ウール、カシミア(カシミヤ)のニットカーディガンを集めてみました

Wool Cardigan Sweater(ウールカーディガン)

今日は、ウールカシミアカシミヤニットカーディガンを取り上げます。なお、コットン(綿)素材のカーディガンはこちらの記事をご覧ください《最終更新日: 2017年12月10日》

着こなしいろいろ、ウールやカシミア(カシミヤ)のニットカーディガン

ボタンダウンシャツを集めてみました

カーディガンは、ブルゾンのようにアウターとして着てもよいですし、寒いときにはブルゾンやジャケットなどのインナーにもなります。ウォーム・ビズWarm Biz対策として、スーツに合わせることも可能。

前ボタンのおかげで脱いだり着たりがラクですし(髪が乱れない)、折りたためるので持ち運びも容易。まあ要するに、いろいろ使える優秀なヤツなワケです。

Wool Cardigan Sweater(ウールカーディガン)
タートルネック(タートル)のカットソー(Tシャツ)を集めてみました

合わせるインナーとしては、ドレスシャツはもちろん、Tシャツやポロシャツなどにもよく合います。タートルネックのカットソーやセーターにも合わせる着方もあります。

カーディガンの基本は、Vネックモックネックハイネック)のフルジップはブルゾン感覚でも使えます。ショールカラーヘチマ襟)のカーディガンは大人っぽい雰囲気が魅力で、往年の映画スターも着ています。

素材はウールのものとコットンのものが代表格ですが、質感や暖かさでは、コットンのものよりもウールのものが勝るでしょう。そしてカシミアカシミヤのものは、高級感と滑らかな肌触りが大きな魅力です。

アランセーター、フィッシャーマンセーター(フィッシャーマンズセーター)

アランセーター、フィッシャーマンセーターを集めてみました

アランセーターフィッシャーマンセーターフィッシャーマンズセーター)とは、漁師さんの着ていたセーターのこと。縄状のケーブル編みが施され、厚手なのが特徴。

インバーアランインヴァーアランインバーランInverallan)など、各種ブランドのアラン編みのカーディガンがあります。

カウチンセーター

カウチンセーターを集めてみました

カナダの先住民カウチン族の伝統工芸といえるカウチンセーター、厚手のローゲージセーター。狩猟の際に着られていたためか、動物などの文様が編みこまれていることが多いのです。目が詰んでいるので、セーターのわりには風を通しにくいのも特徴。

カナタKanata)やフライヤーフックフライヤー・フックスFlyer Hooks)など、各種ブランドのカーディガンがあります。

John Smedley(ジョン・スメドレー、ジョンスメ)

John Smedley(ジョン・スメドレー)のメリノウールのセーター、カーディガン、ニットベスト

キレイめニットの代表格であるジョン・スメドレージョンスメJohn Smedleyは、1784年創業のイギリスの超老舗ニットブランド。

ここのメリノウールのセーターは、泣く子も黙る(?)秋冬の定番中の定番アイテム。カーディガンも色や種類はすこぶる豊富です。ビジネスにもカジュアルにも……。

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ)

Letroyes(ルトロワ)のウールセーター、ニットカーディガン

丸編みのシームレス(縫い目のない)なつくりのカットソーを得意としているルトロワLetroyesLe Troyes)は、2008年に誕生したフランスはシャンパーニュ地方製のニットブランド。

美しいシルエットのスウェットシャツが話題ですが、ウールのニットセーターもつくっています。カーディガンはVネックのほか、フード付きのフルジップも。細身で身体にフィットし、とくかくいまっぽいのです。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますがアメトラアメリカン・トラッドの雄のブルックス・ブラザーズにはコンサバなセーターが大充実しています。

メリノウールのセーターは、一般的には薄手でドレッシーになります。重ね着もしやすい。ラムズウールラムウール)のセーターは、一般的には中庸な厚さなのが特徴です。そしてカシミアセーターは、肌触りと高級感が堪りません……。

こぎれいでトラッドなアーガイルは、もう一度見直すべき永世定番柄。ニットのブラックウォッチ柄は比較的珍しいので狙い目です。ダブルブレストダブル前仕様のカーディガンにも注目してください。

Brooks Brothers Lambswool Button-Front Argyle Cardigan MS00809
Lambswool Button-Front Argyle Cardigan
Brooks Brothers BrooksTech Merino Wool Button-Front Cardigan MS00814
BrooksTech Merino Wool Button-Front
Brooks Brothers Merino Wool Cable Full-Zip MS00810
Merino Wool Cable Full-Zip
Brooks Brothers Wool and Cashmere Black Watch Cardigan MS00832
Wool and Cashmere Black Watch Cardigan
Brooks Brothers Wool and Cashmere Black Watch Cardigan MS00832
Black Watch
Brooks Brothers Button-Front Cardigan MS00805
Button-Front
Brooks Brothers Cashmere Black Watch Button-Front Cardigan MS00839
Cashmere Black Watch Button-Front Cardigan
Brooks Brothers Cashmere Black Watch Button-Front Cardigan MS00839
Black Watch Button-Front
Brooks Brothers Cashmere Shawl-Collar Cardigan MS00841
Shawl-Collar
Brooks Brothers Red Fleece Striped Merino Wool Cardigan RS00107
Red Fleece Striped Merino Wool Cardigan
Brooks Brothers Red Fleece Striped Merino Wool Cardigan RS00107
Striped Merino Wool
Brooks Brothers Red Fleece Merino Wool V-Neck Cardigan RS00113
Merino Wool V-Neck
↑ クリックで商品一覧ページへ

カジュアル寄りの新ブランドであるレッド・フリースRed Fleece)のセーターもありまして、こちらのほうが少しつくりが細め。特に細いボーダー柄のカーディガンはお洒落だと思いますよ。

そうそう、セールクリアランスClearance)になっている商品があるかもしれませんので、そちらも見てみてください(別ページにあります)。なおブルックス・ブラザーズ・オンラインショップでは、商品到着後8日以内なら未着用の場合に限り返品・交換が可能です。

Fred Perry(フレッド・ペリー)

Fred Perry(フレッド・ペリー)のM12やF1528のポロシャツ

フレッド・ペリーFred Perry)のポロシャツを別記事で大きく取り上げていますが、同じニット類のセーターにも当然のことながら力を入れています。

こちらは、ちょっと珍しいタータンチェック柄のVネックカーディガン。無地のコートやジャケットとの相性は抜群ですし、アウターウェア的に着ても粋に着られます。素材はウール。

Fred Perry Tartan V-neck Cardigan F3181: House Tartan
Tartan V-neck Cardigan F3181: House Tartan
Fred Perry Tartan V-neck Cardigan F3181: House Tartan
House Tartan
Fred Perry Tartan V-neck Cardigan F3181: Charcoal Tartan
Charcoal Tartan
↑ クリックで商品一覧ページへ

Sloane(スローン)

Sloane(スローン)

スローンSloaneは、2016年に誕生した日本の新進気鋭のニットブランド。男女共用(ユニセックス)で着られるようデザインしているとのこと。日本製です。

こちらは、ありそうであまりないクルーネック仕様のフルジップセーター。VネックよりはVゾーンは狭めですが、ジッパーを留めても中に着たシャツを見せられます。このバランスが私は好きなんですよ。ウールをがっちり編んだリブ編み仕様で、この値段を出しても満足できるのでは。

Sloane Wool Rib Full-Zip Crewneck Sweater SL2W-015: Bordeaux
Wool Rib Full-Zip Crewneck Sweater SL2W-015: Bordeaux
Sloane Wool Rib Full-Zip Crewneck Sweater SL2W-015: Bordeaux
Bordeaux
Sloane Wool Rib Full-Zip Crewneck Sweater SL2W-015: Navy
Navy
Sloane Wool Rib Full-Zip Crewneck Sweater SL2W-015: Grey
Grey
Sloane Wool Rib Full-Zip Crewneck Sweater SL2W-015: Grey
Grey
↑ クリックで商品一覧ページへ

Drumohr(ドルモア)

Drumohr(ドルモア)のポロシャツ、セーター、ニットカーディガン

世界最古(!)のニットブランドであるドルモアDrumohr)は、1770年創業のスコットランドとイタリアのニットブランド。

何かと使いやすいドレッシーな27ゲージメリノウールのVネックカーディガンのほか、ケーブル編みが見事なショールカラーカーディガンなどもあります。

Jamieson's(ジャミーソンズ、ジェミーソンズ)

Jamieson's(ジャミーソンズ、ジェミーソンズ)のシェットランドウールのセーター、カーディガン、ニットベスト

シェットランドシェトランドウールのセーターが得意なジャミーソンズジェミーソンズジャミーソンジェミーソンJamieson's of ShetlandJamiesons)は、1893年創業のイギリスはスコットランドのニットブランド。

ジャミーソンズは、なんと言っても鮮やかなフェアアイル柄のセーターに定評があります。フェアアイルセーターの代表ブランドといってよいでしょう。

Zanone(ザノーネ)のKyoto(キョウト)

Zanone(ザノーネ)のアイスコットンのポロシャツ、セーター

「セレクトショップ」の常連ブランドでもあるザノーネZanone)は、1986年創業のイタリアの高級ニットブランド。

ニットカーディガンも各種ありまして、特にモックネックカーディガンのKyotoキョウト)が有名です。

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のセーター、カーディガン、ニットベスト

アメリカのカジュアルウェア通販の雄であるランズエンドLands' End)は、当然のことながらセーターも得意としています。

今季は、凝った柄やケーブル編みのセーターが豊富にそろいました。比較的お手頃価格ですよ。

他の記事も……

ニットベスト(ヴェスト)を集めてみました ウール、カシミアのクルーネック、Vネック、ヘンリーネックのセーター(ニット)を集めてみました

タグ / セーター: カーディガン」「タグ / セーター: ウール、カシミア」をご覧になると、それぞれ当ブログのカーディガンやウールセーターに関する全記事を網羅できます。

また、コットン(綿)素材のカーディガンはこちらの記事をご覧ください。「カテゴリ / セーター」をご覧になると、当ブログのセーターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2005年8月31日)商品を追加、入れ替え。
  • (2005年10月23日)商品を大幅に追加、入れ替え。
  • (2005年12月6日)商品を追加、入れ替え。
  • (2005年12月27日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年1月26日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年4月3日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年4月13日)コットン素材のものを別記事に移動。
  • (2006年12月12日)2006年度秋冬最初の更新。
  • (2007年1月20日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年12月15日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2008年12月13日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年12月17日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年11月29日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年12月8日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年12月7日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年11月26日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年12月6日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年11月18日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年12月21日)2016年度秋冬最初の更新。
  • (2017年12月10日)2017年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック