ニットベスト(ヴェスト)を集めてみました

Sweater Vest(ニットベスト)

今日は、ニットベストヴェストを取り上げます。秋冬は、ウォーム・ビズWarm Biz対策としても注目を集めています。《最終更新日: 2017年11月17日》

ニットベスト(ヴェスト)とは

文字どおり、ニット(セーター)のベストがニットベストです。素材は大きく、コットン綿のものとウールのものに分けられます。

コットンのものは、基本的に通年着られます。ただし、薄手ものは秋冬はしんどいかな。対してウールのものは、基本的には秋冬用です。薄手のものなら春もOK。質感や暖かさでは、コットンのものよりもウールのものが勝るでしょう。もちろん、肌触りの良さと高級感が魅力のカシミアカシミヤもお忘れなく。

デザインは、頭からかぶるプルオーバーのスリップオーバー型と、前開きのウエストコートジレ型があります。襟型は、Vネッククルーネックが代表格。ショールカラーヘチマ襟)もあります。

Sweater Vest(ニットベスト)

着こなし

ボタンダウンシャツを集めてみました

着こなしとしては、(布帛の)ドレスシャツを中に着るのが基本ですが、タートルネックカットソーやTシャツを合わせる手もあります。

役割がカーディガンとちょっと被りますが、ベストは袖がないぶんテーラードジャケットの中に着るには適しています。ジャストサイズのジャケットの場合、袖があるセーターだと腕や肩が窮屈になるときがありますよね。

また、夏にシャツやポロシャツ、Tシャツだけでは着こなしが寂しいとき、ニットベストを活用する手もあります。まあ、ちょっと暑くはなるのですけど。

チルデンベスト(クリケットヴェスト)

チルデンセーター(クリケットニット)を集めてみました

最もプレッピーなセーターといえば、チルデンセータークリケットセーターテニスセーター)に止めを刺します(?)。

そのチルデンセーターのベスト版が、チルデンベストクリケットヴェスト)。上品に着こなしてください。ちょいワル風はやめてね(汗)。

カウチンセーター

カウチンセーターを集めてみました

目が詰んでいて風を通しにくいカウチンセーター、カナダの先住民カウチン族の伝統工芸ともいえる厚手のローゲージセーター。

袖のないいわゆるカウチンベストもありまして、アメカジファンなら見逃せません。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズにはコンサバなセーターが大充実しています。

ブルックス・ブラザーズには、春夏には高級コットンの一種であるスーピマコットンスーピマ綿、秋冬には薄手でドレッシーなメリノウール、中庸な厚さのラムズウールラムウール)、カシミアに匹敵する極細の高級ウールでやはり薄手のサクソンウールSaxxon)、そしてニット素材の最高峰であるカシミア、などの素材を使ったニットベストがあります。

完全にウエストコート(ジレ)型のニットべストにも注目してください。背面がフェアアイル柄のものは面白いですね。

Brooks Brothers BrooksTech Merino Wool Vest MS00817
BrooksTech Merino Wool Vest
BrooksTech Merino Wool Button-Front Vest MS00813
Button-Front
Brooks Brothers Merino Wool Cable Button-Front Vest MS00822
Cable Button-Front
Brooks Brothers Merino Wool Fair Isle Waistcoat MS00821
Merino Wool Fair Isle Waistcoat
Brooks Brothers Merino Wool Fair Isle Waistcoat MS00821
Fair Isle
Brooks Brothers Merino Wool Plaid Waist Coat MS00798
Plaid
↑ クリックで商品一覧ページへ

あとですね、ボーイズのセーターも大きなサイズのものなら大人でも十分着られます。特にベストなら袖の長さを気にする必要がありませんので、サイズを「攻め」られます(?)。ひそかにオススメしておきます。LやXLサイズが無難ですが、細身で小柄の人ならMサイズでも着られるでしょう。

そうそう、セールクリアランスClearance)になっている商品があるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

William Lockie(ウィリアム・ロッキー)

ウィリアム・ロッキーWilliam Lockieは、1874年創業のイギリスはスコットランドの老舗ニットブランド。コンサバで使いやすいセーターには定評があり、日本でもよく扱われています。

こちらは、フェアアイル柄のVネックスリップオーバー。カントリースタイルの着こなしのアクセントにピッタリです。素材はウールで身幅は細め。スコットランド製です。

William Lockie Wool Fairisle Sweater Vest WLIT7091: Cocoa, Navy
Wool Fairisle Sweater Vest WLIT7091: Cocoa, Navy
William Lockie Wool Fairisle Sweater Vest WLIT7091: Cocoa, Navy
Cocoa, Navy
William Lockie Wool Fairisle Sweater Vest WLIT7091: Cocoa, Navy
Cocoa, Navy
William Lockie Cotton Knitted V-neck Waistcoat JE1904-VP: Red, Purple
Red, Purple
William Lockie Cotton Knitted V-neck Waistcoat JE1904-VP: Red, Purple
Red, Purple
William Lockie Cotton Knitted V-neck Waistcoat JE1904-VP: Red, Purple
Red, Purple
↑ クリックで商品一覧ページへ

こちらは、コットン製のウエストコート型ニットベスト。発色の良さが魅力的です。身幅は細め。スコットランド製です。

John Smedley(ジョン・スメドレー、ジョンスメ)

John Smedley(ジョン・スメドレー)のシーアイランドコットンのセーター、カーディガン

現在最も人気のあるニットブランドのひとつといっていいジョン・スメドレージョンスメJohn Smedleyは、1784年創業のイギリスの超老舗ニットブランド。

メリノウールのセーターは秋冬にシーアイランドコットン海島綿)のセーターは春夏にどうぞ。ビジネスにもカジュアルにも……。

Drumohr(ドルモア)

Drumohr(ドルモア)のポロシャツ、セーター、ニットカーディガン

世界最古(!)のニットブランドであるドルモアDrumohr)は、1770年創業のスコットランドとイタリアのニットブランド。

キレイめのセーターをお探しなら、ここもぜひ候補に入れてください。サイズ感も日本人向けになっています。

Jamieson's(ジャミーソンズ、ジェミーソンズ)のフェアアイルセーター

Jamieson's(ジャミーソンズ)のシェットランドウールのセーター、カーディガン、ニットベスト

シェットランドシェトランドウールのセーターが得意なジャミーソンズジェミーソンズジャミーソンジェミーソンJamieson's of ShetlandJamiesons)は、1893年創業のイギリスはスコットランドのニットブランド。

ジャミーソンズは、なんといっても鮮やかなフェアアイル柄のセーターに定評があります。フェアアイルセーターを代表するブランドです。

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ)

Letroyes(ルトロワ)のウールセーター、ニットカーディガン

丸編みのシームレス(縫い目のない)なつくりのカットソーを得意としているルトロワLetroyesLe Troyes)は、2008年に誕生したフランスはシャンパーニュ地方製のニットブランド。

ニットベストも各種つくっています。おなじみの身体にフィットする美しいシルエット。ウール製のほか、コットンのニットベストもありますよ

Altea(アルテア)

Altea(アルテア)のマフラー、ストール、ネクタイ(タイ)

1892年まで歴史をさかのぼれるというアルテアAltea)は、1946年創業のイタリアはミラノのネクタイブランド。

ニット製品にも力を入れていまして、凝った素材のニットベストもありますよ。

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のセーター、カーディガン、ニットベスト

アメリカのカジュアルウェア通販の雄であるランズエンドLands' End)は、当然のことながらセーターも得意としています。

ニットベストは、スーピマコットン素材のものやカシミア素材のもの、それにシェットランドウール素材のものなどがありますよ。

アウターのベスト、オッドベスト(ウエストコート)

オッドベスト、ウエストコート(ジレ)を集めてみました ハンティングベスト、ワークベスト、アウトドアベスト(ヴェスト)を集めてみました

ベストといえばニット以外にも、ハンティングベスト)やワークベストのようなベストそれにドレッシーなオッドベストのようなウエストコートもあります

これはこれで、なかなか使い勝手の良いヤツです。近年は安定した人気があります。

他の記事も……

コットン(綿)のニットカーディガンを集めてみました ウール、カシミアのニットカーディガンを集めてみました

タグ / セーター: ベスト」をご覧いただくと、当ブログのニットベストに関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / セーター」をご覧になると、当ブログのセーターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2005年10月12日)商品を大幅に追加。
  • (2005年12月3日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年3月5日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年5月4日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年11月13日)2006年度秋冬最初の更新。
  • (2007年3月27日)2007年春夏最初の更新。
  • (2007年10月29日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2008年4月30日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年10月18日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年4月23日)2009年春夏最初の更新。
  • (2009年10月10日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年4月28日)2010年春夏最初の更新。
  • (2010年10月10日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年4月25日)2011年春夏最初の更新。
  • (2011年11月29日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年4月25日)2012年春夏最初の更新。
  • (2012年10月26日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年4月22日)2013年春夏最初の更新。
  • (2013年11月9日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年4月19日)2014年春夏最初の更新。
  • (2014年10月25日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年5月1日)2015年春夏最初の更新。
  • (2015年12月24日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2017年1月12日)2016年度秋冬最初の更新。
  • (2017年5月4日)2017年春夏最初の更新。
  • (2017年11月17日)2017年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント

  • 近藤 宣幸

    仕事の際、寒くなってきたので、ワイシャツの上に少し厚めのニットベストを着たいと思っています。
    去年同僚が、丸首タイプで前の部分だけ約3センチくらいのスリットが入った少し厚めのニットベストを着ていて、暖かそうだしかっこよかったので、自分も欲しいと思いいろいろな店を探しましたが全く見つかりません。ネットでもふつうのV字のものはあるのですが、私が求めているのはそれではないのです。
    同僚のニットベストは、ブランド名まで判りませんが、見た感じで高価そうなしっかりと編み込んであるニットベストでした。多少値段が高くても、一着欲しいと思っています。そういうニットベストを取り扱っていたら教えてください
    2011年10月29日 17:41
  • blackwatch

    近藤 宣幸さん、こんにちは。

    そういうニットベストは確かにたまに見るような気がするのですが、定番的につくっているところは思いつかないですねぇ。

    試みに「キーネック ニットベスト」で検索してみると、薄手っぽいですがいちおうそれっぽいものが少しはありました。「キーネック」以外のうまいキーワードがあればよいのですが。
    http://bit.ly/suYUAd

    改めてみるとネクタイとの相性も良さそうですので、もっとつくられてもよさそうに思いました。ボタンの付いたヘンリーネックのほうが多くつくられていそうな気がします。
    2011年10月30日 00:03

この記事へのトラックバック