雑誌メンズ・プレシャス(Men's Precious)2013年夏号は「フレンチダンディズム」特集

冒険者たち

雑誌メンズ・プレシャスMen's Precious2013年夏号の大特集は、「今こそ! 『フレンチダンディズム』宣言」。要するにフレンチ特集です。

当ブログでは数年前からけっこうフレンチスタイルを取り上げてきましたが、今季あたりから本格的にフレンチが注目されつつあるようです。

今号の内容は、フランス人セレブとフランスの有名ブランドの紹介が主かな。用語集はまあまあ面白かったですが、具体的なフレンチな着こなしの提案は多くはなかったです。もっとも、そもそもこの雑誌は全体にブルジョワ(汗)な感じなので、そのへんが好みを分けるかなと。

ルミノア、オーチバルのバスクシャツ、ボーダーTシャツ: なまいきシャルロット

フレンチについて私が気になることは、2010年代の大人向けフレンチ・トラッドの核となるブランドは何かということ。アメトラだとブルックス・ブラザーズBrooks Brothersラルフ・ローレンRalph Lauren、ブリティッシュだとハケットHackett、そういうのに相当するフレンチブランドはなんだろうなと。

80年代(1980年代)から90年代(1990年代)にかけてならオールド・イングランドOld Englandが相当したと思うのですが、いまはもう当時の勢いはないもよう。やはり当時人気があったマルセル・ラサンスMarcel Lassanceはいまでもいちおう日本で取り扱いはあるようですが、今後人気が復活するかはよく分かりません。

メゾン・キツネMaison KitsuneA.P.C.アー・ペー・セーアニエス・ベーagnes b.あたりは、どちらかというと若い人向けなんですよね。

アルニスArnysはどうか。素敵なブランドであることは間違いないのですが、良くも悪くもちょっとブルジョワっぽい雰囲気があって、着る人を選ぶ感はあります。

カバーオール、ワークジャケットを集めてみました

ところで、映画『ビル・カニンガム&ニューヨーク』が意外に話題になっているようです。ビル・カニンガム氏の着ているフレンチブルーのフレンチカバーオールは魅力的だなと。フレンチスタイルといえばこういうネタもあります。

Scye Basics(サイ・ベーシックス)の半袖ボタンダウンシャツ

Scye Basics(サイ・ベーシックス)

Scyeサイは、2000年創業の日本のMasterpiece and Co.の1ブランド。ScyeのポロシャツやPコート(ピーコート)はすでに「セレクトショップ」などで大人気でして、なじみのある方も多いのでは。Scye Basicsサイ・ベーシックス)は、Scyeのベーシックラインです。

Scye Basicのボタンダウンシャツは、基本的にはほぼ完璧なアメトラ仕様といえます。首の後ろのバックボタンとハンガーループ(ロッカーループ)でさらにアメトラ度が濃厚に。胸ポケットの代わりにScyeのロゴマークが入っていて(ラルフ・ローレン風)、昔のワークシャツのような空環仕様です。

こちらは、基本のオックスフォード地の半袖ボタンシャツ。身幅は比較的細めで、着丈はどちらかというとタックイン向きかな。

Scye Basics 5113-31537: Pale Blue, Off White
5113-31537: Pale Blue, Off White
Scye Basics 5113-31537: Off White
Off White
Scye Basics 5113-31537: Pale Blue
Pale Blue
↑ クリックで商品一覧ページへ
Individualized Shirts(インディビジュアライズド・シャツ、インディビジュアライズドシャツ、インディビ)のボタンダウンシャツ(スリムフィット) Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のボタンダウンシャツ(ポロカラーシャツ)

なお、半袖シャツを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック