ニューバランス(New Balance)のイギリス製M998、アメリカ製M1300、M1400

New Balance(ニューバランス)のスニーカー、ランニングシューズ

ニューバランスNew Balance)を別記事で大きく紹介していますが、気になるモデルが登場していますので、今日はそのご紹介。

M576576)は、1988年登場のモデル。オフロードでも使用可能なグリップ性の高いソールを使用しているのが特徴です。今回はイギリス製Made in UK)で、ブリティッシュ・カルチャーシリーズの “Tea Collection”。渋い色合いが魅力です。

ヌバック地のM576もありまして、こちらはお洒落っぽい上品な発色が魅力です。

M576 UK Tea Collection: TGY
M576 UK Tea Collection: TGY
M576 UK Tea Collection: TOL
TOL
M576 UK Tea Collection: TBR
TBR
M576: NTO
M576: NTO
M576: NTO
NTO
M576: NNV
NNV
M1300: GD
M1300: GD
M1300: GD
GD
M1300: BB
BB
M1400: BKS
M1400: BKS
M1400: BKS
BKS
↑ クリックで商品一覧ページへ

ニューバランスの名作はいろいろありますが、おそらく一番人気が高いのは1985年に登場した1300ではないでしょうか。高級スニーカーの元祖的存在で、あのラルフ・ローレンRalph Laurenも愛用したらしいという名作中の名作です。

今回は、アメリカ製Made in USA)のM1300が入荷しています。M1300にしてはちょっと変わった色遣いが魅力的だと思いました。

M14001400)は1994年に登場のモデル。本当は80年代の後半に開発されたのですが、当時の技術力では生産できなくていったんお蔵入りになったんだそう(M1500が先に出ちゃいました)。今回は、直球勝負の黒。普通の黒い靴なら見た目が重くなりそうなときも、この手の多色遣いのスニーカーならそうなりません。アメリカ製。

Onitsuka Tiger(オニツカタイガー)のスニーカー(靴) Maccheronian(マカロニアン)靴、のスニーカー

なお、スニーカーを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。前回のニューバランスの記事は、こちらです。

Lubiam(ルビアム)のテーラードジャケット

Lubiam(ルビアム)

ルビアムLubiamは、1911年創業のイタリア北部はマントヴァの社のスーツ・ジャケットブランド。老舗らしく程好く流行を取り入れた商品をつくっているようです。

こちらは、秋冬向きのカシミア混のウール地を使用した3つボタン中1つ掛けサイドベンツ、パッチポケット仕様のジャケット。ブラックジャケットですが、ボタンで軽さを出していると思います。身幅は細めですが着丈はふつうくらい。

Lubiam 2632 00234: Black
2632 00234: Black
Lubiam 2632 32205: Navy
2632 32205: Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

一方こちらは、同型の秋冬向けウール地のネイビージャケット。ちょっと明るめのネイビーがいまっぽいですし、実際に着こなしやすいと思います。

お盆も終わってそろそろ夏も終わり。テーラードジャケットの季節がやってきますよ。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のネイビーブレザー(紺ブレ)、テーラードジャケット Lardini(ラルディーニ)のジャケット、ブレザー

なお、ネイビーブレザーを集めた記事やテーラードジャケットを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • takki

    newbalanceといえば、スケートシューズライン(NewBalance Numeric)を少し前に立ち上げましたよね。個人的には最近こちらも気になっており、早く日本でも展開されないかと楽しみにしています。
    2013年08月19日 00:22
  • blackwatch

    takkiさん、こんにちは。Vans系の路線を狙っているのでしょうね。

    ただ、いわゆる「横乗り」系のスポーツはいまいちコンサバファッションと相性が良くなくて、中でも特にスケートボードは相性が悪いのですよねぇ。

    40代以上の普通のサラリーマンでスケートボードが似合う人は、かなり少ないだろうと思われます……(想像してみてください)。というわけで、個人的にはその手の路線は残念ながらあまり興味が湧かないのですよ。
    2013年08月20日 00:03
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/372367280
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック