ピッティ・イマジネ・ウォモ(Pitti Immagine Uomo)の2014年春夏の傾向、とな?

Lardini(ラルディーニ)のジャケット、ブレザー

ピッティ・イマジネ・ウォモPitti Immagine Uomoは、イタリアはフィレンツェで毎年2回開催されるメンズファッションの見本市。世界中からファッション関係者が買い付けのために集まってきます。コンサバスタイルのためのファッションショー的な一面もあるといえるかな。

2014年春夏の見本市が先日まで行われていましたので、その様子を見てみましょう。モードのショーと違って、実際にすぐ活用できそうな現実的な提案ばかりです。いまならセールで来年ぶんの先取り買いができるかも。

まずは、いつも頼りになりますビームスBeams中村達也氏の記事から。

Beams F(ビームスF)

ブルー、グリーン、ピンク、レッド、イエロー、オレンジなど、相変わらず鮮やかなカラーを提案するサプライヤーが圧倒的に多く、会場内は華やかな印象です。それらをネイビーやベージュやブラウンなどのベーシックカラーと絡ませた提案も多く見られました。

パンツ、シャツ、ジャケットを中心にチェックの提案は引き続き多いですが、ジャケットに関しては大柄のチェックが若干少なくなり、普通の大きさのチェックやウィンドウペンが増えた印象です。

会場にいる人達も以前のようなワイルドで押しの強いスタイルの人は少なくなり、キレイな色を身につけた小綺麗なスタイルの人達が更に増えた印象です。

次は、雑誌メンズ・プレシャスMen's Preciousのファッションディレクターを務める山下英介氏。この方は私より年下なのですが、流行を読む感覚の鋭い方という印象があります。

スーツよりジャケット、ストライプよりチェック、地味色より派手色、といったここ最近の傾向は変わらずですが、

今季はツイードやブークレ調の今まで春夏ものにはあまり使われていなかった立体感のある生地や、シルクやシルク混素材 で変化をつける動きがあるようです。

で、色味はやっぱりまだまだグリーンとオレンジが双璧です。

そして、ジャケットスタイルのキーアイテムになるのがダブルのオッドベスト。

カモフラ柄はまだまだ人気。

ジェントルマンなスーツスタイル、かっちり撫で付けたヘアスタイルに髭ボーボーというワイルドジェントルマンが急増していました。

地球の歩き方 フィレンツェとトスカーナ
Amazon.co.jp
アソシエイト

というわけで、細かな変化はあるようですが「チェック柄」「華やかな色遣い」といった近年の傾向に変化はない模様です。

ちなみにこんな意見も。ピッティに出展したリゾルトResolute林芳亨氏のお話。ピッティがメンズコンサバファッションの中心になったのは90年代(1990年代)中旬以降だったかな。

メンズファッションはまだイタリアがメインやから、Pittiがええやろいう結論やった。個人的にはもうイタリアやないんとちゃうか思うてるけどなぁ。(笑)

最後に、ピッティに集まった伊達男たちをご紹介。近年は良くも悪くも派手に、そしてカジュアルになっていますなぁ。

こちらは今年の秋冬向けの記事です。

Resolute(リゾルト)のジーンズ

リゾルトResoluteは、ドゥニームDenimeの元デザイナーの林芳亨氏が2010年に立ち上げたジーンズブランド。いま、ファッション好きの人に最も注目されているジーンズブランドのひとつなのは間違いないでしょう。

ここのジーンズは「仕立ての良いジャケットやコート、ドレスシャツにタイドアップといった大人のデニムの着こなしにもしっかりフィットするパンツ」を目指しているということで、まあつまり格好良く履きこなせるということです。もちろん、耳付きなどの基本仕様はしっかり押さえています。日本製。

基本モデルの特徴は、以下のとおり。

710

少し細めのストレートで、リーバイス501の66モデル型。ボタンフライ。リゾルトの代表作。

711

少し太めのストレートで、リーバイス501のXXモデル型。ボタンフライ。

712

股上が浅く、膝から下がテーパードして裾幅が細めのストレートで、リーバイスの505型。ジッパーフライ。

713

基本は710で、股上が浅めのストレート。ボタンフライ。

Resolute 710
710
Resolute 710
710
Resolute 710
710
Resolute x Individualized Shirts Buttondown Shirt: White
Individualized Shirts Buttondown Shirt: White
Resolute x Individualized Shirts Buttondown Shirt: White
White
Resolute x Individualized Shirts Buttondown Shirt: White
White
↑ クリックで商品一覧ページへ
Individualized Shirts(インディビジュアライズド・シャツ)のスリムフィットのボタンダウンシャツ

リゾルトとあのインディビジュアライズド・シャツIndividualized Shirtsがコラボして、ボタンダウンシャツをつくっています。

最大の特徴は、前ボタンの数が通常より1つ少ない6つということ。第1ボタンを外して着たときの胸元の開き具合が広すぎず狭すぎずで、通好みの仕様といえます。昔のブルックス・ブラザーズBrooks Brothersのシャツの仕様がこうだったんですよ。

なお、ジーンズや5ポケットパンツを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • k.s.

    リゾルトの710をほんの1週間前に購入して毎日履いてます。味がすごく出てくるということでガシガシに履いてガシガシ洗って色落ち楽しみたいと思います。毎日履きたくなるほど履き心地も良いです!かなり満足してますよ。学生にとってはかなりの出費な感じでしたけど、いつ買うの?今でしょ的な感じで買ってほんま良かったです。笑
    2013年07月06日 00:37
  • blackwatch

    k.s.さん、こんにちは。

    Resoluteのジーンズは、林芳亨氏の履きこなし方が素敵なんですよね。彼の考え方も明快で、ついついResoluteのジーンズも欲しくなっちゃいます。
    2013年07月07日 00:03

この記事へのトラックバック