2013年01月24日

ワークブーツ、ワークシューズを集めてみました

work boot(ワークブーツ)

今日は、ワークブーツワークシューズなどの革靴)を取り上げます。

ワークシューズとは、ワークブーツとは

ワークシューズとは、労働者が作業用に履く丈夫な靴のこと。ワークシューズのブーツ版がワークブーツです。ちなみに雑誌Free & Easyフリー&イージーでは、短靴のワークシューズをブーティーオックスフォードと呼んでいますね。

ワークシューズの辞書的な定義は簡単なのですが、ファッション的な定義はちょっと難しいと感じています。何がワークシューズで何がワークシューズでないか……。作業(仕事)といってもいろいろありますので、意味を広く取れば多くの靴がワークシューズの範疇に入ってしまいます。

それはともかくとして、以下に主なワークシューズをご紹介。

モックトウ(Uチップ)、プレーントウ

典型的なワークシューズといえば、モックトウUチップ)型かプレーントウ型でしょう。ブーツの丈の長さはいろいろあります。

エンジニアブーツ
レッドウィングの靴、ワークブーツ、デッキシューズ: Red Wing Engineer Boot: 2268 Black Chrome

ワークブーツ(労働者用ブーツ)の一種で、工場労働者向けのブーツ。靴ヒモが機械に巻き込まれないよう、靴ヒモではなくバックルとストラップで調節します。

着こなしとしては、ライダースジャケットのようなバイカースタイルに合わせることが多いですね。

ペコスブーツ(ローパーブーツ)
レッドウィングの靴、ワークブーツ、デッキシューズ: Red Wing Pecos Boot: 8156 Hawthorne Abilene Roughout

農作業用のワークブーツで、靴ひもがなく長靴みたいなブーツです。「ペコスブーツ」はレッドウイング(Red Wing)の商品名でして、一般的にはローパーブーツと呼んだほうがよいのかも。

地味なウエスタンブーツといった雰囲気のブーツといえるかな。

ラインマンブーツ
レッドウィングの靴、ワークブーツ、デッキシューズ: Red Wing Lineman Boot: 2907 Oro Russet Portage

電線敷設工事用のワークブーツで、危険な高所においてフィット感を高めるために爪先まで靴ヒモの鳩目があります。結果、スニーカーみたいな見た目になったのが親しみやすいのか、アメカジスタイルにおいても人気のブーツです。

モンキーブーツと呼ばれるブーツも、これと近い位置付けなのでは。

お手入れ方法など

Kiwi Mink Oil

ワークシューズ関連のお手入れ方法などは、これらの記事が参考になりそうです。

ところで、丈の長いブーツを手際良く編み上げるコツや、ブーツ用の靴べらがあるんだそうな。

Thorogood(ソログッド)

ソログッドThorogood)は、1892年創業のアメリカはウィスコンシン州のウェインブレナー・シュー・カンパニーWeinbrenner Shoe Company社の一ブランド。甲革のトリプルステッチの入り方に個性を感じます。グッドイヤーウェルト製法でアメリカ製。

ワークブーツは各種そろっていますが、特に個性的と思うのがRooferルーファー)。屋根ふき職人用の靴で、高所用ということで爪先まで靴ヒモの鳩目があります。リベット遣いにも注目してください。

Thorogood Roofer: 633-1
Roofer: 633-1
Thorogood Lace-To-Toe Roofer: 814-4233
Lace-To-Toe Roofer: 814-4233
Thorogood 6 in Moc Toe Non-Safety: 814-6201
6 in Moc Toe Non-Safety: 814-6201
Thorogood 6 in Plain Toe Non-Safety: 814-4355
6 in Plain Toe Non-Safety: 814-4355
Thorogood 8 in Moc Toe Safety Toe: 804-4208
8 in Moc Toe Safety Toe: 804-4208
Thorogood 8 in Plain Toe Safety Toe: 804-4379
8 in Plain Toe Safety Toe: 804-4379
↑ クリックで商品一覧ページへ

そのほかのワークブーツはUチップ(モックトウ)型とプレーントウ型があり、丈も6インチと8インチがあります。丈が長い8インチはスチールトウ仕様(爪先に鉄板入り)の安全靴。靴底(ソール)の仕様も2種類くらいあります。

アメリカのAmazon.comなら、一部の靴でwidth足囲ウィズワイズ)を選べます。

Siete Leguas(シエテ・レグアス)

Siete Leguas(シエテ・レグアス)

シエテ・レグアスSiete Leguasは、1955年創業のメキシコの靴ブランド。メキシコは関税率が低いので、つくりのわりにはお値段は控えめ。実はメキシコの靴は狙い目なのですよ。堅牢なグッドイヤーウェルト製法でつくられています。

まず気になったのは、オールデンAlden風にクレープソールの爪先にレザーをあしらった仕様のレースアップブーツ。これは着こなしの幅が広そうなブーツだと思いますよ。プレーントウ型とUチップ型があります。

Siete Leguas 6223
6223
Siete Leguas 6222
6222
Siete Leguas 5100
5100
Siete Leguas 5110
5110
↑ クリックで商品一覧ページへ

そのほか、ホワイツ・ブーツWhite's Bootsのような雰囲気のワークブーツがこの値段なのはうれしいですね。

Pistolero(ピストレロ)

ピストレロPistolero)は、1993年創業のメキシコはレオンの靴ブランド。ウエスタンブーツが特に有名なブランドのようです。グッドイヤーウェルト製法でつくられています。

ワークブーツはひととおりそろっていまして、特にオールデンのIndy Boot(インディー・ブーツ)ような端正なレースアップブーツが気になりました。短靴のブーティーオックスフォードも各種ありますよ。

Pistolero 6 in Moc Toe Lace Up 110
6 in Moc Toe Lace Up 110
Pistolero 6 in Cap Toe Lace Up 109
6 in Cap Toe Lace Up 109
Pistolero 6 in Plain Toe Lace Up 108
6 in Plain Toe Lace Up 108
Pistolero Oxford Moc Toe 113
Oxford Moc Toe 113
Pistolero Oxford Plain Toe 111
Oxford Plain Toe 111
Pistolero 11 in Engineer 100
11 in Engineer 100
↑ クリックで商品一覧ページへ

Aigle(エーグル)のRubber Saint Germain(ラバー・サン・ジェルマン)

Aigle(エーグル)

エーグルAigleは、1853年創業のフランスのアウトドアウェアブランド。アメリカのアウトドアウェアとはひと味違う、フランスらしい上品さとお洒落な色遣いが魅力です。靴もつくっています。

Rubber Saint Germainラバー・サン・ジェルマン)は、1930年代の靴を再解釈した靴なのだそう。コットンキャンバス地にゴツいラグソールを装備していて、同じフランスのパラディウム(Palladium)の靴を思い起こさせます。ワークシューズとスニーカーの中間のような靴といえます。ハイカットとローカットがあり。

Aigle Rubber Saint Germain 8509-63900: White
Rubber Saint Germain: White
Aigle Rubber Saint Germain 8509-63900: Marine
Marine
Aigle Rubber Saint Germain 8509-63900: Marine
Marine
Aigle Rubber Saint Germain Low 8509-63901: Marine
Rubber Saint Germain Low: Marine
Aigle Rubber Saint Germain Low 8509-63901: White
White
Aigle Rubber Saint Germain Low 8509-63901: White
White
↑ クリックで商品一覧ページへ

Toys McCoy(トイズ・マッコイ、トイズマッコイ)

Toys McCoy(トイズ・マッコイ、トイズマッコイ)

ザ・リアル・マッコイズザ・リアル・マッコイThe Real McCoy'sといえばミリタリーウェアやワークウェアを得意とする国内ブランドですが、そこから独立したブランドがトイズ・マッコイトイズマッコイToys McCoy。よりこだわり派のブランドといえるかな。

大脱走

こちらは、映画『大脱走』の中でスティーブ・マックィーンが履いていたブーツを再現したというモデル。古風な靴底とスエードスウェードの味のある色合いが魅力的。木型の形も独特で、履きやすそうです。

アメリカ陸軍のサービスシューズType IIIを基にデザインされています。

Toys McCoy Service Shoes Type III McQueen Model: TMA1122
TMA1122
Toys McCoy Service Shoes Type III McQueen Model: TMA1122
TMA1122
↑ クリックで商品一覧ページへ

White's Boots(Whites、ホワイツ・ブーツ)

ホワイツ・ブーツのワークブーツ、セミドレスとスモークジャンパー: White's Boots Smoke Jumper 350

ワークブーツの最高峰ブランドといえるホワイツ・ブーツWhite's BootsWhites)は、南北戦争(1861年-1865年)以前に創業したというアメリカの老舗ワークシューズブランド。

やはりハードな雰囲気の靴が多いですが、Semi-Dressセミドレス)やSmoke Jumperスモーク・ジャンパー)なら街履きにも対応します。そのへんのワークブーツとは、見た目のオーラが違うなぁ。

Wolverine(ウルヴァリン、ウルバリン)

ウルヴァリンの靴、1000マイルブーツ: Wolverine 1000 Mile Addison

「本気」の人に愛用されているウルヴァリンウルバリンWolverine)は、1883年創業のアメリカはオハイオ州のアウトドアシューズ、ワークシューズの老舗ブランド。

名作1000マイルブーツが復刻されました。特にウイングチップ型のワークブーツがありそうでないデザインで注目ですね。

Chippewa Boots(チペワ)

Chippewa Boots(チペワ)の靴、エンジニアブーツ、ワークシューズ

最初は木材の伐採人用のブーツをつくっていたというチペワChippewa Boots)は、1901年創業のアメリカはウィスコンシン州チペワ・フォールズのワークシューズブランド。

レッドウィングと並ぶワークシューズの基本ブランドとしてよく知られています。ワークシューズもひととおりそろっています。

Red Wing(Redwing、レッドウィング、レッドウイング)

レッドウィングの靴、ワークブーツ、デッキシューズ: Red Wing Classic Moc: 8875 Oro Russet Portage

ワークブーツを代表するブランドであるレッドウィングレッドウイングRed WingRedwing)は、1905年創業のアメリカの靴ブランド。

アイリッシュセッターを始め、エンジニアブーツやペコスブーツなどのブーツの名作がそろい踏みです。

Timberland(ティンバーランド)のイエローブーツ

ティンバーランドのイエローブーツ、デッキシューズ: Timberland 6in Premium Boot 10061 Wheat Nubuck

完全防水ブーツで有名なティンバーランドTimberland)は、1918年創業のアメリカのアウトドアシューズブランド。現在の社名になったのは、1973年です。

イエローブーツこと6インチプレミアムブーツ6in Premium Boot)は、アメリカを代表する靴のひとつといえます。

Danner(ダナー)

ダナーの靴、トレッキングブーツ: Danner Ocont D-1803

トレッキングブーツの代表格であるダナーDanner)は、1932年創業のアメリカの靴ブランド。

お得意のマウンテンブーツ以外に、ダナーは格好良いクラシックなワークブーツもつくっています。もちろん間違いのないデキです。

Quoddy Trail Moccasin(クオディ・トレイル・モカシン、クオッディ)

クオディ・トレイルのキャンプモカシン: Quoddy Trail Moccasin Grizzly Boot 1004

手縫いのモカシンに定評があるクオッディ・トレイル・モカシンクオディQuoddy Trail Moccasin)は、1909年創業のアメリカはメイン州の靴ブランド。

モカシン製法の靴としてすこぶる評判の高いブランドでして、ブーツ型のモカシンも各種あります。

Russell Moccasin(ラッセルモカシン、ラッセル・モカシン)

ラッセルモカシンのキャンプモカシン、ブーツ: Russell Moccasin Safari PH

モカシンシューズの代表的なブランドであるラッセルモカシンラッセル・モカシンRussell Moccasin)は、1898年創業のアメリカのアウトドアシューズブランド。

Safari PHサファリPH)やHikerハイカー)など、ブーツも豊富にそろっています。

Sebago(セバゴ)

セバゴのデッキシューズ、ビーフロールローファー: Sebago x Filson Kettle

ローファーやデッキシューズを得意としているセバゴSebago)は、1946年創業のアメリカの老舗の靴ブランド。

セバゴのデッキシューズは昔から世界的に知られていまして、創業当時くらいはあのスペリー・トップサイダーにデッキシューズを納入していたらしい……、です。ブーツ型のモカシン靴もあります。

Tricker's(トリッカーズ)のカントリーブーツ

トリッカーズのカントリーブーツ、ウイングチップシューズ: Tricker's Malton M2508

英国王室御用達ロイヤルワラント)ブランドでもあるトリッカーズTricker's)は、1829年創業のイギリスの靴ブランド。

MaltonStowといったカントリーブーツは、トリッカーズの代表作といってよいでしょう。ブリティッシュカントリースタイルには欠かせません。

Clarks(クラークス)

クラークスの靴: Clarks Desert Mali

今のカジュアルシューズを代表するブランドといってよさそうなクラークスClarks)は、1825年創業のイギリスの靴ブランド。

ワラビー・ブーツWallabee Boot)やデザート・ブーツDesert Boot)など、ブーツも名作ぞろいです。

Caminando(カミナンド)

Caminando(カミナンド)の靴、ワークブーツ

関税の安いメキシコで生産しているカミナンドCaminando)は、2008年に誕生した日本の靴ブランド。

特にブーツに力を入れているようで、スタイリッシュでラギッドなブーツがそろっています。

サイドゴアブーツ、ジョッパーブーツ、レースアップブーツ、……

サイドゴアブーツ、ジョッパーブーツなどのブーツを集めてみました

ドレス寄りのブーツといえば、サイドゴアブーツジョッパーブーツレースアップブーツなどが挙げられます

キレイめスタイルをスタイリッシュに見せる切り札として、これらのブーツを使ってみてはいかがでしょうか。

マウンテンブーツ、トレッキングブーツ、ハイキングブーツ、クライミングブーツ、登山靴

マウンテンブーツ、トレッキングブーツを集めてみました

アウトドアスタイルに合わせるなら、やはりマウンテンブーツトレッキングブーツハイキングブーツクライミングブーツといった登山靴が最高です

本格的なものにするか、街履き向きのソフトなものにするか……。

他の記事も……

ポストマンシューズ(靴)、ブーツを集めてみました チャッカブーツ(チャッカーブーツ)を集めてみました

タグ / 靴: ワークシューズ」をご覧になると、当ブログのワークシューズに関する全記事を網羅できます。「カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

デッキシューズ(ボートモカシン)を集めてみました キャンプモカシン(キャンプモック)を集めてみました

なお、もし今日の記事の商品などがうまく表示されないようでしたら、「快適にご覧いただくために……」の記事の内容を確認してみてくださいねノートン先生が何かしているかも……。

関連記事

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック
posted by blackwatch at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/315382106
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック