エンジニアード・ガーメンツ(Engineered Garments)のラギッドなテーラードジャケット

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ、エンジニアードガーメンツ)

今日は、エンジニアード・ガーメンツエンジニアードガーメンツEngineered Garmentsテーラードジャケットを取り上げます。《最終更新日: 2016月10月14日》

Engineered Garments(エンジニアード・ガーメンツ、エンジニアードガーメンツ)の「ラギッド」なジャケット

エンジニアード・ガーメンツは1999年に誕生した国内カジュアルウェアブランドで、ネペンテスNepenthesの兄弟ブランドといっていいのかな。今風のオトナっぽいアメカジを目指すなら、このブランドは今絶対にオススメ。

ここのジャケットの特徴は、このブランドらしく「ラギッド」な雰囲気であること。「ジャケットは堅苦しくて……」というアメカジ派の御仁も、エンジニアード・ガーメンツのものなら気軽に着こなせるでしょう。

デザイナーは、鈴木大器氏です

エンジニアード・ガーメンツのデザイナーは、ニューヨーク在住の鈴木大器氏です。エンジニアード・ガーメンツは、GQCFDAアメリカファッション協議会が主催するThe Best New Designers in America 2008大賞に選ばれています。これは快挙だと思いますよ。

The Police (2CD Anthology) / ポリス: グレイテスト・ヒッツ
Amazon.co.jp
アソシエイト

ちなみに、ザ・ポリスThe Policeのギタリストであるアンディ・サマーズAndy Summersも、エンジニアード・ガーメンツを愛用しているのだそうな。さらには、レディオヘッドRadioheadトム・ヨークThom Yorkeも買っていたみたい。

こちらは、鈴木大器氏のお気に入り、および仕事場の特集です。海外のメディアにもよく登場なさっていますね。

ちなみに、「エンジニアード・ガーメンツ」の略し方にはいろいろ論争があるとのこと。「EG(イージー)」派が多いのかな。

主に、「EG(イージー)」、「ガーメンツ」、「エンガメ(ギルガメ風)」、そしてアメ横界隈では「エガちゃん」と呼ばれているという噂も……。

呼び方は、特にどう呼んでも良いと思いますが、ちなみにアメリカのN.Yのエンジニアド・ガーメンツのスタッフおよびデザイナーである鈴木大器氏は「EG(イージー)と呼んでいます。

ネペンテスさん、そしてビームス プラスでも「EG」なので、身内は「EG」派が主流です。

こちらは、エンジニアード・ガーメンツを着たニック・ウースター氏。

ついでに、エンジニアード・ガーメンツを着た渋いオヤジをご紹介。

そうそう、なぜかラーメン屋の博多一風堂のニューヨーク店の制服をデザインしています。

Baker Jacket(ベイカー・ジャケット、ベーカー・ジャケット)

Baker Jacketベイカー・ジャケットベーカー・ジャケット)は、3つボタンサイドベンツが特徴のテーラードジャケット。パッチ&フラップポケット仕様がアメトラらしさを感じさせます。身幅は細め。

こちらは、平織りのコットンポプリン地のBaker Jacket。タータンチェックの中でも一番アメリカと相性が良さそうな(?)ブラックウォッチ柄を採用しています。秋冬の商品ですがあまり季節感はない感じ。

Baker Jacket - Cotton Poplin: Black Watch
Black Watch
Baker Jacket - Cotton Poplin: Black Watch
Black Watch
Baker Jacket - Cotton Poplin: Black Watch
Black Watch
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Uniform Sergeユニフォーム・サージ)は、アメリカのメトカーフ・ブラザーズMetcalf Brothers社の本物の制服などに使われるウールサージ地。マジメな印象の生地といえます。秋冬用ですがそれほど起毛されていないので春先にも着られるでしょう。

こちらは、そのUniform Sergeを使用したBaker Jacketです。

Baker Jacket - Uniform Serge: Navy
Navy
Baker Jacket - Uniform Serge: Navy
Navy
Baker Jacket - Uniform Serge: Navy
Navy
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Bedford Jacket(ベッドフォード・ジャケット)

Bedford Jacketベッドフォード・ジャケット)は、エンジニアードガーメンツの定番的デザインのジャケットのひとつ。胸ポケットが2つあり、襟のタブで首元を閉じられるのが特徴です。ピークトラペル仕様。カバーオール的なカジュアルな雰囲気。

こちらは、張りがあってけっこう腰のある厚手のコットン地を使用したBedford Jacket。厚手ですがあまり季節感はないでしょう。

Bedford Jacket - Cotton Double Cloth: Olive
Olive
Bedford Jacket - Cotton Double Cloth: Olive
Olive
Bedford Jacket - Cotton Double Cloth: Olive
Olive
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

こちらは、秋冬の大定番生地であるコーデュロイコール天地のBedford Jacket。コーデュロイが活きる色合いも魅力です。

Bedford Jacket - 11W Corduroy: Khaki
Khaki
Bedford Jacket - 11W Corduroy: Khaki
Khaki
Bedford Jacket - 11W Corduroy: Khaki
Khaki
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

こちらは、ドレス感のあるウールサージ地のBedford Jacket。近年のエンジニアード・ガーメンツが力を入れている生地です。

Bedford Jacket - Uniform Serge: Dark Navy
Dark Navy
Bedford Jacket - Uniform Serge: Dark Navy
Dark Navy
Bedford Jacket - Uniform Serge: Dark Navy
Dark Navy
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Andover Jacket(アンドーバー・ジャケット、アンドーヴァー・ジャケット)

Andover Jacketアンドーバー・ジャケットアンドーヴァー・ジャケット)は、チェンジポケットチケットポケット、右腰の小銭用の小さなポケット)付きで、そして胸ポケットにもフラップが付いているのが特徴。ポケットの角度にも注目してください。ウエストもシェイプされています。3つボタン中1つ掛けでフックベント仕様。

こちらは、おなじみチノクロス地を使用したAndover Jacket。あまり季節感はありませんが、総裏仕様。

Andover Jacket - Chino Twill GT195: Dark Navy
Dark Navy
Andover Jacket - Chino Twill GT195: Dark Navy
Dark Navy
Andover Jacket - Chino Twill GT195: Dark Navy
Dark Navy
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

こちらは、温かみのあるウール地を使用したAndover Jacket。スーツのようなストライプ柄ですが、エンジニアード・ガーメンツのジャケットはつくりがカジュアルなのでシックになりすぎません。

Andover Jacket - St. Worsted Wool GT193: Navy
Navy
Andover Jacket - St. Worsted Wool GT193: Navy
Navy
Andover Jacket - St. Worsted Wool GT193: Navy
Navy
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Loiter Jacket(ロイター・ジャケット)

Loiter Jacketロイター・ジャケット)は、いちおう3つボタンジャケットのようなデザインですが、シャツのような一枚仕立ての簡易なつくりなのが特徴。身幅は余裕があって着丈は少し短め、ノーベント仕様。

こちらは、夏向きの平織りコットン地であるローン地を使用したLoiter Jacket。ペイズリーペーズリー柄があしらわれています。ジャケットリクワイヤードJacket Requiredさんの別注商品。

Loiter Jacket - Paisley Lawn: Navy
Navy
Loiter Jacket - Paisley Lawn: White
White
Loiter Jacket - Paisley Lawn: White
White
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ダブルブレストのDexter Jacket(デクスター・ジャケット)

ダブルブレスト(ダブル前)のテーラードジャケット、ブレザーを集めてみました

エンジニアード・ガーメンツには、ダブルブレストダブル前)仕様のテーラードジャケットもあります

Dexter Jacketデクスター・ジャケット)は、4つボタンサイドベンツ、パッチポケットのダブルブレストテーラードジャケット。ダブルブレストといってもカジュアル感があります。身幅は少し細めで着丈は少し短め。

こちらは、柔らかな感触と光沢が特徴のコットン製ベッチン別珍地のDexter Jacket。シックな雰囲気がありますからカジュアルなパーティーに着て行ってもいいかもしれませんね。基本的には秋冬向き。

Dexter Jacket - Velveteen GT196: Navy
Velveteen: Navy
Dexter Jacket - Velveteen GT196: Navy
Navy
Dexter Jacket - Velveteen GT196: Navy
Navy
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

こちらは、生地感のあるドビー織りコットン地のDexter Jacket。特に黒だとフレンチカジュアルとの相性も良さそうです。それほど季節感はなくて、秋冬から春先向き。

Dexter Jacketに堅苦しさは皆無ですので、ダブルブレストジャケットの入門用としても向いているでしょう。

Dexter Jacket - Cotton Dobby: Black
Cotton Dobby: Black
Dexter Jacket - Cotton Dobby: Black
Black
Dexter Jacket - Cotton Dobby: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Knit Blazer(ニット・ブレザー)、Knit Jacket(ニット・ジャケット)

Knit Blazerニット・ブレザー)は、ジャージー地のモデル。ラクチンな着心地を楽しめます。3つボタン3パッチポケット仕様。

こちらは、ナイロンコットンのジャージー地のKnit Blazer。あまり季節感はないでしょう。

Knit Blazer - Nyco Jersey: Khaki
Khaki
Knit Blazer - Nyco Jersey: Khaki
Khaki
Knit Blazer - Nyco Jersey: Navy
Navy
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

こちらは、フワフワのウール混紡ジャージー地を使用したKnit Blazer。なんと言っても鹿柄が雰囲気を盛り上げてくれます。こんなジャケットはそうそう入手できないでしょう。

Knit Blazer - Deer Wool Jacquard: Red
Red
Knit Blazer - Deer Wool Jacquard: Red
Red
Knit Blazer - Deer Wool Jacquard: Red
Red
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Freak's Store(フリークスストア)とのコラボ

Freak's Store(フリークスストア)

エンジニアード・ガーメンツが、フリークスストアFreak's Store)とコラボしました。

スタンドカラー仕様のジャケットのことをネルー・ジャケットネール・ジャケットと呼ぶのですが、Nehru Jacketはまさにそれ。インドの初代首相であるジャワハルラール・ネルーネールが着ていたジャケットにちなみます。ちなみに、毛沢東も着ていたのでマオカラースーツとも呼ばれます。

フリークスストアは、Nehru Jacketをフラップ&パッチポケットに別注しています。よりトラッドっぽい仕上がりといえそう。生地は薄手の高密度コットンツイルと、春夏トラッドの大定番生地であるシアサッカーがあります。

New Nehru Jacket High Count Twill: Beige
High Count Twill: Beige
New Nehru Jacket High Count Twill: Beige
Beige
New Nehru Jacket High Count Twill: Navy
Navy
New Nehru Jacket Seersucker Stripe: White
Seersucker Stripe: White
New Nehru Jacket Seersucker Stripe: White
White
New Nehru Jacket Seersucker Stripe: White
White
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

その他

その他のエンジニアード・ガーメンツ(エンジニアードガーメンツ)は、こちら。

他の記事も……

Ring Jacket(リング・ヂャケット、リング・ジャケット)のテーラードジャケット、ブレザー Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のネイビーブレザー(紺ブレ)、テーラードジャケット

テーラードジャケットを集めた記事やネイビージャケットを集めた記事がありますので、まずはそちらをご覧ください。「タグ / Engineered-Garments」をご覧になると、当ブログのエンジニアード・ガーメンツに関する全記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2007年9月23日)2007年度秋冬最初の更新。
  • (2008年3月17日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年10月30日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年5月19日)2009年春夏最初の更新。
  • (2009年10月21日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年5月6日)2010年春夏最初の更新。
  • (2011年4月29日)2011年春夏最初の更新。
  • (2011年11月17日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年4月14日)2012年春夏最初の更新。
  • (2012年10月24日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年4月6日)2013年春夏最初の更新。
  • (2013年11月12日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年4月25日)2014年春夏最初の更新。
  • (2014年10月22日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年4月13日)2015年春夏最初の更新。
  • (2015年10月28日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年4月28日)2016年春夏最初の更新。
  • (2016年10月14日)2016年度秋冬最初の更新。

この記事へのコメント

  • saku

    こちらでよかったのかな?教えてください。
    20代ちょうど真ん中になり去年からカジュアルなジャケットを好みEGと出合いました。
    アメトラは憧れでボタンダウンシャツにアンドーバージャケットなどアメトラ風な服が好きでおもにデニムに合わせて着ています。
    今期のAWでアンドーバージャケットにウーステッド ウールフランネルのダークオリーブカラーのアンドーバージャケットがあるのですが生地てきにデニムと合わせるのはよろしくないのでしょうか?
    またアンドーバージャケットのヘリンボーンをデニムとよく合わせるのですが問題ないのでしょうか?
    2014年11月13日 18:50
  • blackwatch

    sakuさん、こんにちは。

    最初にいちおう確認させていただきますが、「デニム」とはいわゆるデニム地のジーンズのことですよね。シャツなどではなく。

    (デニム地の)ジーンズは懐の深いアイテムですので、たいていの服に合いますよ。着こなしの完成度を上げるためには、シルエットや色落ち具合に気をつける必要はありますけど。

    Engineered Garmentsは、それほどアメトラという感じのブランドでもないのですけどね。Brooks BrothersやJ.Pressなどとはまた違う雰囲気です。
    2014年11月14日 00:04
  • saku

    返信ありがとうございます。
    デニムはジーンズのことです。
    サイジングなどのバランスはこれから学んでいきたいと思います。
    EGのアンドーバージャケットに関してなのですがアンドーバージャケットはセンターベント にフックベントなどアイビーのジャケットの要素が入ってるかと思うのですがほんとうに好きな人から見ればアンドーバージャケットはアイビー風のジャケットになるのでしょうか?
    2014年11月14日 17:31
  • blackwatch

    sakuさん、こんにちは。

    フックベントなら必ずアイビー風かというとそうではなく、といいますかAndover Jacketにアイビー的な要素はフックベントしかないですね。

    Engineered Garmentsのジャケットの中では、Baker Jacketあたりはかなりアイビーっぽい仕様といえます。ラペルやポケットなどの仕様がそれっぽい。仕立てはかなりカジュアルですけど。

    もちろん、アイビー風だから良いとか悪いとかの話ではなく、方向性の違いの話です。
    2014年11月15日 00:02
  • saku

    大変勉強になりました。
    これからも勉強します。
    ありがとうございます。
    2014年11月15日 14:27
  • blackwatch

    sakuさん、こんにちは。

    以前Andover Jacketについて「アメトラ風のフックベント仕様です」と説明していましたので、もしかするとそれの影響があったのかなと。やはり後ろの仕様よりも前の仕様のほうが、より強い印象を与えるのは確かですね。
    2014年11月16日 00:01
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37987260
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック