような丈夫な一枚革を使用したベルト。イギリスやアメリカ製のようなラギッド感のある仕上がりです。特徴は少し細めの幅2.5cmという点。近年はパンツの股上が深くなる傾向にあると思いますが、そんなパンツには細めのベルトのほうが相性が良いと思います。バックルの色やデザインも私好み。

Andrea D'Amico 2190: Navy
2190: Navy
Andrea D'Amico 2190: Brown
Brown
Andrea D'Amico 2190: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

Kreis(クライス)

Kreis(クライス)

クライスKreisは、1963年創業のドイツはフランクフルトの皮革製品ブランド。どちらかと言うと、キレイめというよりもラギッドな雰囲気の商品展開かなと。ドイツ製。

アメリカの名門ホーウィンHorween社のオールデンAldenでおなじみのシェル・コードバンシェル・コードヴァンを使ったベルトをつくっています。コードバン靴を持っている人は合わせて使いたいですね。

KSB-001は、幅3cmのドレスベルト。真鍮ブラスのバックルはトラッド好きなら気になるでしょう。

KSB-014はギャリソンベルト系のミリタリーベルトなのですが、幅2.5cmとやや細めなのがミソ。上品な着こなしにも合わせやすいでしょう。

Kreis KSB-001: Oxblood
KSB-001: Oxblood
Kreis KSB-001: Oxblood
Oxblood
Kreis KSB-001: Black
Black
Kreis KSB-014: Black
KSB-014: Black
Kreis KSB-014: Black
Black
Kreis KSB-014: Oxblood
Oxblood
Kreis KSB-012: Dark Brown
KSB-012: Dark Brown
Kreis KSB-012: Tan
Tan
Kreis KSB-012: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

KSB-012は、ブリティッシュカントリーな無骨な皮革であるブライドルレザーを使用したベルト。ステッチが目立ってカジュアルさを強調しています。少し細めの幅2.5cm。

Arnold Wills(アーノルド・ウィルズ、アーノルド・ウィルス)

Arnold Wills(アーノルド・ウィルズ、アーノルド・ウィルス)

アーノルド・ウィルズアーノルド・ウィルスArnold Willsは、1946年創業のイギリスの皮革製品ブランド。いろいろつくっていますが、ベルトが主力商品でしょう。イギリス製。

まずこちらは、丈夫なブライドルレザーの一枚革を使用したカジュアルベルト。この手のベルトは、今の時代に1本は持っておくべき便利なベルトだと思います。幅は29mmに加え、ちょっと太めの32mmも。

ちなみに、表面に白く浮き出ているものは「ブルーム」というロウ成分で、ブラッシングすればきれいになるはずですよ。ブライドルレザーには付き物の現象です。

Arnold Wills Bridle Leather Belt 29mm AWG15-3019: Navy
Bridle Leather Belt 29mm AWG15-3019: Navy
Arnold Wills Bridle Leather Belt 29mm AWG15-3019: Brown
Brown
Arnold Wills Bridle Leather Belt 29mm AWG15-3019: Black
Black
Arnold Wills Bridle Leather Belt 32mm AWG15-3020: Black
Bridle Leather Belt 32mm AWG15-3020: Black
Arnold Wills Bridle Leather Belt 32mm AWG15-3020: Brown
Brown
Arnold Wills Bridle Leather Belt 32mm AWG15-3020: Navy
Navy
Arnold Wills French Calf Belt AWG15-3016: Brown
French Calf Belt AWG15-3016: Brown
Arnold Wills French Calf Belt AWG15-3016: Brown
Brown
Arnold Wills French Calf Belt AWG15-3016: Black
Black
Arnold Wills Italian Suede Belt AWG15-3021: Dark Brown
Italian Suede Belt AWG15-3021: Dark Brown
Arnold Wills Italian Suede Belt AWG15-3021: Dark Brown
Dark Brown
Arnold Wills Italian Suede Belt AWG15-3021: Brown
Brown
Arnold Wills Bridle Leather Belt AWG15-3017: Brown
Bridle Leather Belt AWG15-3017: Brown
Arnold Wills Bridle Leather Belt AWG15-3017: Brown
Brown
Arnold Wills Bridle Leather Belt AWG15-3017: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

ドレスベルトもありまして、こちらには基本素材のカーフとスエードもあります。癖のない一本で、イギリス製でこの値段は狙い目でしょう。

Albert Thurston(アルバート・サーストン)のブレイシーズ(サスペンダー)

Albert Thurston(アルバート・サーストン)

アルバート・サーストンAlbert Thurstonは、1820年創業のイギリスのブレイシーズサスペンダーブランド。ブレイシーズを代表するブランドといえばここなのです。

ボタン留めクリップ留め兼用型とクリップ留め型がありまして、より本格的なのはボタン留めです(パンツに専用のボタンが必要)。ただ、カジュアルなクリップ留め型も近年は注目されています。

Albert Thurston G140BR 2279 1122: Navy
G140BR 2279 1122: Navy
Albert Thurston G140BR 2279 1122: Navy
Navy
Albert Thurston G140BR 2279 1122: Navy
Navy
Albert Thurston G140BR 2417 1: Black
G140BR 2417 1: Black
Albert Thurston G140BR 2417 1: Black
Black
Albert Thurston G140BR 2417 1: Black
Black
Albert Thurston G68BR 2415: Brown
G68BR 2415: Brown
Albert Thurston G68BR 2415: Navy
Navy
Albert Thurston G68BR 2415: Navy
Navy
Albert Thurston G68BR 1788: Navy
G68BR 1788: Navy
Albert Thurston G68BR 1788: Navy
Navy
Albert Thurston G68BR 1788: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

他の記事も……

時計(腕時計、リストウォッチ)を集めてみました 財布(ウォレット)を集めてみました、Ettinger(エッティンガー)、他

タグ / 小物類: ベルト」をご覧になると、当ブログのベルトに関する全記事を網羅できます。「カテゴリ / 小物類」をご覧になると、当ブログの小物類に関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2005年6月16日)商品を一部追加。
  • (2006年1月14日)全面的に記事を見直し。
  • (2006年3月26日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年6月30日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年8月7日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年6月27日)メッシュベルトは別記事に。
  • (2008年5月22日)リボンベルトは別記事に。
  • (2009年7月15日)商品を追加、入れ替え。
  • (2011年8月3日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年5月21日)2012年春夏最初の更新。
  • (2013年6月26日)2013年春夏最初の更新。
  • (2014年6月30日)2014年春夏最初の更新。
  • (2015年5月17日)2015年春夏最初の更新。
  • (2015年12月25日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年6月4日)2016年春夏最初の更新。
  • (2017年1月4日)2016年度秋冬最初の更新。
posted by blackwatch at 21:51| Comment(32) | TrackBack(0) | 小物類 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。ちょくちょく覗かせてもらってます。
とても実用的でわかりやすいサイトですね。
これからも頑張ってください。
Posted by 鮭 at 2006年01月14日 01:51
鮭さん、始めまして。
ご声援ありがとうございます。

単なる商品の羅列や、雑誌等の受け売りのみの内容にならないよう、頑張っております。
Posted by blackwatch at 2006年01月15日 01:41
いつも楽しく拝見させていただいています。
質問なのですが、ジャベツクリフの28mmの方のベルトはデニムに合わせた時、違和感は出るでしょうか。ちなみにデニムはリーバイスの501を愛用しております。
Posted by gt at 2011年07月05日 07:09
gtさん、こんにちは。

6月や7月初にもコメントをいただいた方でしょうか? ハンドルネームはできるだけ統一していただきますようお願いします。

さてご質問の件ですが、好みや流行で影響を受けることがあるかもしれませんけど、基本的に28mmのほうでも問題なくジーンズに合うはずです。28mmくらいなら特に細いわけではありませんし。
Posted by blackwatch at 2011年07月06日 00:02
いつも楽しく拝見させていただいております。
質問ですが、革ベルトの手入れ方法について教えて下さい。
靴やバック、革財布についてはオイル等を塗って手入れする
こともあると思うのですが、
革ベルトに関しては手入れについての記事をあまり見たことが
ありません。
パンツと密着するものですし、通常はあまり手入れなどはしない
ものなのでしょうか?
日常的に使っていると、歪んだりすぐにダメージが目立ってしまうのですが
消耗品と割り切る方がよいのでしょうか?
Posted by trueprep at 2011年08月10日 20:34
trueprepさん、こんにちは。

いえいえ、鞄、財布、ジャケット、ソファー、……などなどと同様、皮革のベルトもお手入れが可能ですよ。というか、ベルトのみをなぜ特別扱いなさっているのかが不思議です……。

市販の皮革製品用のお手入れ用品をベルトに使えば何も問題ないと思います。私だったら、普通のスムースレザーなら靴にも使っているCollonilのPremium LotionやPremium Diamantあたりを使うでしょう(手元にあるので)。これらは皮革製品全般用のクリームです。
http://blackwatch.seesaa.net/article/4792147.html

Whitehouse CoxやGlenroyalなどでは、ブライドルレザー用のお手入れ用品を出していますね。ブライドルレザーのベルトならそういうのを使うとよいのでしょう。
http://blackwatch.seesaa.net/article/16583395.html
http://blackwatch.seesaa.net/article/17359352.html

なお、靴用の色が付いたクリームは、ベルトなどには使わないほうがよいです。服に色が付きますので。靴専用のお手入れ用品はやはり靴専用でしょうね。
Posted by blackwatch at 2011年08月11日 00:07
なるほど、革製品ならすべて手入れすべきということなんですね。
でも例えば時計のベルトであったり、革ベルトでもangloのメッシュベルト
なんかはどうなんでしょう?
なんとなく、手入れするってイメージがないんですよね。

それと、カーフレザーやブライドルレザーのベルトなんかだと
裏面(パンツに密着する面)にもクリームは塗るべきでしょうか?
ベタベタになってしまうような・・・

あとベルトが腰のかたちに合わせて、歪んでしまっているのですが、
これってみなさんどうしてるんですかね。
矯正する方法あるんでしょうか?
Posted by trueprep at 2011年08月11日 22:42
trueprepさん、こんにちは。

「すべて手入れすべき」というよりは、「すべて手入れすることができる」と解釈してください。

皮革製品は、どういう製品であれ「みすぼらしくなったら手入れをする」でよいのです(靴もそう)。靴はその使用状況の性格上比較的早くみすぼらしくなるので、手入れをする頻度も多いのです。でも、例えばベルトあたりだとそうそうボロくならないじゃないですか。なので、手入れをする頻度も少なくてよいのです。

(私ももうそれなりの年齢ですけど、ベルトの手入れをしたことなんて数えるくらいしかありません……。メッシュベルトも1度くらいならクリームを入れたことがあるかも)

それから革の裏面についてですが、靴や財布の裏面はほとんど手入れをしないですよね? 同様にベルトもあまり手入れをする必要はないと考えます(私はやったことはありません)。ただ、酷使してボロくなったらやはり手入れをしたほうがよいのでしょう。皮革製品全般用のお手入れ用品はそんなにベタベタしていませんので、厚く塗りすぎない限りは大して問題にならないはずです。

あと、ベルトの歪みについてですが、身体に沿って歪んでいるということは、着用しているときは歪みは分からないのですよね? であればまったく問題ないと思います。世の中にはあらかじめカーブしたベルトもあるくらいですし。

trueprepさんのコメントを拝読していると、なんでもマニュアルに従って行動しようとなさっているように感じます。もっとご自身の「感覚」を信じてもよいのではないでしょうか。
Posted by blackwatch at 2011年08月12日 00:09
こんにちは!

すみません、今日もまた一つ質問させてください。

スエードベルトについてなんですが、これは絶対必要なものでしょうか?
夏は革ベルトじゃなく、スエードなどがあったほうがいいでしょうか?
Posted by コーサク at 2012年05月05日 13:28
コーサクさん、こんにちは。

「絶対必要」とか「夏はスエードベスト」とか、いったいどこ情報でしょうか?(笑) あまり聞いたことがないですねぇ。

ビジネススーツだと靴がスエードならベルトもスエードにしたいとは思いますが、カジュアルだとそこまでは必須ではないと思いますし。好みで選べばよいのではないでしょうか。
Posted by blackwatch at 2012年05月06日 00:09
こんにちは。

すみません、質問させてください。
ブルックブラザーズとアンドレアダミコのベルトではどちらがよりベーシックでおすすめでしょうか?
Posted by コーサク at 2013年07月28日 00:06
コーサクさん、こんにちは。

Brooks Brothersの「ドレスベルト」とAndrea D'Amicoの「275」では、ほぼ同じ用途で使えるはずです。

ただし、Brooks Brothersのほうにはバックルがシルバーのものとゴールドのものがありますので、お持ちのアイテム(腕時計など)の金属の色に合わせて選べる利点があります。
Posted by blackwatch at 2013年07月29日 00:03
blackwatchさん

こんにちは。

すみません、また質問なのですが、、

ドレスベルト(上のブルックス等の)をカジュアル使いするのはナシでしょうか??
Posted by コーサク at 2013年09月30日 15:27
コーサクさん、こんにちは。

以前Whitehouse Coxにいただいたものと同じようなコメントですねぇ。
http://blackwatch.seesaa.net/article/16583395.html

とりあえずBrooks Brothersの854Cや853Cについては、素材がカーフでバックルのデザインもエレガントなので、かなりドレス寄りといえます。もちろんジャケパン(ジャケット+パンツ)くらいなら対応しますが、若い人でしたらビジネス専用と考えたほうが無難かも。

(カジュアルといってもまさかTシャツにジーンズみたいな格好を想定されてはいないと思います。そういうところを明記していただきたかったところですが)

カジュアル用途を視野に入れるなら、若い人でしたらWhitehouse CoxのブライドルレザーやK.T. Lewistonのコードバンあたりのほうが使いやすそうです。
Posted by blackwatch at 2013年10月01日 00:03
管理人さん こんにちは
下半身の装いが全体のバランスの要なのでベルト類にもこだわりがあります。
・革以外のベルトはサスペンダーを除いて靴下の色に合わせます。
・サスペンダーは基本パンツの色に合わせます。
・バックルの色は、茶系のベルトであれば金、黒系のベルトであればシルバーが定番ですが、
 疑問があります。
・メッシュベルトは腰にボリュームを持たせるのでスリムな方専用。
以上は持論です。
秋に入り、シャツいちの装いが増える季節なのでサスペンダーを取り上げてほしいと思います。
ちなみに管理人さんと同年代です。
Posted by ふくらはぎ at 2013年10月02日 23:55
ふくらはぎさん、こんにちは。

サスペンダーですか。そもそもいまは商品数が少ないので扱いにくいですねぇ。ただ、これからパンツの股上が深くなってくると、サスペンダーがより注目されてくるのかも。

カジュアル時には、あえて安っぽいクリップ式のサスペンダーを使うのもオツかなぁと最近は感じています。まあいわゆるハズシですけど。
Posted by blackwatch at 2013年10月04日 00:10
管理人さんはじめまして

僕の場合はシャツはタックアウトで着るので、今は茶色のデッキシューズに黒の革ベルトを合わせたりしてしまってるのですが
今年はちゃんと必要最低限のベルトを揃えて、見えないところにも気を使おうと思っています

そこで質問なのですが、夏にハーフパンツと合わせるベルトで悩んでいます
今持ってるのは幅広の茶色の革ベルトと、スーツ用の普通の黒ベルトです
ですがやはりこれらは夏にはあまり向いていませんよね?

なので、「夏向きのベルト素材・形状」あと「黒系や茶色系、紺系のどれにも合うベルトの色」があれば教えて下さい
ちなみにカジュアル用のベルトでお願いします
Posted by 大学生 at 2014年06月01日 22:29
大学生さん、こんにちは。

「幅広の茶色の革ベルトとスーツ用の普通の黒ベルト」が夏向きではないとは思いません。一般に、たいていのベルトはあまり季節感がないものです。

夏らしさを強調したいのであれば、グログラン地のリボンベルトのようなものがまず挙げられます。布地部分に(マリン系のような)夏らしい意匠が施されたベルトもそれっぽい。メッシュベルトもどちらかというと春夏っぽい印象があります。

ベルトの色については、カジュアルスタイルなら、皮革の黒と茶を混ぜない限り神経質になる必要はないと考えます。特にリボンベルトのような布地のみのベルトなら、あまり靴の色を意識しなくてもよいでしょう(とはいえ着こなし全体の色遣いとの調和を考慮するべきですが)。
Posted by blackwatch at 2014年06月02日 00:06
ありがとうございました!
あしたさっそくリボンベルトを買ってこようと思います
Posted by 大学生 at 2014年06月02日 22:12
大学生さん、こんにちは。

夏っぽいベルトは、当然のことながら冬には使いにくくなりますので、お気をつけください。
Posted by blackwatch at 2014年06月03日 00:03
blackwatchさん、こんばんは。

ご相談なのですが、アメトラ風のジャケパンに合わせるリングベルトで35mm幅は太すぎるでしょうか。
他にも24mm幅と30mm幅の通常のバックルのベルトも考えているのですが、3つともコバが染色されていないものなので、その点でもジャケパンに合わせてよいものか…。

これらの合う合わないを教えていただければ幸いです。
Posted by つっちー at 2014年11月09日 22:26
つっちーさん、こんにちは。

35mm幅のベルトが特別太いとは思いません。ちょっとラギッド気味の着こなしならそう大きな問題はないのかも。もし80年代風の股上の深いパンツでしたら、より細めのベルトのほうがよいと考えます。

ちなみに、このリングベルトはレザー(皮革)製のものでしょうか。実はレザー製のリングベルトはそんなにアメトラっぽいベルトではないと思います。まあちょっとしたハズシでしょうか。

コバが染色されていないベルトの全体の雰囲気がよく分からないのでカンで申し上げますと、カジュアル寄りのジャケパンなら問題ないのではないでしょうか。コテコテのアイビースタイル向きではないでしょう。
Posted by blackwatch at 2014年11月10日 12:33
ご返信ありがとうございます。

コバはこんな感じです。
http://iup.2ch-library.com/i/i1321917-1415635736.jpg
http://iup.2ch-library.com/i/i1321918-1415635736.jpg(コンチョは無し)

リングベルトはリボンタイプだと直球過ぎるかなと思ったので趣向を変えてみたのですが、レザーはレザーであまり合うわけではないのですね。勉強になります。
Posted by つっちー at 2014年11月11日 01:36
つっちーさん、こんにちは。

1枚目のリングベルトは、思っていたよりもラギッドな雰囲気ですね(もっとイタリアっぽいものだと思っていました)。まあこれは基本的にはカジュアル向きですね。Engineered Garmentsのようなラギッドなジャケットスタイルなら合うような気がします。

2枚目のベルトは、コンチョがなければそれなりにいろいろ合わせられると思います。1枚革のつくりなのでカジュアル寄りとはいえるのですが、今はちょっとカジュアル寄りのスタイルが人気ですし。

アメトラのジャケットスタイルに合わせるためのベルトを選ぶのであれば、1枚目のリングベルトは「なし」ですね。2枚目のベルトもちょっとハズシ感覚ですが、特に若い人にはこういうもののほうが使いやすいかもしれません。王道を行くのなら、1枚革でなく端にステッチの入ったものでしょうね。
Posted by blackwatch at 2014年11月12日 00:01
blackwatchさん、こんにちは。
いつもためになる記事をありがとうございます。
本日はドレスベルトについて伺いたく、コメントをさせて頂きました。
私はドレスベルトはブルックスのものを黒、茶の1本ずつ持っております。2本ともベルト穴は5つのものです。購入したときはどちらもちょうど真ん中の3つ目の穴でジャストフィットだったのですが、その後ウエストが激減してしまい、今はもっとも根元(バックルに近いほう)でないとフィットしなくなりました。もちろん、ベルトを留める穴は真ん中が原則、そしてそれで合わないのであれば、一番外側と内側のを除いた3つのうちの1つで留めるべきであるのは重々承知しているのですが、私のように一番内側で留めるのはルール違反でしょうか?と申しますのは、私の場合、ドレスベルトを締める場合はほぼ100%ジャケットを着用しますので、ベルトはジャケットに隠れて見えなくなりますので、多少の手抜きはありかな、と思いましてお尋ねるする次第です。お忙しいところ大変恐縮ですが、ご教示頂ければ幸いです。
Posted by こばべん at 2015年03月15日 00:52
こばべんさん、こんにちは。

まあ少なくともマナー違反ではないですよね。そのベルトのせいで商談が破談になったり、レストランを追い出されたりすることはきっとないでしょう(笑)。

あとはどこまでご本人がこだわるかです。そのベルトのせいで着こなしが決定的にダメになるとまでは思いません。

そんなに気になるようでしたら、そして当面お太りになる予定がないのでしたら、適当なお直し屋さんで短くしてはいかがでしょうか。病気などで一時的にお痩せになっているのであれば、ベルトはそのままでよいと考えます。
Posted by blackwatch at 2015年03月16日 00:02
blackwatchさん

ご返信ありがとうございます。
私の場合、痩せているのは一時期と思われますので、ベルトはそのままにしておこうと思います。
Posted by こばべん at 2015年03月16日 00:34
こばべんさん、こんにちは。

一時的な体型の変化でしたら、やはりそのままでよいと思います。もちろん、おカネに余裕があれば体型の変化に合わせてそのつどベルトをそろえるのが理想でしょうけど。
Posted by blackwatch at 2015年03月17日 00:06
blackwatchさん、こんにちは。

先日はドレスベルトに関する適切なアドヴァイスを頂き、ありがとうございました。

さて、私の体型の変化(痩せてしまったこと)ですが、どうやら一時的なものではないようです。

そこで、泣く泣くベルトを買い足すことにしたのですが、幸い
ブルックスブラーズで掘り出しものを見つけましたので、ご報告を、と思いましてコメントしました。

それは、「リバーシブルベルト」。1本で、表裏両面が使用可能なドレスベルトです。しかも、値段は普通のベルト1本分と同じ
12,000円(税抜き)です。私は、黒×茶のものを購入しました。

それにしても、ブルックスについて感心するのは、アメトラの王道を行きながら、機能面でも絶えず新たな製品を作り続けているところですね(洗濯機で洗ってもシワにならないノンアイロンの、BDシャツ・チノパンなど)。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。





Posted by こばべん at 2015年05月07日 04:01
こばべんさん、こんにちは。

オンラインショップにもあるリバーシブルベルトのことでしょうか。実は、デザインが微妙に私好みではなかったりします(汗)。とはいっても大きな問題はありませんので、特にスーツに合わせるのでしたらとても便利に使えるはずです。

それにしても、Brooks Brothersはベルトが充実していますねぇ。小物類に困ったときも、Brooksはけっこう頼りになると思います。
Posted by blackwatch at 2015年05月08日 00:02
blackwatchさん、はじめまして、いつも参考にしてます。
相談なのですが
Levi's 501 のストレートデニムジーンズ 白、黒、ブルー、インディゴに合わせるレザーのカジュアルベルトは何色や何色がいいんでしょうか?
Posted by リョータ at 2015年11月12日 13:28
リョータさん、こんにちは。

例えば「白米に合うオカズは?」と訊かれても、人それぞれとしか答えようがないですよね。今回のご質問もそういう質問に近いのかなと。もう着こなしに合わせて選んでいただくしかないです。

革ベルトの場合は、ベルトの色は黒か茶(もしくはバーガンディー)が基本です。次点がネイビーでしょうか。

特に革靴に合わせる場合は、(上の記事でも触れていますが)靴の色に合わせるのがとりあえずは第1候補になるでしょう。もちろん、カジュアルスタイルだとあくまで第1候補に過ぎないのですが。
Posted by blackwatch at 2015年11月13日 00:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2749490
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック