ナローウィズ(幅狭)のビルケンシュトックのアリゾナを入手しました

Birkenstock(ビルケンシュトック、ビルケン)のサンダル

今日も私の持っている靴についてでして、今日はビルケンシュトックBirkenstock。入手したのは何年も前のことなのですが、改めてご紹介します。

モデルは大定番のArizonaアリゾナ)で、シボの入った革を使用しています(型番は551133)。おそらく現行ではつくっていない仕様でしょう。

最大の特徴は、例によって幅狭ナローウィズNarrow Width、“N”)仕様であること。日本ではほとんど扱っていないのですよね。私はアメリカのオークションサイトで入手しました。

Birkenstock Arizona 551133

ナローウィズでも、素足で履く場合はストラップを一番細くしないと私にはフィットしませんでした。靴下を履く場合は少しストラップを緩めることになるでしょう。

ビルケンシュトックはサンダルのわりには靴底の返りが硬いので、サイズはしっかり合わせたほうがよいと思います(デッキシューズあたりのほうが靴底はずっと柔らかい)。靴底が硬いのである程度の履きならしも必要ですが、そのぶん長距離を歩くのにも向いているのでしょう。

Birkenstock Arizona 551133 Sole

日本では入手しにくいナローウィズですが、アメリカでは当たり前に売っています。アメリカのAmazon.comでは “N” というサイズ表記になっています。

Birkenstock(ビルケンシュトック)
↑ クリックで商品一覧ページへ

関税が気になりますが、アッパーが皮革(レザー)でなければ関税は安いと思われます(たぶん)。例えば、よく使われているビルコフローは合成皮革(synthetic)です。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック