ピッティ・イマジネ・ウォモ(Pitti Immagine Uomo)の2014年秋冬の傾向、とな?

Johnstons of Elgin(ジョンストンズ)のカシミア(カシミヤ)マフラー、ストール

ピッティ・イマジネ・ウォモPitti Immagine Uomoは、イタリアはフィレンツェで毎年2回開催されるメンズファッションの見本市。世界中からファッション関係者が買い付けのために集まってきます。コンサバスタイルのためのファッションショー的な一面もあるといえるかな。

2014年秋冬の見本市が先日まで行われていましたので、その様子を見てみましょう。モードのショーと違って、実際にすぐ活用できそうな現実的な提案ばかりです。いまならセールで来年ぶんの先取り買いができるかも。

それでは、いつも頼りになりますビームスBeams中村達也氏の記事から。

初日全体を見て感じた事は、とにかくタータン系のチェックとツィード系の生地が多いこと。

このへんは継続傾向でしょう。ちなみに特にタータンチェックあたりはアングロサクソン色が強い生地なので、本来はイタリア人はあまり好まないのでしょうけど。

そして、落ち着いたトーンのカラーが多く、発色の良いカラーが少なくなっている事です。

これは今季からの傾向でしょうか。

流行色というヤツを完全に無視してもよいのでしょうが、服好きの人だとそういうわけにもいかないと思います。服好きの人は毎年まったく同じ服を着たくはないでしょうから、そうなると変化を付ける有効な手段のひとつとして色遣いは無視できません。

もちろん、「オレは一生この色しか着ない」と決めている人もいるでしょうし、また自分に似合うかどうかも考慮する必要があります。

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のカジュアルシャツ、ボタンダウンシャツ(ポロカラーシャツ)

シャツはこれ以外にデニム系が復活しているのと、春夏からの流れでプリントシャツも多く見られますが、チェックと綺麗なソリッドカラーのシャツが最も打ち出されているような印象を受けます。

チェック柄は継続傾向として、注目はきれいなソリッドカラー(無地)のシャツでしょうか。個人的にも着たいシャツです。

ブークレ調のタータンチェックは他のブランドでもよく見かけました。

ブークレという生地に私はあまりなじみがないのですが、表面に輪状の糸(ループ)が出るよう加工された糸、もしくはそれで織られた生地、というのが一般的な解説みたい。フワフワした面白い生地感になります。

というわけで、今年の秋冬をお楽しみに。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック