リーバイス・イーショップ(LEVI'S E-SHOP)の新規登録で15%OFFクーポンキャンペーン

Levi's(リーバイス)の公式オンラインストアができました!

リーバイスLevi's)を別記事で大きく取り上げていますがリーバイス・イーショップLEVI'S E-SHOP)さんのところでお得な催しが始まっています。

新規会員登録メルマガ登録をすると、15%OFFクーポンがプレゼントされます。すでに会員の人はちょっと残念ですが、まだ会員でない人はこの機会をうまく利用してください。細かい情報はこちら。

  • クーポン配布期間: 10月1日)の午前10:00まで。
  • クーポン有効期限: 10月31日)まで。
  • 使用有効回数: 1回のみ有効
  • 対象商品: アウトレットやセール価格商品は対象外
  • クーポンコード: afnew201309

そのほかのセール情報は、こちらです。

靴・鞄
ショッピングモール
「セレクトショップ」
公式通販

Inverallan(インバーアラン、インヴァーアラン、インバーラン)のシェットランドセーター

Inverallan(インバーアラン、インヴァーアラン、インバーラン)

インバーアランインヴァーアランインバーランInverallan)は、イギリスはスコットランドのニットブランド。アランセーターが有名なブランドですが、セーター全般に力を入れています。

こちらは、起毛されて温かみのあるシェットランドシェトランドウールを使用したセーター。いまの時代の基本の一枚といえるでしょう。クルーネックとVネックカーディガンがあります。身幅はけっこう細めです。

Inverallan Shetland Wool Crewneck Sweater: Medium Grey
Shetland Wool Crewneck Sweater: Medium Grey
Inverallan Shetland Wool Crewneck Sweater: New Navy
New Navy
Inverallan Shetland Wool Crewneck Sweater: Denim
Denim
Inverallan Shetland Wool Crewneck Sweater: Black
Black
Inverallan Shetland Wool V-neck Cardigan: Denim
Shetland Wool V-neck Cardigan: Denim
Inverallan Shetland Wool V-neck Cardigan: New Navy
New Navy
Inverallan Shetland Wool V-neck Cardigan: Medium Grey
Medium Grey
Inverallan Shetland Wool V-neck Cardigan: Black
Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

今季もシェットランドウールのセーターは人気がありますね。基本色はそろえておきたいところ。

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ)のスウェットシャツ、パーカー、カットソー、セーター(ニット) John Smedley(ジョン・スメドレー)のメリノウールのセーター、カーディガン、ニットベスト

なお、ウールセーターを集めた記事やウールニットカーディガンを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • MARUKO

    管理人様、はじめまして。

    いつも楽しく「男のマジメ服」拝見させて頂いております。

    突然の質問で大変恐縮ではございますが、どうしても管理人様の御意見をお伺いたく、初めて書き込みをさせていただきました。

    以前、こちらのBLOGでも紹介されていた、Bills khakisのM2に興味を持ち、先日購入致しました。
    カジュアルでの使用を考えており、Aldenのプレーントゥや、Red Wingのポストマンシューズなどに合わせての使用を考えているのですが、裾をどのような仕上げにすれば良いか悩んでおります。

    突然の質問で大変恐縮ではございますが、是非管理人様の御意見をお聞かせください。
    2013年09月18日 18:20
  • blackwatch

    MARUKOさん、こんにちは。

    一番無難に考えるのなら、タタキ仕上げでしょう。クリース(折り目)を入れるのであれば、私はダブル仕上げをオススメしたいです。クリースなしでもダブルにする考え方もあるようです。ダブル仕上げにしておけば、あとでタタキに直すことも可能でしょう(多少跡が残るかもしれませんが、カジュアルな生地なら問題ないと考えます)。

    それでも悩むようでしたら、裾上げせずにロールアップする考え方もありまして、いまの時代はこれで特に問題なかったりします(生地が余りすぎているとロールアップ部分がかさばるかもしれませんが)。ロールアップに飽きたら、そのとき改めて裾上げについて考えることになります。
    2013年09月19日 00:03

この記事へのトラックバック