ダナー(Danner)の靴、トレッキングブーツ、ダナーライト、マウンテンライト

Danner(ダナー)

今日は、ダナーDanner革靴シューズ)、マウンテンブーツトレッキングブーツハイキングブーツクライミングブーツを取り上げます。《最終更新日: 2014年9月24日》

Danner(ダナー)

ダナーは、1932年創業のアメリカはオレゴン州ポートランドのアウトドアシューズ、ワークシューズのブランド。

ダナーが最初に作った靴は森林伐採用の靴だそうですが、その後以下のように画期的な靴を生み出してきました。

ダナーの靴の製法・仕様

クレッターリフトソール(Kletterlift outsole)

ダナーの靴の多くは、ダナー式ステッチダウン製法でつくられています。ダナーの専門店などに持っていけば靴底ソール)の交換が可能で、末永く愛用できます。

また、靴底の種類もいろいろありますが、一番多く使われているのがビブラム社のクレッターリフトソールKletterlift outsole)です。

アメリカのAmazon.comなら、width足囲ウィズワイズ)を選べます。Danner Light IIあたりならB、D、2Eといったところ。

Danner Light(ダナーライト)

ダナーライトは、ダナーの代表作と言えるでしょう。フルグレイン防水レザーと1000デニールのコーデュラナイロンをアッパーに、優れた透湿防水性を誇るゴアテックスをライナーに使用した、機能的なブーツです。

日本では、新作のダナーライトIIIDanner Light 3)が出ました。ダナーライトIIで狭くなったナイロン部分が元に戻り、その代わり爪先が補強されたのが主な変更点。まあ雰囲気はあまり変わってないです。

Danner Light III: 33234 Brown / Khaki
33234 Brown / Khaki
Danner Light III: 33234 Brown / Khaki
33234 Brown / Khaki
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Mountain Light(マウンテンライト)

マウンテンライトMountain Light)も、ダナーライトと並ぶダナーの代表作。甲革がすべてレザーで、丸く可愛らしい雰囲気なのが特徴。ライナーには、もちろんゴアテックスを使用しています。

Mountain Light: 31522 Brown
31522 Brown
Mountain Light: 31520 Black
31520 Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

復刻ワークシューズ、ワークブーツ、Danner Classics(ダナー・クラシックス)

ワークブーツを集めてみました

戦前のダナー創業当時の、ワークシューズワークブーツが復刻されました。名付けて、ダナー・クラシックスDanner Classics)。アメカジファン、ミリタリーファンなら垂涎の仕上がりになっております。

それぞれ、マナワManawa)はプレーントウ、アンティゴAntigo)はチャッカブーツ、オカントOcont)は編み上げブーツレースアップブーツ)、ウエスト・サムWest Thumb)はサイドゴアブーツです。

クラシックなラウンドトウと、靴底の薄いビブラムソール(タイガムソール)がいいですねぇ。

Manawa 1856
Manawa 1856
Antigo 1806
Antigo 1806
Ocont 1803
Ocont 1803
West Thumb 1811
West Thumb 1811
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Postman Shoes(ポストマンシューズ)

ポストマンシューズ(靴)、ブーツを集めてみました

ダナーの靴の中でも特にアメトラ(アメリカン・トラッド)派が注目したいのが、ポストマンシューズPostman Shoes。名前の通り、郵便配達員が履いていた靴が由来とのこと。デザインは、いわゆるプレーントウプレーントゥ)ですね

ポストマンブーツPostman Boots)は、チャッカブーツチャッカーブーツ)版です

ダンキャットソールという、アメリカの医療機関などで使用されている滑りにくい靴底を使用しています。堅牢なグッドイヤーウェルト製法。ブラックは、ビジネススーツに合わせてもよさそうな端正な雰囲気。一方のレッドブラウンは、打って変わって完全にカジュアルな雰囲気です。

Postman Shoes 4300: Black
Postman Shoes 4300: Black
Postman Shoes 4300: Dark Brown
Dark Brown
Postman Shoes 4300: Red Brown
Red Brown
Postman Boots 4302: Dark Brown
Postman Boots 4302: Dark Brown
Postman Boots 4302: Black
Black
Postman Boots 4302: Red Brown
Red Brown
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

モカシン靴

キャンプモカシン(キャンプモック)を集めてみました

川で履くキャンプモカシンキャンプモック)も、ダナーの得意な靴です。

ウォーキングシューズWalking Shoes)は、定番的につくられているモカシンシューズ。ハイキングモカシンと呼んでもいいのかな。さすがに雰囲気ありますね。マッケイ系の製法でつくられています。

Walking Shoes 6900: Super Brown
Super Brown
Walking Shoes 6900: Super Brown
Super Brown
Walking Shoes 6900: Ceder Rainbow
Ceder Rainbow
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ダンキャット・モカシンDancat Moccasin)の靴底は、名前のとおり「ダンキャットソール」です。上のポストマンと同じ。また、この手のモカシン靴には珍しいグッドイヤーウェルト製法でつくられていることにも注目してください。

Dancat Moccasin 4301: Brown
Brown
Dancat Moccasin 4301: Brown
Brown
Dancat Moccasin 4301: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

私のダナーです

私のダナー

これが私のダナーです。オークションで落としたものなのでモデル名は分からないのですが、ダナーライトII系なのは確か。

シボの入った革が最大の特徴です。現行では(日本にもアメリカにも)同じモデルはなさそうですが、この革いいですよ。この革が気に入って、中古なのをガマンして落としました。

サイズにも特徴がありまして、日本のダナーはほとんどが足囲(ウィズ、ワイズ、width)が “2E” なんですが、これは “B” です。日本でも足幅の種類をそろえてほしいなぁ。

履き心地ですが、足を包み込む感じはスニーカーに近いですね。とにかく、これで豪雨でも豪雪でも安心(?)。

その他

その他のダナーの靴は、こちら。

グレゴリー(Gregory)のショルダーバッグ、リュック: ナチュラム(Naturum)

また、ダナーはナチュラムNaturumさんのところにも充実しています。ちょっと商品を探しづらいですけど(汗)、画面左上などにある商品検索欄にて「ダナー」「マウンテンライト」などで検索してみてください。

他の記事も……

Merrell(メレル)の靴、ブーツ、スニーカー、サンダル

マウンテンブーツを集めた記事がありますので、まずはそちらをご覧ください。その他、各種ブーツやプレーントウ、キャンプモカシン等を集めた記事もあります。

カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

Paraboot(パラブーツ)のUチップシューズ、ブーツ、デッキシューズ

なお、もし今日の記事の商品などがうまく表示されないようでしたら、「快適にご覧いただくために……」の記事の内容を確認してみてくださいねノートン先生が何かしているかも……。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2005年6月13日)商品を大幅追加。記述もかなり追加。
  • (2005年7月17日)商品の写真等の変更。
  • (2005年8月11日)商品を追加。
  • (2005年9月8日)商品を追加、入れ替え。
  • (2005年11月10日)主にアウトドア系のブーツを追加。
  • (2005年11月19日)リンク先をちょっと修正。
  • (2006年1月7日)商品と「私のダナー」を追加。
  • (2006年3月14日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年7月1日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年1月21日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年6月21日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年11月3日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年10月29日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年9月11日)商品を追加、入れ替え。
  • (2014年9月24日)2014年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント

  • サガ

    この前気が付いたのですが
    貴殿のダナーですが今ダナーオンリーショップで半額でセールされている
    アケーディアじゃない8インチでグロースというモデルとレザー似ていますね。

    アケーディアが好きでポチっとしかけましたがソールがダナーオリジナルの
    ツボ押し?(のような)不気味なソールでしたので修理もできなさそうだっただけに
    購入は止めましたがダナー(日本国内流通モデル)でスタンプレザーは
    本当に無いですよね。海外だと見ますが・・・

    最近のダナーは米軍のイラク派兵で海外流通モデル制限したり
    アケーディア系統を減らしたり限定も今風?のカジュアル寄り重視に
    なったり見ないうちにチョコチョコ変わってきていますね。
    まあアメリカ製を意地で維持しているので粗悪な造りにはならないのは
    嬉しいですが。
    2007年02月20日 15:27
  • blackwatch

    サガさん、こんにちは。

    見てみましたけど、グロースとはだいぶ違うなぁ(笑)。ナイロン部分が、もっと黒っぽいですし。私のは、基本的にはダナーライトIIなんだと思います。

    それにしても、アメリカと日本のダナーは随分展開モデルが違いますよね。日本のもののほうが圧倒的にお洒落っぽいですが、実用的なのはアメリカのものが多いです。
    2007年02月21日 00:04
  • サガ

    ナイロンはブラウンですけどレザーが似ているなー(珍しいなー)と思いまして。
    今はヌバック増えましたが型押しは今時?珍しくないんですよね。
    本当に展開モデルが違いますよね。日本側が古い資料を探して本国に復刻を要求しているせいでしょうかね?
    2007年02月21日 01:20
  • blackwatch

    サガさん、こんにちは。
    あ、レザー部分のみのことなんですね。

    写真を見る限り、私の持っているダナーのほうがシボが深いように見えます。色も濃いです。ただ、グロースの写真写りが悪い(?)だけかもしれません。

    型押しレザーは傷や汚れが目立ちにくいので、私は好きです。財布も型押し使っていますし。

    日本のダナーは、日本でしか手に入らないのかな? ふと思いましたが、ヨーロッパでダナーは売っているのでしょうか?(人気あるのかな?)
    2007年02月22日 00:05
  • サガ

    国外で確実な情報は私も手に入れてませんが
    ダナー自体は大体何処の国でもナイキみたいに売っている所は見たり聞いたりしますよ。
    ファッションに使われているというのはあんまり聞きませんが。

    ただやはり日本のラインナップのみが世界から孤立している状態に思えます。
    特に海外でダナーライトは見ないような気が・・・
    ダナーライト2が既にあるので少なからずとも2よりも劣るダナーライトの
    必要性が無いのと効率化でしょうか。殆どのモデルがナイロンサイド部に
    レザーを増やした日本で言うダナーライト2タイプかアケーディアタイプ
    が殆どに思えます。あとそれ以外は確かに実用的本位と言うか見るからに
    耐久度バツグンそうなパターンしてますよね。

    ダナーで長々とお付き合いくださって有難うございました(^^;)
    2007年02月22日 13:26
  • blackwatch

    サガさん、こんにちは。

    軟派な日本と硬派なアメリカ。どっちの製品群が魅力かというと、私にとっては日本ですねぇ(汗)。バリバリの本格志向の人にとっては、当然アメリカなのでしょうけど。
    2007年02月23日 00:04
  • アイビーボーイ

    いつも楽しく拝見しております。
    ダナー、フェザーライトの購入を考えているのですが、ダナーライトなどと比べてコーディネートの幅が限られるように思うのですがいかがですか?
    アメトラ的な提案も含めアドバイス頂けると嬉しいです。
    2013年05月01日 13:58
  • blackwatch

    アイビーボーイさん、こんにちは。

    フェザーライトとダナーライトは、着こなしという意味では特に大きな違いはないのでは。どちらもレザーとナイロンのコンビ仕様ですし、同系統の色遣いのものならほぼ取り替え可能だと考えます。そんなに雰囲気が違うでしょうか?

    この手のマウンテンブーツは(50年代から60年代にかけての)伝統的なアメトラアイテムとはいえないと思いますので、70年代のヘヴィーデューティーや80年代のプレッピーの感覚を取り入れて着こなす必要があるでしょう。
    2013年05月02日 00:04
  • アイビーボーイ

    ご返答ありがとうございます。
    やはり年代別で使い分けるのがイージーですよね。
    参考になりました!
    フェザーライト購入のうえ、上手く遊んでみたいと思います。
    これからも楽しい記事期待しています。
    2013年05月02日 17:58
  • blackwatch

    アイビーボーイさん、こんにちは。

    アメトラとひと言にいってもかなり着こなしの幅が広いので、なかなか着こなしのアドバイスも難しかったりします。人によってはアメリカ西海岸っぽい格好もアメトラと呼んだりしますし。

    それはともかく、着こなしを頑張ってみてください。
    2013年05月03日 00:11
  • nayotake

    クロケット&ジョーンズの7Hを所有していて、
    先日ダナーライトの7Hを試し履きしたのですが、
    大きい足のほうだけがやや窮屈に感じられ、
    小指の上あたりが赤くなりそうで少し気になりました。

    サイズ選びに関して、ドレスブーツとアウトドアブーツは同じサイズを
    選んでも間違いはないのでしょうか?
    また、英国(ヨーロッパ)靴とアメリカ靴に関しても同じサイズ選びでも良いのでしょうか?

    2014年02月13日 03:25
  • blackwatch

    nayotakeさん、こんにちは。

    同じアメリカ靴でもブランドによって合うサイズは変わりますし、同じブランドでも木型(ラスト)によって合うサイズは変わりますし、さらに同じ木型でもwidth(足囲)によって合うサイズは変わります。

    また、これはとても重要なことなのですが、イギリス靴とアメリカ靴ではサイズの考え方が異なります。だいたい0.5くらいずれています。widthの考え方も異なります。
    http://allabout.co.jp/gm/gc/196776/
    http://blackwatch.seesaa.net/article/4451329.html

    ちなみに、Crockett & Jonesにも木型がいろいろありますし、widthも複数用意されています。日本で扱っているDannerはたいていwidthが緩めです。

    というわけでして、仮にCrockett & JonesとDannerで合う靴のサイズが同じだったとしても、それは単なる「偶然」だと思います。靴のサイズはベテランでも悩むものでして、そう単純なものではないのです。

    とはいえある程度の予想はできまして、イギリス靴でサイズが7.5ならアメリカ靴は8の可能性が高いのでしょう。ただ、日本のDannerはwidthが緩いので、7.5でもそこそこ足が入ったのではないかと想像します。Danner Lightは履き馴らしてもあまり伸びないような気がしますので、痛いサイズはやめたほうがよいと考えます。
    2014年02月14日 00:10
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3035480
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック