2005年05月22日

半袖(半そで)のボタンダウンシャツ、ワークシャツを集めてみました

Short Sleeve Buttondown Shirt

今日は、半袖半そでシャツドレスシャツワイシャツ)を取り上げます。

アメトラアメリカン・トラッド派ならボタンダウンシャツアメカジアメリカン・カジュアル派ならワークシャツミリタリーシャツアーミーシャツ)はいかがでしょう。《最終更新日: 2016年6月11日》

半袖(半そで)シャツの考え方、着こなし

個人的な意見かもしれませんが、半袖の布帛のシャツ(ドレスシャツ)は、盛夏に1枚で(上に何も着ないで)着るべきだと思っています。ジャケットやブルゾンのインナーとして着るのは、長袖じゃないとなんとなく気分じゃないんですよね。私だけかなあ。半袖をインナーとして着るなら、ポロシャツやTシャツがよろしいかと。

リボンベルト、ウェブベルトを集めてみました

半袖の布帛シャツをドレスっぽく合わせるのはなかなか難しいので(クール・ビズの着こなしは難しいですよね)、無理をせず着こなしは全体的にカジュアルっぽく合わせるのが無難。裾をパンツに入れて、リボンベルトやメッシュベルトで着こなしにアクセントをつけてもいいかも。

往年のビーチ・ボーイズThe Beach Boysは、しばしば太いストライプ柄の半袖ボタンダウンシャツを着ていました。爽やかで面白みもあります。細めのパンツに合わせます。

バラクータのG9、G4、スウィングトップ: Steve McQueen

こちらは、スティーブ・マックイーンスティーヴ・マックィーンの半袖ボタンダウンシャツの着こなし。ベルトレスパンツ(かな?)を穿いています。

ちなみにヨーロッパの人は、あまり半袖シャツを着ない印象があります(長袖を腕まくりしていることが多い)。逆にアメリカ人は、半袖シャツをよく着ている印象があります(一流ブランドも定番的につくっている)。

アロハシャツ(ハワイアンシャツ)、開襟シャツ

アロハシャツ(ハワイアンシャツ)を集めてみました

アロハシャツハワイアンシャツ)などでおなじみの開襟シャツ、解放感あふれる夏向きのシャツです。

ハワイブランドであるレインスプーナーレイン・スプーナーReyn Spooner)のアロハシャツには、ボタンダウン仕様のものもありますよ。

ウエスタンシャツ(ウェスタンシャツ)

ウエスタンシャツを集めてみました

ウエスタンシャツウェスタンシャツ)にも半袖はありまして、真夏のウエスタンスタイルに対応してくれます。

半袖シャツは特に一枚で着ると何か寂しく感じるときがあるのですが、ウエスタンシャツだと適度に主張してくれるでしょう。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のポロカラーシャツ

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のボタンダウンシャツ(ポロカラーシャツ)

ゴールデン・フリースThe Golden Fleece羊毛)でおなじみのブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)は、1818年創業の究極(?)のアメトラブランド。

アメリカブランドですので、当然のことながら半袖シャツが充実していますよ。カジュアルシャツ(スポーツシャツ)もあります

Individualized Shirts(インディビジュアライズド・シャツ、インディビジュアライズドシャツ、インディビ)

Individualized Shirts(インディビジュアライズド・シャツ、インディビジュアライズドシャツ、インディビ)のボタンダウンシャツ(スリムフィット)

長い間ブルックス・ブラザーズのシャツをつくっていたインディビジュアライズド・シャツIndividualized Shirts)は、1961年創業のアメリカのシャツブランド。

本格派ブランドながら近年はスリムフィットも登場し、すっかり今を代表するシャツブランドになった感じ。アメトラやるなら無視できないブランドです。半袖もありますよ。

Sero(セロ)

セロSero)は、1929年創業のアメリカのシャツブランド。中堅の良質シャツブランドとして愛されてきましたが、1997年にブランドが消滅してしまいました。その後2010年にカナダ製で見事に復活し、2015年くらいにアメリカ製になったようです。

こちらは、アメトラ仕様の半袖ボタンダウンシャツ。身幅は少し細め、着丈はタックインのほうが向いているでしょう。

基本のオックスフォード地に加え、通気性が良くて乾いた感触が春夏にうれしいリネン100%地があります。柄も無地に加え、ギンガムチェックストライプなど。

Sero Short Sleeve Oxford Buttondown Shirt SR-01SS: White
Short Sleeve Oxford Buttondown Shirt: White
Sero Short Sleeve Oxford Buttondown Shirt SR-01SS: White
White
Sero Short Sleeve Oxford Buttondown Shirt SR-01SS: Blue
Blue
Sero Short Sleeve Gingham Buttondown Shirt SR-01GCSS: Royal
hort Sleeve Gingham Buttondown Shirt: Royal
Sero Short Sleeve Gingham Buttondown Shirt SR-01GCSS: Light Blue
Light Blue
Sero Short Sleeve Gingham Buttondown Shirt SR-01GCSS: Navy
Navy
Sero Short Sleeve Linen Buttondown Shirt SR-01SBLINSS: Navy
Short Sleeve Linen Buttondown Shirt: Navy
Sero Short Sleeve Linen Buttondown Shirt SR-01SBLINSS: Off White
Off White
Sero Short Sleeve Linen Buttondown Shirt SR-01SBLINSS: Black
Black
Sero Short Sleeve Linen Buttondown Shirt SR-01KMCSS: Blue Stripe
Short Sleeve Linen Buttondown Shirt: Blue Stripe
Sero Short Sleeve Linen Buttondown Shirt SR-01KMCSS: Blue Stripe
Blue Stripe
Sero Short Sleeve Linen Buttondown Shirt SR-01KMCSS: Navy Gingham
Navy Gingham
↑ クリックで商品一覧ページへ

プルオーバー仕様のボタンダウンシャツもありまして、こちらは身幅に少し余裕があります。プルオーバーの場合、身幅が細いとすごく着脱しにくくなるんですよ。

Lacoste(ラコステ)

Lacoste(ラコステ)のL1212のポロシャツ

ラコステLacoste)のポロシャツを別記事で大きく取り上げていますが、ラコステはシャツ類もつくっています。

フレンチ・プレッピー的なブランドのラコステは、半袖シャツも爽やかな仕上がり。まずは色展開が豊富なリネン地のボタンダウンが気になります。

基本的には身幅は細めで、着丈は裾出しに対応。襟が小さめなのが特徴です。

Lacoste CH299E: Orange
CH299E: Orange
Lacoste CH299E: Light Pink
Light Pink
Lacoste CH299E: Navy
Navy
Lacoste CH299E: Light Blue
Light Blue
Lacoste CH299E: White
White
Lacoste CH8524: Blue
CH8524: Blue
Lacoste CH8524: Green
Green
Lacoste CH8524: Orange
Orange
Lacoste CH5279: Greyish Blue
CH5279: Greyish Blue
Lacoste CH5279: Greyish Blue
Greyish Blue
Lacoste CH5279: Light Blue
Light Blue
↑ クリックで商品一覧ページへ

Freemans Sporting Club(フリーマンズ・スポーティング・クラブ)

Freemans Sporting Club(フリーマンズ・スポーティング・クラブ)

フリーマンズ・スポーティング・クラブFreemans Sporting Clubは、2005年に誕生したアメリカはニューヨークの紳士のためのお店。もともとは2004年に誕生したレストランで、その後理容室もできました。服は、50年代(1950年代)のラギッド寄りのアメリカン・クラシックという感じ。

こちらは、夏らしいリネン100%地の半袖ボタンダウンシャツ。「空環」付きでフリーマンズ・スポーティング・クラブらしいワークウェア的な仕上がりです。基本の白無地に加え、レトロな雰囲気のチェック柄も。身幅は細めで着丈は裾出しに対応。日本製。

Freemans Sporting Club Linen Chambray Buttondown Shirt Short Sleeve UF65-13R002: White
Linen Chambray Buttondown Shirt: White
Freemans Sporting Club Linen Chambray Buttondown Shirt Short Sleeve UF65-13R002: White
White
Freemans Sporting Club Linen Chambray Buttondown Shirt Short Sleeve UF65-13R002: White
White
Freemans Sporting Club Linen Check Buttondown Shirt Short Sleeve UF65-13R001: Red
Linen Check Buttondown Shirt: Red
Freemans Sporting Club Linen Check Buttondown Shirt Short Sleeve UF65-13R001: Red
Red
Freemans Sporting Club Linen Check Buttondown Shirt Short Sleeve UF65-13R001: Red
Red
↑ クリックで商品一覧ページへ

Levi's Vintage Clothing(リーバイス・ヴィンテージ・クロージング)

Levi's(リーバイス)の公式オンラインストアができました!

リーバイスLevi's)を別記事で扱っていますが、デニム系の服には当然力を入れていまして、もちろんワークシャツもあります。特に、リーバイス・ヴィンテージ・クロージングLevi's Vintage ClothingLVCの商品には注目です。

Homerun Shirtホームラン・シャツ)は、30年代(1930年代)の子ども用シャツを基にデザインされたとのこと。不思議な仕様の襟が特徴です。Homerun Flapper Shirtホームラン・フラッパー・シャツ)は裾がストレートカットになっています。

Levi's Vintage Clothing Homerun Shirt 22909: 0000 Mele Stripe
Vintage Clothing Homerun Shirt 22909: 0000 Mele Stripe
Levi's Vintage Clothing Homerun Flapper Shirt 22913: 0001 Indigo Dobby Stripe
Flapper 22913: 0001 Indigo Dobby
Levi's Vintage Clothing Homerun Flapper Shirt 22913: 0000 Rally Check
Flapper 22913: 0000 Rally Check
Levi's Vintage Clothing Bay Meadows Pullover Shirt 22914: 0000 Sky Blue Check
Vintage Clothing Bay Meadows Pullover Shirt 22914: 0000
Levi's Vintage Clothing Bay Meadows Pullover Shirt 22914: 0000 Sky Blue Check
0000 Sky Blue Check
Levi's Vintage Clothing Bay Meadows Pullover Shirt 22914: 0000 Sky Blue Check
0000 Sky Blue Check
↑ クリックで商品一覧ページへ

Bay Meadows Pullover Shirtベイ・メドゥズ・プルオーバー・シャツ)は、くつろいだ気分で着られるプルオーバー仕様のシャツ。レトロな雰囲気のチェック柄にも注目してください。

Scye Basics(サイ・ベーシックス)

Scye Basics(サイ・ベーシックス)

Scyeサイは、2000年創業の日本のMasterpiece and Co.の1ブランド。ScyeのポロシャツやPコート(ピーコート)はすでに「セレクトショップ」などで大人気でして、なじみのある方も多いのでは。Scye Basicsサイ・ベーシックス)は、Scyeのベーシックラインです。

Scye Basicのボタンダウンシャツは、基本的にはほぼ完璧なアメトラ仕様といえます。首の後ろのバックボタンとハンガーループ(ロッカーループ)でさらにアメトラ度が濃厚に。胸ポケットの代わりにScyeのロゴマークが入っていて(ラルフ・ローレン風)です。

こちらは、高級感のある超長綿のオックスフォード地を使った半袖ボタンシャツ。プルオーバー仕様ということもあり、身幅は比較的余裕があります。タックイン向きの着丈。

Scye Basics Short Sleeve Oxford Pullover Buttondown Shirt: White
Short Sleeve Oxford Pullover Buttondown Shirt: White
Scye Basics Short Sleeve Oxford Pullover Buttondown Shirt: Sky
Sky
Scye Basics Short Sleeve Oxford Pullover Buttondown Shirt: Sky
Sky
Scye Basics Short Sleeve Oxford Pullover Buttondown Shirt: Sky
Sky
Scye Basics Short Sleeve Oxford Pullover Buttondown Shirt: Sky
Sky
↑ クリックで商品一覧ページへ

Gitman Brothers(Gitman Bros.、ギットマン・ブラザーズ)、Gitman Vintage(ギットマン・ビンテージ)

Gitman Bros.(ギットマン・ブラザーズ)のボタンダウンシャツ

アメリカの一流店にもシャツを提供している名門であるギットマン・ブラザーズGitman Bros.Gitman Brothers)は、1978年創業のアメリカのシャツブランド。

2009年に誕生したギットマン・ビンテージGitman Vintage)は、創業当時である70年代後半から80年代初頭のアーカイブを参考にした新ブランド。首の後ろのボタンやハンガーループ(背中についているループ)など、往年のファンが大好きなアメトラ仕様も盛り込んでいます。

Lands' End(ランズエンド)

Lands' End(ランズエンド)のドレスシャツ、ボタンダウンシャツ

アメリカのアパレル通販の雄であるランズエンドLands' End)は、シャツにはかなり力を入れています。

半袖シャツももちろん充実しています。カジュアルな半袖シャツにも注目してください

Sunny Sports(サニースポーツ)

Sunny Sports(サニースポーツ)のシャンブレーワークシャツ、ジャケット、パーカー

適度にこだわったアメカジが得意なサニースポーツSunny Sports)は、2004年に誕生した神奈川県は茅ヶ崎市のカジュアルウェアブランド。

サニースポーツといえばシャンブレー地のワークシャツの評価がすこぶる高いですが、半袖も出ました。長袖同様に凝った仕上がり。今季はバンダナ柄も登場しています。

無印良品(Muji)

無印良品(Muji)のボタンダウンシャツ、ワークシャツ

庶民の味方(?)、無印良品Muji。お手頃価格が魅力です。

無印良品のシャツは、なんだかんだ言っていろいろ充実しています。不景気な時代には頼りになりますね。

台襟付きのポロシャツ、ボタンダウンポロシャツ

ポロシャツを集めてみました

近年は台襟付きポロシャツが増えていまして、鹿の子素材のドレスシャツと呼べそうなものもけっこうあります。

特にボタンダウン仕様のポロシャツは、かなりドレスシャツっぽく仕上がりますね。クール・ビズにも使えそう。

他の記事も……

ワークシャツ、ミリタリーシャツ、ネルシャツを集めてみました ボタンダウンシャツを集めてみました

長袖ボタンダウンシャツを集めた記事や長袖ワークシャツを集めた記事がありますので、それらも併せてご覧ください。「タグ / シャツ: 半袖」をご覧になると、当ブログの半袖シャツに関する全記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2005年6月27日)商品を追加。
  • (2005年8月3日)商品を追加。
  • (2006年6月20日)全面的に記事を入れ替え。
  • (2006年7月11日)商品を追加、入れ替え。
  • (2006年8月14日)商品を追加。
  • (2007年6月12日)2007年春夏最初の更新。
  • (2008年6月11日)2008年春夏最初の更新。
  • (2008年7月5日)商品を追加。
  • (2009年6月18日)2009年春夏最初の更新。
  • (2010年6月17日)2010年春夏最初の更新。
  • (2011年6月13日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年6月11日)2012年春夏最初の更新。
  • (2013年6月5日)2013年春夏最初の更新。
  • (2014年6月3日)2014年春夏最初の更新。
  • (2015年6月6日)2015年春夏最初の更新。
  • (2016年6月11日)2016年春夏最初の更新。
posted by blackwatch at 00:14| Comment(6) | TrackBack(0) | シャツ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。いつもブログを楽しく拝見しております。

1つ質問ですが、半そでシャツの下には下着やタンクトップ等を着るものなのでしょうか?

ビジネスで着る、あるいは前ボタンを開けて着るのならともかく、カジュアルで着る場合、半そでシャツの下に何か着込むとどうしても違和感がありまして・・・。私は半そでのポロシャツも1枚で着るタイプなのですが、blackwatchさんはどのようにお考えでしょうか?
Posted by U8 at 2010年06月03日 16:08
U8さん、こんにちは。

U8さんのおっしゃる「下着やタンクトップ」は、2種類の意味に解釈できました

1. 汗対策などのために着る下着。基本的には、外から見えないことを想定。
http://blackwatch.seesaa.net/article/55693323.html

2. 着こなしのアクセントとしてのTシャツ(タンクトップ)。外から見える(主に首元)ことを想定。

おそらくU8さんは、1の意味でおっしゃっているのだろうと思います。いずれにせよ、まあ好きに着ていいんじゃないでしょうか。カジュアル半袖シャツの着こなしに、細かい規則はないのでは。

下着を見せるなら、それなりに鑑賞に堪える質のTシャツを選ぶべきでしょう。

私なら、首元からTシャツを覗かせたければ下着(Tシャツ)を着る、覗かせたくなければ中に何も着ません。でも、覗かせたくなくても汗対策が必須という体質の人もいるんだろうと思います。
Posted by blackwatch at 2010年06月04日 00:12
blackwatchさん、コメントありがとうございます。

そうです、私が思っているのは汗対策のための下着です。

過去の記事、拝読しました。下着が透けて見えたり(特に白シャツを着ている時)、首元から覗いたりするのが嫌なんですよね。

何も着ない方が肌触りがいいし、半そでの下に1枚着込むと余計に暑いなぁ・・・と思いまして。

ただ、私は汗っかきなので、汗染みが目立ってしまいますから、私も必要に応じて中に着たり着なかったり・・・と臨機応変にしていこうと思います(笑)ビジネスの時は下着を着てもそれほど苦にならないのでいいのですが。

それにしても、ドレスシャツの起源が下着ということは知りませんでした。
Posted by U8 at 2010年06月04日 10:28
U8さん、こんにちは。

ドレスシャツの下に下着を着るか着ないかについては、しょっちょう論争が起きているみたいですね(汗)。たいてい、「ドレスシャツの起源は下着」というのが「着ない派」の主な根拠です。
Posted by blackwatch at 2010年06月05日 00:03
 昨年くらいから雑誌で「クールビズでも半袖を」などと謳われていますが、個人的に仕事ではやはり長袖の袖まくりのほうが気分です。どうせ半袖にするならリネンの開襟シャツなどのほうが気候的にも見た目的にも日本には合っているような気がします。
 カジュアルで着るなら半袖もありですね。マドラスやギンガムなど定番はもちろんですけど半袖こそ最近流行りのプリントシャツが気分だと思います。
 話はがらりと変わりますが、半袖のオックスフォードのボタンダウンのプルオーバーで良いのはありませんか。インデヴィやブルックスでもこれといったものがなかったので。
Posted by yamatoshi-1 at 2013年03月23日 11:07
yamatoshi-1さん、こんにちは。

私自身は仕事で半袖シャツもそんなに悪くないと思っています(ジャケットを着ないなら)。それはともかく、半袖にしても長袖にしてもネクタイなしでそれっぽく見せるのは大変ですから、いっそのこと開襟シャツのほうが潔いといえるかもしれません。

プルオーバーシャツのオススメですが、私自身まだ今季の商品をあまり見ていないのでなんともいえません(yamatoshi-1さんの好みなども分かりませんし)。これから夏に向けて、いくつかこのブログで紹介することになると思います。
Posted by blackwatch at 2013年03月24日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3803278
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック