トム・ブラウンのスーツを着たデヴィッド・ボウイ

ロックTシャツを集めてみました: The Best of David Bowie

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)とのコラボが話題のトム・ブラウンThom Browne)ですが、あのデヴィッド・ボウイDavid Bowieがトム・ブラウンのスーツを着ている姿を発見しました。2005年の "Fashion Rocks" というイベントだそうです。

そのときの映像を、YouTubeで発見。パンツ丈が短くて、裸足! まさしくトム・ブラウン流ですな。音が出ますので、注意してください。

David Bowie: Hunky Dory / デヴィッド・ボウイ: ハンキー・ドリー
Amazon.co.jp
アソシエイト

ちなみに "Life on Mars?"(『火星の生活』)は、1971年発表の彼の(数多い)代表曲のひとつ。当時のビデオがありました。どっぷりグラムロック時代のころ。(注)同一人物です。

グラム時代のデヴィッド・ボウイなら、私は "Starman"(『スターマン』)という曲も好きですね(1972年)。最後のリフレインなんて、いっしょに歌いたくなっちゃう。

グラム時代のボウイは、山本寛斎の服をよく着ていたみたい。というか、当時の山本寛斎のメチャメチャ奇抜な服を着こなせるのは、ボウイくらいしかいなかったような…。

さて、私のボウイの大好きな曲は、最初期(1969年)の "Space Oddity"(『スペイス・オディティ』)という曲(この映像は1972年のもの)。メロトロンの響きが溜まりません…。そういえば、この曲の主人公は "Major Tom" ですね。

この曲の極初期のライブ演奏を発見。この時期のボウイは、少女マンガに出てきそうな長髪の美少年ですな。演奏は生オーケストラ(?)で豪華なんですが、誰かハモってあげて欲しい…。

David Bowie: Low / デヴィッド・ボウイ: ロウ
Amazon.co.jp
アソシエイト

1975年に、デヴィッド・ボウイは初の全米ナンバーワンシングルである "Fame"(『フェイム』)を発表。宮沢りえが "Game" と曲名と歌詞を変えてカバーしていたような…。

これは、何と日本公演におけるライブ。1978年ですが、すでに彼の穿いているパンツのシルエットは80年代風かな。

1977年に、ベルリン時代の第一作であるアルバム "Low"(『ロウ』)を発表。"Warszawa"(『ワルシャワの幻想』)は、感動的な名曲です。同じく日本公演から。

…というわけで、トム・ブラウンはどっかに行っちゃいました(汗)。ロックに興味のない方、ゴメンナサイ。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • サガ

    グラムロック世代とは程遠いですがデヴィッドの画像を見ると
    あー時代も本人も変わったなーと思いますね。
    デヴィッドはかなり太ったといわれていますが(まあ確かにそうですが)
    それでも良い歳のとり方してますね。あれで少し痩せると本当にカッコイイかも。
    2007年03月28日 16:04
  • blackwatch

    サガさん、こんにちは。

    デヴィッド・ボウイも今年で還暦(!)ですから、体型は大目に見てあげましょう(汗)。というか、ヘタに痩せてると別な意味で心配な年頃かも。

    70年代の彼は、本当に神懸かっていたと思います。
    2007年03月29日 00:02
  • ヤマ

    デビットボーイ丈短ですね。あれで裸足ではなく5本指のショートソックスでもあわせてたら完璧ですな。
    2007年04月01日 03:01
  • blackwatch

    ヤマさん、こんにちは。

    仰るとおり、トム・ブラウンはショートソックスを履いているんですよね(5本指なんですか?)

    で、ボウイの映像をもう一回よく観てみたところ、彼もショートソックスを履いていました…。裸足じゃないですね、失礼しました。
    2007年04月02日 00:08

この記事へのトラックバック