「ラルフ対ブルックス」雑誌Men's EX(メンズ・イーエックス)2014年5月号を読む

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)のネイビーブレザー(紺ブレ)、テーラードジャケット

今日は、雑誌Men's EXメンズ・イーエックス2014年5月号を読んでみます。

ラルフ・ローレン vs ブルックス・ブラザーズ

今月はまずは第2特集をご紹介、「ラルフ・ローレン vs ブルックス・ブラザーズ」。アメトラアメリカン・トラッドの両雄、ラルフ・ローレンRalph Laurenブルックス・ブラザーズBrooks Brothersの特集です。

創立はラルフ・ローレンが1967年、ブルックス・ブラザーズが1818年ではるかにブルックスのほうが古いのですが、日本上陸はラルフが1976年、ブルックスが1979年でラルフのほうが古いそうですね。これは意外。

Brooks Brothers Black Fleece(ブルックス・ブラザーズ・ブラック・ブリース)

両ブランドを比較しますと、ブルックスは良くも悪くもガチガチのアメトラ路線、ラルフは新しいぶんヨーロッパ(イギリス)の要素を加えた柔軟路線といえます。ラルフはデザイナーブランドという面もブルックスと違うところ。あと、ラルフはラギッド路線も得意ですし、モード路線もあります。

もっとも、近年はブルックスも柔軟になっていて、両ブランドがちょっと似た雰囲気になってきたかなと。トム・ブラウンThom Browne)とコラボしたブラック・フリースBlack Fleece)も始めましたし。ブルックスにラギッド路線はあまりありませんけど。

この特集は、両ブランドをいろいろ比較した内容。個人的にはネクタイが面白かったかな。ブルックスのストライプタイに対し、ラルフはクレストタイを取り上げています。うん、確かにそういう印象はあります。

クラシコイタリア最前線

宝塚歌劇団: 『クラシコ・イタリアーノ』『NICE GUY!!』
Amazon.co.jp
アソシエイト

第一特集は、クラシコ・イタリアの特集。Men's EXは1996年に初めて大特集としてクラシコ・イタリアを取り上げた雑誌だそう。

個人的には80年代(1980年代)的なイタリアンファッションのほうが気になっているのですが、クラシックな格好にあるのはやはりその名のとおりクラシコ・イタリアだと思います。

……今月はこのくらいかな。また来月~♪ 私はデジタル版(電子版)を愛読しております。『究極メンテナンス編』は靴好きなら必見の内容ですよ。

Lardini(ラルディーニ)の記事を更新しました

Lardini JE560AQ PSRJ42260

さて、本日の更新は、以下の記事でございます。

近年の一番人気のジャケットブランドでしょうね。コンサバだけど今っぽい、とにかく安心して使えるジャケットといえます。ウエストコートも種類が豊富です。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • ぜんたろう

    はじめまして。毎日の更新、楽しみに拝見しております。
    単身痩躯な自分としては、ラルフローレンもブルックスブラザーズも、
    サイズの合うものを探すことにとても苦労します。
    どちらもとても素敵なブランドであるとは思うのですが…。

    まったく余談ですが、クラシコ・イタリア特集の記事のAmazonのリンク、素敵ですね。
    管理人さまもご覧になられたのであれば、ぜひ感想を聞かせていただければと存じます。
    2014年05月02日 01:45
  • blackwatch

    ぜんたろうさん、こんにちは。

    Brooks Brothersは、少なくともアウターやセーターについてはけっこう小さめだと思います。特にアウターのXSはものによってはかなり小さめで、私でも小さいと感じることがあります(私が既製服でそう感じることは多くありません)。

    あの宝塚の公演、残念ながら見たことはないのですが、当時話題になったことは覚えています。そういえば、『王様の仕立て屋』というクラシコ・イタリアを舞台にした漫画もありました(これも読んだことはないのですが)。
    2014年05月03日 00:02

この記事へのトラックバック