2007年04月21日

チャーチ(Church's)の革靴、英国靴の代表格!

Church's(チャーチ)

今日は、チャーチChurch's革靴シューズ)を取り上げます。《最終更新日: 2014年6月9日》

Church's(チャーチ)の靴

Gentleman ― Fashion 紳士へのガイド

チャーチは、1873年創業のイギリスの老舗靴ブランド。(近年は買収されたりとかいろいろありましたが)英国靴ブランドは数あれど、イギリスを代表する既製靴ブランドといえばこのチャーチでしょう。

以前紹介した "Gentleman" という本でも、一番大きく取り上げられているのはチャーチです。

チャーチの靴が工場でどのようにつくられているかは、こちらの記事をどうぞ。本格靴をつくるのがこんなに大変だなんて、皆さんご存じでした?

チャーチの靴の製法は、一部のカジュアルシューズを除いてもちろん堅牢なグッドイヤーウェルト製法ですよ。

Church's(チャーチ)の木型(ラスト)

木型ラスト)は、靴の履き心地や見た目に大きな影響を与えます。以下、代表的な木型をご紹介(私はチャーチの木型についてはあまり詳しくないのですが)。

173番(73番の復刻版)

かつて多くのドレスシューズに採用されていたのが、73番の木型。ほんのちょびっとセミスクエアなトウが品があって、カルト的な(?)人気がありました。

173番は、その73番に復刻版。現代人の足型に合うよう調整されているとのこと。

100番

もともと73番の後継として開発されたのは、実は100番の木型なのです。73番より丸みを帯びたトウが特徴。

81番

81番は、ラウンドトウラウンドトゥ)でボリュームのあるカジュアルな木型。主に、スエードスウェード)の靴によく使われているみたい。

103番

103番も、ラウンドトウでボリュームのある木型。100番台ということは、新しい木型なんでしょうね。

今日紹介しているチャーチの靴は、多くがFittingフィッティングwidthウィズワイズ足囲足幅)は "F" です。チャーチのwidth表記は独特なのですが、Fで一般的なイギリス靴くらいの幅だと思います。

アメリカのAmazon.comでも扱っています。

キャップトウ(キャップトゥ、ストレートチップ)のConsul(コンサル)、Diplomat(ディプロマット)、……

ストレートチップ、キャップトゥの靴を集めてみました

まずはドレスシューズの基本、キャップトウキャップトゥストレートチップ)からご紹介

Consulコンサルコンスル)は、内羽根バルモラル)のストレートチップ。穴飾りがないので、冠婚葬祭フォーマルにも対応します。もちろんレザーソール)仕様。

Consulは、チャーチを代表する名品のひとつ。旧名はOsborneオズボーン)だそうですが、まあ元の名前に戻ったというところか。木型は173番。

Consul: Black
Black
Consul: Black
Black
Consul: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Diplomatディプロマット)は、パーフォレーションメダリオンが付いたセミブローグ。迫力のある穴飾りが、チャーチらしくて良いですね。これも名作。

旧名は、Highgroveハイグローブ)。木型は173番で、革底。

Diplomat: Brown
Brown
Diplomat: Black
Black
Diplomat: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

フルブローグ(ウイングチップ、ウィングチップ)のBurwood(バーウッド)、……

ウイングチップ(フルブローグ)の靴を集めてみました

次は、実は一番チャーチらしい靴かもしれないフルブローグウイングチップウィングチップ

Chetwyndチェットウインドチェットウィンド)は、内羽根式のフルブローグ。これも名作です。

旧名は、Sandringhamサンドリンガム)。木型は173番で革底仕様。

Chetwynd: Ebony
Ebony
Chetwynd: Black
Black
Chetwynd: Sole
Sole
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Graftonグラフトン)は、外羽根の木型173番のフルブローグ。ビジネススーツに合わせてもいいですけど、外羽根式ですからツイードジャケットなどのカントリースタイルにもバッチリです。革底。

ちなみに、あのドラガン・ストイコビッチの伝説のゴール(?)時に履いていた靴が、どうやらこのGraftonのようです。

Grafton: Black
Black
Grafton: Black
Black
Grafton: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Burwoodバーウッド)は、ぽってりした木型81番のフルブローグ。カントリースタイルに合わせてみてはいかが。革底。

Burwood: Sandalwood
Sandalwood
Burwood: Black
Black
Burwood: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

チャーチのフルブローグについては、こちらの記事も参考になります。

プレーントウ(プレーントゥ)のShannon(シャノン)、……

プレーントウ(プレーントゥ)の靴を集めてみました

次は、シンプルさが身上のプレーントウプレーントゥ

Shannonシャノン)は、外羽根ブルーチャー)プレーントウの名作中の名作。

シャノンといえば、甲革(アッパー)にツヤのあるブックバインダーカーフを使用していることで有名でした。靴好きはこの手のガラスっぽい革を好まない人が多いのですが、ブックバインダーは例外的に人気がありましたね。現行のポリッシュトバインダーポリッシュドバインダー)も、基本的にはブックバインダーと同じものだそう(ホントかどうかは知りません)。

木型は103番。靴底はゴツいダブルレザーソール

Shannon: Black
Black
Shannon: Black
Sandalwood
Shannon: Black
Sandalwood
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)
「買うならどっち?」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2008年3月号を読む

Men's EX(メンズ・イーエックス)の2008年3月号においてShannonはオールデンAlden)の990と比較されていました。よく似ていますが、Shannonは木型が丸みを帯びていてよりカジュアルな雰囲気といえます。

モンクストラップのBecket(ベケット)

モンクストラップの靴を集めてみました

次は、実はスーツにもジーンズにも合う最強靴との意見も多い(?)モンクストラップ

Becketベケット)は、まさにモンクストラップらしいモンクストラップ。私はこういうシンプルで何気ないモンクストラップが好みですね。木型は173番で革底仕様。

このBecketは、80年代(1980年代)にも人気があったようです。ビームスBeamsの店員さんはみなさん履いていたとか。フレンチスタイルにもよく合いますよ。

Becket: Black
Black
Becket: Black
Black
Becket: Black
Black
Becket: Black
Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Cowsカウズ?)は、ダブルモンクストラップ。華やかすぎずチャーチらしさを残したダブルモンクといえるかな。木型は173番で革底仕様。

Cows: Black
Black
Cows: Ebony
Ebony
Cows: Ebony
Ebony
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

スリッポン、タッセルローファー(タッセルモカシン)

ローファー、スリッポンシューズを集めてみました

次は、気軽に履けて着脱の容易なローファースリッポン

Keats IIキーツ2)は、タッセルローファータッセルモカシン)。うん、これは非常にタッセルらしいタッセルで、好感が持てますね。アメトラならスーツに合わせても問題ありません。

木型はラウンドトウの93で、革底仕様。

Keats II: Burgundy
Burgundy
Keats II: Black
Black
Keats II: Sole
Sole
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Pembreyペンブリー)は、セバゴSebagoでおなじみのビーフロール仕様のローファー。裏地のないアンラインド仕様で革底仕様、よりカジュアル感の強いローファーに仕上がっています。イギリス人がアメリカ靴をつくるとこうなるというところです。木型はスリッポン用の126番

Pembrey: Ebony
Ebony
Pembrey: Ebony
Ebony
Pembrey: Black
Black
Pembrey: Navy
Navy
Pembrey: Navy
Navy
Pembrey: Cigar
Cigar
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

クレープソールのチャッカブーツ(チャッカーブーツ)のRyder(ライダー)

チャッカブーツ(チャッカーブーツ)を集めてみました

Ryderライダー)は、着こなしの幅が広いスエード地のチャッカブーツチャッカーブーツ。これも名品中の名品です。木型は81番で、クレープソール仕様。

Ryder: Maracca
Maracca
Ryder: Brown
Brown
Ryder: Brown
Brown
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Fairfieldフェアフィールド)は、スエードスウェード地のフルブローグ。これも名作。名作がインフレ状態ですが(汗)、本当なんだからしょうがない。

木型は81番でクレープソール仕様。

Fairfield: Brown
Brown
Fairfield: Maracca
Maracca
Fairfield: Sole
Sole
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)
クラークスの靴: Clarks Desert Boot

Saharaサハラ)は、裏地のないいわゆるアンラインド仕様のチャッカブーツ。ふにゃふにゃの軽い履き心地が楽しめます。カジュアルな外鳩目(鳩目の金属が露出している)にも注目してください。木型はラウンドトウの81番。

端正な革底仕様のものに加え、デザートブーツのようなクレープソール仕様のものもあります。

Sahara: Blue
Leather Sole: Blue
Sahara: Brown
Brown
Sahara: Black
Black
Sahara: Greige
Greige
Sahara: Greige
Greige
Sahara Crepe Sole: Navy
Crepe Sole: Navy
Sahara Crepe Sole: White
White
Sahara Crepe Sole: White
White
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Sahara 3サハラ3)はクレープソール仕様のSaharaで、チャーチ版のデザートブーツといえるかな。クラークス(Clarks)はどちらかというと履きつぶす感じの靴ですが、これは長持ちする靴です。木型は81番。

Sahara: Sand
Sand
Sahara: Sand
Sand
Sahara: Sand
Sand
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Ryder 3ライダー3)は、ドレッシーなゴム底ラバーソール)であるダイナイト・ソールDainite Soleを使用したモデル。より多目的に使えそうなRyderといえるでしょう。

Ryder 3: Marraca
Marraca
Ryder 3: Navy
Navy
Ryder 3: Dainite Sole
Dainite Sole
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

高級ライン

チャーチには高級ラインがありまして、木型には細身の137番を使用しています。シューツリーやブラシ、靴べら、ワックス(ポリッシュ)も付いています。上品で高級感のある雰囲気はさすがです。

Lamportランポート)はキャップトウ、Chatsworthチャッツワース)はフルブローグ、そしてBurghleyバーリー)はダブルモンクストラップです。革底仕様。

Lamport: Black
Black
Lamport: Black
Lamport: Black
Lamport: Black
Lamport: Black
Chatsworth: Black
Black
Chatsworth: Black
Chatsworth: Black
Chatsworth: Black
Chatsworth: Black
Burghley: Black
Black
Burghley: Black
Burghley: Black
Burghley: Black
Burghley: Black
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Shanghai(シャンガイ、シャンハイ、上海)

Shanghaiシャンガイシャンハイ上海)は、キルトタッセルシューズ。履き古したようなヴィンテージ加工が施されている異色の靴です。まあはっきり言いまして数寄者向けの靴なんですけど、キルトタッセルが付いた靴は近年の注目株ですよ。マッケイ製法でイタリア製。

Shanghai: Ebony
Ebony
Shanghai: Walnut
Walnut
Shanghai: Sole
Sole
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

ルームシューズ、スリッパ

Perseus 03ペルセウス)は、スリッパです。全面レザーのぜいたくなつくり。ルームシューズとして、もしくは旅行時に。

Perseus 03: Black
Black
Perseus 03: Brown
Brown
Perseus 03: Sole
Sole
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

純正のシューツリー(シューキーパー)のSuffolk(サフォーク)

革靴のお手入れの方法(其の弐): Collonil Shoe Tree

Suffolkサフォーク)は、純正シューツリーシューキーパー。純正でなければダメとも思いませんが、純正はこれということで。

Suffolk
Suffolk
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

その他、クリームやらブラシやら靴べらやら、純正のお手入れ用品が各種あります。チャーチを愛している人なら、欲しくなる?

Large Travel Kit
Large
Small Travel Kit
Small
↑ クリックで商品リンクへ(上に跳びます)

Men's EX(メンズ・イーエックス)の名靴ランキング2008

「名靴ランキング」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2008年2月号を読む

Men's EX(メンズ・イーエックス)の2008年2月号の「名靴ランキング」において、なんだかんだでチャーチの靴はたくさんランクインしています。さすが。

007映画でジェームズ・ボンドも愛用?

007 ワールド・イズ・ノット・イナフ
Amazon.co.jp
アソシエイト

チャーチの靴は、長らく007映画に使われていたことで知られています(今はジョン・ロブなのかな)。

意外なところでは、上のSaharaも映画『007 ワールド・イズ・ノット・イナフ』の中でジェームズ・ボンドが履いていたそうです。

映画スターといえば、イタリアの名優マルチェロ・マストロヤンニもチャーチの靴を愛用していたそうな。映画『ああ結婚』の中で、チャーチのフルブローグが登場するとのこと。

その他

その他のチャーチの靴は、こちら。

Church's(チャーチ)
↑ クリックで商品一覧ページへ

他の記事も……

Tricker's(トリッカーズ)のカントリーブーツ、ウイングチップシューズ Cheaney(チーニー)

カテゴリ / 靴」をご覧になると、当ブログの靴に関する記事を網羅できます。

チャーチが昔に比べると値段が高くなったのは確かなのですが(チャーチに限りませんけど)、独特の朴訥な雰囲気は他の英国靴にはない魅力だと思います。

Crockett & Jones(クロケット&ジョーンズ)の靴、ブーツ Sanders(サンダース)の靴、スエードチャッカブーツ

そうそう、チーニーCheaney)はチャーチの弟的ブランドですよ。現在はチャーチから独立しましたが。

なお、もし今日の記事の商品などがうまく表示されないようでしたら、「快適にご覧いただくために……」の記事の内容を確認してみてくださいねノートン先生が何かしているかも……。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

関連記事

追記

  • (2007年6月10日)商品を追加。
  • (2007年8月5日)商品を追加。
  • (2008年2月15日)商品を大幅に追加。
  • (2008年4月17日)商品を追加。
  • (2008年7月4日)商品を追加。
  • (2008年9月13日)商品を追加。
  • (2009年7月23日)商品を追加。
  • (2010年5月20日)商品を追加。
  • (2011年5月25日)2011年春夏最初の更新。
  • (2012年1月31日)2011年度秋冬最初の更新。
  • (2012年8月16日)2012年春夏最初の更新。
  • (2013年2月18日)2012年度秋冬最初の更新。
  • (2013年7月14日)2013年春夏最初の更新。
  • (2014年6月9日)2014年春夏最初の更新。
posted by blackwatch at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
質問させてください。
この度Church’sのコンサルを購入しようと思っているのですが、
皆様はNIKE、コンバースなどのスニーカー、REDWINGやホワイツなどのブーツなどから上下何サイズがジャストでしょうか?
購入の参考にしたいと考えております。
ちなみに私はスニーカーは27、5センチまたは27センチ、ブーツ類は26、5センチが大体ジャストです。
試着もしに行く予定ですが参考までに是非教えてください。
よろしくお願いします。
Posted by hoh at 2010年03月30日 00:38
hohさん、こんにちは。

私は尋常でなく細い足をしていますので、今のチャーチには私に合う靴はたぶんないのです。ですので、残念ながら私からは適切なアドバイスができません…。
http://blackwatch.seesaa.net/article/16406122.html

ちなみにJavari.jpさんは返品条件がかなり緩いので、通販でも靴が買いやすいですよ。
http://blackwatch.seesaa.net/article/133554207.html
Posted by blackwatch at 2010年03月31日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/39506632
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック