「アメトラ」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2012年12月号を読む

紺ブレ(ブレザー)、ネイビージャケットを集めてみました

今日は、雑誌Men's EXメンズ・イーエックス2012年12月号を読んでみます。

アメトラ いまどき着こなし術

今月の大特集は、「アメトラ いまどき着こなし術」。なんとも直球勝負なアメトラアメリカン・トラッドの特集です。Men's EXでは珍しいような。

冒頭にはこんな記述が。

毎日なに気なく着ているネイビーJK&グレーパンツという王道スタイル。実はこの着こなし、アメトラに端を発していることをご存知だろうか? 1970年代のアメリカにて、紺ブレ×チャコールグレーのパンツがスーツ以外のビジネスウェアとして初提案され、日本に入ってきたのが始まりだ。

言われてみるとそんな気もするし、60年代にもあったような気もするし、イギリスはどうだったっけという気もします。こちらはジェームズ・ボンドの紺ブレ姿。アメリカ人っぽく見えます。たぶん60年代。

グレーパンツに合わせる前は、ホワイトフランネルもしくはホワイトリネンあたりのパンツを合わせていたのかな。

アメトラといっても、昔のままだとコスプレっぽくなってしまいがち。意図してコスプレっぽくしたいのならいいのですけど。というわけで今号では、イマドキのアメトラの着こなし方として以下のものを挙げています(抜粋しました)。

効かせるチェック

シャツは白無地ではなく、チェック柄を推しています。細かなチェックならビジネス、大きなチェックならカジュアル。

英国的色ニット

ケーブル編みやシェットランドウール製のカラフルなセーター。

欧州タッセル&色ソックス

ペニーローファーだと学生っぽくなる点は否めません。で、タッセルローファー。とかいいつつ、私はペニーローファーも愛用していますけど。それはともかく、ヨーロッパブランドのものでなくてもよいとは思いますが。

ソックスもセーターと同じような考え方で、要は差し色です。

パンツ選び
Incotex(インコテックス)のウールパンツ、コットンパンツ(スラックス)

パンツのシルエットは、着こなしの方向性を示す要点です。アメトラといえども、インコテックスIncotexのようなイタリアブランドのパンツでぜんぜん問題ないですよ。当ブログでも昔から継続して紹介しています。

ポロコート

近年はチェスターフィールドコートが盛り上がっていますが、その中でも特にアメトラらしいといえるのがポロコート。イギリスで生まれアメリカで発展したコートだそうな。

というわけで、特にアメトラ特集でなくても挙がりそうな項目ばかりだと思いました。つまり、いまの流行はアメトラとの親和性が強いといえそうです。

シャツについて、2000年代は白シャツばかりがもてはやされましたが、これからは無地シャツも色付きのものの人気が高くなると思われます。ビジネスにおいても。90年代(1990年代)がそういう時代でした。

そのほか、今号ではラルフ・ローレンRalph Laurenが大きく取り上げられています。

……今月はこのくらいかな。また来月~♪ 私はデジタル版(電子版)を愛読しております。

Sage de Cret(サージュデクレ、サージュ・デクレ、サージュ・デ・クレ)のチェスターフィールドコート

Sage de Cret(サージュデクレ、サージュ・デクレ、サージュ・デ・クレ)

サージュクレサージュ・デクレサージュ・デ・クレは、「ワーク、ミリタリー、トラディショナルこそメンズウエアのベースであると主張」する千田仁寿氏のデザインするカジュアルウェアブランド。

こちらは、モヘアモヘヤを入れて生地にハリとコシを持たせたウール混紡地のチェスターフィールドコート。ネップが出た独特の表情のあるヘリンボーン織りも魅力です。

着丈は短めで、ビジネス用というよりはカジュアルに着倒したいコートといえます。

Sage de Cret Wool Nylon Mohair Herringbone Twill Chesterfield Coat SDC-9224: Grey
Wool Nylon Mohair Herringbone Twill Chesterfield Coat: Grey
Sage de Cret Wool Nylon Mohair Herringbone Twill Chesterfield Coat SDC-9224: Grey
Wool Nylon Mohair Herringbone Twill Chesterfield Coat: Grey
↑ クリックで商品一覧ページへ

フリークスストアFreak's Store)さんのところでは、以下のセールを開催中です。上のコートも10%OFFですよ。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ) Lardini(ラルディーニ)のジャケット、ブレザー

なお、チェスターフィールドコート(チェスターコート)を集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • NowhereMan

    こんにちは。
    ファッションのスタイルについて疑問があります。
    アメトラやらブリトラ、アメカジなど自分が知らないファッションスタイルは他にもまだたくさんあると思いますが(今、挙げた三つのスタイルもいまいち理解していません。)、私はファッションのスタイルを見るたびに疑問に思うことがあります。
    それは、アメリカンな装いなのにヨーロピアンなアイテムをコーディネートに取り入れて良いのかということです(逆にヨーロピアンな装いなのにアメリカンなアイテムを取り入れる場合や、はたまた違う組み合わせ方も考えられます)。
    たとえば、アメカジなのに靴がクラークスのデザートブーツっておかしいですよね?
    そもそもそういうコーディネートをしてしまう時点でファッションを語ることは憚られるのでしょうか?
    かといってもウェスタンシャツを着るからといってウェスタンブーツを履いてしまうと、もはやコスプレですよね。
    そういった物をうまく取り入れていくのがファッションということでしょうか?
    もとをただせば、ファッションのそれぞれのアイテムの発祥をたどるとコーディネートとか言ってられないくらいにがっちがちに括られてしまいますよね…
    冬場に着る防寒着はほとんどといってもともとは軍服なので、軍服を基準にコーディネートをするとなると軍隊になりますよね。
    もはや、コーディネートじゃないですね…それこそコスプレですね。
    ファッションスタイルのすみわけはどのように区別されているのでしょうか?
    それこそ、このBLOGの記事を読めと言われればおしまいですが…
    よろしくお願いします。
    2012年11月12日 11:18
  • blackwatch

    NowhereManさん、こんにちは。

    適当な雑誌(例えば2ndとか)を見てみてください。アメリカとヨーロッパのブランドを混ぜた着こなしなんていくらでもありますから。ちなみに、アメカジにClarksの靴を合わせることも普通によくあります。

    じゃあなんでも混ぜていいのかというと、そういうわけでもないのです。どういうものを混ぜていいのかダメなのかは、残念ながらはっきりした(普遍的な)法則は思いつかないですねぇ。

    それに、どういうものを混ぜていいのかダメなのかは、有識者でも人によって意見が分かれるはずです。絶対の法則はありません。このへんは、音楽や料理とかでも同様のことがいえるでしょう。

    結局、知識と経験、それと少しのセンスじゃないでしょうか。陳腐な結論になってしまいますが。とりあえずは、雑誌などに掲載されている気に入った着こなしを真似るだけでも形になるはずです。
    2012年11月13日 00:06
  • NowhereMan

    こんにちは、返信を下さりありがとうございます。

    個人的には、絶対の法則がない所がファッションに限らず、音楽や料理も厄介な所だなと思っています。
    故に”知識と経験”には納得しました。
    それから、絶対の法則がないのであれば、自分の中で基準を設けるのも良いのかなとも思いました。

    ありがとうございました。
    2012年11月14日 16:37
  • blackwatch

    NowhereManさん、こんにちは。

    付け加えるなら、いまの流行を理解することでしょうか。あえて流行を無視するのもアリなのですが、無視するにしてもできれば空気を理解しておきたいところ。
    2012年11月15日 00:03

この記事へのトラックバック