2012年のファッション雑誌、ムック、本を振り返る

『ザ・コートスタイル』は貴重な写真満載で楽しめます

すっかりもう2013年ですが、今日は2012年に当ブログでご紹介したファッション雑誌ムックのうち、印象に残ったものを軽く取り上げてみます。基本的に古いものから順で。

『ザ・コートスタイル』は貴重な写真満載で楽しめます

各種コートについてまとめたmonoマガジンのムック。このムックの良いところは比較的小さめで薄いこと。場所を取らないのが良いですね。で、この表紙ならもう買うしかないでしょう。

「ヴィンテージ」雑誌Lightning(ライトニング)2012年3月号を読む

「ヴィンテージの基礎知識Q&A」という大特集が面白い。私はいまはもうヴィンテージ系の古着は着なくなりましたが、この手の知識は何かと役に立ちそうな気がします。

「ラギッドトラッド」雑誌Free & Easy(フリー・アンド・イージー)2012年4月号を読む

意外にこのブログではあまり取り上げませんけど、一番当ブログの読者向きの雑誌はFree & Easyだと思いますよ。というか、大人向けのアメトラ雑誌はこれしかないのです。

「プレッピー」雑誌Brutus(ブルータス)2012年4/1号(No.728)を読む

昨年の夏はプレッピーブームのピークだったかも。Brutusが当世風のプレッピーを提案してくれました。

学研『Fashion Text Series』の『The Suit Master』 学研『Fashion Text Series』の『The Suit Master』

学研の新しいムック。アイビー坊やが表紙ならやっぱり気になりますね。このシリーズの続編は出るのかしら?

「スポーツプレップ」雑誌Popeye(ポパイ)2012年5月号を読む

Popeyeもプレッピーを取り上げました。やはり当世風のプレッピーを提案していて、健康的な内容です。

「クールビズ」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2012年6月号を読む

編集長は交代した影響か、良くも悪くも「現実的」なクール・ビズを提案しています。ただ現実的なぶん、あまり格好良くはないような。

mono(モノ)スペシャル Workwear(ワークウェア)No.7のパンツ特集

相変わらず分厚くてマニアックなmonoマガジンのムック。パンツについての菊池武夫氏のインタビューが面白かったです。パンツのシルエットはすこぶる大事なのですよ。パンツ次第で着こなしが新しくも古臭くもなります。

『ヴィンテージ・スタイル(Vintage Style)』は映画などの着こなしを学べるムック 『ヴィンテージ・スタイル(Vintage Style)』は映画などの着こなしを学べるムック
『ヴィンテージ・スタイル(Vintage Style)』のVol. 2が出ました

有名な映画の登場人物や、ロックスター、その他有名人の着こなしを研究しているムックで、mono系列らしくマニアックな内容です。ファッション好きの映画ファンなら間違いなく楽しめると思いますよ。Vol. 2はちょっと不思議な内容でしたけど。

男子専科のイラストを集めた『50s&60sメンズ・ファッション・スタイル』

日本初の男性ファッション雑誌である男子専科に1950年代から1960年代にかけて掲載されたイラストを集めた本、だと思います。ちょっと視点を変えてファッションを考えたい人にオススメ。温故知新であります。

「オールデン対ニューバランス」雑誌Begin(ビギン)の2012年10月号を読む

いまの人気靴の二大巨頭はこれらでしょう。Beginですからウンチク満載で、陳腐な内容ではありません。

「25周年」雑誌Begin(ビギン)の2012年11月号を読む

25周年記念特別号で、いであつし氏と綿谷寛画伯による「ナウのれん NYCに行く」が面白い。来月号に続きがあります。

『靴を読む 本格靴をめぐる36のトリビア』を読む

Beginの創刊以来20年以上靴特集を担当されていた人が執筆した本。Beginのあの調子で気軽にいろいろな靴ブランドのウンチクが学べます。電車通勤(通学)時のお供に向いていそうな本だなと。

『True Prep』(『オフィシャル・プレッピー・ハンドブック』続編)の日本語版が出ました! 『True Prep』(『オフィシャル・プレッピー・ハンドブック』続編)の日本語版が出ました!

記事ではちょっと辛口に書いたような気もしますが、プレッピーファッション好きの人ならやっぱり読んでおいたほうがよいと思いますよ。プレッピーの生態(?)が分かる本です。

2012年の男性ファッション雑誌の一番大きなニュースは、Popeyeのリニューアルだと思います。「シティボーイ」は一部(?)で流行語になっているような。フレンチがちょっと入ったアメトラみたいな雰囲気が良いなと。

すでにアラフォーの私が真剣に読むのは年齢的にシンドい内容ですけど、私が学生だったら大喜びして読んでいただろうと想像します。

さて、近年は雑誌にとって難しい時代ですが、今年の雑誌はどうなるでしょうか。個人的には、電子雑誌がもっと広まってほしいなぁ(分厚いFree & Easyあたりは特に)。

ニットタイの記事を更新しました

Tie Your Tie Wool Horizontal Stripe Knit Tie

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

今日から仕事始めの人も多いことだろうと思います。ネクタイをきちんと締めて正月気分を吹き飛ばしましょう。ニットタイならカジュアルスタイルにも合わせやすいですよ。いまの時季なら特にウールが気分。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック