フローシャイム・インペリアル(Florsheim Imperial)のケンムール(Kenmoor)を入手しました

Florsheim(フローシャイム、フローシェイム)の靴、コブラヴァンプ(コブラバンプ)

フローシャイムフローシェイムFlorsheim)のを別記事で大きく取り上げていますが、今日は私の持っているフローシャイムをご紹介。

シェル・コードバンのKenmoor

フローシャイムの上級ラインであるインペリアルImperial)のKenmoorケンムールケンムーア)という靴で、典型的なアメトラアメリカン・トラッド仕様のロングウイングチップ。実は70年代(1970年代)もしくは80年代(1980年代)製と思われるデッドストックです。

型番は93605で、素材は馬のお尻の革であるシェル・コードバンシェル・コードヴァン。width(足囲、足幅、ウィズ、ワイズ)は例によって “A” です。

Florsheim Imperial Kenmoor 93605

Kenmoorの革底(レザーソール)といえば、木目のような柄、かかと中心にたくさん打たれた釘、そしてかかとに付いている三角形の金属チップが有名です。この仕様、滑りやすいんですけどね。

Florsheim Imperial Kenmoor 93605

このKenmoorは6年前くらいに入手したものですが、実はまだ履きおろしていません……。この手の色の靴は最近はもっぱらローファーを履いているんですよね。いつか気分が変わったらこれを履こうと考えています。

靴雑誌Last(ラスト)issue 06

靴雑誌Lastラストの最新号であるissue 06にアメリカのヴィンテージ靴特集がありまして、そこでフローシャイムのKenmoorが取り上げられていました。今日の記事を書こうと思ったきっかけです。

特集の中で、Kenmoorの製造年の見分け方が載っていました。内側の側面に書いてある2文字の英文字が重要で、1桁目が製造月、2桁目が製造年の下1桁に相当するそう。“ABCDE……” が、月の場合は “12345……”、年の場合は “01234……” に対応するのでしょう。

上の私の靴は “AB” で、1971年1月もしくは1981年1月に製造されたと思われます。ネットでいろいろ調べたところ、中底の “Imperial Quality” の文字、製造国表記なし、金属チップの位置がかかとの端、小窓付き、文字の色が黒(?)などの情報から、おそらく1971年1月が製造年月じゃないかなぁ(詳しいことは各自でググってください……)。

こちらに、昔のフローシャイムのカタログがありました。プレーントウもKenmoorという名前なのがややこしいですね。

型押し革のKenmoor

実はもう1足Kenmoorを持っていまして、こちらを入手したのは7、8年くらい前でしょうか。型押し革(グレインレザー)の型番93602のKenmoorで、上のカタログによると “Brown Hand-Stained Cashmere calf” という革だそうな。

これはすでにけっこうよく履いています。例の2文字は “FH” で、おそらく1977年6月につくられたものと思われます(シューツリーがAllen Edmondsなのは気にしないでください……)。

Florsheim Imperial Kenmoor 93602
Allen Edmonds(アレン・エドモンズ)

ヴィンテージの靴といえば、私はこういう靴も持っています。

そのほか、50年代(1950年代)製であろう靴が数足あります。あと、70年代製くらいであれば、アレン・エドモンズAllen Edmondsのものが数足あるはずです。

Brady(ブレディ)の記事を更新しました

Brady Stour

さて本日の更新は、以下の記事でございます。

イギリスの昔ながらのトラッドな鞄ブランド。ブリティッシュカントリースタイルあたりにはもちろん最高です。私もここの鞄を2つほど持っています。

そうそう、楽天市場さんのところで、お買い物マラソンなるものが始まっています。ポイントがたくさん付与されるそうな。5月8日)の2:00まで。

楽天市場
↑ クリックで店舗へ

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント

  • いけぼう

    いかにもアメトラな靴ですね。

    ときおりこういう靴をはきたくなります。毎日履くというのは、トムブラウンも言うようにあまりにストイックで覚悟がいりそうですが。
    2014年05月07日 23:02
  • blackwatch

    いけぼうさん、こんにちは。

    ロングウイングチップはアメトラを代表する靴のひとつで、その中でもFlorsheimのKenmoorは(AldenやAllen Edmondsなどを差し置いて)代表格だと思います。

    ただ、私は体型が華奢なので、本当はこの手のゴツい靴は似合っていないのかもしれません……。履き心地も軽やかとは言いがたいですし。
    2014年05月08日 00:02

この記事へのトラックバック