サドルシューズ、コンビシューズ(靴)を集めてみました

Saddle Oxford

今日は、サドルシューズサドルオックスフォードコンビシューズスペクテイターシューズ革靴)を取り上げます。《最終更新日: 2012年8月4日》

サドルシューズとは(サドルオックスフォードとは)

サドルシューズとは、甲の部分が(サドル、"saddle")のような形になった靴。甲とかかとの色が他の部分の色と異なる、後述のいわゆるコンビになった靴が多いですね。同色のものも多いですけど。いずれにせよ、アメトラアメリカン・トラッドに合う靴が多いです。

基本的にはカジュアルシューズでして、ジーンズやチノパンにもよく合います。同色遣いのものならビジネススーツにも合うでしょう。

また色だけでなく、素材が異なることも珍しくありません。ちょっとお手入れが面倒な印象がありますけど。

コンビシューズとは、スペクテイターシューズとは

George Cox 13308

コンビシューズとは、2色遣いの靴のこと。スペクテイターシューズ("spectator shoes")とも呼びまして、特に「黒と白」または「茶と白」のコンビのものはスペクテイターシューズっぽいですね。ちなみに "spectator" とは、スポーツなどの「観客」のこと。そういう場所でよく履かれたということです。

コンビシューズはサドルシューズ以外にも用いられる意匠で、ウイングチップフルブローグストレートチップキャップトウローファー、等々でも見られます。

Regal(リーガル)の2051

Regal(リーガル)

日本人なら、やっぱりリーガルRegalでしょ。

リーガルの2051といえば、サドルシューズの大定番。1950年代って感じ。グッドイヤーウェルト製法で、ゴム底(ラバーソール)です。

Regal 2051: Black
Black
Regal 2051: Brown
Brown
↑ クリックで商品一覧ページへ

George Cox(ジョージ・コックス)

George Cox(ジョージ・コックス)

ジョージ・コックスGeorge Coxは、1906年創業のイギリスの靴ブランド。「ロック」な靴で有名なのですが、キレイめの靴もつくっているんです。

12790はクラシックなホワイトバックス型サドルシューズ、12841は1950年代的な2色遣いのサドルシューズです。頑丈そうなブリックソールにも注目してください。

George Cox 12790: White
White
George Cox 12790: White
12790: White
George Cox 12790: White
12790: White
George Cox 12841: White / Navy
12841: White / Navy
George Cox 12841: White / Navy
White / Navy
George Cox 12841: White / Navy
White / Navy
George Cox 13308: White / Black
White / Black
George Cox 13308: White / Black
13308: White / Black
George Cox 13308: White / Black
13308: White / Black
↑ クリックで商品一覧ページへ

13308は、サドルシューズとウイングチップを混ぜたようなデザインのスペクテイターシューズ。こちらは革底レザーソール)仕様です。

Guranisuta(グラニスタ)

Guranisuta(グラニスタ)

グラニスタGuranisuta)を別記事で大きく取り上げていますが、こだわりの靴の販売や修理で知られるリファーレRifareが手がける2007年に誕生した独自ブランドです。

GR-KE2533は、2色遣いのサドルシューズ。色展開が豊富です。甲革(アッパー)は合成皮革人造皮革なので、グッドイヤーウェルト製法でもお手頃価格です。スエードスウェード地もあります。

Guranisuta GR-KE2533: Mastard / Dark Brown
Mastard / Dark Brown
Guranisuta GR-KE2533: Beige / Green
Beige / Green
Guranisuta GR-KE2533: Black / White
Black / White
↑ クリックで商品一覧ページへ

G. Rodson(G・ロッドソン、ジー・ロッドソン)

G・ロッドソンジー・ロッドソンG. Rodson)は、1982年に誕生したフランス人のジェラール・セネGerard Sene氏が手がけるブランド。往年のハリウッドスターの服を意識したコレクションで特に靴に定評がありましたが、靴を生産していたイギリスの工場が閉鎖されたことを受け、惜しくもこのブランドは終了となってしまいました。

しかし、一部の靴マニアに人気だったこのブランドが、なんとインドネシアのジャラン・スリウァヤJalan Sriwijaya製で復活しました! 独特のちょっととがった(でも近年の下品なトンガリ靴とは完全に一線を画す)木型(ラスト)はそのままです。以前よりつくりが良くなっていたりして。

こちらは、クラシックな黒白コンビの靴各種。Brooklynブルックリン)はウイングチップ、New Yorkニューヨーク)はストレートチップ、そしてParisパリ)はUチップ。革底仕様です。

G. Rodson Paris: Black / White
Paris
G. Rodson Brooklyn: Black / White
Brooklyn
G. Rodson New York: Black / White
New York
G. Rodson Sole: Black / White
Sole
↑ クリックで商品一覧ページへ

Allen Edmonds(アレン・エドモンズ)

Allen Edmonds(アレン・エドモンズ)

アレン・エドモンズAllen Edmonds)のを別記事で大きく取り上げていますが、1922年創業のアメリカはウィスコンシン州の靴ブランドです。オールデンAldenと並ぶ(というか規模ははるかに大きい)アメリカのドレスシューズブランドの代表格といえます。ドレスシューズはもちろんグッドイヤーウェルト製法ですよ。

Strawfutは、内羽根式のウイングチップ。なんと言ってもカーフとリネンのコンビ仕様が特徴でして、スーパークラシックな雰囲気です。意外にジーンズなどにもよく合うと思いますよ。木型はイギリス靴のような比較的細身の5番。革底仕様。

Strawfut: Brown Calf / Linen 5505
Brown Calf / Linen 5505
Strawfut: Brown Calf / Linen 5505
Strawfut: Brown Calf / Linen 5505
Strawfut: Brown Calf / Linen 5505
Strawfut: Brown Calf / Linen 5505
↑ クリックで商品一覧ページへ

Mark McNairy(マーク・マクナイリー)

マーク・マクナイリーMark McNairyは、1971年生まれのアメリカのファッションデザイナー。ウォークオーバーWalk-OverG・H・バスG.H. Bassなどとのコラボも知られていて、アメトラブームの仕掛け人のひとりといえるかも。靴もつくっていまして、イギリス製のグッドイヤーウェルト製法。

こちらは、金色の色遣いが印象的なコンビ仕様のサドルシューズ。ちょっと奇抜な色遣いですが、デザインはトラッドですので意外にすんなり合わせられるのでは。比較的落ち着いた印象ながら高性能なゴム底であるリッジウェイ・ソールRidgeway Sole)仕様。

Mark McNairy 9183-ASGZ: Navy Suede / Gold
Navy Suede / Gold
Mark McNairy 9183-ASGZ: Navy Suede / Gold
9183-ASGZ: Navy Suede / Gold
Mark McNairy 9183-ASGZ: Navy Suede / Gold
Navy Suede / Gold
↑ クリックで商品一覧ページへ

TOMODAのパーソナルオーダー(宮城興業)

どうしても既成靴では足が合わない方や、気に入った色のものがない方は、靴屋TOMODAのパーソナルオーダーシステム、誂え靴友郎Tomorow)」はいかがでしょう。

甲革(アッパー)の色や素材、や靴底(ソール)の形式が選べるのはもちろんのこと、サイズもlength(足長)だけでなく、width(足囲、ウィズ、ワイズ)も選択できます。なんと、D、E、EE、EEE、EEEE、Fの、6種類!

注文するときには、サンプルシューズ(ゲージ靴)が送付されて試し履きができるので、通販でも安心です。デザインも非常に正統派で、長く愛用できること間違いなし! 製法はもちろんグッドイヤーウェルトです。

Tomorow ES-25
ES-25
↑ クリックで商品一覧ページへ

値段についても、パーソナルオーダー(パターンオーダー)にしてはたいへん良心的だと思いますよ。

なおここのオーダーシューズは、宮城興業の工場でつくられています。靴好きには結構有名なところです。

Church's(チャーチ)のDownton(ダウントン)

チャーチの靴: Church's Downton

英国、いや世界を代表する既製靴ブランドといってよさそうなチャーチChurch's)は、1873年創業のイギリスの老舗靴ブランド。

Downtonダウントン)は、フルブローグ仕様のコンビシューズ(スペクテイターシューズ)。クラシックな雰囲気はさすがです。ブリックソールがトラッド気分をさらに盛り上げてくれます。

Cheaney(チーニー)

チーニーの靴: Cheaney DDT-17

2009年についにチャーチから独立したチーニーCheaney)は、1886年創業のイギリスの靴ブランド。チャーチの創業家(今はチャーチから離れている)の人が買い取ったのだそうな。

布地とレザーのコンビ仕様の靴をつくっていまして、これはこれでクラシックな雰囲気が良いですね。

Tricker's(トリッカーズ)のカントリーシューズ

トリッカーズのカントリーブーツ、ウイングチップ: Tricker's M7266 Morflex

英国王室御用達ロイヤルワラント)ブランドでもあるトリッカーズTricker's)は、1829年創業のイギリスの靴ブランド。

M72667266)は、トリッカーズにはちょっと珍しいサドルシューズ。ワークブーツのような白いMorflexソールにも注目してください。

Crockett & Jones(Crockett and Jones、クロケット&ジョーンズ、クロケット・アンド・ジョーンズ)

クロケット&ジョーンズの靴、ブーツ: Crockett & Jones Lulworth

実用靴の最高峰ブランドともいえるクロケット&ジョーンズクロケット・アンド・ジョーンズCrockett & JonesCrockett and Jones)は、1879年創業のイギリスの靴ブランド。

Lulworthラルウォース)は、大人っぽい雰囲気のブリティッシュ風のサドルシューズ。BEYESさんの別注で、シボ革とスエードのコンビ仕様のサドルシューズが誕生しました。ブリックソールにも注目してください。

Alfred Sargent(アルフレッド・サージェント)

アルフレッド・サージェントの靴、ブーツ: Alfred Sargent Geroge

英国靴入門にふさわしいブランドであるアルフレッド・サージェントAlfred Sargent)は、1899年創業のイギリスはノーザンプトンの靴ブランド。

Gerogeジョージ)は、黒白コンビのフルブローグ。文句なくクラシックな雰囲気です。

Walk-Over(ウォークオーバー)

ウォークオーバーの靴、ホワイトバックス、ダーティーバックス: Walk-Over Saddle Classic Oxford

ホワイトバックスやダーティーバックスの代名詞的なブランドであるウォークオーバーWalk-Over)は、1758年創業のアメリカの靴ブランド。一時期はブランドが消滅状態にありましたが、このたび見事復活を果たしました。

サドルシューズもありまして、異素材のコンビ仕様のものと、真っ白なホワイトバックスがあります。

G.H. Bass Weejuns(バス・ウィージャンズ)

バス・ウィージャンズの靴、ペニーローファー: G.H. Bass Burlington

ペニーローファーの元祖的ブランドであるG・H・バスG.H. Bass)は、1876年創業のアメリカの靴ブランド。

ローファーで有名なブランドですが、マッケイ製法のサドルシューズもつくっています。お手頃価格。

Zeha(ツェハ)

ツェハの靴、スニーカー、ブーツ: Zeha Premium Dresden

一時期ブランドを停止していましたが近年復活したツェハZeha)は、1897年にドイツ(旧東ドイツ)はチューリンゲンで設立されたスポーツシューズブランド。

日本向けの商品は日本人の人がデザインしているようで、洒落た靴が多いと思います。Dresdenドレスデン)はサドルシューズ型のスニーカーです。

Hiroshi Tsubouchi(ヒロシ・ツボウチ)

ヒロシ・ツボウチの靴、ブーツ: Hiroshi Tsubouchi HTM-2053

坪内浩氏がデザインするヒロシ・ツボウチHiroshi Tsubouchi)は、2008年に誕生した靴ブランド。流行をセンス良く料理した靴をつくっています。

トラッドを基本にちょっとひねったデザインの靴を得意としていまして、サドルシューズやコンビシューズもいろいろあります。

ブリックソールのホワイトバックス、ダーティーバックス

ホワイトバックス、ダーティーバックスを集めてみました

ブリックソール仕様のホワイトバックスダーティーバックス、往年のアメトラには欠かせなかったカジュアル靴。赤いソールが堪りません……。いま再び新鮮です。

ブリックソールの靴には、サドルシューズ型も定番です。実際、よく似合う意匠だと思いますよ。

デッキシューズ(ボートモカシン)

デッキシューズ(ボートモカシン)を集めてみました

春夏の大定番カジュアルシューズであるデッキシューズボートモカシン)には、コンビ仕様のものが珍しくありません。2色遣いどころか3色遣いもよく見かけます。

デッキシューズは革靴未満スニーカー以上という雰囲気の靴ですので、多色遣いのものでも履きこなしは難しくないと思います。

そろそろ注目でしょう

チャッカブーツ(チャッカーブーツ)を集めてみました プレーントウ(プレーントゥ)を集めてみました

タグ / 靴: サドルシューズ」「タグ / 靴: コンビシューズ」をご覧になると、それぞれ当ブログのサドルシューズやコンビシューズに関する全記事を網羅できます。また、「カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

ウイングチップ(フルブローグ)の靴を集めてみました ポストマンシューズ(靴)、ブーツを集めてみました

なお、もし今日の記事の商品などがうまく表示されないようでしたら、「快適にご覧いただくために……」の記事の内容を確認してみてくださいねノートン先生が何かしているかも……。

関連記事

追記

  • (2005年8月25日)商品を追加。
  • (2007年7月6日)全面的に記事を書き換え。
  • (2008年8月13日)商品を追加、入れ替え。
  • (2009年5月2日)商品を追加、入れ替え。
  • (2011年7月23日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年8月4日)2012年春夏最初の更新。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

人気Blogランキング←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • yamatoshi-1

    こんにちは。いつも楽しく拝見させてもらっております。
     小生が高校生の頃(90年代前半)リーガルのサドルシューズが流行りバイト代を叩いて購入した
    思い出があります。先日原宿のインターナショナルギャラリービームスでベージュスウェードとブラウンカーフのサドルを見つけ思わず衝動買いしてしまいました。
     オックスのボタンダウンにカーキのチノーズが普段着なのですが、スニーカーでもなく革靴でもない気分の時にドンズバなんですよね。適度にドレス感があるといいますか。
     ジーンズにも合わせようと思っております。細身のスリップオンなんかもいいんですけど。何か着こなしが艶っぽくなりすぎるんですね。個人的には静かなアメトラブームの継続を願っています。
    2009年09月24日 11:42
  • blackwatch

    yamatoshi-1さん、こんにちは。

    特に濃色と淡色のコンビのサドルシューズは、スニーカーに近い感覚で履くことができるのかも。多色遣いはスニーカーにも多いですし。もちろんジーンズにも合います。

    アメトラは、「○○トラッド」というなんらかのトラッドスタイルが人気があるうちは、ダサスタイルにはならないように思います。まあ、未来永劫大丈夫ということはないでしょうけど。
    2009年09月25日 00:03
  • 寺井八重信

    はじめましてどうぞよろしくお願いします。 ダウントン コンビシューズ(スペクテイターシューズ)サイズ24.5 ブラウン&ホワイト有れば、価格は?
    2012年05月31日 14:50
  • blackwatch

    寺井八重信さん、こんにちは。

    少なくとも「Javari.jp」というお店では扱っています。値段や各サイズの在庫など詳しいことは、こちらのページの中ほどにある「Javari.jp | Amazon.co.jpアソシエイト」というリンクをクリックしてみてください。
    http://blackwatch.seesaa.net/article/39506632.html
    2012年06月01日 00:05
  • yamatoshi-1

    今年も暑い日が続き、ジレを使ったクールビズスタイルも限界を迎えました。シャツにパンツだけの場合
    ベルトと靴が着こなしのスパイスになってくれますよね。
     ベルトはクロコなどのエキゾチックレザーが上手いこと効きますが、靴に関してはコンビシューズは結構効くんじゃないでしょか。チャーチのグラフトン当たりがこの春購入したベージュのコットンスーツにも相性が良さそうです。
     ブリックソールはビジネスにはやや無理があるかも知れませんが。
     この秋はコーデュロイのスーツの購入を検討していますが、コーデュロイにもスエードのコンビシューズあたりを合わせようかと考えています。
     早く涼しくなればいですね。
    2012年08月05日 16:35
  • blackwatch

    yamatoshi-1さん、こんにちは。

    クール・ビズは会社によって方針がさまざまみたいで一概には言えないのですが、コンビシューズを合わせても面白そうですね。

    コーデュロイは、この秋冬にかなり人気が出そうな素材のようです。もっとも、流行とはあまり関係なく私は好きですけど(特にパンツ)。
    2012年08月06日 00:03

この記事へのトラックバック