2005年05月08日

ボタンダウンシャツ(BDシャツ、長袖)を集めてみました

ランズエンドのシャツ: Lands' End Buttondown Oxford Dress Shirt

今日は、(長袖長そでボタンダウンシャツBDシャツドレスシャツワイシャツ)を取り上げます。《最終更新日: 2016年5月4日》

アメトラ(アメリカン・トラッド)の基本、ボタンダウンシャツ

とにかく、このサイトではシャツはデフォルト(初期設定)でボダンダウンなのです(?)。ビジネスにもカジュアルにもクール・ビズCool BizにもウォームビズWarm Bizにも使える便利なヤツ。

アメトラアメリカン・トラッドアイビープレッピーといったスタイルにおける、基本アイテムでもあります。数をそろえて、余裕を持って着回しましょう。

ちなみにアメトラ以外のビジネススーツでネクタイをする場合は、ボタンダウンシャツは強くはオススメしません。特に、ブリティッシュスーツには基本的には合わせないものです。

イギリス人俳優のショーン・コネリーが、アルフレッド・ヒッチコック監督の1964年の映画『マーニー』ではボタンダウンシャツを着ています。アメリカ人役なので。

アメトラ(アメリカン・トラッド)らしい仕様とは?

箱ヒダ(センターボックスプリーツ)

アメトラらしいボタンダウンシャツの特徴は、表前立て前立てあり)で、箱ヒダセンターボックスプリーツ)のもの。このページの説明でよく分かります。こういう知識が実は意外に重要だったりします。知らないと、特にシャツをオーダーするときに困るんだなぁ。

首の後ろに付いたバックボタンハンガーループロッカーループ)があると、よりアメトラ度が濃厚に。ただ、ブルックスのシャツにも付いていないですし、この仕様はまあオマケですね。

もちろん、「アメトラ仕様でないとダメ」というわけではもちろんありません。まあ、I型スーツにはアメトラ仕様のシャツを合わせたいなぁとは思いますが。

ちなみに、ウエストタックダーツ)を入れたシャツ、最近はメンズでも登場しています。腰回りがより細くなります。

生地

生地としては、織目がはっきり見える平織りのオックスフォード地が最もアメトラらしいといえます。比較的カジュアルな雰囲気の生地ですが、アメトラならスーツにも合わせてしまいます。ちなみにオックスフォード地のボタンダウンシャツのことを、OCBD(Oxford Cloth ButtonDown)と呼ぶらしい……。

ピンポイントオックスフォードピンオックス)は、より高番手のオックスフォード地。ドレス感があってブロードクロスに近い感覚で使えます。さらに高番手のロイヤルオックスフォードもありまして、これは光沢がある華やかな生地です。

ブロードクロスは、ドレスシャツで最も一般的な平織り生地。もちろんボタンダウンシャツでもよく使われます。秋冬にはコットンフランネル地のネルシャツも基本です。

シャツの裄丈(袖丈)

シャツの裄丈(袖丈)

シャツのサイズで特に重要なのは、裄丈袖丈)と首回りネックサイズ)だと思います。カジュアルシャツではそんなに気を使う必要はないでしょうが、(ネクタイを締めるような)ドレスシャツではしっかりと注意を払う必要があります。

まずは、裄丈について。(モードな着こなしはともかく)トラッドの着こなしにおいては、ジャケットの袖から少し(1cmくらい?)シャツを覗かせる規則になっています。シャツが見えないと見た目にどうも納まりが悪いですし、ジャケットの袖が汚れやすくもなります。

注意したいのは、人間の腕は曲がるということ。ヒジを曲げたときにもシャツを覗かせるためには、裄丈に適度の余裕が必要です。おおよその感覚ですが、シャツの手首のボタンを外して手を下ろしたとき、親指のつけ根に届くくらいでよいと思います。

最終的な長さの調節は、手首のボタンで行います。手首が緩くてずり落ちる、またはキツい場合は、自分で位置をずらしてボタンを付け直しちゃいましょう(業者に頼んでもよいですけど)。

というわけで、シャツの袖は短いよりは少々長いほうがマシ、ということになります。長いなら手首の調節やお直し、アームバンド、洗濯で縮ませるなどの対処ができますが、短かったらもうどうしようもない……。

あと、アームホール(腕ぐり)が大きなシャツは、一見袖丈が長く見えても上にジャケットを着たときに、ジャケットに引っ張られて袖丈が短くなる(シャツが覗かない)ことがありますので、気をつけましょう。

シャツの首回り(ネックサイズ)

シャツの首回り(ネックサイズ)

特にネクタイを締める場合、シャツの首回りはとても重要です。緩いのは、とにかくみっともない。

第1ボタンを閉じたとき首との間に指1本入るか入らないか、くらいが私は良いと思うのですが、この辺は首の肉の付き方などで個人差がありそう。

注意したいのは、洗濯(水洗い)すると生地が縮むこと。一般に、厚手の生地の方が縮みやすいようです。例えば、ブロードクロスよりもオックスフォードのほうが縮みやすいようです。ただ、どのくらい縮むか予想するのは、非常に難しいのです。洗濯の仕方にも因りますし……(水で洗うかお湯で洗うか、どんな洗剤を使うか、等々)。

あと、ボタンダウン専用というわけではないですけど、ドレスシャツのアイロンの掛け方のビデオがありました。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のポロカラーシャツ

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のボタンダウンシャツ(ポロカラーシャツ)

ゴールデン・フリースThe Golden Fleece羊毛)でおなじみのブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)は、1818年創業の究極(?)のアメトラブランド。

ボタンダウンシャツを「発明」したのは、何を隠そうこのブルックス・ブラザーズなのです(1896年)。美しいロールを描く比較的大きな襟が特徴。ブルックス・ブラザーズでは、ボタンダウンシャツのことをポロカラーシャツpolo collar shirt)と呼びます。スリムフィットやエクストラスリムフィットが出ましたよ。

また、ブルックス・ブラザーズのカジュアルシャツスポーツシャツ)を集めた記事もあります

Individualized Shirts(インディビジュアライズド・シャツ、インディビジュアライズドシャツ、インディビ)

Individualized Shirts(インディビジュアライズド・シャツ、インディビジュアライズドシャツ、インディビ)のボタンダウンシャツ(スリムフィット)

長い間ブルックス・ブラザーズのシャツをつくっていたインディビジュアライズド・シャツIndividualized Shirts)は、1961年創業のアメリカのシャツブランド。

本格派ブランドながら近年はスリムフィットやスタンダードフィットも登場し、すっかり今を代表するシャツブランドになった感じ。アメトラやるなら無視できないブランドです。

Gitman Brothers(Gitman Bros.、ギットマン・ブラザーズ)、Gitman Vintage(ギットマン・ビンテージ)

Gitman Bros.(ギットマン・ブラザーズ)のボタンダウンシャツ

アメリカの一流店にもシャツを提供している名門であるギットマン・ブラザーズGitman Bros.Gitman Brothers)は、1978年創業のアメリカのシャツブランド。

2009年に誕生したギットマン・ビンテージGitman Vintage)は、創業当時である70年代後半から80年代初頭のアーカイブを参考にした新ブランド。首の後ろのボタンやハンガーループ(背中についているループ)など、往年のファンが大好きなアメトラ仕様も盛り込んでいます。

J. Press(J・プレス)

J. Press(J・プレス)

J・プレスJ. Pressは、1902年創業のアメリカはコネチカット州のアメトラブランド。ブルックス・ブラザーズは良くも悪くも国際的なブランドといえますが、J・プレスはアメトラどっぷり(?)という印象があります。

Irvingアービングアービン)は、アメトラ仕様のボタンダウンシャツ。中でもJ・プレスらしいのが、このフラップポケット仕様のボタンダウンシャツなのです。この質実剛健な仕様は、ヨーロッパのドレスシャツにはないアメリカらしい意匠といえるでしょう。左右の襟は開き気味(ワイドスプレッド寄り)、第1ボタンと第2ボタンの間隔が広めです(第1ボタンを開けると胸元が見える)。

J. Press J. Press Irving Buttondown Shirt HDOVNA0001: Saxe
Irving Buttondown: Saxe
J. Press J. Press Irving Buttondown Shirt HDOVNA0001: Ivory
Ivory
J. Press J. Press Irving Buttondown Shirt HDOVIW0001: Pink
Pink
↑ クリックで商品一覧ページへ

Sero(セロ)

セロSero)は、1929年創業のアメリカのシャツブランド。中堅の良質シャツブランドとして愛されてきましたが、1997年にブランドが消滅してしまいました。その後2010年にカナダ製で見事に復活し、2015年くらいにアメリカ製になったようです。

こちらは、アメトラなボタンダウンシャツ各種。比較的襟は小さめで、身幅は細め。ハンガーループが付いています。

生地は基本のオックスフォードに加え、ワークシャツ寄りのシャンブレー地、爽やかなギンガムチェック柄、秋冬の定番生地であるコットンフランネル地のネルシャツコーデュロイコール天地などがあります。

Sero Oxford Buttondown Shirt SHI002A01-15F: Light Blue
Oxford Buttondown Shirt: Light Blue
Sero Oxford Buttondown Shirt SHI002A01-15F: Light Blue
Light Blue
Sero Oxford Buttondown Shirt SHI002A01-15F: White
White
Sero Chambray Buttondown Shirt SHI002A02-15F: Navy
Chambray Buttondown Shirt
Sero Gingham Broadcloth Buttondown Shirt SHI002A04-15F: Light Blue
Gingham Broadcloth
Sero Gingham Broadcloth Buttondown Shirt SHI002A04-15F: Navy
Gingham Broadcloth
Sero Plaid Flannel Buttondown Shirt SHI002A11-15F: Grey
Plaid Flannel Buttondown Shirt: Grey
Sero Plaid Flannel Buttondown Shirt SHI002A09-15F: Navy
Plaid Flannel: Navy
Sero Corduroy Buttondown Shirt SHI002A06-15F: Navy
Corduroy: Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Scye Basics(サイ・ベーシックス)

Scye Basics(サイ・ベーシックス)

Scyeサイは、2000年創業の日本のMasterpiece and Co.の1ブランド。ScyeのポロシャツやPコート(ピーコート)はすでに「セレクトショップ」などで大人気でして、なじみのある方も多いのでは。Scye Basicsサイ・ベーシックス)は、Scyeのベーシックラインです。

Scye Basicsのボタンダウンシャツは、基本的にはほぼ完璧なアメトラ仕様といえます。注目すべきは、胸ポケットの代わりにScyeのロゴマークが入っていること(ラルフ・ローレン風)、それとカフスが角を落としたいわゆるバレルカフであること。バレルカフは、トム・ブラウンThom Browneのシャツもそうなっていたはず。

さらに、首の後ろに付いたバックボタンとハンガーループ(ロッカーループ)はいかにもアメトラらしい仕様。身幅は少し細めで着丈はタックイン向き。襟は少し開き気味。日本製。

こちらは、「超長綿甘撚りオックス」というオックスフォード地を使用したボタンダウンシャツ。通常のオックスフォード地よりも上品な光沢がある(ロイヤルオックスフォードとも違う)のが魅力的です。

Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5117-31544: Off White
Oxford Buttondown Shirt 5117-31544: Off White
Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5117-31544: Off White
Off White
Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5117-31544: Off White
Off White
Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5117-31544: Off White
Off White
Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5117-31544: Off White
Off White
Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5116-33500: Sky Blue
Oxford Buttondown Shirt: Sky Blue
Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5116-33500: Sky Blue
Sky Blue
Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5116-33500: Sky Blue
Sky Blue
Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5116-33500: Sky Blue
Sky Blue
Scye Basics Oxford Buttondown Shirt 5116-33500: Off White
Off White
Scye Basics Plaid Oxford Buttondown Shirt 5117-31554: Blue
Plaid Oxford Buttondown Shirt 5117-31554: Blue
Scye Basics Plaid Oxford Buttondown Shirt 5117-31554: Blue
Blue
Scye Basics Plaid Oxford Buttondown Shirt 5117-31554: Blue
Blue
Scye Basics Plaid Oxford Buttondown Shirt 5117-31554: Blue
Blue
Scye Basics Plaid Oxford Buttondown Shirt 5117-31554: Blue
Blue
↑ クリックで商品一覧ページへ

一方こちらは、淡いブルーの配色が印象的なチェック柄のオックスフォードシャツ。ブラック・フリース(Black Fleece)亡きいま(?)、この手のお洒落なチェック柄のシャツは貴重だと思います。

orSlow(オアスロウ、オアスロー)

orSlow(オアスロウ、オアスロー)

orSlowオアスロウオアスローは、日本のカジュアルウェアブランド。19世紀から20世紀に誕生したワークウェアやミリタリーウェアを、今っぽく表現しているのだそう。ちなみに “orSlow” とは、“originality” のあるものを “slow” にデザインするという意味とのこと。

こちらは、薄手のデニム地のボタンダウンシャツ。素材はちょっとラギッドですけど仕様はしっかりアメトラですので、ドレススタイルにもしっくり来ます。着丈は裾出しにも対応。orSlowの定番商品です。

orSlow Buttondown Shirt 01-8012: Used
Buttondown Shirt 01-8012: Used
orSlow Buttondown Shirt 01-8012: Used
Used
orSlow Buttondown Shirt 01-8012: Used
Used
↑ クリックで商品一覧ページへ

Hand Room(ハンド・ルーム)

ハンド・ルームHand Roomは、2016年に誕生した日本のカジュアルウェアブランド。当ブログでも以前取り上げていた往年の名ブランドであるタブロイド・ニュースTabloid News)の元デザイナーが立ち上げたブランドなのです。

こちらは、高級コットンであるスーピマコットンスーピマ綿のオックスフォード地を使用したボタンダウンシャツ。バックボタンとハンガーループが付いたアメトラ度の高い仕上がりです。タコツボ型(?)の胸ポケットが面白いなと。バレルカフ仕様。身幅は若干細めで着丈は裾出しに対応します。日本製。

Hand Room B.D. Shirt 8061-1101: White
B.D. Shirt 8061-1101: White
Hand Room B.D. Shirt 8061-1101: Blue
Blue
Hand Room B.D. Shirt 8061-1101: Blue
Blue
Hand Room B.D. Shirt 8061-1102: Indigo
B.D. Shirt 8061-1102: Indigo
Hand Room B.D. Shirt 8061-1102: Indigo
Indigo
Hand Room B.D. Shirt 8061-1102: Indigo
Indigo
↑ クリックで商品一覧ページへ

一方こちらは、春夏向きのリネン100%地のボタンダウンシャツ。インディゴ染めと墨汁をコーティングを施した生地にギンガム型の抜染プリント加工を施しているそうで、有機的な面白い雰囲気に仕上がっていると思います。今っぽい柄だとも思いますよ。

Lands' End(ランズエンド)

ランズエンドのカジュアルシャツ、ワークシャツ: Lands' End Canvas The Heritage Oxford Shirt ランズエンドのドレスシャツ、ボタンダウンシャツ: Lands' End Buttondown Oxford Dress Shirt

アメリカのアパレル通販の雄であるランズエンドLands' End)は、シャツにはかなり力を入れています。

この値段で首回りと裄丈をこれだけ選べるシャツは、ほかにはなかなかないのでは? ランズエンドのカジュアルなボタンダウンシャツにも注目してください

Sunny Sports(サニースポーツ)

Sunny Sports(サニースポーツ)のシャンブレーワークシャツ、ジャケット、パーカー

適度にこだわったアメカジが得意なサニースポーツSunny Sports)は、2004年に誕生した神奈川県は茅ヶ崎市のカジュアルウェアブランド。

ワークシャツにすこぶる定評のあるブランドですが、ボタンダウンシャツもあります。ラギッドな雰囲気。

無印良品(Muji)

無印良品(Muji)のボタンダウンシャツ、ワークシャツ

庶民の味方(?)、無印良品Muji。お手頃価格が魅力です。

無印良品のシャツは、なんだかんだ言っていろいろ充実しています。柄も気が利いているものが多いと思いますよ。

他の記事も……

半袖(半そで)のボタンダウンシャツ、ワークシャツを集めてみました ワークシャツ、ミリタリーシャツ、ネルシャツを集めてみました

タグ / シャツ: ボタンダウンシャツ」をご覧いただくと、当ブログのボタンダウンシャツの記事をすべて網羅できます。また、「カテゴリ / シャツ」をご覧になると、当ブログのシャツに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2005年6月29日)商品を入れ替え。
  • (2005年8月24日)商品を入れ替え。
  • (2005年9月13日)商品を入れ替え。
  • (2005年9月26日)商品を入れ替え。
  • (2005年10月21日)商品を追加、入れ替え。
  • (2005年12月19日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年3月21日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年4月27日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年9月5日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年10月23日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年12月26日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年5月7日)商品を追加、入れ替え。
  • (2007年9月11日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2007年11月12日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年3月5日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年4月25日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年9月29日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年2月16日)2009年春夏最初の更新。
  • (2009年10月5日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年3月10日)2010年春夏最初の更新。
  • (2010年11月4日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2011年5月28日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年3月12日)2012年春夏最初の更新。
  • (2012年11月7日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年5月5日)2013年春夏最初の更新。
  • (2014年4月23日)2014年春夏最初の更新。
  • (2015年5月15日)2015年春夏最初の更新。
  • (2015年11月15日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年5月4日)2016年春夏最初の更新。
posted by blackwatch at 00:07| Comment(20) | TrackBack(0) | シャツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも楽しく拝見させていただいております。
ボタンダウンシャツのことでお聞きしたくてコメントさせていただきました。
こちら30歳の男です。
ここ最近ストライプのドレスシャツっぽいもので、着丈が短めの(シャツインしなくても着れる)ボタンダウンを探しているのですが、なかなかみつかりません。やはりストライプ柄のようなドレス系のシャツはシャツインが前提なのでしょうか。もしシャツインせずに着れるボタンダウンでストライプ柄のものをだしているブランド、メーカーがありましたらご教授お願いします。
Posted by 亮太 at 2010年11月09日 17:32
亮太さん、こんにちは。

言われてみると、確かにストライプ柄のシャツで短丈のシャツはそんなに多くないのかもしれません。裾出しするなら、どちらかというと無地やチェック柄のほうがしっくり来るような気がしないでもないです。

でも、カジュアルっぽい生地感もしくは柄なら、ストライプシャツを裾出ししても問題ないでしょう。

商品をざっと見た感じではあまり発見できなかったのですが、Band of Outsidersあたりにならあるのかな。

どうしても気に入ったシャツがなければ、着丈を短くお直しをする手もあります。2,000〜3,000円くらい出せば適当なお直しのお店でやってくれそうに思います。
Posted by blackwatch at 2010年11月10日 00:04
ありがとうございます。やはりむずかしいですね。カジュアルとドレスをひとつのアイテムで使用したいとおもってしまうのですが、やはり使い分ける感覚もいるのでしょうかね。ありがとうございました。
Posted by 亮太 at 2010年11月10日 23:15
亮太さん、こんにちは。

兼用だと、さらに選択肢は狭くなりますね。オックスフォード地のキャンディストライプならなんとか、といったところでしょうか。アメトラスーツ限定になりそうですが。
Posted by blackwatch at 2010年11月11日 00:05
いつも楽しく拝見させていただいています。
素朴な質問なのですが、白×黒のギンガムシャツに茶色の靴ってアリでしょうか。
どうしても、ベルトと靴の色を合わせるという概念から派生してしまい、服の色(特に黒や茶の場合)も靴にあわせるべきなのかと悩んでしまいます。
ご返答よろしくお願いします。
Posted by brooklyn at 2011年07月01日 07:45
brooklynさん、こんにちは。

どちらかというと黒靴のほうが相性が良いのでしょうが、ダークグレーだと思えばシレッと茶靴にも合わせられそうな気がします。「ここは紺やグレーではなく黒ギンガムだよな」という着こなしにするためには工夫が必要でしょうけど。

逆のパターンで、茶ギンガムシャツに黒靴のほうが難しいでしょうね。
Posted by blackwatch at 2011年07月02日 00:05
blackwatchさん、こんにちは。

シャツのサイズ(身幅)についてですが自分に合うサイズのものが
なかなか見つかりません。
当方
肩幅42〜3cm
胸囲83cm
なのですが、ネットショップで売られているサイズはSサイズであっても
身幅が100cm±3cm 程度です。(90cm台もありますが今度は肩や袖が足りないものが多いです)

100cmのものを自分が着ると肩は合っていても胴回りがダボダボになってしまいます。
タックアウトして着た際は特に「着られている」感が出てしまい、真横から見ると酷いものです。

自分に合うサイズのものを探すorオーダーメイドするしかないのでしょうか。
それともシャツはヌード寸法に対してこのくらい「ゆとり」を持っていいものなのでしょうか。

ご返答お願いします。
Posted by ぷー at 2012年03月10日 15:31
ぷーさん、こんにちは。

胸囲は私とそれほど変わらないように思いますが、私は身幅が100cm弱くらいのシャツならそんなにダボダボにはならないですねぇ。ぷーさんの身長・体重などが分かりませんので判断が難しいのですが、ぷーさんはかなり細身のシルエットを志向されているのかもしれません。

「胴回りがダボダボ」ということでしたら、胸囲の問題ではない可能性もあります。腰周りにダーツが入っているシャツはいかがでしょうか。Band of Outsidersが有名ですが、セレクトショップのオリジナルでも近年はそういうシャツがあると思います。
http://blackwatch.seesaa.net/article/35522183.html

あとは、単に着丈が長すぎるだけという可能性も。
Posted by blackwatch at 2012年03月11日 00:03
blackwatchさん、ご返答ありがとうございます。

>ぷーさんはかなり細身のシルエットを志向されている
タイトフィットのカットソー位のシルエットを想像していました。
シャツでそれは細身過ぎですか?(汗

身長は167cm位で体重は50Kgです。

以前購入したシャツ(胸囲94 着丈70 肩幅42)を着てみて横から見ると
体の線が出ていないというかもっさりした印象。(タックインするとまた違うのですが)
なんだか着られているみたいだなぁと思い質問しました。

自分の想像する「ダボダボ」が普通位なのかもしれません。
Posted by ぷー at 2012年03月13日 20:30
ぷーさん、こんにちは。

カットソーは伸縮性のある編み物(ニット)で、シャツは伸縮性のない織り物(布帛)、つまり素材が大きく違います。タイトなカットソーの寸法でシャツをつくると、ものすごく窮屈になってしまいそうです。

ぷーさんのシャツが本当にダボダボなのかは写真でもないと判断できませんので、なんとも言えません(そのシャツ以外はどうなのかなと)。ただ、仮にダボダボ(?)だとしても、少なくとも胸囲のせいではなさそうな気がしますねぇ。
Posted by blackwatch at 2012年03月14日 00:04
こんにちは。

最近セレクトショップでたまにノーカラーシャツを見ます(individualized shirtsとか)。
ノーカラーシャツってトラッドなファッションではあまり見ないと思うんですが、どんなスタイルに
相性がいいんですか?

個人的にはフレンチっぽい感じがするんですが^^)
Posted by ひむ at 2012年04月28日 22:24
ひむさん、こんにちは。

スタンドカラーとかマオカラーとかバンドカラーとかとも呼ばれるシャツですが、基本的には歴史の古いシャツみたいです。どう着こなせばいいのでしょうね。

フレンチといわれればまあそうかもしれません。個人的には、Margaret Howellあたりの緩い感じのカジュアルと合わせたいと思いました。あと、ヘンリーネックシャツの布帛版みたいなものですから、アメカジとも相性が良さそうです。
Posted by blackwatch at 2012年04月29日 00:11
こんにちは。遅くなりました。返信ありがとうございます。

確かにMHLとかに合いそうです。そういえばblackwatchさんはあまりMargaret Howellの商品をご紹介されてないようですが、お好きではないのですか?(それとも何かの大人の事情?)

ブリトラをお勧めされているわりにあまり言及されないので少し気になりました。まあいかにもなブリトラとは少し毛色が違う気もしますが・・・



Posted by ひむ at 2012年06月21日 02:38
ひむさん、こんにちは。

Margaret Howellはイギリス人ですけど、ここの服にブリティッシュっぽさは皆無ですよね。どちらかというとフレンチっぽいかと。また、モード色は比較的薄めですけど、トラッドという感じでもない。

Margaret Howellはそれはそれで良いブランドだと思うのですが、いまの状況では微妙にウチのブログでは取り上げにくいかなぁと。若い人のほうがしっくり来るでしょうし。Margaret Howellを取り上げるのなら、他にも取り上げるべきブランドがあるような気がします。

今後フレンチやミニマリズムが大きく盛り上がってきたときには、Margaret Howellを取り上げることがあるかもしれません。
Posted by blackwatch at 2012年06月22日 00:07
こんにちは、いつも楽しみにサイト閲覧しています。

先日、新しい靴〈コブラヴァンプ〉を買ったことにより

他のアイテムも欲しくなり〈汗〉ブルックスブラザーズのBDシャツを購入しました。

他のサイト等見てましたがイマイチイメージがつかめません、BDシャツをタックアウトして一枚で着る場合は、ハーフパンツ<今回はハーフパンツで合わせようと思っています>のどの部分に丈の部分が来るのが正解なのでしょうか? 

初歩的な質問ですいません、ご教授ください。
Posted by キナコ餅 at 2012年07月11日 06:15
キナコ餅さん、こんにちは。

シャツを裾出しで着る気方はトラッドな着方ではないので、コレといった確実な決まりごとはないのですよ。

……と、これだけで終わるのもアレなので私の思いつきを述べますと、着丈はお尻が半分くらいが隠れるくらいでしょうかねぇ。身幅が細ければ少し短め、身幅は広ければ少し長めがしっくり来るような気がします。パンツがショーツか長い丈かはあまり関係がないような。

ちなみに、私のBrooks Brothersのシャツの記事にも書いていますとおり、Brooks Brothersのシャツはたいてい着丈が長めです。裾出しするにはあまり向いていないかも。
Posted by blackwatch at 2012年07月12日 00:15
blackwatchさん、こんにちは。 

先日は自身のコメントが重複してしまい、申し訳ありませんでした。

シャツの着こなし一つ、いまいちな自分ですが、

このサイトで随分とイメージを膨らませてもらっています。

確かに、ブルックスの部分で書いてありますね〈汗〉

参考にしながら、着こなしを学ぼうと思います。

私の父も70年代初頭のアイビー、トラッド世代なのです。着こなしを見てると若い世代の着こなしでは

ありませんが、十分説得力のある着こなしをしているように私は思えます。

本来こういった着こなしに関する事、フィッティングに関していえば

父に聞くのがいいのでしょうが

なんでしょうか、父親になかなか着こなしを聞き辛いというか

少し恥ずかしいのです。父の知らない間に、さり気なくカッコよくなりたいという

屈折(笑)した感覚でしょうか。

これからも、楽しみに閲覧させて頂きます^^
Posted by キナコ餅 at 2012年07月12日 06:35
キナコ餅さん、こんにちは。改行はそこまで多くないほうが読みやすいですよ(笑)。

お父さまの着こなしに説得力があるとのこと。うらやましいですね。私の父親なんてぜんぜん服に興味がない人でしたから。

いずれにせよ、親子の関係は人それぞれですので、私から特に申し上げることはないですねぇ。
Posted by blackwatch at 2012年07月13日 00:02
今年久々にピンクのドレスシャツを購入しました。私が新社会人になった頃(90年代後半)には会社の先輩達が良く着ていたのを思い出します。あの頃から比べてビジネスにおける「お洒落れ」がイタリア一辺倒になった感じです。(あまりイタリアものでピンクというのが思いつかない)
 ピンク色のシャツはネイビーにもグレーにも合いますし、日本人の肌色にも合っていると思います。
ネイビーストライプのスーツやベージュのコットンスーツに合わせて「ブリトラ」なスタイルを楽しみたいと思います。
 ピンク色はアメトラとの相性も悪くないですよね。
Posted by yamatoshi-1 at 2013年04月05日 21:44
yamatoshi-1さん、こんにちは。

ピンク色のドレスシャツは、仰るとおりアメトラやブリトラと特に相性が良いと思います。クラシコ系だとあまり見ない気がしますね。まあ多少は人を選ぶでしょうが、似合う人ならお洒落に着こなせるでしょう。

私はいまはほとんどスーツを着ないのですが、スーツを着ていたときはしばしばピンク色のドレスシャツを着ていました。
Posted by blackwatch at 2013年04月06日 00:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3498702
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック