2013年春夏パリのメンズコレクションの雑感

Thom Browne(トム・ブラウン)

先日までパリ2013年春夏メンズコレクションパリコレ)が行われていましたので、今日はその雑感を。

例によってモード素人の戯言なので、話半分でお読みください。どちらかというと、自分用のメモって感じの記事です。

Thom Browne(トム・ブラウン)

トム・ブラウンThom Browneといえば50年代(1950年代)から60年代(1960年代)風のいわゆるアイビー路線が主のはずなのですが、今季は80年代(1980年代)風のプレッピー路線といえます。明るいマドラスチェックやらクジラやらの柄を、これでもかというくらい使いまくり……。

こちらはビデオ。相変わらず演出は凝っていますね。トム・ブラウン御大はいつもの格好ですけど。

ちなみにoki-niさんのところでは、すでに今回のコレクションを予約できます。

Thom Browne(トム・ブラウン)
↑ クリックで商品一覧ページへ

Band of Outsiders(バンド・オブ・アウトサイダーズ)

Band of Outsiders(バンド・オブ・アウトサイダーズ)のボタンダウンシャツ

バンド・オブ・アウトサイダーズBand of Outsidersも、ニューヨークからパリコレに引っ越してきました。3日間連続という面白い発表の仕方が話題になっています。

ショート丈のブルゾンや、アーガイル風のパッチワーク(?)が気になりました。

明るい色遣い

ポール・スミス Gentleman Designer
Amazon.co.jp
アソシエイト

今季はとにかく「色遣い」が気になります。ポール・スミスPaul Smithは、特に後半のカラフルなスーツ群が印象的でした。あざといといえばあざといのかもしれませんが、魅力的なのは確か。

エルメスHermesもカラフルなコレクションでした。特に、このなんとも言えないブルー系の色遣いが好きだなぁ。ミラノの記事でも取り上げましたが、今季は特にブルーが注目されているようですね。

ついでにエルメスのこちらを。MA-1風のショート丈のブルゾンです。

クリス・ヴァン・アッシュがデザインするDior Hommeディオール・オムは、とにかくネイビー(紺色)を多用したコレクションでした。分かりやすい。

その他

スペリー・トップサイダーのデッキシューズ、キャンバススニーカー: Sperry Top-Sider Authentic Oxford

ジュンヤ・ワタナベJunya Watanabe渡辺淳弥の今季は、デッキシューズみたいなスニーカーが気になりました。拡大写真が見たいですね。ジュンヤに限らず、今季はキャンバススニーカーが多く使われていたような気がします。

ドリス・ヴァン・ノッテンDries Van Notenの今季は、とにかく迷彩(カモフラージュ)柄。私もトートバッグを買ってしまったくらい、迷彩柄は近年気になります。

コム・デ・ギャルソンComme des Garconsの今季は、春夏なのにロングコートばかりのコレクションでした。

あとがき

とにかく今季は、「色」ですね。個人的にはこういう傾向は嫌いじゃないですよ。

Birkenstock(ビルケンシュトック)の記事を更新しました

Birkenstock Papillio Orlando

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

ガシガシ歩ける機能的なサンダルといえば、ここが代表格でしょう。モデル数も色展開も豊富です。セールになっているものも多いですよ。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック