ウール、カシミア(カシミヤ)のニットカーディガンを集めてみました

Wool Cardigan Sweater(ウールカーディガン)

今日は、ウールカシミアカシミヤニットカーディガンを取り上げます。なお、コットン(綿)素材のカーディガンはこちらの記事をご覧ください《最終更新日: 2018年11月29日》

着こなしいろいろ、ウールやカシミア(カシミヤ)のニットカーディガン

ボタンダウンシャツを集めてみました

カーディガンは、ブルゾンのようにアウターとして着てもよいですし、寒いときにはブルゾンやジャケットなどのインナーにもなります。ウォーム・ビズWarm Biz対策として、スーツに合わせることも可能。

前ボタンのおかげで脱いだり着たりがラクですし(髪が乱れない)、折りたためるので持ち運びも容易。まあ要するに、いろいろ使える優秀なヤツなワケです。

Wool Cardigan Sweater(ウールカーディガン)
タートルネック(タートル)のカットソー(Tシャツ)を集めてみました

合わせるインナーとしては、ドレスシャツはもちろん、Tシャツやポロシャツなどにもよく合います。タートルネックのカットソーやセーターにも合わせる着方もあります。

カーディガンの基本は、Vネックモックネックハイネック)のフルジップはブルゾン感覚でも使えます。ショールカラーヘチマ襟)のカーディガンは大人っぽい雰囲気が魅力で、往年の映画スターも着ています。

とりわけスティーブ・マックイーンは、ショールカラーカーディガンをかなり愛用している印象があります。

素材はウールのものとコットンのものが代表格ですが、質感や暖かさでは、コットンのものよりもウールのものが勝るでしょう。そしてカシミアカシミヤのものは、高級感と滑らかな肌触りが大きな魅力です。

アランセーター、フィッシャーマンセーター(フィッシャーマンズセーター)

アランセーター、フィッシャーマンセーターを集めてみました

アランセーターフィッシャーマンセーターフィッシャーマンズセーター)とは、漁師さんの着ていたセーターのこと。縄状のケーブル編みが施され、厚手なのが特徴。

インバーアランインヴァーアランインバーランInverallan)など、各種ブランドのアラン編みのカーディガンがあります。

カウチンセーター

カウチンセーターを集めてみました

カナダの先住民カウチン族の伝統工芸といえるカウチンセーター、厚手のローゲージセーター。狩猟の際に着られていたためか、動物などの文様が編みこまれていることが多いのです。目が詰んでいるので、セーターのわりには風を通しにくいのも特徴。

カナタKanata)やフライヤーフックフライヤー・フックスFlyer Hooks)など、各種ブランドのカーディガンがあります。

John Smedley(ジョン・スメドレー、ジョンスメ)

John Smedley(ジョン・スメドレー)のメリノウールのセーター、カーディガン、ニットベスト

キレイめニットの代表格であるジョン・スメドレージョンスメJohn Smedleyは、1784年創業のイギリスの超老舗ニットブランド。

ここのメリノウールのセーターは、泣く子も黙る(?)秋冬の定番中の定番アイテム。カーディガンも色や種類はすこぶる豊富です。ビジネスにもカジュアルにも……。

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ)

Letroyes(ルトロワ)のウールセーター、ニットカーディガン

丸編みのシームレス(縫い目のない)なつくりのカットソーを得意としているルトロワLetroyesLe Troyes)は、2008年に誕生したフランスはシャンパーニュ地方製のニットブランド。

美しいシルエットのスウェットシャツが話題ですが、ウールのニットセーターもつくっています。カーディガンはVネックのほか、フード付きのフルジップも。細身で身体にフィットし、とくかくいまっぽいのです。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズにはコンサバなセーターが大充実しています。

メリノウールのセーターは、一般的には薄手でドレッシーになります。重ね着もしやすい。ラムズウールラムウール)のセーターは、一般的には中庸な厚さなのが特徴です。そしてカシミアセーターは、肌触りと高級感が堪りません……(これはイタリア製)。

「ウール ドネガル ケーブル ダブルブレスト ショールカラーカーディガン」は、ダブルブレストダブル前仕様のショールカラーカーディガン。大人の余裕を感じさせてくれるカーディガンといえます。多色遣いのネップとケーブル編みにも注目してください。

Brooks Brothers BrooksTech Merino Wool Button-Front Cardigan MS00925
BrooksTech Merino Wool Button-Front Cardigan
Brooks Brothers BrooksTech Merino Wool Button-Front Cardigan MS00925
Button-Front
Brooks Brothers Honeycomb Stitch Full-Zip Cardigan MS00900
Honeycomb Stitch Full-Zip
Brooks Brothers Cashmere Cardigan MS00920: Dark Beige
Cashmere Cardigan: Dark Beige
Brooks Brothers Cashmere Cardigan MS00920: Dark Beige
Dark Beige
Brooks Brothers Cashmere Cardigan MS00920: Navy
Navy
Brooks Brothers Double-Breasted Cable Cardigan MS00918: Blue
Double-Breasted Cable Cardigan: Blue
Brooks Brothers Double-Breasted Cable Cardigan MS00918: Blue
Blue
Brooks Brothers Double-Breasted Cable Cardigan MS00918: Blue
Blue
Brooks Brothers Mockneck Button-Front Cardigan MS00905: Blue
Mockneck Button-Front Cardigan: Blue
Brooks Brothers Mockneck Button-Front Cardigan MS00905: Blue
Blue
Brooks Brothers Mockneck Button-Front Cardigan MS00905: Blue
Blue
Brooks Brothers Limited Edition Braemar Fair Isle Cardigan MS00919: Blue
Limited Edition Braemar Fair Isle Cardigan: Blue
Brooks Brothers Limited Edition Braemar Fair Isle Cardigan MS00919: Blue
Blue
↑ クリックで商品一覧ページへ

「ウール/カシミヤ ボタンフロント モックネックカーディガン」は、その名のとおり、カシミア混ウールのモックネックカーディガン。ブルゾン風にも使える逸品です。

「ラムズウール フェアアイル ショールカラーカーディガン」は、スコットランドのブレーマーBraemar)社に別注したフェアアイル柄のショールカラーカーディガン。イギリスの1766年創業ヒンチクリフ・アンド・サンズZ Hinchliffe & Sons社のウールを使用していまして、風合いの良さは文句なしでしょう。スコットランド製。

そうそう、セールクリアランスClearance)になっている商品があるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

J. Press(J・プレス)

J. Press(J・プレス)

J・プレスJ. Pressは、1902年創業のアメリカはコネチカット州のアメトラブランド。ブルックス・ブラザーズは良くも悪くも国際的なブランドといえますが、J・プレスはアメトラどっぷり(?)という印象があります。

こちらは、リブ編み仕様のモックネックカーディガン。スポーティーな雰囲気でしっかりと厚みがあって、何かと便利に使えるでしょう。素材はウール100%。

J. Press Lomas Wool Mockneck Cardigan KROVYW0414: Grey
Lomas Wool Mockneck Cardigan: Grey
J. Press Lomas Wool Mockneck Cardigan KROVYW0414: Navy
Navy
J. Press Lomas Wool Mockneck Cardigan KROVYW0414: Ivory
Ivory
J. Press Lomas Wool Mockneck Cardigan KROVYW0414: Ivory
Ivory
J. Press Lomas Wool Mockneck Cardigan KROVYW0414: Ivory
Ivory
↑ クリックで商品ページへ

Mc Lauren(マック・ローレン、マクラーレン)

マック・ローレンマクラーレンMc Laurenは、1962年創業のイギリスはスコットランドのニットブランド。1990年代にイタリア資本に移行しました。

Dennyデニー)は、ショールカラー仕様のカーディガン。オーソドックスな仕上がりといえます。高級ウールであるスーパージーロンラムズウールラムウール)を使用していてイタリア製なのですが、かなりお手頃価格になっているのが狙い目なのです。

Mc Lauren Denny: Beige
Denny: Beige
Mc Lauren Denny: Beige
Beige
Mc Lauren Denny: Grey
Grey
Mc Lauren Denny: Grey
Grey
Mc Lauren Denny: Blue
Blue
↑ クリックで商品一覧ページへ

Drumohr(ドルモア)

Drumohr(ドルモア)のポロシャツ、セーター、ニットカーディガン

世界最古(!)のニットブランドであるドルモアDrumohr)は、1770年創業のスコットランドとイタリアのニットブランド。

何かと使いやすいドレッシーな27ゲージメリノウールのVネックカーディガンのほか、ケーブル編みが見事なショールカラーカーディガンなどもあります。

Jamieson's(ジャミーソンズ、ジェミーソンズ)

Jamieson's(ジャミーソンズ、ジェミーソンズ)のシェットランドウールのセーター、カーディガン、ニットベスト

シェットランドシェトランドウールのセーターが得意なジャミーソンズジェミーソンズジャミーソンジェミーソンJamieson's of ShetlandJamiesons)は、1893年創業のイギリスはスコットランドのニットブランド。

ジャミーソンズは、なんと言っても鮮やかなフェアアイル柄のセーターに定評があります。フェアアイルセーターの代表ブランドといってよいでしょう。

Zanone(ザノーネ)のKyoto(キョウト)

Zanone(ザノーネ)のアイスコットンのポロシャツ、セーター

「セレクトショップ」の常連ブランドでもあるザノーネZanone)は、1986年創業のイタリアの高級ニットブランド。

ニットカーディガンも各種ありまして、特にモックネックカーディガンのKyotoキョウト)が有名です。

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のセーター、カーディガン、ニットベスト

アメリカのカジュアルウェア通販の雄であるランズエンドLands' End)は、当然のことながらセーターも得意としています。

今季は、凝った柄やケーブル編みのセーターが豊富にそろいました。比較的お手頃価格ですよ。

他の記事も……

ニットベスト(ヴェスト)を集めてみました ウール、カシミアのクルーネック、Vネック、ヘンリーネックのセーター(ニット)を集めてみました

タグ / セーター: カーディガン」「タグ / セーター: ウール、カシミア」をご覧になると、それぞれ当ブログのカーディガンやウールセーターに関する全記事を網羅できます。

また、コットン(綿)素材のカーディガンはこちらの記事をご覧ください。「カテゴリ / セーター」をご覧になると、当ブログのセーターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2005年8月31日)商品を追加、入れ替え。
  • (2005年10月23日)商品を大幅に追加、入れ替え。
  • (2005年12月6日)商品を追加、入れ替え。
  • (2005年12月27日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年1月26日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年4月3日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年4月13日)コットン素材のものを別記事に移動。
  • (2006年12月12日)2006年度秋冬最初の更新。
  • (2007年1月20日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年12月15日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2008年12月13日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年12月17日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年11月29日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年12月8日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年12月7日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年11月26日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年12月6日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年11月18日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年12月21日)2016年度秋冬最初の更新。
  • (2017年12月10日)2017年度秋冬最初の更新。
  • (2018年11月29日)2018年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック