モンクストラップの靴を集めてみました

Monk Strap(モンクストラップ)

今日は、モンクストラップシューズ革靴)を取り上げます。ダブルモンクストラップもありますよ。《最終更新日: 2017年4月30日》

モンクストラップとは

モンクストラップとは、靴ヒモではなくベルトストラップ)とバックルで甲を締めて固定する靴のこと。キリスト教の修道士("monk")が履いていた靴が、この靴の起源とのこと。

トウ(爪先)のデザインはプレーントウプレーントゥ)型になっているものが基本ですが、ストレートチップキャップトウ)型やウイングチップフルブローグ)型などもあります。また、ブーツ型も。

Monk Strap(モンクストラップ)

いろいろな着こなしに合うモンクストラップ

モンクストラップはさまざまな着こなしに合わせることができまして、もしかすると一番着こなしの幅が広い革靴なのかもしれません。

マジメ男のビジネススーツはI型(サックスーツ)?: 灰色の服を着た男

まず、ヒモ靴ではない靴としては例外的に、ビジネススーツに合わせられます(フォーマルにはちょっと難しいですが)。ブリティッシュスーツにも合いますし、アメトラ(アメリカン・トラッド)スーツとの相性も悪くありません。こちらは、スティーブ・マックイーンのスーツ姿。

5ポケットパンツ、ジーンズを集めてみました

もちろんカジュアルにも使えまして、ジーンズジーパン)と合わせてもなんら違和感はありません

万能な靴としてはいろいろな靴が挙がりますが、モンクストラップは「高いレベル」でその要件を満たしていると思います。

ダブルモンクストラップ(ダブルモンクとは)、サイドモンク(サイドストラップとは)

Jalan Sriwijaya 98374

ダブルモンクストラップダブルモンク)とは、名前のとおりストラップが2本あるモンクストラップのこと。イギリスのウィンザー公エドワード8世がロンドンのジョン・ロブJohn Lobbに注文した靴が、その起源とのこと。

普通のモンクに比べて、より華やかな(派手な)雰囲気になるといえるでしょう。ストレートチップ型のデザインが基本です。ちなみにダブルモンクに対して普通のモンクのことを、シングルモンクと呼んだりもします。

変り種モンクとしては、サイドモンクストラップサイドストラップ)もあり。バックルが横に回り込んだデザインなのが特徴で、ドレス度の高い雰囲気になります。英語では “cutaway monk strap”(カッタウェイ・モンクストラップ)とも呼ぶようです。

ストラップ(ベルト)を外して脱ぎ履きするのか?

モンクストラップを脱ぎ履きするときに悩むのが、ストラップ(ベルト)を都度外す必要があるのかということ。

実はモンクストラップには、「(主にストラップ部分に)ゴムが仕込んであるもの」と「ゴムが仕込んでないもの」の2種類があります。

ゴムがあるものは、ストラップを外さなくても脱ぎ履きできます(この仕様のものが多いはず)。ゴムのないものは、ストラップを都度外すことになるのでしょう。

ちなみにストラップを留める穴の位置ですが、(腰のベルトと同じように)本当は真ん中の穴で留めるのが一番見た目は良いのでしょうね。でも、なかなかそういうわけには……。フィット感を優先すべきだと私は思います。

Regal(リーガル)2321

リーガルの定番靴: Regal Monk Strap Oxford 2321

今の日本を代表する靴ブランドであることは間違いないであろうリーガルRegal)は、アメリカのブラウン(Brown Shoe)社を母体に日本製靴が1961年に国内ライセンス生産を開始したのが始まりです。

2321は、リーガルのグッドイヤーウェルト製法による定番モンクストラップ。大きなバックルが男らしいですね。

Paraboot(パラブーツ)のWilliam(ウィリアム)

パラブーツのUチップシューズ、ブーツ、デッキシューズ: Paraboot William

質実剛健ながら上品な顔立ちの靴で定評あるパラブーツParaboot)は、1919年創業のフランスの靴ブランド。

ダブルモンクのWilliamウィリアム)は、自社生産のゴム底(ラバーソール)であるラテックスソールを頑強な製法であるノルウィージャンノルヴェジアン製法で仕上げた、このブランドらしい逸品。パラブーツの代表作のひとつです。

Shetlandfox(Shetland Fox、シェットランドフォックス)

Regal(リーガル)の定番靴

シェットランドフォックスShetlandfoxShetland Foxは、おなじみリーガルコーポレーションRegal Corporationの一ブランド。1982年に登場し一時消滅していましたが、2009年に復活しました。リーガルの上級ブランドといえます。

Invernessインバネス)は、2009年に登場したシェットランドフォックスの主力ライン。まさに定番的なクラシックなラウンドトウの木型を採用しています。3032はシングルモンクストラップで、強いて言えば若干バックルが現代的なのが特徴でしょうか。グッドイヤーウェルト製法で革底仕様。日本製。

Shetlandfox Inverness Monk Strap Oxford 3032 SF: Black, Brown
Inverness 3032 SF: Black, Brown
Shetlandfox Inverness Monk Strap Oxford 3032 SF: Brown
Brown
Shetlandfox Inverness Monk Strap Oxford 3032 SF: Black
Black
Shetlandfox Birmingham Monk Strap Oxford 043 FSF: Black, Brown
Birmingham 043 FSF: Black, Brown
Shetlandfox Birmingham Monk Strap Oxford 043 FSF: Black Suede
Black Suede
Shetlandfox Birmingham Monk Strap Oxford 043 FSF: Dark Brown
Dark Brown
↑ クリックで商品一覧ページへ

Birminghamバーミンガム)は、Invernessよりもノーズが長めのセミスクエアの木型を採用した2016年に登場したライン。043は、レベルソという縫い目を隠す技術でキャップトウを表現しているのが特徴のダブルモンクストラップ。上品な仕上がりといえます。グッドイヤーウェルト製法で革底仕様。日本製。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズでは靴も扱っています。

ピール・アンド・カンパニーPeal & Co.)はもともとはイギリスの靴ブランドでしたが、廃業をきっかけにブルックス・ブラザーズが買い取ったのです。今では、イギリス製の靴はこのブランド名でつくっていることが多いようです。

こちらは、ダブルモンクストラップ。イギリス製らしいまさに端正な雰囲気の仕上がりです。革底仕様でグッドイヤーウェルト製法。スエード地もあります。

Brooks Brothers Peal & Co. Double Monk Strap Shoes MH00231: Black
Peal & Co. Double Monk Strap Shoes: Black
Brooks Brothers Peal & Co. Double Monk Strap Shoes MH00231: Brown
Brown
Brooks Brothers Peal & Co. Double Monk Strap Shoes MH00231: Brown
Brown
Brooks Brothers Peal & Co. Double Monk Straps MH00194: Dark Brown
Peal & Co. Double Monk Straps: Dark Brown
Brooks Brothers Peal & Co. Double Monk Straps MH00194: Dark Brown
Dark Brown
Brooks Brothers Peal & Co. Double Monk Straps MH00194: Dark Brown
Dark Brown
↑ クリックで商品一覧ページへ

そうそう、セールクリアランスClearance)になっているコートがあるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。

Union Royal(ユニオン・ロイヤル)のUnion Imperial(ユニオン・インペリアル)

ユニオン・ロイヤルUnion Royalは、1952年創業の日本の老舗靴メーカー。ユニオン・インペリアルUnion Imperial)は、ユニオン・ロイヤルの最高峰ラインです。

ユニオン・インペリアルの中でも特に注目なのが、手作業によりウェルトを縫い付けるハンドソーン・ウェルト製法九分仕立て)を使用したライン。グッドイヤーウェルト製法の原型的な製法で、グッドイヤーウェルト製法特有の履き心地の固さがないのが利点です。手作業のすくい縫いは中国、出し縫い(これは機械でしょう)と仕上げは日本で行うことで、この値段を実現させているのだそうな。

U1706は、スマートなラウンドトウが美しいモンクストラップ。木型はS261の3Eで、ゴム底(ラバーソール)としてはドレッシーなダイナイトソールDainite Soleを使用しています。

Union Imperial Prestige U1706: Black
Black
Union Imperial Prestige U1706: Black
Prestige U1706: Black
Union Imperial Prestige U1706: Black
Prestige U1706: Black
Union Imperial Prestige U1141: Black
Black
Union Imperial Prestige U1141: Black
Prestige U1141: Black
Union Imperial Prestige U1141: Black
Prestige U1141: Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

U1105は、革底仕様のモンクストラップ。セミスクエアトウの新木型S261を採用していることもあり、よりエレガントな仕上がりです。

Mark McNairy(マーク・マクナイリー)

マーク・マクナイリーMark McNairyは、1971年生まれのアメリカのファッションデザイナー。ウォークオーバーWalk-OverG・H・バスG.H. Bassなどとのコラボも知られていて、アメトラブームの仕掛け人のひとりといえるかも。靴もつくっていまして、イギリス製のグッドイヤーウェルト製法。

9707は、ストームウェルト仕様でちょっとラギッドなダブルモンクストラップ。こちらは、シボ革が渋い9707で、少しだけゴツいリッジウェイソールを採用しています。アメリカ的なパラブーツ風の靴といえるかも。

Mark McNairy Double Buckle Monk Shoes 9707: Army Grain Navy
Army Grain Navy
Mark McNairy Double Buckle Monk Shoes 9707: Army Grain Navy
Double Buckle Monk Shoes 9707: Army Grain Navy
Mark McNairy Double Buckle Monk Shoes 9707: Army Grain Navy
Double Buckle Monk Shoes 9707: Army Grain Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

「くつ家ともだ」のパーソナルオーダー(宮城興業)

どうしても既成靴では足が合わない方や、気に入った色のものがない人は、「くつ家ともだ」のパーソナルオーダーシステム、誂え靴友郎Tomorow)」はいかがでしょう。

甲革(アッパー)の色や素材、や靴底(ソール)の形式が選べるのはもちろんのこと、サイズもlength(足長)だけでなく、width(足囲、ワイズ)も選択できます。なんと、D、E、EE、EEE、EEEE、Fの、6種類! 注文するときにはサンプルシューズ(ゲージ靴)が送付されて試し履きができるので、通販でも安心です。

製法はもちろんグッドイヤーウェルト。デザインも非常に正統派で、長く愛用できること間違いなし!

ここのモンクストラップは、ES-24(「」)、ES-33(「」)、ES-22(「」)、ES-23(「」)、ES-16(「」)、ES-20(「」)の6種類。それぞれ、プレーントウ2種と、ストレートチップ、ウイングチップ、サイドモンク、ダブルモンクです。

Tomorow ES-24
ES-24
Tomorow ES-33
ES-33
Tomorow ES-22
ES-22
Tomorow ES-23
ES-23
Tomorow ES-16
ES-16
Tomorow ES-20
ES-20
↑ クリックで商品一覧ページへ

チゼルトウのものもありますが、このブログとしてはラウンドトウのものをオススメしたい。値段については、パーソナルオーダー(パターンオーダー)にしてはたいへん良心的だと思います。

なおここのオーダーシューズは、宮城興業の工場でつくられています。靴好きには、結構有名なところです。

Cheaney(チーニー)

Cheaney(チーニー)

2009年についにチャーチから独立したチーニーCheaney)は、1886年創業のイギリスの靴ブランド。チャーチの創業家(今はチャーチから離れている)の人が買い取ったのだそうな。

グッドイヤーウェルト製法の真っ当な靴をたくさんつくっている老舗の名門です。

Jalan Sriwijaya(ジャラン・スリウァヤ)

Jalan Sriwijaya(ジャラン・スリウァヤ)の靴、ブーツ

イギリスのノーザンプトンにて本格靴の製造技術を習得したというジャラン・スリウァヤJalan Sriwijaya)は、2003年に誕生したインドネシアの靴ブランド。

ここの靴の特徴は、ハンドソーンウェルト(ウェルテッド)製法とグッドイヤーウェルト製法を交ぜた製法を採用していること。履き心地が柔らかくなる点がウリです。この製法・この見た目でこの値段なのは狙い目だと思いますよ。

他の記事も……

ホワイトバックス、ダーティーバックスを集めてみました Uチップ、Vチップの靴を集めてみました

タグ / 靴: モンクストラップ」をご覧になると、当ブログのモンクストラップの靴に関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2008年7月17日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年8月23日)商品を追加、入れ替え。
  • (2011年2月16日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2012年2月23日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2013年3月11日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2017年4月30日)2017年春夏最初の更新。

この記事へのコメント

  • レフ

    失礼しました。こちらでよろしかったでしょうか。

    ご丁寧にありがとうございます。
    なるほどですね。シングルのがアメトラっぽいのですね。個人的にはストレートチップよりもプレーントゥが好きなのですが
    モンクだとちょっと野暮ったく見えるのは気のせいでしょうか。やはりモンクはストレートが王道でしょうか?
    ジョンロブは高くて手が出ませんので5万以内位で手に入るモンクならここが王道でしょうという物をいくつか教えて頂きたいです。
    因に普段は、上は無地のシャツかカットソー、下はデニムしか履きません。ストレートの股上が深いリーバイス等のレプリカをリジットで何本も履き回しています。
    身長は170ちょっとあるのですが華奢なので靴に持っていかれない様に気を付けています。
    モンクを買うなら色は、黒かネイビーと決めています。ヒロシツボウチのダブルモンクも気になりましたがスエードでしたのでちょっと....

    よろしければまたご教授ください。お願い致します。
    2015年10月29日 12:38
  • blackwatch

    レフさん、こんにちは。

    途中からコメント欄の位置を替えると、それはそれで第三者の人には分かりにくくなってしまいますね。第三者の人のために書いておきますと、これは以下の記事のコメント欄の続きです。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/2699517.html#comment

    さて、シングルモンクならプレーントウ型、ダブルモンクならキャップトウ型が一番一般的な意匠だと思います。

    「王道」をご希望ですが、John Lobb以外にダブルモンクの王道は特に思いつかないですねぇ。あとは、当ブログで紹介している靴の中でお気に入りのものを探していただければと。「王道」ならは、色は黒か茶系でしょうね。

    (しばしば「オススメを教えてほしい」というコメントをいただくのですが、当ブログで紹介している商品がオススメの商品なのです……。取って置きの隠し情報なんて私は持っていませんし)

    強いて言えば、Parabootのダブルモンクは有名かもしれません。昔John Lobbのカントリー寄りの靴をつくっていましたし。ノルウィージャン製法の無骨な靴で、カジュアルに特化するなら選択肢のひとつでしょう。ご予算からはちょっとはみ出しちゃいますが(「王道」は得てして安くないものなのです)。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/17649919.html
    2015年10月30日 00:03
  • レフ

    こんばんは。

    コメントありがとうございます。パラブーツは一足欲しいと思っていたのですがダブルモンクがあるとは知らなかったです。
    まだまだ素人なもので。
    貴重なご意見ありがとうございます。これからも参考にさせて頂きます。
    また何かありましたら宜しくお願い致します。
    2015年10月30日 23:19
  • blackwatch

    レフさん、こんにちは。

    ダブルモンクは、良くも悪くもちょっと派手めで分かりやすい靴だと思います。今っぽい着こなしに合わせるのは難しくないでしょう。
    2015年10月31日 23:51
  • はっせ

    こんにちは。
    いつも参考にさせていただいております。

    現在ダブルモンクの購入を検討しております。
    ONにもOFFにも合うという点が魅力の一つなのですが、黒色のダブルモンクはOFFのジャケパンなどに合うのでしょうか?
    茶色ならわかるのですが、黒はどうしてもドレス色が強く、うまく合わせられる気がしません。
    また、そもそもON/OFF兼用の靴、というのは難しいのか?とも思っております。

    この2点についてblackwatchさんの考えをお聞かせ願えないでしょうか?
    2016年01月20日 21:54
  • blackwatch

    はっせさん、こんにちは。

    私としては、逆にダブルモンクにそれほどONの印象はないのですよ。90年代くらいまでは、ビジネススーツにダブルモンクを合わせる人はあまりいなかった記憶があります。良くも悪くもちょっと派手な靴なので、例えば(日本の)お堅い銀行員が履くのにふさわしい靴とは思いません。

    ですので、黒であろうがジャケパンくらいなら普通に合わせられると思いますけどねぇ。例えば、紺ステンカラーコートにグレンチェック柄パンツという格好には普通に合うでしょう(好みはともかくとして)。

    ONとOFF兼用の靴といえば、(ダブルに限らず)モンクストラップとUチップがよく挙げられます。外羽根式プレーントウもそうですね。トラッド寄りならウイングチップも入ってきます。もちろん、靴のデザインと着こなし方次第ですけど。
    2016年01月21日 18:06
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33776566
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック