Gジャン(ジージャン)を集めてみました、リーバイス(Levi's)他

Jean Jacket(ジージャン、Gジャン)

今日は、ジージャンGジャンを取り上げます。リーバイスLevi's、ほか……。《最終更新日: 2017年5月2日》

Gジャンとは(ジージャンとは)

ジージャンとは、ジーンズジーパンの生地、つまりデニムでつくられた着丈の短いジャケットのこと。カジュアルアウターの基本型のひとつとして、今ではデニム以外の生地でもこのデザインのものがつくられるようになりました。

ちなみに、ジージャン(Gジャン)は和製英語です。英語ではジーン・ジャケットjean jacket)と呼ぶことが多いようです。

Jean Jacket(ジージャン、Gジャン)

Gジャン(ジージャン)の着こなし方

Uチップ、Vチップの靴を集めてみました

Gジャンは着丈が短いので、合わせるパンツはある程度の太さがあったほうがどちらかというと大人っぽく着こなしやすいと思います。もっとも、流行次第なので一概には言えません。これは着丈が短いアウター全般にいえそうですが。

こちらは、比較的大人っぽいGジャンの着こなし。大人っぽくするなら、足元はやはり革靴やブーツを合わせたいですね。

こちらは、コーデュロイパンツにチロリアンシューズ、そしてノルディックセーターに合わせて。

こちらは、チルデンセーターを合わせたプレッピーな着こなし。

Breuer(ブリューワー)のネクタイ(タイ)、ポケットチーフ

実は、意外にGジャンはネクタイやボウタイと相性が良いのです。マネしてみましょう。

ウール系のパンツとも相性が良いのです。

Gジャンは、インナーとしても活用できるのです。実はこれ、80年代(1980年代)に人気のあった着こなし方で、近年再び注目されています。

テーラードジャケット、カジュアルジャケットを集めてみました

テーラードジャケットの中にも着ちゃいます。

そうそう、インナーを裾出しするときは、Gジャンからはみ出る分量に気をつけましょう。はみ出る量が多すぎるとだらしない印象を与えてしまいます。あと、Gジャンはフレンチ・カジュアルとも相性が良いですよ。

Levi's(リーバイス、リーヴァイス)のトラッカージャケット

Levi's(リーバイス)の公式オンラインストアができました!

リーバイスLevi's)を別記事で扱っていますが、Gジャンについてもココは外せません。リーバイスでは “Trucker Jacketトラッカー・ジャケット)” と呼んでいます。

リーバイスのGジャンといえば、胸ポケット1つでシンチバック(尾錠)付きの506XX(通称「ファースト」「1st」、現行モデルでは70506)、胸ポケット2つでサイドアジャスター付きのの507XX(「セカンド」「2nd」、70507)、ジージャンの完成型といえる557XX(「サード」「3rd」、70557)が有名です。

これらの後継の70505は、一部で「4th」と呼ばれているようです(見た目は3rdとほぼ同じ)。

Levi's Type I Trucker Jacket
Type I Trucker Jacket
Levi's Type II Trucker Jacket
Type II
Levi's Type III Trucker Jacket
Type III
Levi's Vintage Clothing 1880 Triple Pleat Blouse 61866: 0006 Rigid
Vintage Clothing 1880 Triple Pleat Blouse 61866: 0006 Rigid
Levi's Vintage Clothing 1880 Triple Pleat Blouse 61866: 0006 Rigid
0006 Rigid
Levi's Vintage Clothing 1880 Triple Pleat Blouse 61866: 0006 Rigid
0006 Rigid
Levi's Orange Tab Trucker Jacket 32831: 0000 Cassidy
Orange Tab Trucker Jacket 32831: 0000 Cassidy
Levi's Orange Tab Trucker Jacket 32831: 0000 Cassidy
0000 Cassidy
Levi's Orange Tab Trucker Jacket 32831: 0001 Garrett
0001 Garrett
↑ クリックで商品一覧ページへ

こだわりの上級ブランドであるリーバイス・ヴィンテージ・クロージングLevi's Vintage ClothingLVCの商品には特に注目すべきでしょう。

“1880 Triple Pleat Blouse” は、19世紀末の最初期のGジャンを復刻したとのこと。1stよりもさらに素朴なデザインが魅力です。といいますか、これは定番化してもよさそうなくらい格好良いモデルだと思いますよ。

オレンジタブOrange Tab)は、1969年に当時のカウンターカルチャーから生まれたブランド。2017年に復活しました。トラッカージャケットは、サードに似ていますがより簡略化したような意匠。爽やかなホワイトデニムもあります。

Lee(リー)

Lee(リー)のジーンズ(5ポケットパンツ)、Gジャン(ジージャン)

リーLee)を別記事で大きく取り上げていますが、Gジャンにもすこぶる定評があります。

Gジャンにもすこぶる定評がありまして、Riders 101Jライダース101J)はリーバイスの名作と並ぶGジャンの基本型。また、ラルフ・ローレンも愛用しているブランケットの裏地付きのStorm Rider 101LJストームライダー101LJ)も超名作です。ストレッチの効いたデニム地のものもあります。

名優デニス・ホッパーも、リーのGジャンを着ていますね。

Lee 101J LT0521: 100 OW
101J LT0521: 100 OW
Lee 101J LT0521: 100 OW
100 OW
Lee 101J LT0521: 126 Dark Used
126 Dark Used
↑ クリックで商品一覧ページへ

コットンサテン地のWesterner 100Jウエスターナー)も有名です。上品な雰囲気なので、アメリカ東部の学生にも人気を博しました。

Wrangler(ラングラー)の24MJZ

Wrangler(ラングラー)

ラングラーWranglerは、1947年に誕生したアメリカのジーンズブランド。母体となる会社は19世紀末の創業だそう。アメリカの3大ジーンズブランドのひとつです。

1960年代に登場した24MJZは、ジッパーフロント、肩のアクションプリーツ、そしてウエストに内蔵されたゴムが特徴。キャラが立ったGジャンといえます。ラングラーは他の老舗ジーンズブランドとは違って、最初からファッション性を意識していたブランドなんですよ。

Wrangler 24MJZ W1924: Rinse Wash
24MJZ W1924: Rinse Wash
Wrangler 24MJZ W1924: Dark Wash
Dark Wash
Wrangler 24MJZ W1924: Light Wash
Light Wash
↑ クリックで商品一覧ページへ

Studio Oribe(スタジオ・オリベ)

Studio Oribe(スタジオ・オリベ)

スタジオ・オリベStudio Oribeは、「シンプルでありながら飽きの来ないデザイン」をコンセプトにしているという国内ブランド。

G-Jack GB01は、ちょっとラングラーWrangler風のデザインのGジャン。大きな特徴は、ダブルジップ仕様であること。このおかげで、断然今っぽく着こなしやすくなりました。

生地は、伸縮性のあるストレッチコットンです。

Studio Oribe G-Jack GB01: Beige
G-Jack GB01: Beige
Studio Oribe G-Jack GB01: Mocha
Mocha
Studio Oribe G-Jack GB01: Navy
Navy
↑ クリックで商品一覧ページへ

Remi Relief(レミ・レリーフ)

Remi Relief(レミ・レリーフ)

レミ・レリーフRemi Relief)は、後藤豊氏が2008年に創めたカジュアルウェアブランド。1960年代~1970年代のアメリカンカルチャーを基にデザインされているとのこと。

こちらは、リーバイス1st型のGジャン。12.5オンスのまっとうなデニム地を使い、着古した加工も上手だと思います。身幅は細くも緩くもない感じ。日本製。

Remi Relief Denim 1st Jacket: Blue
Denim 1st Jacket: Blue
Remi Relief Denim 1st Jacket RN16189018: Blue
Blue
Remi Relief Denim 1st Jacket RN16189018: Used Blue
Used Blue
↑ クリックで商品一覧ページへ

Hand Room(ハンド・ルーム)

Hand Room(ハンド・ルーム)

ハンド・ルームHand Roomは、2016年に誕生した日本のカジュアルウェアブランド。当ブログでも以前取り上げていた往年の名ブランドであるタブロイド・ニュースTabloid News)の元デザイナーが立ち上げたブランドなのです。

3rd Type G-Jacketは、リーバイスのサード型のジージャン。しっかりした13.5オンスのデニムは糸からこだわっていて、ステッチも凝っています。前ボタンの第1ボタンがフック型なのが分かりやすい特徴。腕も身幅が細めということもありスタイリッシュな仕上がりだと思いますよ。日本製。

Hand Room 3rd Type G-Jacket 8071-2502: Indigo
3rd Type G-Jacket 8071-2502: Indigo
Hand Room 3rd Type G-Jacket 8071-2502: Indigo
Indigo
Hand Room 3rd Type G-Jacket 8071-2502: Indigo
Indigo
↑ クリックで商品一覧ページへ

Scye Basics(サイ・ベーシックス)

Scye Basics(サイ・ベーシックス)

Scyeサイは、2000年創業の日本のMasterpiece and Co.の1ブランド。ScyeのポロシャツやPコート(ピーコート)はすでに「セレクトショップ」などで大人気でして、なじみのある方も多いのでは。Scye Basicsサイ・ベーシックス)は、Scyeのベーシックラインです。

こちらは、ジッパーで襟を着脱できる仕様のリーバイス3rd型ジージャン。いわゆるノーカラー型のジャケットとしても着用可能です。腕の下半分と身頃を一体化させたピボットスリーブ仕様となっていて、腕が動かしやすいのも特徴(見た目も面白いですよ)。セルビッジ付きのデニムを使用したサイの定番商品です。日本製。

Scye Basics Selvage Denim Detouchable Collar Jacket 5116-63505: Indigo
Selvage Denim Detouchable Collar Jacket 5116-63505: Indigo
Scye Basics Selvage Denim Detouchable Collar Jacket 5116-63505: Indigo
Indigo
Scye Basics Selvage Denim Detouchable Collar Jacket 5116-63505: Indigo
Indigo
Scye Basics Selvage Denim Detouchable Collar Jacket 5116-63505: Indigo
Indigo
Scye Basics Selvage Denim Detouchable Collar Jacket 5116-63505: Indigo
Indigo
↑ クリックで商品一覧ページへ

他の記事も……

ウエスタンシャツを集めてみました カバーオール、ワークジャケットを集めてみました

タグ / アウター: ジージャン」をご覧になると、当ブログのGジャン(ジージャン)に関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / ブルゾン、コート」をご覧になると、当ブログのアウターに関する記事を網羅できます。

なお当ブログについては、当ブログの目次も参考にしてください

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2007年4月23日)商品を追加。
  • (2008年3月2日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年5月3日)商品を追加、入れ替え。
  • (2008年9月27日)2008年度秋冬最初の更新。
  • (2009年3月13日)2009年春夏最初の更新。
  • (2009年10月14日)2009年度秋冬最初の更新。
  • (2010年3月20日)2010年春夏最初の更新。
  • (2010年10月13日)2010年度秋冬最初の更新。
  • (2011年5月16日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年4月18日)2012年春夏最初の更新。
  • (2012年10月13日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年11月6日)2013年度秋冬最初の更新。
  • (2014年11月5日)2014年度秋冬最初の更新。
  • (2015年4月20日)2015年春夏最初の更新。
  • (2015年10月10日)2015年度秋冬最初の更新。
  • (2016年5月2日)2016年春夏最初の更新。
  • (2017年5月2日)2016年春夏最初の更新。

この記事へのコメント

  • ハント

    こんにちは。いつも勉強させてもらってます。
    年末に、リゾルトの林氏のGジャンが、別注で販売されるとの事で購入致しました。
    かなり細身ですが買ってよかったです。
    ところで、着こなしについて質問があるのですが、ジーパンとのコーディネイトどうなんでしょう?
    現在はNGなんでしょうか?
    今はGTAなどのカジュアルパンツに合わせてます。
    上記のスナップも拝見しましたがカッコいいと思うんですが・・・
    NG的な記事を他ブログで見たもので気になってしまって・・・ご意見お願い致します。



    2014年05月16日 13:56
  • blackwatch

    ハントさん、こんにちは。

    上下デニムの着こなしは、基本中の基本です。ただし基本すぎて、ただの労働者に見える恐れもあります(どちらも元はワークウェアですし)。また、恵まれた体型の人(つまり背が高くて足が長い人)でないと冴えなく見える恐れもあります。

    なので、流行を取り入れるなどしてお洒落っぽく見えるような工夫をしたほうが無難なのでしょう。ちなみに、今は上下デニムの着こなしの人気が復活しつつあるようで、流行的には着こなしやすい状況のように思います。
    2014年05月17日 00:03
  • 横山

    こんにちは!はじめまして︎
    私自身が所有しておりますGジャンが、何のGジャンかが思い出せずに少々困っております。
    もしご存知であれば教えて頂きたいのです。
    スタンドカラーでシングルライダースの様な感じでボタンです。
    カフスのボタンが3つ付いています。

    不躾なお願いをお許し下さい。
    2015年01月25日 13:13
  • blackwatch

    横山さん、こんにちは。

    「何のGジャン」とは、ブランド名のことでしょうか、それとも(「ファースト」や「セカンド」といった)型名のことでしょうか。

    まずブランド名については、よく分かりません。たまに登場しているデザインだとは思います。私はMartin Margielaを思い出しました。

    型名についてですが、やはりこれもよく分かりません。シングルライダース型のジージャン、というそのままの表現しか私には思いつきません……。

    以上、残念ながらお役に立てませんでした。
    2015年01月26日 00:02
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/38097706
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック