ヴァレンティノ・ガラヴァーニ(Valentino Garavani)が語るお洒落の法則、とな?

ヴァレンティノ・ガラヴァーニValentino Garavaniと言えば、大御所中の大御所ファッションデザイナー。70歳を過ぎた今も、現役デザイナーです。その彼が、お洒落の法則を語ってくれています。

以下、概要を訳してみました。雰囲気のみ表現したテキトーな訳なので、詳しくは原文をご参照ください。

Valentino: At the Emperor's Table
Amazon.co.jp
アソシエイト
  1. 流行やブランドに溺れるな。流行の服を買っても、結局着ないんだよな。ファッションモデルを気取っても、似合ってなければ台無し。
  2. 男が小さい鞄を持つのはみっともない。ポケットをパンパンにしているほうがまだマシ。
  3. 紺と茶と黒は、安心できる色。私も白いスーツを着ることもあるが、何だか落ち着かないんだよね。
  4. アメリカ風スタイルも、リラックスできていいね。ヨーロッパ風スタイルほど堅苦しくないし。
  5. 気に入ったアート作品は買うべきだ。アートのある部屋に一人居ると、落ち着くね。
  6. カシミアは、薄すぎないものを。型崩れしちゃうよ。
  7. 腕時計は、華美でないものを。ダイヤモンドつきとかダメ。私は、革ベルトをつけかえて楽しんでるよ。
  8. 若作りはやめよう。オヤジになると、ピチピチのTシャツやビキニパンツはそうそう似合いませんぜ。
  9. PIA VINTAGE COLLECTION(2) 「ブラッド・ピット」
    Amazon.co.jp
    アソシエイト
    ハリウッドスターのファッションは、飾りすぎだし個性がなくてツマラナイ。そんな中でも、ブラッド・ピットはいいと思うよ。
  10. 日焼け大好き。日焼けサロンや日焼けクリームを使ってもいいんじゃない。

…何つーか、いろいろなレベルの法則ですな。粒度が揃っていないというか。それでも御大のお言葉ですので、ありがたく頂戴しましょう(?)。

白いスーツが30分で厭になるってのは、意外に思いました。ヴァレンティノといえば、白いスーツの印象があります。それからアートの話は、ここでは唐突のような…。文字通り、「芸術作品」のことだと解釈しましたが。

日焼けの話は、いかにも欧米人らしい。欧米人、特にラテン系の白人は、日焼けが好きですね。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願い致します…。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • サガ

    ブラッピー(プレッピーとブラピは似て・・・ないフレーズか)で着ている服と言えばベルスタッフぐらいしか思い浮かびません。。

    ヴァレンチのがらばーにと言えば私はローラーボール(水性ボールペン)ぐらいしか持ってません。最近日本ではほぼ全く聞かないブランドになりましたね。
    2007年04月09日 06:22
  • blackwatch

    サガさん、こんにちは。

    ヴァレンティノは、日本で一時期ヘンな方向に盛り上がりすぎましたね。「ヴァレンティノもどき」もたくさん登場しましたし(今でもある)。こういう点では、今の中国を笑えないなぁ。

    でも、欧米のお金持ちには今でも人気あるみたいですよ。
    2007年04月10日 00:13
  • サガ

    日本は中国のコピーを散々著作権やら職人の為やら何やら勝ち誇って言ってますがそもそも自分の国のモノが全部自分らの物かと聞きたいですね。
    服に家具に全てのもの元々日本オリジナルのモノなんて2割程度じゃないでしょうか。最近の日本は自分が正しいと思い込み過ぎですよね(別に反日家じゃないですよ^^;)

    ヴァレンチノ未だに大阪の駅で広告見ますが既に「かつての栄光」の象徴みたいです。海外ではまだ人気なんですか(驚)
    2007年04月10日 12:28
  • blackwatch

    サガさん、こんにちは。

    何をもって「オリジナル」というのかが難しいですけど、まあ日本も他人のことを笑えないわけで。中国に同情することがあるとすれば、何せ国が広くて人も多いですから、偽造品を取り締まるのも大変だろうな、と。まだまだ役人の不正も多そうですし。

    ヴァレンティノは、今でも毎シーズンきちんとコレクションを発表していますよ。
    http://men.style.com/fashion/collections/F2007MEN/review/VALMEN

    アカデミー賞なんかで、海外のセレブがたまにここの服を着ていることもあると思います。日本で思うほど、過去のブランドではないみたい。
    http://allabout.co.jp/fashion/celebrityfashion/closeup/CU20070306A/
    http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/35724/

    いずれにせよ、私には縁のなさそうなブランドですけど(汗)。
    2007年04月11日 00:04

この記事へのトラックバック