ブルックス・ブラザーズ2014年秋のレッドフリース(Red Fleece)キャンペーン!

Brooks Brothers(ブルックス・ブラザーズ)

ブルックス・ブラザーズBrooks Brothers)を別記事で大きく取り上げていますが、今日は気になる情報をご紹介。

ブルックス・ブラザーズは、1818年創業のアメリカの老舗ブランド。名実ともにアメトラアメリカン・トラッドを代表するブランドといえます。

Red Fleeceレッドフリース)は、ブルックス・ブラザーズの若い感覚の新ライン。通常ラインのブルックスは良くも悪くも全年齢層を対象としていますので、特に若い人にはこのRed Fleeceの登場はうれしいのでは。とはいっても、若くない人にも問題なく使えそうなアイテムが多いですよ。

そのRed Fleeceの商品を含む合計10,000円(税抜き、セール品を除く)以上購入時に、抽選で100名にオリジナルマグカップが当たるキャンペーンが始まりました。いわゆるレアアイテムになるでしょうから、ブルックスファンの人はお見逃しなく。11月9日)までです。

Red Fleeceといえば、こちらの記事も参考にしてください。

ブルックス・ブラザーズでは、セールも開催していますよ。「タグ / Brooks-Brothers」をご覧になると、当ブログのブルックス・ブラザーズに関する全記事を網羅できます。

John Tulloch(ジョン・タロック、ジョンタロック)のウールクルーネックセーター

John Tulloch(ジョン・タロック、ジョンタロック)

ジョン・タロックジョンタロックJohn Tulloch)は、1900年創業のイギリスはスコットランドのニットブランド。昔ピーター・ストームPeter Storm)という有名なニットブランドがあったのですが、そこの工場を引き継いでいるのだそう。イギリス製。

3480/7は、脂分が多く保温性の高いブラック・シープブラック・ウェルシュ・マウンテン・シープ)の毛を使用したクルーネックセーター。自然な色合いも魅力です。クラシックなサドルショルダー仕様。サイズ38で身幅は48cm程度で、少し細めかな。

John Tulloch Natural Yarn Crew 3480/7: Balwen
Natural Yarn Crew 3480/7: Balwen
John Tulloch Natural Yarn Crew 3480/7: Balwen
Balwen
John Tulloch Natural Yarn Crew 3480/7: Portland
Portland
John Tulloch Argyle Crew 3561/7: Mid Grey
Argyle Crew 3561/7: Mid Grey
John Tulloch Argyle Crew 3561/7: Denim
Denim
John Tulloch Argyle Crew 3561/7: Loden
Loden
John Tulloch Yachting Crew 705: Black / White
Yachting Crew 705: Black / White
John Tulloch Yachting Crew 705: Navy
Navy
John Tulloch Yachting Crew 705: Bone
Bone
↑ クリックで商品一覧ページへ

3561/7は、アーガイル柄のクルーネック。色遣いがきれいですね。これを着るだけで着こなしがトラッドな雰囲気になるでしょう。

705は、リブ編みとラグランスリーブが特徴のクルーネック。手首は折り返して着るようです。これはいかにもピーター・ストームっぽいセーターですね。今後の注目株でしょう。

Letroyes(Le Troyes、ルトロワ)のスウェットシャツ、パーカー、カットソー、セーター(ニット) John Smedley(ジョン・スメドレー)のメリノウールのセーター、カーディガン、ニットベスト

なお、ウールセーターを集めた記事がありますので、そちらも併せてご覧ください。また、上記のセーターが、今なら15%OFFで入手できます。詳しくはこちらの記事をどうぞ。

そのほかのセール情報は、こちらです。

「セレクトショップ」
靴・鞄
ショッピングモール

そうそう、フリークスストアFreak's Store)さんのところで、送料無料キャンペーンが始まりました。どうせならこの機会に買いましょう。11月4日)の12:00まで。

それでは。

人気Blogランキングなるものに参加することにしました。ご協力よろしくお願いいたします……。

メンズファッション ブログランキングへ←この記事が面白かった方は、ランキングのバナーをクリック

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック