「25周年」雑誌Begin(ビギン)の2012年11月号を読む

Whitehouse Cox(ホワイトハウス・コックス)のブライドルレザーの財布、メッシュベルト、鞄

今日は、雑誌Beginビギン2012年11月号を読んでみます。たまに取り上げるBegin。

25周年

Beginは25周年を迎えたのだそう。なんだかんだで長く人気を保ち続けていますね。というわけで、今月号はそれを記念した特集号になっています。相変わらず情報量が多め。

ちょっと面白かったのが「うろ覚えクロニクル」という記事。この25年で流行ったものをまとめています。1993年の「オアシス小僧」(エビアンを首からぶら下げた人)とか懐かしいですね。オアシス小僧は、アメカジが人気のいまなら復活してもおかしくないような(ラテン服やモード服には似合わない)。

Thom Browne(トム・ブラウン)

今号の注目は、いであつし氏と綿谷寛画伯による「ナウのれん NYCに行く」でしょう。このお二人がニューヨークに取材しています。本場でもアメトラは流行っているのかを確認に。

まず、ニューヨークのお洒落な人は「下半身ピチピチ」のスリムフィットのジーンズやチノパンをロールアップしている人が多いのだそうな。どのくらい「ピチピチ」なのか気になりますね。

また、トム・ブラウンThom Browne本店に行って、店員さんのパンツ丈などを測定させてもらっています。パンツは地面から9cmの長さの丈で、ダブルの幅は6cmだったそう。これを当記事では「9対6の黄金比」と呼んでいますが、身長次第で多少は違うのかも。

Take Ivy(テイク・アイビー)の日本語の復刻版が出ました!

そして、あの名著『Take Ivyテイク・アイビー』に多く登場する本物のアイビーリーグのひとつであるプリンストン大学にも取材しています。まずは大学の雰囲気が良く、それなりにお洒落な人もいたのだそうな。

この記事は今号が前編でして、後編は来月。それにしても、この取材が昨年の冬に行われたようなのが気になりました。ちょっと記事になるのが遅いなと。いろいろ都合があったのだとは思いますが。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック